キリスト教の信者の方が「聖霊運動という教派を超えた世界的なキリスト教の活動があって、この運動はカルト宗教と似ているのだ!」と話していました。聖霊運動について分かり易く教えて下さい。この運動はカルト的なのですか?

A 回答 (1件)

「ガリラヤへ還ろう!!2008」を参考にして下さい。


http://www.geocities.jp/gariraya777/2008/index.h …

聖霊運動が行き過ぎると反社会的な問題を起こします。
神癒→信仰だけで病気は治るとして、近代医学の否定で裁判になった教会あり。
地域の霊→神社や寺院で悪霊の追い出しが過激になり油巻きの行動に発展した。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教、イスラム教、ユダヤ教、佛教その他、宗教の説く心理学

キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、佛教その他、宗教の説く心理学

興味があって、佛教心理学の入門書を読みました。
どの宗派によっているのかはわからないのですが、
八識、九識の発想や、五陰仮和合の考え方がすごく好きでした。

キリスト教やイスラム教、ゾロアスターやヒンドゥ、その他、どんな宗教でもかまいませんので、
その宗教のとく、面白い心理学的観点があれば教えてください。

ちなみに八識とは五感+意識、第八識を自我だと執着する七職、善悪の業が刻まれた八識という発想です。
五陰とは、肉体、感覚、感覚から受けるイメージ、そこから生じる感情や意思、そして物事の判断能力のようです。
その五つが仮に結ばれているのが、自我であると。
(初心者の知識の切り売りです。間違っていたらごめんなさい)

佛教でさらに面白い心理学があれば、教えてください。
キリスト教、ユダヤ教、イスラム、ヒンドゥ、ゾロアスター、その他、どんな宗教でもいいので、
面白い心理学説があれば教えてください。

Aベストアンサー

素人ですが分かる範囲で書いてみます。宗教の必要性は「心の矛盾」に端を発していると思います。すなわち人間には心が二つ在ると云う事になります。その心の矛盾を人間は古今東西人間を苦しめてきています。

現代でも精神疾患や、神経症や、自立神経失調症等の、原因が特定できない障害が有りますが、これらの原因となっているものです。

仏教では「無明」と云う言葉が有ります。是は「自分を苦しめている者は自分の中にいるのだが?それが分からない」と云う意味になります。つまり自分自身が分からないと云う事です。

今云った事の反対語が「悟り」と云う事になります。自我意識が自分の命の働きが分かったと云う意味です。自分自身が分かったと云う事です。

何が分かったかと云うと、自分の中には自我意識と他に「仏性」が共に協調しながら同居していた事が分かったと云う意味になります。この分かったと云う事が悟りを開いたと云う事になります。

ユダヤ教でも同じ事を云っています。「在りて在るもの」=「やーウェイ」と云う事を云っています。

キリスト教でも同じ事を云っています。「神に会って和解をする」と云う処です。自分の心が騒がしくて大変だった処が、沢がなくなったと云う意味になります。或いは罪悪感にさいなまれていた処が、罪悪感を感じさせていた者に会って罪悪感が解消されたと云う意味になります。

宗教の必要性は「罪悪感の解消」或いは「人間苦の解消」或いは「生き難い想いの解消」と云う事になります。それは人間の心が二つの要素から成り立っている事によります。一つは自我意識と云う事になります。左脳に存在している意識の事です。

もう一つは右脳に存在している意識の事です。無意識を統率しているものです。或いは、人間の命そのものも統率しているかも知れません。そうして自我意識には知覚出来難い様に出来ています。

仏性は誰にでも在ると云うのに、如何して修行しないと分からないのか?と若い道元が仏門に入ったきっかけにもなった疑問の事です。

昔も今も人間は苦しみが深いようです。その苦しみが深かった人が宗教家になってゆきました。「一切皆苦」と云ったのはお釈迦様です。

その苦しみとは「心の矛盾」と云う事になります。二つの心が相争うと云う現象の事です。是が人間苦の元になっています。二元論の始まりと云う事です。それは機能が違う脳を二つ人間が持っていると云う事から発生しています。その二つの機能をうまく使った場合が健常者と云う事になります。二つの心が相争う現象が、精神疾患や神経症や自律神経失調症と云う事になります。

そうして二つの心が背中合わせになった場合が、自分が分からなくなった。と云う事になります。お互いが連絡を取りたくなくなったと云う事になります。

素人ですが分かる範囲で書いてみます。宗教の必要性は「心の矛盾」に端を発していると思います。すなわち人間には心が二つ在ると云う事になります。その心の矛盾を人間は古今東西人間を苦しめてきています。

現代でも精神疾患や、神経症や、自立神経失調症等の、原因が特定できない障害が有りますが、これらの原因となっているものです。

仏教では「無明」と云う言葉が有ります。是は「自分を苦しめている者は自分の中にいるのだが?それが分からない」と云う意味になります。つまり自分自身が分からないと...続きを読む

Q今年から、世界三大宗教は、イスラム教、キリスト教、創価学会と言われています。

根拠はこうです、『創価学会を語る』(佐藤優、松岡幹夫(共著)、第三文明社刊)において、佐藤氏は「キリスト教、イスラム教、創価学会SGIが世界三大宗教だ」と述べています。
仏教の代表として創価学会が世界宗教になると、述べているのです。

宗教学の皆さまは、これを機会に創価学会に入信を検討されますか?

Aベストアンサー

>宗教学の皆さまは、これを機会に創価学会に入信を検討されますか?

仏教さえ理解していないのに、創価学会に入信できるわけがない。

逆に、キチンと理解していれば、宗教学を学んでいるいないに関わらず、
人間であればだれでも拝みたくなるだろう。
これはたまたま『創価学会』という信徒団体が日蓮の血脈を受け継ぎ、御本尊を
世界中に広めたからであって、もし名前が『創価学会』でなかったら批判を繰り返す輩の
耳には素直に届いたのだろうか??
何も知らず、無知のまま何の責任も負わずして批判し続ける。
その行為自体が、仏教上から言えば『身口意の業』としてその身に積み上げられる事さえ
理解できていないのだから。
全く無知な人間は慈悲を持って救おうとするが、その人間が毒に侵され正しい言葉さえも聞く
事が出来ないというのは、寿量品に説かれた通りではないか。

いくら仏教を研究し、書物を現わして高僧・大教授と崇められても、実際には“理の一念三千”には
すぎず、“事の一念三千”にたどり着けないとしたら、全くの無でありそれがその人間の『生命』なの
だという結論から少しも離れる事はない。要するに『縁の無い人間』という事だ。

“馬の耳に念仏”とは良く言ったものだ。
『創価学会を批判する者は、地獄の業なるべし。』日蓮、釈尊の代弁として“アホ”な輩には
ここで進言しておこう。
また、自身で100万遍の御題目を唱えてから、回答しに来い。

>宗教学の皆さまは、これを機会に創価学会に入信を検討されますか?

仏教さえ理解していないのに、創価学会に入信できるわけがない。

逆に、キチンと理解していれば、宗教学を学んでいるいないに関わらず、
人間であればだれでも拝みたくなるだろう。
これはたまたま『創価学会』という信徒団体が日蓮の血脈を受け継ぎ、御本尊を
世界中に広めたからであって、もし名前が『創価学会』でなかったら批判を繰り返す輩の
耳には素直に届いたのだろうか??
何も知らず、無知のまま何の責任も負わずして批判し続ける。
...続きを読む

Q【古代エジプトのエジプト人は宗教は何を信仰していたのですか?】キリスト教、イスラム教でもない独自の宗

【古代エジプトのエジプト人は宗教は何を信仰していたのですか?】キリスト教、イスラム教でもない独自の宗教ですか?

それはなぜ現代では消えてしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

古代エジプトは、ヘリオポリス九柱神を崇めるエジプト神話の宗教国家です。
ピラミッドとかパルテノン神殿とか、有名な宗教施設いっぱい残ってるじゃん。
神様だって、太陽神ラーとか、豊穣の神イシスとか、冥府の神アヌビスとか著名な神がいっぱいいる。
現代で消えてしまったのは、古代エジプトの歴史が長くて、為政者に都合よく改変されていったのと、ローマ帝国との姻戚でギリシャ神話、ローマ神話に引き継がれていき、ユダヤ教はモーゼの出エジプトのようにエジプト対立で生まれた宗教で、
プトレマイオス朝が共和制ローマによって滅ぼされたのが紀元前30年なので、エジプトの衰退がユダヤ教からキリスト教が発生する土壌になっているため。

Q今のところキリスト教に全く興味のない中学生を、キリスト教に興味を湧かせ、わかるようにする方法はないも

今のところキリスト教に全く興味のない中学生を、キリスト教に興味を湧かせ、わかるようにする方法はないものでしょうか?

ただ「聖書」を渡しても難しく、興味がわきそうもありません。かといって、聖書物語のようなものでもリアリティーが無く、本好きではない子供は取り付かないのです。

教会にも行きそうにありません。

しかし、精神的に大変なところに来ているため、どうにか教えてあげたいと思うのですが。

どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

お礼読みました。

私は無宗教者ですが、幅広く様々な神様たちが大好きで、神様の存在は信じている人間です。
こんな気性のせいか、どの神様からのご加護かはわかりませんが、沢山の不思議な経験があり、守られている事を染み染みありがたく感じています。

なのであなたの神はキリスト様なのであり、そこに悩める人を導きたいと言うお気持ちも痛いほど解るのですが、やはり当人の意思に任せ、あなたはひたすらその子の幸せを神様に祈って差し上げる事が神様も喜んでくれるような気がします。

もうお礼は大丈夫ですよ。(^^)
この回答は、先ほどの回答が少しキツかったかな?
と思った、私の反省ですから。(-_^)

Q【仏教とキリスト教って起源はどっちが古いの?】 仏教ってキリスト教の教えから学んだのなら仏様には願い

【仏教とキリスト教って起源はどっちが古いの?】


仏教ってキリスト教の教えから学んだのなら仏様には願い事(悩み)を聞いて貰うキリスト教の教えがいつから願い事(悩み)を叶えてくれるものに変化したのですか?


イスラム教の教えはキリスト教から学んだと言っている箇所を明白にしているのでイスラム教はキリスト教より起源が浅いことが分かるしイスラム教を願い事(悩み事)を叶えてくれる神様ではなく自分の人生は自分の力で生きるが生きるに当たっての先人たちの知恵の知見を与えるものでイザコザの解決に使える先人のイスラム教の知恵は医学から法律まで多岐に渡る知識本だった。

仏教はキリスト教より起源が新しいはず。なぜなら仏教の教えはキリスト教の教えのパクリ部分があるから。人を救う仏は願い事(悩み事)を聞く者だったはず。

それなのに今の仏教は願い事(悩み事)を解決してくれる願えば夢が叶うような神様の扱いになっている。

これは独自の進化だが正しい進化ではないと思う。

なぜ神仏に願い事をすれば叶うみたいな文化になったのか歴史を教えてください。

誰かが間違えて伝聞した所為だと思う。

どこにも神仏が願い事を叶える、叶えてくれる存在など教えていない。

【仏教とキリスト教って起源はどっちが古いの?】


仏教ってキリスト教の教えから学んだのなら仏様には願い事(悩み)を聞いて貰うキリスト教の教えがいつから願い事(悩み)を叶えてくれるものに変化したのですか?


イスラム教の教えはキリスト教から学んだと言っている箇所を明白にしているのでイスラム教はキリスト教より起源が浅いことが分かるしイスラム教を願い事(悩み事)を叶えてくれる神様ではなく自分の人生は自分の力で生きるが生きるに当たっての先人たちの知恵の知見を与えるものでイザコザの解決に使...続きを読む

Aベストアンサー

メチャクチャな解釈ですね。

僕はサンジェルマンではありませんから、
仏教やキリスト教の期限を実際に見たわけではありませんが
「あたりまのじょうしき」として
仏教のほうがはるかに古い宗教です。

キリスト教はもともとユダヤ教からの派生みたいなもので
後発のイスラームとも同じ唯一無二の「神」です。
ただし解釈が全部違う。

仏教はそもそも「神」を崇めていません。
普通の一般人が悟りをひらいて人としての限界を超え
「それ以降の生き物としての人生などどうでもいい」
と思ったのだけど、
自身と同じ悟りをみんなにも広めて幸せになってもらおう
として始まったもの。

唯一無二の神は、人類の進化によって森林が荒廃し始めた地域で
心の拠り所みたいな感じで派生したと言われています。
虐げられた種族が「いつか救われる」と信じで始まった宗教。
一部種族の教えが万人の教えになり、
さらに進化した文化的ノウハウを加えて、
ユダヤ・キリスト・イスラームとなったと思います。

誰でも努力すれ「仏」になれるとする仏教は
もともとオカネモチの王子様が世捨て人になって始まったもの。
昔々は非常に豊かであったインド地域において
食べる事に不安を感じることもなく悟りの境地に達した。
それが、一般の悩める人にも伝承されたものと思います。

古代キリスト教と古代仏教で明確に違うところがあります。

キリスト教は布教に際し、必ず2名で行くように指示され
排他的な暴力に遭遇したら逃げるように指示されていました。
まずは布教者の安全が第一だったのです。

仏教の布教では必ず1名で行くように指示され
暴力に遭遇したらそこに留まり、暴力を受け入れ
なぜ暴力を振るのかを相手に悟らせろ、とされてました。
布教者は死んでも構わない、相手に尽くせ、としたのです。

物欲的なものが入っている今の宗教は
どちらもかなり変質していて
教祖の教えなどまった無いに等しいですが
上記のような違いがあります。

どちらも正しいし間違っています。
それを受け入れようとする人がどう考えるか、です。
願い事を叶えてくれるとか、
そういう俗世の思考は宗教比較には存在しませんが
何事も「信じれば救われる」とだけお伝えします。

メチャクチャな解釈ですね。

僕はサンジェルマンではありませんから、
仏教やキリスト教の期限を実際に見たわけではありませんが
「あたりまのじょうしき」として
仏教のほうがはるかに古い宗教です。

キリスト教はもともとユダヤ教からの派生みたいなもので
後発のイスラームとも同じ唯一無二の「神」です。
ただし解釈が全部違う。

仏教はそもそも「神」を崇めていません。
普通の一般人が悟りをひらいて人としての限界を超え
「それ以降の生き物としての人生などどうでもいい」
と思ったのだけど、
自身と同...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報