最近、戦争を始めようとしている気がしてなりませんが
そもそも、自分の国を守るために
戦闘機や軍艦に乗って自分の国を離れるのは、なぜですか?
ふつう、自分の大事なモノは隠しませんか?
誰にもあげたくないモノは両手で覆いませんか?
なぜ、日本の国に女子供という弱者だけにするんですか?
本当に守るんなら、その場で上空に来たモノだけを攻撃すれば
いいんじゃないですか??どうですか??

A 回答 (5件)

上空に来てから対処するなんて、それだけでは足りませんね。


発射させない、巡航中に撃墜する、そして、日本の国土から捕捉して撃ち落とす。一度の命中で甚大な被害が生じる現代では、何重にもわたる防衛が必要でしょう。

世界は国という単位で動いています。そして世界政府なるものはありません。
各国が各々自分の国を守らなければいけません。
それに軍隊を持つことと、戦争がしたいというのは同じ話ではありませんね。
世界の軍隊を持っているすべての国は、好戦的なのでしょうか。
    • good
    • 3

あまりにもお粗末で幼稚過ぎるご意見です。

国民の命を守る事を考えた事は無いのですか?

あなたは、太平洋戦争末期、沖縄戦の悲劇を学んだ事は無いのですか? 終戦直前、日ソ中立条約を破りソ連が満州に侵入した際の在留邦人の悲劇を知らないのですか? また、その後、もし降伏が遅れ本土決戦となった場合には犠牲者数が更に数百万人単位の膨大なものになったであろう事に考えが及びませんか? その場合の犠牲者の大半が、非戦闘員である民間人ですよ。

要するに、一般民間人が生活する場所が戦場になると、赤ん坊から年寄りまで兵員の何百倍もの民間人死者が出る事になります。
それら悲劇を防ぐためには、戦闘は本土から離れた場所ですべく最善の努力をすべき事は当然!

この事を踏まえると、今の日本は「専守防衛」ですから、他国が日本を直接攻めてこない限り武力行使ができないという極めて危険な基本方針です。「専守防衛」とは即ち、膨大な民間犠牲者がでる「本土決戦しか選択肢が無い」状態なのですから。
だから、この危険を回避すべく日米安保条約があり、常に米軍と自衛隊とが連携する必要性と重要性が高いのです。

今は、第二次大戦時と異なり、ミサイルで核攻撃ができる時代です。そういう時代における「専守防衛」の在り方を一部指導者たちと防衛関係者が議論している状況です。日本攻撃を目的としたミサイルを途中で撃ち落とすのは当然すべきですが、「日本を攻撃する目的と推定される敵地のミサイル基地を叩く」事の是非とその具体的方法を議論しはじめてるようです。

あなたには、「戦争を始めようとしている気がする…」などと漠然と呑気に考えるのではなく、「自分自身・家族・国民」の命と生活を守るため、真剣に学び考えて欲しいと強く願っています。

私自身は、祖母が広島原爆の被爆者・叔父が特攻隊の犠牲者でもあり、国民の命と暮しを守るため、一般国民の悲劇を繰り返さないため、国家には、外交努力に加えてあらゆる防衛策を準備するべきだと考えています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日本を攻撃する目的と推定される敵地のミサイル基地を叩く・・・
憶測で攻撃して誤った事態に陥って「宣戦布告」と間違われないように
尚、この質問は私の子供の言った質問をそのまま投稿しました。
あなたよりウチの子のほうが、よっぽど賢いです。
自信が持てました。

お礼日時:2017/05/12 16:52

面白い発想ですな



江戸時代や明治の頃ならば、そういう考え方で良かったのでしょうけど
今の時代はそれじゃ無理ですな
    • good
    • 1

スクランブル発進や米国との共同演習とかですか?



日本の近くに戦闘機が飛んできたら、
「これ以上来たら打ち落とすぞ!」
と、脅しているわけです。

米軍との演習も、同じようなことです。

「米国と日本は、攻撃力の高い兵器を持っていて、しかも同盟して居るぞ、何かしてきたら2国で協力してそっちの軍隊を沈めるぞ!」
と、脅しているわけです。

これで、日本にちょっかいを出させないよう「抑止効果」を狙うわけです。
    • good
    • 2

戦争を良いこととはみていませんが、一般論として。



自国で来るものを待っていたら、防御のみになってしまいます。

戦いは戦力と頭脳。

相手側が持っている戦力に対し、どの査定距離にいれば、自国側の武力で交戦できるか?

そして、迎えるミサイルなど、小さくないので全てを自国側で交戦していたらミサイルなどドッカン、ドッカン頭の上でやられたら人に被害があるのは防げませんよね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイスラム国(ISIL国)のテロは何が達成できたら終わるのでしょう。

イスラム国は、何が達成できたらテロをやめるのでしょうか

全世界の人がイスラム教に改宗することをめざしているのでしょうか
例えば、今、全世界の人がイスラム教に改宗すれば
納得するのでしょうか。

敵を攻撃するためのテロですが、何を達成する為の
敵への攻撃しているのでしょうか。

Aベストアンサー

最終目的は世界のイスラム化ですが、それは
建前でしょう。
いくらイスラム国でも狂人じゃないんですから。

遠い将来の目的は、第一次大戦前の、イスラム
全盛の状態に戻すことです。

直近の目的は、イスラム国樹立です。
もう樹立している、と言われそうですが、誰も
認めていないので不安定です。

世界に認められ、国連に加盟して、ようやく
一段落、ということになると思われます。

Qジャンボ機東京上空を低空飛行

という記事を今日読みましたが、なぜ1ヶ月も前の事が今頃記事になるのでしょうか。

東京タワーの200メートル上なんていうと本当にすぐ上トン出る感じですよね。メチャメチャうるさいでしょうから、近辺にいた人たちは当然気づくと思います。その日のうちに記事になりません?

もしかして自分が1ヶ月前に記事を読み落としてただけなのかな?

Aベストアンサー

おはようございます。私も同様の疑問を感じておりました。胡散臭さを感じます。彼ら(国土交通省)は沢山のことに規制をかけていますよね。ということは反対に何か起こったときは矢面に立たされることになるわけですが、その時の対応を考えているうちに時間が経ったのではないでしょうか。こんなに時間がかかるのはもし彼らが優秀なら信じられませんが、もしかしたら大して優秀で無いのかも知れませんね。時期的にも9.11に近い時期よりもあえて一ヶ月遅らせた方があまり騒がれずに済むという効果も考えていたかもしれませんね。マスコミはその部分をもっと突いて欲しいんですが、無理ですかね。
よく言われていますが、この国は世界で唯一成功した「社会主義国家」かもしれませんね。全ては規制でがんじがらめです。無能に生きるには最高でも何かをしたいと思った時にはやり難い国です。優秀な人は海外に行きますよね。では失礼します。

Qアデン湾は未だに世界中の軍艦が集結しているの?

http://quasimoto.exblog.jp/13748657

この記事なのですが、今の状況はどの様になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

あの、アデン湾周辺に世界中の海軍が集結しているのはオカルト問題ではなくて、ソマリア海賊対策なのですが。日本も護衛艦2隻とP-3C哨戒機2機を派遣していますよ。

参考
ソマリア沖の海賊 -- wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%B2%96%E3%81%AE%E6%B5%B7%E8%B3%8A

防衛省の取り組み:ソマリア沖・アデン湾における海賊対処
http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/somaria/index.html

Q中国が尖閣諸島上空を含む「防空識別圏」を設定した

 23日18:27のFNNによると、

 「中国国防省は23日、東シナ海上空に国籍不明機などが侵入した場合、戦闘機による緊急発進の対象となる「防空識別圏」を設定したと発表した。
 これは、中国国防省が23日午前から施行するとして発表したもので、沖縄の尖閣諸島が含まれ、日本が設定している防空識別圏と広い範囲で重なっている。

 中国はまた、防空識別圏内を飛ぶ航空機に対し、飛行計画の提出や国防省の指示に従うことなどを義務づけ、従わない場合は、中国軍が防衛的緊急措置をとるとしている。
 中国メディアが22日、日本にも到達可能な国産のステルス無人攻撃機の試験飛行に成功したと報じるなど、尖閣諸島をめぐる緊張がさらに高まるのは必至となっている。」

と述べております。

・日本の防空識別圏内を日本の飛行機が飛行する場合、中国に飛行計画を提出する義務は無く、中国が日本の「防空識別圏」に勝手に食い込んで決めており、今後中国機が侵入した場合にも、日本の航空自衛隊機がスクランブルをかけることになり、お互いにスクランブルの応酬となり、一触触発の危険が生じる可能性が避けられないのではないでしょうか?
・今後において、日本としては「不測の事態」を避けるために如何にすべきと思われますか?何か妙案があると思いますか?

 23日18:27のFNNによると、

 「中国国防省は23日、東シナ海上空に国籍不明機などが侵入した場合、戦闘機による緊急発進の対象となる「防空識別圏」を設定したと発表した。
 これは、中国国防省が23日午前から施行するとして発表したもので、沖縄の尖閣諸島が含まれ、日本が設定している防空識別圏と広い範囲で重なっている。

 中国はまた、防空識別圏内を飛ぶ航空機に対し、飛行計画の提出や国防省の指示に従うことなどを義務づけ、従わない場合は、中国軍が防衛的緊急措置をとるとしている。...続きを読む

Aベストアンサー

私は毎日のように厚木基地の海上自衛隊機や米海軍艦載機の訓練を眺められる環境に住んでいるヒコーキ好きなのですが、今月に入ってから厚木基地で訓練を行っている米海軍 F/A18E Super Hornet 戦闘攻撃機部隊は去年に訓練を行っていた部隊とは異なるのか、操縦の腕前がまるで違います。

2~4 機の編隊が着陸進入態勢に入る時は次々に機体を傾けて旋回を始める Break と呼ばれる機動を行うのですが、180 度旋回をし終わった時には 2~4 機の間隔がちょうど着陸の順番に揃うようになります。

航空自衛隊の Air Show などを観に行くと Blue Impulse のような Show 専門の部隊でなくとも 4 機編隊の Break をピタリと決めて着陸する様子を見ることができます。

しかし、今年の夏頃まで厚木基地で訓練を行っていた米軍 F/A18E 部隊は旋回中に機体の傾斜角を何度も変えたり、機体を傾けても機種上げ不足でろくに旋回しなかったりと、どうにも下手っぴで、見上げる私は何度悪態を吐いたことか(笑)・・・一昨年の夏、航空自衛隊の F15J Eagle が 2 機飛んで来て、見事な Break で滑走路真上を通過して帰って行ってしまったのを見た時には「米軍司令が空自に模範演技を要請したのだろうか?」と思いました(^_^;)。・・・ただし、一昨年見た EA-6B Prowler の編隊飛行は上手かったです。

まあ米海軍太平洋 (第七) 艦隊は Arabia (第五) 艦隊ほど技量を要求される艦隊ではないでしょうし、海軍航空機隊は空軍と違って「車庫入れ (着艦)」訓練に時間を割かねば命取りになることから空軍ほど戦闘訓練の時間が取れないだろうとは思うのですが「それにしても米第七艦隊の F/A18E 隊は下手っぴが多いな」と思っていたものです。

ところが、今月に入ってから訓練している連中は機体操縦に迷いが見られず、かなり上手い・・・これなら空自並(^_^;)・・・特に今日飛来していた 6~8 機は 3 機編隊からの Break が見事に決まり、間隔がピタリと揃っていたのみでなく、着陸復航で再び編隊を組むまでの時間も短く、どう見ても夏頃まで訓練していた連中とは腕が違い過ぎます(^_^;)。

私なんかよりも遙かにヒコーキ好きで部隊番号まで把握している方ならば直ぐに調べられるだろうとは思うのですが、私程度のヒコーキ好きでも現在の第七艦隊に配属されている F/A18E Pilot 達がいつもの連中とは違うことが判ります。

http://www.youtube.com/watch?v=ULOD9YPJq2k
↑ 下手っぴだった頃の厚木 F/A18 戦隊(^_^;)
  今日見た Pilot 達の腕前は、まるで違いました。

http://www.youtube.com/watch?v=q5mPQXIy160
↑ ちょっと判り辛いですが空自ではこれが当たり前

沖縄では F22 Raptor 12 機とその整備要員他で 300 名体制の中隊が既に配備を完了していますし、勿論 Osprey 部隊も 20 機体制の配備が完了して 10 機ほどが Philippines の災害援助に行っていますよね。

http://www.youtube.com/watch?v=moeXG8ychgA
↑ 嘉手納の F22 Raptor

その F22 Raptor 中隊は Virginia 州 Langley 基地からはるばる太平洋を横断して飛んできた第 1 戦闘航空団、言わば米国首都防空戦隊から引き抜かれた Elite 中隊です。・・・第 27 戦闘飛行隊 "Fightin'Eagles" の方なのか第 94 戦闘飛行隊 "Hat in the Ring" の方なのかまでは私程度の Mania Level では判りませんが(^_^;)。

・・・つまり・・・米軍は既に『本気』ですよ(^_^;)!・・・

単発 Propeller 小型機は富士重工 (Aero SUBARU) FA200 であっても『セスナ』と呼ぶ記者がぶら下がり報道するような政治面からの Mass Media 情報からでは「米軍は協力してくれるのだろうか?日本が不慮の事態を避けるにはどうすれば良いのだろうか?」などと暢気な考えしか至らないでしょうが、軍事の現場では政治に専攻して既に不慮の事態を想定した『本気』の態勢に入っているようですね。

>今後において、日本としては「不測の事態」を避けるために如何にすべきと思われますか?何か妙案があると思いますか?

あればとっくの昔に外務省が動いていますって(^_^;)。

まあ外務の Pro' 達ですから「ない」わけではないでしょうし、私達では想像も付かない Level での情報を元にしてあれこれとやっている筈です。

それでもどう転ぶかは判らないものですので、軍事の現場 Level では悪い方に転ぶことまで想定した態勢を整えているわけです。

尖閣諸島を防空識別圏に組み込んでいるのは空自だけではない筈・・・沖縄米軍だって空自に任せて指を咥えているわけではないでしょう?

なにしろ領空侵犯して攻撃してくる者達にとって「在日米軍は無視しても良い」なんてことはあり得ないのですから。

在日米軍の質がここまで変化しているのですから空自や海自は例を見ないほどの緊張状態にあることでしょうね。

>一触触発の危険が生じる可能性が避けられないのではないでしょうか?

避けられません。

彼の国は『それ』を狙っているのですから・・・。

領空侵犯させた無人機を空自に撃墜させて非難することに始まり、海自の P3C 対潜哨戒機を戦闘機で追いかけ回して (追尾誘導はしない) 威嚇用の Missile を撃ち込む、Scramble 発進してきた空自の戦闘機と互いに威嚇射撃を行う空中戦に持ち込む・・・死傷者が出て宣戦せざるを得ない状態になる直前まで世界に向けて自国の正当性を声高に宣伝しまくる、言わば Chicken Race を仕掛ける舞台を「防空識別圏の拡大」で示してきたというわけです。

国家安全委員会の創設で独裁体制強化を画策したりと、何かとキナ臭いことばかりし始めた習チャン・・・「Shadow Banking の焦げ付き、300 兆円余りを無償融資で肩代わりしてくれるってんなら防空識別圏の線引きを棚上げすることを考慮してやっても良いぞ・・・考慮するだけだけどね」みたいな揺さぶりもかけてくるかも知れませんね・・・sigh。

私は毎日のように厚木基地の海上自衛隊機や米海軍艦載機の訓練を眺められる環境に住んでいるヒコーキ好きなのですが、今月に入ってから厚木基地で訓練を行っている米海軍 F/A18E Super Hornet 戦闘攻撃機部隊は去年に訓練を行っていた部隊とは異なるのか、操縦の腕前がまるで違います。

2~4 機の編隊が着陸進入態勢に入る時は次々に機体を傾けて旋回を始める Break と呼ばれる機動を行うのですが、180 度旋回をし終わった時には 2~4 機の間隔がちょうど着陸の順番に揃うようになります。

航空自衛隊の Air Sho...続きを読む

Qネットとニュースで見たんですけど、北朝鮮は何で韓国の軍艦?に魚雷を発射

ネットとニュースで見たんですけど、北朝鮮は何で韓国の軍艦?に魚雷を発射したんですか?

Aベストアンサー

 現在、報道されている動機には6つあります。いずれも、北朝鮮なりその偉大なる指導者と自称の金正日が公表したわけではありませんので推測の域を出ていません。
1.昨年11月に起こった、北朝鮮・韓国両海軍銃撃戦敗北への報復
2.金正日の三男正雲を正日の後継者としての地位を確固とするための手柄としたかった
3.なかなか進まない外交問題解決の手段として米国の目を北朝鮮に向けさせるため
4.失敗したデノミ政策から国民の目を遠ざけるため新たな問題を引き起こした
 1を除けるとしても、ろくな理由じゃありません。1について補足すると、北朝鮮はその銃撃戦で海軍の装備が旧式であることから既に韓国海軍の敵ではないことを思い知らされたんですね。そのため、
5.海上兵器は駄目でも、潜水艦はまだまだ韓国に勝てる兵器であると国内に示し、軍部の士気高揚を図った
 という見方もあります。それから派生した動機案で
6.北朝鮮の主要輸出産業である武器としての潜水艦の価格高騰を狙った
というのもあります。
 少なくともこれらの内3つ以上を理由に起こしたものと推測されます。

 現在、報道されている動機には6つあります。いずれも、北朝鮮なりその偉大なる指導者と自称の金正日が公表したわけではありませんので推測の域を出ていません。
1.昨年11月に起こった、北朝鮮・韓国両海軍銃撃戦敗北への報復
2.金正日の三男正雲を正日の後継者としての地位を確固とするための手柄としたかった
3.なかなか進まない外交問題解決の手段として米国の目を北朝鮮に向けさせるため
4.失敗したデノミ政策から国民の目を遠ざけるため新たな問題を引き起こした
 1を除けるとしても、ろく...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報