同期発電機の界磁電流を弱めて、界磁磁束を少なく

すると、電機子磁束がレンツの法則によって

多く流れますが、その時、電流の位相が電圧より進

み、つまり進み力率に成ると思うのですが、

参考書では、遅れ力率に成ると書いて有ります。

なぜでしょうか?

どなたか詳しい説明をお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • すみません、もしかして、

    磁束が電圧よりは90度進んでいることと関係あ

    りますか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/05/12 23:45
  • なぜ、電流を基準にして電圧を見るのでしょうか?

      補足日時:2017/05/13 01:29

A 回答 (3件)

No.2です。

ちょっと舌足らずでした。訂正版です。

>なぜ、電流を基準にして電圧を見るのでしょうか?

電流は、インピーダンスの組み合わせによらず、回路一巡で一定です。
そのうち「抵抗分」に発生する電圧との積が「有効電力」になりますから(「抵抗分に発生する電圧」と「電流」とは同位相)、これを基準に回路全体の電圧(これと電流との積が皮相電力)を見れば「位相角」と「力率」が分かります。
http://eleking.net/study/s-accircuit/sac-power.h …
    • good
    • 0

No.1です。



>なぜ、電流を基準にして電圧を見るのでしょうか?

電流は、インピーダンスの組み合わせによらず、回路一巡で一定です。
そのうち「抵抗分」との積が「有効電力」になりますから、これを基準に回路全体の電圧(これと電流との積が皮相電力)を見れば「位相角」と「力率」が分かります。
http://eleking.net/study/s-accircuit/sac-powerfa …
    • good
    • 0

「力率」の定義の問題です。

通常「電流を基準とした電圧の位相」で遅れ・進みを言います。

「電流の位相が電圧より進み」
これは「電流を基準とした電圧の位相が遅れいている」ので「遅れ位相」と呼びます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。

ですが、私はまだ理解できていません。

お礼日時:2017/05/12 23:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q界磁磁極数とは?また、界磁からの磁束とは?その他も疑問があります。(文

界磁磁極数とは?また、界磁からの磁束とは?その他も疑問があります。(文章が長いです。)

N極(左側)とS極(右側)の間に鉄心(回転子)を入れます。
D:直径[m]
L:奥行き[m]
B:ギャップ中の磁束密度[T]
ω:1コイルあたりの巻数[回]
m:コイル数[コ]
ωm:回転子角速度[rad/s]
v:回転子周速度[m/s]
n:回転数[rps]

この時、回転子の周速度vは、
v=D/2*ωm=D/2*2πn=πDn
となり導体1本あたりの起電力eは
e=vBL[v]
e=πDnBL[v]
つづいて、界磁磁極数をp,界磁からの磁束Φ[wb]とすると
pΦ=BaπDL
という平均磁束密度Baが求まる。
従って、導体1本あたりの平均の誘導起電力は、
ea=πDn*(pΦ)/(πDL)*L=pΦn[v]

コイルがmコ存在すると全導体数Zは
Z=2mω
となる。
ブラシ間の並列導体数をaとすると全導体による誘導起電力Eaは
Ea=(Z*ea)/a
Ea=(Z/a)*pΦn
2πn=ωmより、
Ea=(pz)/(2πa)*Φωm=KΦωm(K:構造で決まる)

分らないところがたくさんあります。
界磁磁極数とはなんですか?
界磁とはなんですか?
平均磁束密度とはなんですか?
コイルがmコ存在すると全導体数Zは
Z=mω
じゃなくて、なんで、
Z=2mω
なんでしょうか?
ブラシ間の並列導体数をaとすると全導体による誘導起電力Eaは
Ea=(Z*ea)/a
というところは意味不明です。

先生の講義の内容が意味が分りません。
講義のスピードは速すぎるし(毎回の講義でノート4ページぐらい書く)、ノートに書いてる途中にいろいろ説明したりするので何を言ってるのか意味が分りません。図とかも書いてくれるんですが、その図は具体的にどこの部分を見た図なのかとかがさっぱり分りません。

界磁磁極とか界磁は、この問題においてどういうふうに(図)に使われているのか意味が分りません。
ブラシ間の並列導体数をaとすると全導体による誘導起電力Eaは、とかいうところも、どこがどう並列になっているのかとか、この問題においてどういうふうに(図)なっているのかとかがまったく理解できません。
本当に、図形が想像できません。

界磁磁極や界磁について調べろよ、とか思われるかもしれませんが、図を想像できない時点で単語の意味を知ったって全然理解できないと思います。

上記に示した分らないところについて解説をお願いします。
また、図の想像がより鮮明に分るような説明をお願いします。

界磁磁極数とは?また、界磁からの磁束とは?その他も疑問があります。(文章が長いです。)

N極(左側)とS極(右側)の間に鉄心(回転子)を入れます。
D:直径[m]
L:奥行き[m]
B:ギャップ中の磁束密度[T]
ω:1コイルあたりの巻数[回]
m:コイル数[コ]
ωm:回転子角速度[rad/s]
v:回転子周速度[m/s]
n:回転数[rps]

この時、回転子の周速度vは、
v=D/2*ωm=D/2*2πn=πDn
となり導体1本あたりの起電力eは
e=vBL[v]
e=πDnBL[v]
つづいて、界磁磁極数をp,界磁からの磁束Φ[wb]とすると
pΦ=BaπDL
という平均磁束密度Ba...続きを読む

Aベストアンサー

Eaはブラシ間の誘導電圧なので、導体一本あたりの誘導電圧eaの直列導体数(Z/a)倍の電圧が現れてます。

Q誘電率と屈折率と磁化率と透磁率の関係

誘電率と屈折率と磁化率と透磁率は相互に関係しているようなのですが、その関係がよく分かりません。これらの物理量はどのような式で関連付けられるのでしょうか。また、実数で扱う場合と複素数で扱う場合の違いは何でしょうか。どなたかご教授願います。

Aベストアンサー

読んでぱっと思い浮かぶ式は

n = √[ ε μ / ε0 μ0 ]

ですけど。屈折率の定義が、cを真空中の光速、vを媒質中の速度として

n = c / v



c = 1/√[ ε0 μ0 ]、v = 1/√[ ε μ ]

から導かれる式ですが。

磁化率をχとすると、

μ=μ0 ( 1 + χ)

Q位相進み、位相遅れの電気回路

こんにちは。
位相進み、位相遅れの電気回路を設計したいと思っております。
LPF、HPFは抵抗とコンデンサで作れることがわかったのですが、上記2つの設計方法がよくわかりません。
どのような構成にすればよいかお願いします。
参考ホームページ等ございましたら、あわせてお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの言われる通り
CR直列回路でCに信号を入れCRの接続点から取り出せば位相の進んだ信号が取り出せます Rの片方は当然gndです

CかR を可変にすれば位相も連続に可変出来ます 但し振幅も変化します1/√2になる周波数で45度進みます
L に替えれば遅れます

その他共振回路を使えば遅れ進み両方可能で 同じく振幅も変化します LかCを可変にすればよろしいです
Rは小さい方がQが良くなる為に変化率が大きくなります 

電気回路の計算して見ては如何でしょう 

Q界磁電流を流さずに、電動機を始動したとき

直流電動機(他励)を、界磁電流を流さずに始動したとき、電機子電流に膨大な量の電流が流れるとあるのですが、これは何故でしょうか?

電動機を始動するときの電圧は、電動機の定格電圧です。

Aベストアンサー

始動とは言っても界磁無しでは起動できません
つまり回転子は回らないのです
回転しなければ逆起電力が発生しません
これが理由です

Q透磁率 誘電率 マクスウェル方程式

屈折率が透磁率と誘電率で表せることを調べてわかりました。
Q。では、このn=sqrt(με/μoεo)という式はどのように導かれたのですか?マクスウェル方程式を解いているのでしょうか?

Q。誘電率と透磁率は計算で出せるのですか?
また、誘電率と透磁率の一覧表みたいなのはWebページにありますか?

以上2つです。1つでも構いませんのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

#3です。
屈折率は媒体中を進む光(電磁波)の速度V=1/√(με)によって決まります。(真空に対する媒体の屈折率が決まっている)
2つの異なる媒体の境界でも屈折か起きますが、その境界での屈折率は、それぞれの媒体の中を進行する光(電磁波)の速度比になりますが、速度比は、また真空に対する屈折率の逆比でも表せますし、入射角、出射角(透過角)のそれぞれの正弦(sin)比でも表せます。角度の正弦比での定義が高校での屈折率の比として使われているということですね(スネルの法則)。

屈折率の元は媒体中の光(電磁波)の位相速度ですね。

クスウェル方程式は電磁波の方程式ですが、電界Eと磁界Hのセット(あるいは、電束と磁束のセット)で電波として伝播します。電波の電界と磁界は直交する横波として伝播します。
ところが、同じ電磁波の仲間である光(光波)の場合、電界と磁界のセットに相当するものはありません。伝播する光の伝播速度と電波の伝播速度は同じです。振動周波数は光の方が電波の周波数のさらに上の周波数となっています。光は横波で偏波面を持っています。太陽光のような光は色々な偏波面をもった光の集まりです。偏光格子を通せは、特定の偏光面を持った(横波の)光だけを取り出してその偏波だけでその光を進行(伝播)させることができます。電波(電磁波)では電界だけの横波だけの伝播(進行)や磁界だけの横波の伝播(進行)は不可能ですね。
つまり、同じ媒体中での光と電波の進行速度(伝播速度、位相速度)が同じことで、屈折率もマックスウェルの方程式から出した透磁率と誘電率と速度や電波の屈折率をそのまま光の速度や屈折率として使っているわけです。それが現実と矛盾していないためそのまま使われていますし、物質の屈折率は、光での方が実験的に確かめ安い(光の方が波長がずっと短いし、光源が作り安いからですね。)。
光での実験結果は媒体中での光速や屈折率を求めるのにも利用されるといったことですね。

(電磁波の理論と光の理論や媒体の定数測定には相互依存関係にあるということですね。光を使ってμやεの測定はできませんが、屈折率から媒体中の速度比が測定できるといった具合ですね。媒体中の電磁波の速度の正確な測定は困難です。)

#3です。
屈折率は媒体中を進む光(電磁波)の速度V=1/√(με)によって決まります。(真空に対する媒体の屈折率が決まっている)
2つの異なる媒体の境界でも屈折か起きますが、その境界での屈折率は、それぞれの媒体の中を進行する光(電磁波)の速度比になりますが、速度比は、また真空に対する屈折率の逆比でも表せますし、入射角、出射角(透過角)のそれぞれの正弦(sin)比でも表せます。角度の正弦比での定義が高校での屈折率の比として使われているということですね(スネルの法則)。

屈折率の元は媒体...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報