障害者年金について教えて下さい❗

A 回答 (6件)

何を知りたいのでしょう?


あまりにも漠然とし過ぎているのですが。

まず、完全に間違っている回答に言及しておきます。
回答3です。

障害年金でいう障害の等級は、重いほうから順に1級から3級まであります。
初診日時点で厚生年金保険に加入していた人に限り、3級(障害厚生年金)を受けられる可能性があります。
それ以外の場合は、1級または2級(障害基礎年金)しか受けられません。
また、1級または2級の障害厚生年金を受けられる人は、同じ級の障害厚生年金も併せて受けられます。
申請(正しくは裁定請求)を発症後3年以内に行なわなければならない、ということは絶対にありえません。
原則、初診日から1年6か月を経過した日(障害認定日という)以降、65歳の誕生日の前々日までに行なう必要があるだけです。

次に、障害年金(「障害者年金」という言い方は誤り!)のポイントです。
回答1にもありますが、既に上で書いたとおり、大きく分けて2種類(障害厚生年金と障害基礎年金)の障害年金があります。
(共済年金[公務員、私学教職員]というのは、年金制度一元化前に障害認定日が来ている人が対象で、いまは厚生年金に統合されています。)

障害の重さが「障害年金を受けられる程度以上の重さ」である必要があるのはもちろんですが、保険料の納付実績も問われます。
20歳以降に初診日があるときは、初診日前日時点で、初診月2か月前から13か月前までの1年間に保険料の未納(国民年金や厚生年金保険の保険料の未納)がないか、20歳以降初診月2か月前までの公的年金強制加入期間(20歳以降60歳直前までは、実際の納付の有無にかかわらず強制加入!)の3分の2超の月数が納付済になっていることが必須です。
但し、20歳前に初診日(その初診日のときに何1つ公的年金に入っていないこと!)があるときに限って、保険料負担ゼロで、最短で20歳直後から障害基礎年金を受けられます(特例的な障害基礎年金であるため、支給開始後に所得制限が付きます。)。

受付窓口ですが、障害基礎年金だけのときは市区町村の国民年金担当課。
障害厚生年金を受けられる可能性がある人は、年金事務所が受付窓口です。

裁定請求の際の要は、何といっても、年金用診断書(医師が書く)と病歴・就労状況等申立書(障害者本人が書く)。
両者の整合性が厳しく問われるほか、国民年金・厚生年金保険障害認定基準(障害年金の認定基準)に即した記述法になっていなければならないので、そのような知識がないままでコトに臨むのはおすすめしません。
イチ素人だけでも裁定請求はできますが、回答2にもあるように、すんなり通るのはむずかしくなります。

で、障害年金の「何」をお知りになりたいのですか?
はっきり申しあげて、質問になっていないのですが。無責任な質問だと思いますよ。
    • good
    • 3

障害者年金の、何を知りたいんですか?


種類ですか?
申請方法ですか?
額ですか?・・・
    • good
    • 0

障害者への年金です

    • good
    • 0

先に回答されたかたも書いてますが、障害年金は等級があり、3級だと、もらえません。

2級~1級が、もらう対象です。病気を発症してから、3年以内に申請です。
    • good
    • 0

障害者年金の「何」をお知りになりたいのでしょうか?



障害者年金を、自分で申請用紙を書いて出しても、ほぼ跳ねられてしまいます。

プロに頼んでも、その方の「力」によっては、却下されることが

多いです。

私は、10年前から、障害者1級ですが、プロ中のプロに偶然出逢えて

申請が受けられるようになりました。

文言の一字一句チェックされ、文言の間違いがあると跳ねられます。

この場合の文言とは、何故に申請することになったか、その障害の程度の「書き方」

です。

現在は、私が申請した10年前より、だいぶ申請が通る様になったそうですが、

それでも、プロに任せた方が良い、、とその方は仰ってましたよ。
    • good
    • 1

障害者年金ではなく、障害年金です。


2種類あります。障害基礎年金と障害厚生年金(ほかに共済年金のかたは障害共済年金になりますがここではおいておきます)。
その障害を負ったときの初診日にどの年金であったかによってこれは変わってきます。
国民年金なら基礎年金、厚生年金加入時なら厚生年金ですね。また障害認定日は初診より1年6か月経過していなくてはなりません。
初診が20歳前だったとか、知的や発達のように生まれつきの障害とされるものは20歳前発症として障害基礎年金になります。
書類の提出先も違います。
基礎年金は役所、厚生年金は年金事務所です。
申請から受給認定までは差がありますが、だいたい3~6か月と思えばよろしいかと。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害年金、障害者手帳での就職について質問させていただきます。 現在、障害年金3級.障害者手帳3級です

障害年金、障害者手帳での就職について質問させていただきます。
現在、障害年金3級.障害者手帳3級です。
病名はうつ病です。
1年間休職にて療養し、医師からも経過順調なので仕事も大丈夫との診断をいただきました。
就職するにあたり、就職先には障害年金と障害者手帳保持について申告しなければいけないんでしょうか?
なるべくならバレずに就職したいと思っております。
障害年金も障害者手帳も更新が1年をきり
このまま経過が良ければ次回更新はせずに
更新前でも自己申告で年金停止と手帳返納も考えております。
就職先には申告しなければダメでしょうか?申告しなければ、社会保険関係等で問題があるんでしょうか?
分かる方教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

従業員が一定以上いる事業所では、障害者雇用をしないといけない決まりになってまして、規定の人数に満たない場合は障害者雇用納付金を納めないといけません。
障害はあるけれど仕事は一般と変わらないという方を欲しがっている会社はあると思います。

また、既回答にもありますが今後症状が重くなった時のことを考えると、一度オープンにして求職活動をしてみるというのは如何でしょうか?

障害年金を受給していても社会保険には特に影響はありません。

Q障害年金について 障害年金受給していて、更新が来ました。 障害年金の書類を書いていただき障害年金3級

障害年金について

障害年金受給していて、更新が来ました。

障害年金の書類を書いていただき障害年金3級を受給しておりました。かなり患者を罵倒する先生で、薬を大量に出し、体は動けなくなり、ゼプリオンという注射を打たれてさらに症状が悪くなり怖くなり、そこには行かなくなりました。それからは家の近くの心療内科に通っておりますが、障害年金更新の書類が来ました。勝手に心療内科を変えたので書類はどこで書いていただいたらよいのでしょうか。お知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

障害基礎年金でも障害厚生年金でも、指定日前1か月以内の障害の現状が記された更新用診断書(「障害状態確認届」といいます)でなければならない、という決まりがあります。
国民年金法施行規則や厚生年金保険法施行規則という法令できちんと決められています。

指定日とは、指定された年の、誕生日がある月の末日。
ただし、20歳前初診による障害基礎年金の場合には、誕生日には関係なく、7月末日になっています。

したがって、誕生日のある月(または7月)の1か月のうちに実際に受診した医療機関で、医師から障害状態確認届を書いてもらわなければいけません。
医師法の定めにより、実際に診察していない医師が書いてはいけませんし、また、診察していない日のことを書いてもいけません。
要は、実際に通院している医療機関の医師に書いていただくことになります。
どこで書いていただくか、自分で任意に選べるような問題ではないのです。

なお、精神障害の場合には、精神科医師または精神保健指定医から書いていただくことが原則になっているので、心療内科の医師がこのような資格を持っている必要があります。
注意事項として、用紙の裏面にも記されているはずです。
心療内科という字が示しているとおり、心療内科というのは、あくまでも内科です。
そのため、精神科医師としての診断や治療が行なえるような上記の資格を持っている、ということを、こちら患者側としても必ず確認して下さい。

障害基礎年金でも障害厚生年金でも、指定日前1か月以内の障害の現状が記された更新用診断書(「障害状態確認届」といいます)でなければならない、という決まりがあります。
国民年金法施行規則や厚生年金保険法施行規則という法令できちんと決められています。

指定日とは、指定された年の、誕生日がある月の末日。
ただし、20歳前初診による障害基礎年金の場合には、誕生日には関係なく、7月末日になっています。

したがって、誕生日のある月(または7月)の1か月のうちに実際に受診した医療機関で、医...続きを読む

Q老齢年金と障害年金について。私は、障害共済年金と障害基礎年金を2級で受給していますが、65歳になった

老齢年金と障害年金について。私は、障害共済年金と障害基礎年金を2級で受給していますが、65歳になったら、老齢年金と、障害年金を受給するのは、金額的にどちらが得でしょう受けてか。ちなみに私は、永久認定を受けています。

Aベストアンサー

> 老齢年金と障害年金について。
この名称は特定の年金を指す用語ではございません。

ご質問から想定される受給組み合わせは次の3パターン
 老齢基礎年金+老齢共済年金[実際には老齢厚生年金+調整年金]
 老齢基礎年金+障害共済年金
 障害基礎年金+障害共済年金←現在の受給パターン

で、ここに登場する「老齢◎◎年金」の金額ですが、大雑把い説明すると次のような考えで計算されます。
 老齢基礎年金
  ⇒満額×(共済年金の加入月数+国民年金1号としての保険料納付済み月数)÷480月
 老齢共済年金 
  ⇒共済年金に加入していた間の平均報酬額×乗率×加入員であった月数

また、障害基礎年金(2級)は、老齢基礎年金の満額と同額です。
 ⇒障害基礎年金を受給できるものは国民年金の保険料納付が免除される。
 ⇒免除されたと言う事で保険料を納めていないと、老齢基礎年金を満額受給することは不可能となる。

更に、ご質問者様は『永久認定を受けています』と条件を付しております。

よって、今回のご質問に関しては、現在の受給パターンを継続することをお勧めいたします。

> 老齢年金と障害年金について。
この名称は特定の年金を指す用語ではございません。

ご質問から想定される受給組み合わせは次の3パターン
 老齢基礎年金+老齢共済年金[実際には老齢厚生年金+調整年金]
 老齢基礎年金+障害共済年金
 障害基礎年金+障害共済年金←現在の受給パターン

で、ここに登場する「老齢◎◎年金」の金額ですが、大雑把い説明すると次のような考えで計算されます。
 老齢基礎年金
  ⇒満額×(共済年金の加入月数+国民年金1号としての保険料納付済み月数)÷480月
 老齢共済年金 
  ⇒...続きを読む

Q精神障害者保健福祉手帳と障害年金(基礎年金、厚生年金)の受給に関して

精神障害者保健福祉手帳と障害年金(基礎年金、厚生年金)の受給に関して

私の状況で、手帳と障害年金の受給が可能かどうか、みなさまのご意見をいただきたく、
投稿しました。ご教示いただければ幸いです。よろしくお願いします。

◆状況
・今年の6月にうつ病と診断されました。
・現在、フルタイム勤務ができず、休みをもらっている。じょじょに
 フルタイム勤務に戻していければと思っている。
 (主治医からはもっと静養が必要だと言われています)
・1日中横になっており、食事などもままならない状況。
・出社する場合は、時短勤務・残業制限となっている。
・服用している向精神薬は、トフラニール、ジェイゾロフト、ソラナックス
 ドグマチール、ミオナール。
・睡眠薬は、ハルシオン、メイラックスを服用中。


◆精神障害者保健福祉手帳に関する質問
?このような状況で手帳を申請して承認いただけるものでしょうか?
 ちなみにこのレベルだと何級が相当しますか?
?障害者手帳を入手することで何かデメリットが発生するのでしょうか?
?会社を辞めるつもりはないのですが、そのような状態で手帳をいただくこ
 とはできるのでしょうか?

◆障害年金(基礎年金、厚生年金)に関する質問
まだ1年半経過していませんが、今後同様の状況が続いた場合を想定しての
質問です。
?フルタイム勤務しながら、障害年金を受給することは可能なのでしょうか? 
 その場合、2級または3級どちらの取得が可能でしょうか?
?障害年金を受給することで、勤務先に対してや、社会的なデメリットが
 発生しますか?
?障害年金受給に関して、所得制限はありますか?

精神障害者保健福祉手帳と障害年金(基礎年金、厚生年金)の受給に関して

私の状況で、手帳と障害年金の受給が可能かどうか、みなさまのご意見をいただきたく、
投稿しました。ご教示いただければ幸いです。よろしくお願いします。

◆状況
・今年の6月にうつ病と診断されました。
・現在、フルタイム勤務ができず、休みをもらっている。じょじょに
 フルタイム勤務に戻していければと思っている。
 (主治医からはもっと静養が必要だと言われています)
・1日中横になっており、食事などもままならな...続きを読む

Aベストアンサー

障害年金についても、精神障害者保健福祉手帳と同じく、
お書きになられている状況だけでは、こちらとしては判断が困難です。
安易な言及は不適切になりますので、言及しません。
以下を参照して、自分なりに障害年金における基準を理解した上で、
医師やソーシャルワーカー(精神保健福祉士など)、
社会保険労務士(うち、障害年金に精通している方)にご相談下さい。

国民年金・厚生年金保険障害認定基準
<参照手順>
1.厚生労働省法令等データベースシステムにアクセスする
 http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/
2.通知検索 ⇒ 本文検索へ
3.検索語設定で「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」とする
4.検索実行
5.検索結果の「国民年金・厚生年金保険障害認定基準について」参照
6.ページ移動で「03」ページの後半以降を参照すること

精神の障害による障害年金の場合は、最低限、
 労働が制限を受けるか、
 又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有する
ということが認定要件です。

フルタイム勤務が可能な場合には、
この認定要件を満たさないことも考えられますので、
その点は踏まえておいて下さい。

障害年金を受給することによるデメリットはありません。
会社に知られることもなく、また、自ら言う必要も全くありません。
(手帳以上に、デメリットがきわめて少なくなっています。)

障害年金は、半永久的な受給が保証されるものではありません。
通常、永久固定(障害の状態がもう変わらない、とされること)以外は
2~5年毎(人により異なる)に診断書の提出が必須で、
それをもって更新し、更新以後の受給継続の可否が決められます。
障害の程度が「障害年金を受給するに値しない」とされれば、
再び障害が重くなるまでの間は、支給がいったん停止されます。

障害年金の場合、問題は、
初診日における加入年金制度と、初診日前の保険料納付状況です。
特に、保険料納付要件(3分の2要件・直近1年要件)が未達成だと、
どんなに障害が重くても受給できません。

したがって、こちら(保険料納付状況)の確認が先です。
いまの納付状況ではなく、あくまでも初診日前の状況を調べます。
学生納付特例や免除を受けた場合、
あるいは、それらの手続きを怠った結果で未納となっていた場合は、
特に見落とされがちなので、十分に注意して下さい。
社会保険事務所の窓口に出向いて、簡単に照会することができます。

一方、初診日が厚生年金保険加入中でなければ
障害基礎年金しか受給し得ず、障害基礎年金には3級がないため、
障害程度が3級相当では、1円も受給することができません。

初診日が20歳前のときに限っては、所得制限も生じます。
また、障害基礎年金しか受給することができません。
(初診日が20歳以降であれば、一切の所得制限は生じません。)

その他、障害年金のしくみは非常に複雑なため、
少ない情報だけでは何とも申しあげられません。ご了承下さい。
 

障害年金についても、精神障害者保健福祉手帳と同じく、
お書きになられている状況だけでは、こちらとしては判断が困難です。
安易な言及は不適切になりますので、言及しません。
以下を参照して、自分なりに障害年金における基準を理解した上で、
医師やソーシャルワーカー(精神保健福祉士など)、
社会保険労務士(うち、障害年金に精通している方)にご相談下さい。

国民年金・厚生年金保険障害認定基準
<参照手順>
1.厚生労働省法令等データベースシステムにアクセスする
 http://wwwhourei....続きを読む

Q精神障害で2級の年金を受給してる者です。 年末調整で障害者の欄があったため記入しました。 それは障害

精神障害で2級の年金を受給してる者です。
年末調整で障害者の欄があったため記入しました。
それは障害者控除となるのでしょうか?
場合によっては年金が止められるとネットで見ました。
当方、社会保険には加入してません。働いてますが、月給6万円台です。

無知のためどなたか教えてください。

Aベストアンサー

>年末調整で障害者の欄があったため記入…
>それは障害者控除となるの…

それはそうなります。
そのための年末調整です。

>働いてますが、月給6万円台…

年間 70~80万ということですか。
賞与を入れても 100万ほどですか。

それなら障害者控除など申告しなくても、所得税は発生しませんので、障害者控除を申告する意味がありませんけど。

年末調整の訂正ができないか、会社とご相談ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2671.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報