それまでしてくれてありがとうございます
そこまでしてくれてありがとうございます
どちらが正しいですか、違うのはなんですか

A 回答 (5件)

『 今日はお誕生日なので、ケーキの他にマッサージもサービしてあげましょう。



1.「え~っ?本当ですか! それ(=マッサージ)まで(サービス)してくれてありがとうございます」
「それ」は「追加された物・事柄」を指します。

2.「え~っ?本当ですか! そこ(=マッサージするという親切の程度)まで(サービス)してくれてありがとうございます」
「そこ」は「程度」を指します。

1が使われる機会は、極めて少ない。
2が、よく使われる自然な表現です。
    • good
    • 0

それ以前に、


「~してくれる」と言う言葉を最近よく耳にしますが、これって正しい使い方でしょうか。
目上の方には本来使うべき言葉ではない、(昨今、上から目線といわれる言葉だろうと)

ですから、「~してくださりありがとうございます」「~していただきありがとうございます」などと言うべきだろうと思います。
    • good
    • 0

そこ、其処、その場所、その位置、言い換えれば、指示代名詞で代用していますが位置情報を含むと解釈できます。


それ、「それ」そのものには位置に関する情報はありません、例 リンゴ、それ、と表現できますね、位置に関する何か?、ありません。
でも、場合によっては、リンゴまでしてしてくれて・・・・、の表現はあり得ます。
話題の中の何かについてのランク、その他の位置情報の象徴がリンゴのとき。
それ、具体的に何を指しているのか(指示代名詞ではなく)をあてはめて考えてみれば・・・・・。
通常は、ここ、そこ、あそこ、のほうが間違いなく伝わるのではないかと思います
    • good
    • 0

「そこまでしてくれてありがとうございます」



・・が一般的なのではないかと。


程度を表すのが「そこまで」
限度を表すのが「それまで」


ーやってダメなら「それまで」のこと。
ーここで落ちたら「それまで」だ。
    • good
    • 0

どちらも正しい・・



状況に依り どちらも使う言葉な だけ・・

只 「それまでしてくれてありがとうございます」←これは あまり使わない「そこまでしてくれてありがとうございます」←こうなるが これは 嫌味にも取れる場合があるので要注意・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qありがとう・・・ございます?ございました?

このカテにははじめて質問させて頂きます。
このOKwebを使っているとよく感謝の言葉を使いますよね。
で、僕はお礼をするときに時々迷います。
「ありがとうございます」「ありがとうございました」
どちらでお礼をしたらよいのでしょうか?
僕が思うに「ございます」の場合は、こちらが先に物を頼みこれから相手からしてもらう時に使い、
「ございました」の場合は、相手から「感謝すること」をされた後にこちらがお礼する時に使うんじゃないかと思っています。
ですからOKwebでは「ございました」を使うようにしています。
皆さんはどのように使い分けていますか?
または正しい使い分けなんてのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて感動詞(挨拶もこれに含まれる)は時制を持たない、というのが文法の基本ですので、「ありがとうございます」を過去時制「ありがとうございました」に活用させるのは文法的におかしい、ということもいえるかもしれまえん。「いただきます」の未来時制「いただきましょう」が挨拶(感動詞)ではなく、「食べましょう」という意思をあらわす表現になってしまうのと同様、という考えかたです。
 すでに日常生活のなかで「ありがとうございました」も定着している表現ですのでそこまできびしく考える必要もないとは思いますが、「ありがとうございます」から「ございました」のかたちが発生したであろうことはおそらく疑うことのない事実でしょうから、このような意見にも一理あるとはいえます。

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて...続きを読む

Q「OO様でございますね?」と「OO様でいらっしゃいますね?」どちらが正しい?

電話で、対話者のお客様に、「契約者名は?」と質問し、お客様が「○○です」と返答。その場合の確認の為のこちらからの復唱の仕方ですが。「○○様でございますね」では間違いでしょうか?人を指す場合は「いらっしゃる」を使うことはわかりますが、質問事項が、名前=物 扱いで、「ごさいます」が使えないでしょうか?対話者が契約者本人であれば(暗黙にご本人様ですねの意味を含め)「○○○○様でいらっしゃいますね?」と言えると思いますが、もし契約者名が対話者の父親だった場合、「お父様の△△様でございますね」と言うのは間違いでしょうか?「お父様の△△様でいらっしゃいますね」が正しいですか?

Aベストアンサー

#1です。
お父様のケースで、状況を読み違えていたので訂正します。
(本質は変わりませんが)

対話者は契約者ではなく、契約者は対話者の父親、というケースですね。

「契約者はお父様の△△様でございますね」は、
契約者の名前確認という意味でしたらOKです。
(つまり「契約者はお父様で太郎さんという名前ですよね?」みたいな感じ)

「契約者はお父様の△△様でいらっしゃいますね」は、
契約してくださった方の人物確認をするという意味になります。
(つまり「あなたではなくてお父様が契約者ですよね?」みたいな感じ)

Q【日本語】新年と本年どちらが正しいですか?明けましておめでとうございます新年もよろしくお願い致

【日本語】新年と本年どちらが正しいですか?

明けましておめでとうございます
新年もよろしくお願い致します

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

Aベストアンサー

どちらが正しい? 使う場面によります。

新年=新しい年、正月で新たに明けた年。
本年=今年。

「新年が明けたので、おめでたい。本年(=今年)もよろしく。」

Q「それは彼に会えばわかることです」「それは彼に会えば分かるのです」両者とも正しいですか その違いはなんですか

「それは彼に会えばわかることです」「それは彼に会えば分かるのです」両者とも正しいですか その違いはなんですか

Aベストアンサー

まず、文法構造自体が違うのでしょうが、それはさておき。

「わかるのです」は「わかるんです」と意味的にはほぼ同じ。

で、修飾されている言葉を省いて土台の部分だけ残すと、
前者・・「それは、ことです」
後者・・「それは、わかるんです」
という風に、何を結論にするかが違います。
前者の方が「こと」に結論を置いているぶん、「彼と会った時に起きることに注目すべき」といったニュアンスが強いです。「この件に関しては、私にはこれ以上何も出来ない」という風な、責任を放棄して突き放した印象にもなるので、使うには注意が必要です。(必ずそうなるという訳ではないですが。)
一方、後者は言葉通り、「彼に会えばわかる」以上の意味は感じられません。ただ、突き放した意図は無く単に「彼に会えばわかる」と言いたい場合は、「彼に会えばわかると思います」等という風に少し謙虚に言う方が自然ですね。

例:
「契約書を読めばわかることです。」
裏には「これ以上私に言えることは無いので、聞かないで欲しい」あるいは、「読めばわかることのはずなのに、何をグダグダ言っているの」「読んでもいないくせに、この時点で口出しするな」・・といった、突き放したニュアンスがあります。

まず、文法構造自体が違うのでしょうが、それはさておき。

「わかるのです」は「わかるんです」と意味的にはほぼ同じ。

で、修飾されている言葉を省いて土台の部分だけ残すと、
前者・・「それは、ことです」
後者・・「それは、わかるんです」
という風に、何を結論にするかが違います。
前者の方が「こと」に結論を置いているぶん、「彼と会った時に起きることに注目すべき」といったニュアンスが強いです。「この件に関しては、私にはこれ以上何も出来ない」という風な、責任を放棄して突き放した印...続きを読む

Q★外人に日本語の説明。(有難うございますVS有難うございました)

友達の中、日本語を勉強中のアメリカ人がいますけど、英語でThank youの言葉が、日本語では「ありがとうございます。」、たまには「ありがとうございました(文法的には過去形)」になるのが理解できないそうです。
(何故「ございました」になるのか、いつ「ありがとうございました」を使うのか・・など)。

やっぱこれは文化的な問題じゃないかと思うんですけど、できれば日本人として説明したいんです。どうやって説明すれば良いでしょうかね・・・

日本語でもOKです。ご意見お待ちします。

Aベストアンサー

普通に考えれば、相手にしてもらった行為の直後に言うお礼は「ありがとうございます」。過去にしてもらった行為に対するお礼が「ありがとうございました」だと思います。

ただこの「過去」と説明すると、外人には基準が曖昧と受け取られるかもしれません。5分前なら? 一時間前なら? と悩まれても困ります。英語の「過去形」とも違う感覚ですね。

日本人の感覚には合致しているとは言えませんが、
「お礼を言う対象の(相手の)行為があってから、現時点の間に、別の行動(会話、食事etc)をはさんだら『さっきはありがとうございました』になる」というのが、外人向けには理解しやすいのではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報