赤蜻蛉 筑波に雲も なかりけり
という俳句何ですがテストで鑑賞文を書きなさいという問題が出るのですが分かりません。
教えてください。

A 回答 (2件)

正岡子規が詠んだ俳句ですね。



まず屁理屈から言うと、アカトンボは空高く飛びません。秋空の下をスイスイと泳ぐように長く飛び続けているのはウスバキトンボで、アカトンボとはまったく違います。アカトンボは、地上に近い下のほうの草むらや低い木立の周りを少し飛ぶだけで、多くの場合は止まっています。スイスイと長く飛んだりはしないんです。なので、アカトンボを筑波の空と結びつけるのには無理があります(ウスバキトンボのことをアカトンボと間違って理解しているのなら分かりますが)。ただし、これは屁理屈で、この俳句を鑑賞するための見かたではありません。

アカトンボは秋の季語です。秋空ではうろこ雲、いわし雲、さば雲を連想しますが、このときは雲「すら」なく澄みわっていたんでしょうね。晴れた秋空は青く澄みきり、アカトンボと対照的な色をなしています。
アカトンボは「夕焼け小焼けのアカトンボ…」とあるように夕方のイメージがありますが、それはウスバキトンボの話です。ホントのアカトンボは日が傾き始める(午後3時には)と草木に止まって就寝(休む)モードに入り、まず飛びません。ここでいう空は朝夕ではない(青空と赤トンボを対比させるため)と思われます。

最後は「…けり」と結んでいますね。「…けり」は詠嘆を表し、深い感動がこもっていることを示しています。

青く澄んだ秋空のもとに、何匹※もの赤とんぼ(正確にはウスバキトンボ)がゆっくりと飛び交っている。はるか向こうを眺めると、筑波山が見え、空には一片の雲さえない。静かな里の秋を感じるなぁ。

※学術的にはトンボも含めて虫などは1頭、2頭と数えます。1匹、2匹ではないんです。
    • good
    • 0

俳句の鑑賞:先ずその句を読んで頭のなかにどんな光景が浮かぶか書いてみて、そして作者は何を感じているかを想像します。



大自然に対する畏敬の念をおぼえ自然賛歌の句。
筑波山を眺める絶景の地に来たところ、赤とんぼが飛んでいる以外に空には一片の雲もなかった。
空の青さと筑波山の雄大な姿を分かりやすい言葉でさらりと詠んで、この地球に生かされていることやまだ命があることを感動している、(当時不治の病だった、結核にかかっていた)子規の姿が見えてくるような気がする。(の解釈は?)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/questio …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青い夕焼け空に浮かぶ赤い雲

空が青い理由や夕日が赤い理由は多くのQ&Aでわかりました。ありがとうございます。
でも、夕焼けで赤いのは地平線に近いところで上のほうは青いままです。その辺りに雲があると青い空に赤い雲が浮かぶように見えます。わかるようでわからないので教えてください。

昔から一番スキな空の景色です。

http://www.artfarm.co.jp/habu/

Aベストアンサー

空が青い理由や夕日が赤い理由をご存じなら、じっくり考えれば分かるだろうと思います、が。空が青い理由は、青い光が大気中の埃や水分子で散乱され、視線方向に入って来るからです。散乱はあらゆる所で起こっていますので、太陽の周りだけでなく空全体が青くなります。太陽が沈む時も太陽の周りだけは赤くなりますが、それ以外では昼間と同じように青い光の散乱が起きていますから、太陽から離れると青いままです。太陽の周りが赤くなる理由はご存じですね?つまり、夕方になっても太陽の周辺以外は条件が変わらないから、青いままなのです。青い空の前の雲が赤くなるのは、2番煎じですが太陽からの赤い光を雲が反射しているからです。見ている方向が同じなのに?とお思いですか?正確な表現ではありませんが分かりやすく言うと、雲の水滴は粒が大きいので赤い光も反射できますが、空のチリは小さいので青い光しか散乱できないのです。

Q赤緯 赤径 緯度 経度

ド素人な質問なんですが、赤緯 赤径 緯度 経度 東経 南径 西経 北径 などの意味がよく分かりません、
あと、↑読み方も自信がないのでお願いします。

Aベストアンサー

赤経=せっけい、赤緯=せきい
と読みます。
天を巨大な球体と考え(=これを天球といいます)、その中で星等の天体の位置を記すときに使います。

赤緯は、天の赤道を0°として、北に-90°、南に90°まであります。
天の赤道は、地球上の赤道の平面を天球にまで延長したときの線です。
赤緯線は、天の赤道の平面に平行の円です。

赤経は、天の赤道の春分点を0°として、東に360°まであります。
春分点を太陽が通過する日が春分の日です。
赤経線は、天の北極と天の南極を通る円です。
天の北極と天の南極は、地球の北極と南極を結ぶ線を延長し、天球と交差した点です。

緯度=いど、経度=けいど
は、地球上の位置を記すときに使います。
緯度は、赤道を0°として、北に北緯(=ほくい)90°、南に南緯(=なんい)90°まであります。
緯度線は、赤道の平面に平行の円です。

経度は、イギリスのグリニッジを通る経度線と赤道の交点を0°として、東に東経(=とうけい)180°、西に西経(=せいけい)180°まであります。
経度線は、北極と南極を通る円です。

南径と北径は、天文や地球の位置を示すための用語ではありません。

赤経=せっけい、赤緯=せきい
と読みます。
天を巨大な球体と考え(=これを天球といいます)、その中で星等の天体の位置を記すときに使います。

赤緯は、天の赤道を0°として、北に-90°、南に90°まであります。
天の赤道は、地球上の赤道の平面を天球にまで延長したときの線です。
赤緯線は、天の赤道の平面に平行の円です。

赤経は、天の赤道の春分点を0°として、東に360°まであります。
春分点を太陽が通過する日が春分の日です。
赤経線は、天の北極と天の南極を通る円です。
天の北極...続きを読む

Q赤経 赤緯 視赤経 視赤緯 について

赤経と赤緯の数値が分かっていて
視半径、地球との距離 の数値も分かっている場合
視赤経 視赤緯 を知りたいのですが、
どうすればよいでしょうか?
計算式見たいのがあったら、教えてほしいのですが

地球のある地点から惑星を見る場合です

Aベストアンサー

回答No.1:
>何のために、視赤経、視赤緯の値が欲しいのか、必要がどこにあるのか分かりません。
まあまあ。確かに,視赤経・視赤緯と,たとえば星表に載っている2000.0分点の赤経・赤緯との差は微々たるもの(今年あたりは,赤経で最大0.2m,赤緯で最大0.1′程度)ですが,単に知的好奇心から知りたい場合だってあるでしょう。
(私も,章動を表す多項式の係数が知りたくてずいぶんいろんな本を探したことがあります。たいていの天文学の本には,No.1のURLのページのように最大値だけ示してあるか,せいぜい最も主要な項が出ているだけですので)

で,質問文に「惑星を見る場合」とありますし,地球との距離が分かっているということなので,最初は「惑星光行差」の補正の話かと思ったのですが,最初に分かっているのが「黄経・黄緯」ではなく「赤経・赤緯」なので,要は歳差と章動の補正が必要ということですね。
歳差も厳密に計算しようとするとかなり複雑な式になりますが,近似式は次のようになります(理科年表2002年版168ページ)。
赤経をα,赤緯をδとして,それぞれの年変化率をΔα,Δδとすると,
Δα=3.075(s)+1.336(s)sinαtanδ
Δδ=20.04(″)cosα
(s)は単位で時間の秒,(″)は同じく角度の秒です。念のため。
これらの値に,たとえば2000.0年からの経過年数をかけてやれば,赤経・赤緯の補正値になります。ただしあくまでも近似式で,天の赤道から遠くなるほど誤差も大きくなります。

章動の計算はあまりにも複雑で,とてもここには書けません。
数値を知るだけなら,「理科年表」(国立天文台編,丸善発行)に10日ごとの値が,また「天体位置表」(海上保安庁)に毎日の値が出ています。ただ,載っているのは黄経と黄道傾角の補正値なので,赤経・赤緯に適用するにはさらなる計算が必要です。
章動そのものの値を求める計算式が出ている文献は,たとえば長沢工(ながさわ・こう)さんの「天体位置の計算」(地人書館)あたりをご覧ください。(先ほど述べた「いろんな本」の一つです。)
たいへん長い式で,係数の一覧表だけで3ページになります。(式そのもののつくりは単純なのですが)
なお,この種の計算について,初心者でもわかりやすく,かつかなりハイレベルなところまで書かれているものとしては,おそらくこの本が(絶版になっていないものとしては)唯一ではないでしょうか。
英語の文献でしたら他にもいくつかありますが…。

回答No.1:
>何のために、視赤経、視赤緯の値が欲しいのか、必要がどこにあるのか分かりません。
まあまあ。確かに,視赤経・視赤緯と,たとえば星表に載っている2000.0分点の赤経・赤緯との差は微々たるもの(今年あたりは,赤経で最大0.2m,赤緯で最大0.1′程度)ですが,単に知的好奇心から知りたい場合だってあるでしょう。
(私も,章動を表す多項式の係数が知りたくてずいぶんいろんな本を探したことがあります。たいていの天文学の本には,No.1のURLのページのように最大値だけ示してあるか,せいぜい最...続きを読む

Q夜の天頂に光る雲みたいな・・・誰か知っている方

どうしても、気になる記憶がありましてここで、質問したいと思い書き込みました。

丁度、約30年前になります。(今36才なので、小学1年生は、そういうことでしょうか)

夜の空に、不思議(きれいな)少し光る雲(星雲みたい)なものを見ました。
夏の夜でした。
周りには、星が普通にあったので、時間は、8時は過ぎていたと思います。

どのようなものかといいますと、難しいのですが、やっぱり少し光る雲か、星雲みたいな
感じでした。

位置は、天頂に近く、ほぼ真上を見上げるように見たのを覚えています。
大きさは、見た感じですが、満月くらいの大きさは、あったように思います。
もやっと、広がる感じで、結構大きく見えた。
きれいで、薄く光るもやっとしたものの他に、中心付近には、虹色ぽい少しアーチ型に
見える光の筋みたいなものもありました。
消えることなく、見えるので、飽きるまで見ていました。
当時は、星雲など知る由もなく、空飛ぶ円盤同士がぶつかったんだ!なんていっしょにいた
じいちゃんに説明したのを覚えています。
(まだ、UFOという言葉も知らなかった)

見つけたのは、となりのおばちゃんが、残飯捨てでもした時にみつけたみたいで、その人が、
なんやろかあれは、という声で、外に出て自分も、見たということでした。
(場所は、宮崎市内)


土曜日、昼寝をしようと横になっていたら、急に思い出して、気になったので書き込みしております。
年代から、これでは、というものがあれば教えてください。
より多くの方のコメントお願いします。

どうしても、気になる記憶がありましてここで、質問したいと思い書き込みました。

丁度、約30年前になります。(今36才なので、小学1年生は、そういうことでしょうか)

夜の空に、不思議(きれいな)少し光る雲(星雲みたい)なものを見ました。
夏の夜でした。
周りには、星が普通にあったので、時間は、8時は過ぎていたと思います。

どのようなものかといいますと、難しいのですが、やっぱり少し光る雲か、星雲みたいな
感じでした。

位置は、天頂に近く、ほぼ真上を見上げるように見たのを覚え...続きを読む

Aベストアンサー

こちらの写真が綺麗です。
http://www.geocities.jp/t_kusano_sas/Meteor/Leonids2001_meteortrail_TK.jpg

当初貼った物はこちらです。
http://homepage3.nifty.com/kid3/leo98/leo98.htm

タイミング悪く移転してしまったみたいですね。

Q地震雲

昨夜関東ではかなり大きい地震がありました
自分は埼玉でしたが、震度4だったそうです

昨日は天気も良く、月もきれいに見えていました
ちょうど、月の方角から(東)から西に向けて一本の雲が出てました
(岩槻方面から上尾方面)
月の写真なんかを撮るのが好きなんで、デジカメに撮ろうかなと思った矢先に、地震…
自分では今でも飛行機雲じゃないのかな?と思っているのですが、タイミングがあまりにも良かったので、あれが噂に聞く地震雲か?なんて

もし、自分が見たのが地震雲だとしても、飛行機雲と見分けが付かないんですが、科学的にはどうなんでしょうね?
昨日見られた方いませんか?
地震に驚いて、写真を撮り忘れてしまいましたorz

Aベストアンサー

こちらにも出てますね、参照下さい。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1031625

私もこういうのは好きなので、それらしい雲を見ると写真に収めたり・・(^-^;
科学的根拠というかメカニズムはアカデミズム的には認められていません。
それぞれの研究者がいろいろと仮説を発表してますが。

否定する学者も多いですが、こうした大自然の現象を追求し解明する事こそ「科学」、否定したって得は無いと思いますよね。
中国の考え方で「宏観現象」という捉え方があります。
自然はどこかにひずみが生じると、不自然さが現れてくる。 ナマズの・・、といった迷信じみたものから、発光現象や動植物の異常行動など、総合的に情報を集めて判断する。
それぞれは関連性の無い事柄でも、例えば一つの地域に集中して起きれば・・。
地震雲もそんな包括的な現象の一つと、私は思えるのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報