1My pc battery drins so quickly,nevetheless, I got it about a half year ago.
2Considering I got my pc about a half year ago,it drins so quickly.
3Nothwithstanding I got my pc about a half year ago,it drins so quickly.
これらの表現において、対比を表す接続詞ですが、どれが適切でしょうか?またこれらに差異、用法の使い分けをすればよいでしょうか?

A 回答 (1件)

1 nevertheless は however に近い、接続副詞であり、


そういうふうには模範的にはつなぎません。
ピリオドやセミコロンで切って、Nevertheless, とか、
..., but nevertheless, ... のように、接続詞としては but が役割を果たすとか。

2 considering は「よくない状況のわりに」というニュアンスなので、
もっといいはずなのに、という文脈はあまりよくないかと。

3 notwithstanding も今では however のように接続副詞として使うのが普通。
前置詞としては文語的、接続詞はそれ以上に古語。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/13 10:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング