回答よろしくお願いします。

知人が先月詐欺罪で逮捕され先日詐欺未遂で起訴されました。

しかし覚醒剤の使用で再逮捕されたとの事でした。前科ありで、詐欺罪と覚醒剤です。

仮釈放期間も終わり、数ヶ月後のことです。

前回は3年の懲役とのことでした。今回は合わせてどれくらいの刑期になるでしょうか

だいたいでいいので教えて頂きたいです。

A 回答 (3件)

ま~再犯で重犯だし、実刑で7年以上は固いと思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですよね、、
ありがとうございます。

お礼日時:2017/05/13 12:00

大体のことは前の質問で答えられているような気がするんですけど…その回答に対してお礼も返していますよね。


なにが納得できないのか、その点を補足した質問であればよいのですが、
この文面ではマルチポストですよ。

・・・本題・・・
前の質問でも答えられているように、
  「10年」
が目安。
再犯であることがどうしても効いてくるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません、ありがとうございます。

お礼日時:2017/05/13 12:00

だいたいでいいですか?


多分30年くらいだと思いますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!^^

お礼日時:2017/05/12 19:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回答よろしくお願いします。 知人が詐欺未遂で起訴されました 詐欺の前科ありです この場合刑期はどのく

回答よろしくお願いします。

知人が詐欺未遂で起訴されました
詐欺の前科ありです

この場合刑期はどのくらいになりそうでしょうか??

だいたいでいいので教えて頂きたいです。
なかなか難しいと思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

追記

覚醒剤再犯は3〜5年、それに合わせて詐欺未遂で2年、長くて前科を合わせたら10年、10ねなら仮釈で7〜8年ってとこですかね(・・)

Q18歳、初犯で3ヶ月帰ってこないということは起訴されたということですか?? 罪名は多分詐欺罪です…。

18歳、初犯で3ヶ月帰ってこないということは起訴されたということですか??

罪名は多分詐欺罪です…。

分かる方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初犯なら 執行猶予が つくから 自由に行動できるよねー!20歳に達して無いから 少年院かなぁ?

Q万引きし逮捕された場合釈放されるのはいつになりますか? 一週間前に知り合いが万引きして逮捕されま

万引きし逮捕された場合釈放されるのはいつになりますか?


一週間前に知り合いが万引きして逮捕されました。いまだに釈放されません。
今まで逮捕されたことなどない人でしたが、なぜ釈放されないないのでしょうか?

Aベストアンサー

色々勘違いしている人がいるようだけど・・・

質問文から想定される逮捕後の被疑者(俗に言う”容疑者”)の身柄の基本的な流れは
 ①48時間以内に関係書類を添えて被疑者の身柄を検察庁(検察官)へ送致(いわゆる”送検”)
 ②身柄を受け取った検察官は24時間以内に裁判所へ勾留請求する。
 ③裁判官は被疑者を調べ、要件の存在があると認めた場合、期間10日間までの勾留状を発付。被疑者の身柄は刑事施設に収容され、取調べを受ける。
 ④10日間で取調べや補充捜査が完結しない場合、検察官が裁判所へ請求することに最大10日間、勾留が延長される。
 ⑤捜査が完結した時点で起訴され、公正な裁判を受ける権利を確保する(というタテマエで)被告人として勾留が継続する。
 ⑥裁判で執行猶予判決を受けた時点で身柄の拘束を解かれる。
で、現在、「③の段階(最初の10日間の勾留期間で取調べの真っ最中)ってアタリかな。

>一週間前に知り合いが万引きして逮捕されました。
いきなり勾留”延長”はあり得ない。最初の10日間の勾留期間で、現在、取調べの佳境にある思われる。

起訴は検察官の専権事項であり、被害者を含めた一般人には出来ない。
被害者に出来るのは”被害届”くらいで、窃盗罪は親告罪でないので被害届の取り下げがあっても、情状に多少の影響がある程度。
犯罪行為の事実がある以上、被疑者の身柄を拘束しての捜査が継続するのは当然のこと。

>いまだに釈放されません。
日本の司法制度上、犯罪の嫌疑がないと判断されるか判決が確定するまで、被疑者・被告人(被収容者)が自動的に釈放されることはない。
起訴された時点で保釈請求の権利が発生するが、被収容者側からの能動的な申請手続きが必要。最近は、保釈請求があれば原則的に認める方向と聞いているけど、再犯や”お礼参り”のおそれがあると認められた場合など保釈申請が却下されることもあるし、保釈金を用意できなかったら保釈されない。

>今まで逮捕されたことなどない人でしたが、
他の人の回答にもあるけど、犯罪の事実があるなら「ンなこと、関係ない」。
>なぜ釈放されないないのでしょうか?
予断や感情に流されず、「法に則り必要な捜査を粛々と行う」という、”当たり前のことを当たり前に”行っているだけでしょう。

色々勘違いしている人がいるようだけど・・・

質問文から想定される逮捕後の被疑者(俗に言う”容疑者”)の身柄の基本的な流れは
 ①48時間以内に関係書類を添えて被疑者の身柄を検察庁(検察官)へ送致(いわゆる”送検”)
 ②身柄を受け取った検察官は24時間以内に裁判所へ勾留請求する。
 ③裁判官は被疑者を調べ、要件の存在があると認めた場合、期間10日間までの勾留状を発付。被疑者の身柄は刑事施設に収容され、取調べを受ける。
 ④10日間で取調べや補充捜査が完結しない場合、検察官が裁判所へ請求するこ...続きを読む

Q詐欺罪について

詐欺罪で、被害額が10万円位の場合、どれくらいの懲役が課されるでしょうか

Aベストアンサー

初犯で被害弁償が済んでいるのなら、執行猶予が付くと思います。

http://wellness-keijibengo.com/sagi/

Qわが子に「万引き」させた親が逮捕! 小中学生の子どもの「罪」はどうなる?

小中学生の子ども3人に万引きをさせていたとして、子どもの両親が窃盗容疑で逮捕された。読売新聞によると、両親は昨年10月、大阪府吹田市内の釣具店で、中学生の長男(14)、小学生の次男(12)と長女(9)に釣り具セット3点を渡し、店外に持ち出させた疑いがもたれているという。

両親は「子どもが勝手にやった」と容疑を否認したが、大阪府警は、防犯カメラの映像や親子がやり取りしたメールなどから逮捕したという。両親は、万引きが見つかるたびに、店員の前で子どもをしかりつけて謝罪し、逮捕・通報を免れていたと報じられている。

報道通りならば、親の責任は免れないと考えられるが、「子どもの責任」はどうなるのだろうか。このようなケースでは、親だけでなく、子どもも「窃盗罪」になるのだろうか。

Aベストアンサー

またデタラメ言っているのがいますな。
これ、ちゃんと考えると結構面倒くさいですよ。一行で済むはずがない。

長男は14歳なので窃盗罪が一応成立します。他の二人は「14歳未満」なので窃盗罪にはならないですが、少年法に規定する触法少年となります。
というのがまず基本。
この基本を前提として少年法に従った処遇はいくつかありますが、親の指示による万引きということを考えると多分、長男も刑事責任は問われないでしょう。

少年法での処分の内容としては、
1.審判による保護処分(保護観察、少年院送致、児童自立支援施設等送致)
2.審判による検察官送致(いわゆる逆送)
3.審判による都道府県知事又は児童相談所長送致
4.審判による不処分
5.審判不開始
6.試験観察
とありますが、長男以外は窃盗罪にならない以上は2はあり得ないですし、長男も一応窃盗罪にはなりますが、事件を考えると2はないと思います。

で、ここから先は、子供がどんな状態だったかも含めて諸事情によります。
例えば、子供が親と結託して積極的に悪事を働いていた場合と、嫌々やらされていた場合と、虐待によって一切拒否できない状態だった場合とでは全然違います。まあこれは家裁の調査によってこれから明らかになる話なので、今論じるのは不可能です。

以下余談。
ちなみに、多分本件には関係ないと思いますが、理論的にはこの子供たちがどの程度親の支配下にあったかということを考慮すると長男の窃盗罪の成否に影響することはあります。例えば強制が激しく、意思決定の自由が完全になかったなどという場合には長男自身には窃盗罪は成立しません(この場合、理論的には両親は長男との関係で、窃盗罪の教唆犯または共同正犯ではなく、窃盗罪の間接正犯となる。)。残りの二人は元々犯罪が成立しないので子供自身の犯罪の成否自体は問題になりませんが、親の方は教唆犯か(共謀)共同正犯か間接正犯かが変わります(判例だと教唆犯にはならないかな。)。

以上

またデタラメ言っているのがいますな。
これ、ちゃんと考えると結構面倒くさいですよ。一行で済むはずがない。

長男は14歳なので窃盗罪が一応成立します。他の二人は「14歳未満」なので窃盗罪にはならないですが、少年法に規定する触法少年となります。
というのがまず基本。
この基本を前提として少年法に従った処遇はいくつかありますが、親の指示による万引きということを考えると多分、長男も刑事責任は問われないでしょう。

少年法での処分の内容としては、
1.審判による保護処分(保護観察、少年...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報