1My pc battery drins so quickly,nevetheless, I got it about a half year ago.
2Considering I got my pc about a half year ago,it drins so quickly.
3Nothwithstanding I got my pc about a half year ago,it drins so quickly.
これらの表現において、対比を表す接続詞ですが、どれが適切でしょうか?またこれらに差異、用法の使い分けをすればよいでしょうか?

A 回答 (1件)

1 nevertheless は however に近い、接続副詞であり、


そういうふうには模範的にはつなぎません。
ピリオドやセミコロンで切って、Nevertheless, とか、
..., but nevertheless, ... のように、接続詞としては but が役割を果たすとか。

2 considering は「よくない状況のわりに」というニュアンスなので、
もっといいはずなのに、という文脈はあまりよくないかと。

3 notwithstanding も今では however のように接続副詞として使うのが普通。
前置詞としては文語的、接続詞はそれ以上に古語。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/13 10:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「I`ve got it.」と 「I got it.」について

とても初歩的な質問なのですが、「I`ve got it.」と[I got it.]の使い道の違いがよくわからないのですが、教えていただけないでしょうか。「わかった!」とか「ひらめいた!」といった意味で、英語の文章などを読んでいると頻々と出てくると思うのですが、どうしてこれは現在完了で、前に見たのは過去形だったのだろう、といつも解らなくなってしまいます。全く的外れな質問でしたらすみません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

現在完了形には「動作や出来事の完了・結果」を表す意味があります。
例えば、I've just finished my homework. 「今宿題が終わった」を考えれば、それまで宿題に取り組んでいた結果、それが finish したということを表しています。

同様に、I've got it. というのは、それまで考えていたか、わからないでいたことの継続の結果として「わかった」という結論に達したので現在完了形になっているのです。それが単にその時に「わかった」という場合でも慣用的に完了形の形で使われているわけです。

それに対して、I've got to go. の場合は、I have to go. 「行かなければならない」の米語での慣用表現が I have got to go. だったために完了形の意味として使われているのではなく、あくまでも have to の意味で使われています。
例えば、You've got to see him. 「是非彼に会いなさいよ」という使い方をします。

米語の口語の特徴として、get という動詞をいろいろな場面で多く使う傾向があるようです。

I've got to go. が I got to go. になったのは、No.4さんの回答の最後にも書いておられますが、've の部分にはアクセントがなく、実際にはほとんど聞こえないほどかすかな音で、've を発音しなくても同じ意味で通じてしまうので、話し言葉として使っているうちに自然と取れてしまったものと思われます。

こんにちは。

現在完了形には「動作や出来事の完了・結果」を表す意味があります。
例えば、I've just finished my homework. 「今宿題が終わった」を考えれば、それまで宿題に取り組んでいた結果、それが finish したということを表しています。

同様に、I've got it. というのは、それまで考えていたか、わからないでいたことの継続の結果として「わかった」という結論に達したので現在完了形になっているのです。それが単にその時に「わかった」という場合でも慣用的に完了形の形で使われているわけです...続きを読む

Qso quick と so quickly の違いについて

どちらも使用可能だと思うのですが、soの後に形容詞を持ってくる場合と副詞を持ってくる場合の差がわかりません。。教えてください。

Aベストアンサー

おそらく、ご質問の意味は、He did it so quickly.とHe did it so quick.の違いではないと思われます。この場合のquickはsoではなくその前の動詞に関係があります。つまり、動詞を修飾するのは副詞ですので、通常はso quicklyが正しい形ですが、口語では副詞の代わりに形容詞を用いることができる場合がありますので、この場合はso quickを用いることも可能です。この用法を「形容詞の副詞用法」と言います。
結論としましては、so quickはso quicklyの口語形ということになります。

どちらを用いるべきか悩んだ場合は、動詞を修飾しているかどうかを考え、動詞を修飾している場合は副詞形であるquicklyを用いておけば無難です。

His action was so quick.の場合は、形容詞しかくることができませんので、so quicklyは間違いになります。

QIt's about time he got here.

http://eow.alc.co.jp/search?q=about+time&ref=sa

上記にabout timeの使い方がいくつかあります。

ここで気になったのは、he gets hereでなくhe got hereと過去形になっていることです。
about timeは過去形とつけて使うかと思ったのですが、他の例では現在形もあるようです。

過去形を使うことでニュアンスが変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

>過去形を使うことでニュアンスが変わるのでしょうか?
はい。It's about timeの後には、過去形でも現在形でも使えますが、若干意味する時間軸が変わります。私の持っているEnglish idiomsに次のように説明されています。

1.It's about time+past
used to say that you think something should happen soon or should already have happened.
例文)I think it's about time we went home.
後ろが過去形の場合、考えていたことがおきるぎりぎりか、もうすでにおきていなければならないと思っていることを意味します。例文で言えば、帰る時間がギリギリか、ちょっと過ぎてるというニュアンスです。

2.It's about time +present
said when something happens that you think should have happened.
例文)It's about time you should wake up.
後ろが現在形の場合、おきるべきだと考えていたことが今まさにおきていることを意味します。例文ならば相手はまさに起きようとして、もぞもぞしているといった感じでしょうか。

>過去形を使うことでニュアンスが変わるのでしょうか?
はい。It's about timeの後には、過去形でも現在形でも使えますが、若干意味する時間軸が変わります。私の持っているEnglish idiomsに次のように説明されています。

1.It's about time+past
used to say that you think something should happen soon or should already have happened.
例文)I think it's about time we went home.
後ろが過去形の場合、考えていたことがおきるぎりぎりか、もうすでにおきていなければならないと思っていることを意...続きを読む

QBut it has ended, so it's already good. これ友達が言ってたん

But it has ended, so it's already good.
これ友達が言ってたんですけどどう訳すんですか?それと文法的にあってますか?

Aベストアンサー

But it has already ended, so it's good (now). とする方がいいかも。

もう済んだこと、今更何も言うことは無い。

文法に問題は無いです。

QIt was some forty years before that my grandfather

It was some forty years before that my grandfather had had our house built.
訳:祖父が我が家を建てたのは、それより約40年前のことだった

これについて質問です。(上の文章に誤りはありません。)これってなんで 家をたてることより40年前 という訳にならないのかわかりません。
あと、なんで後ろはhadが2つあるのでしょうか。文法に詳しい方お願いします!

Aベストアンサー

これは根本的に
It is ... time before SV の構文とは違います。
その場合は before 〜で「〜する前に」という接続詞です。

今回は before で「それまでに、以前に」という副詞です。

My ... built some forty years before.
において some forty years before を強調した強調構文です。

before の前にどれだけ前かが来て
「(何かより)約40年前に」

ago だと今から40年前。

before は何かの出来事から見て前。
それが had had という過去完了と関連しています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報