戦争して良い事も有るのではないでしょうか?

ネアンデルタール人や北京原人は人類です。彼らは火を使っていました。彼らがなぜ滅んだのか?現代の人類が滅ぼしたのです。

彼らを滅ぼす事で、現代の人類が有るのです。これは何も珍しい事ではありません。南北アメリカ大陸、オーストラリア大陸の原住民は絶滅寸前です。タスマニア島では絶滅しました。これらは人類の歴史では最近の事でです。

これらの事は人類の歴史にとっては、良かったと言わざるを得ません。例えば、南北アメリカ大陸に、アメリカ原住民が住んでたって、面白くもなんともないからです。

野球もバスケットボールも飛行機もコンピュータも生まれなかったでしょう。

これらが生まれたのはインディアン絶滅戦争の結果なのです。ですから、戦争して良い事もあるのではないでしょうか?

A 回答 (15件中1~10件)

「戦争にチャンスを与えよ」エドワード・ルトワック著


訳者による解説動画


朝鮮半島を考えると、戦争の影響には、良い事もあるかもと思う。
    • good
    • 0

かつては日本国内でも、地方単位に分かれて戦争をしていました。


しかし今、「東京が儲け過ぎだ!」といって、静岡が攻め込む、
などという事があるでしょうか?
いや、太古の海の中では、細胞単位に分かれて戦って(生存競争)
していましたが、進化において多細胞生物となって、単細胞生物は
隅っこに追いやられています。

即ち、戦争が意味を持つ(淘汰→進化)のは生存単位間であって、
それは、ファミリー>集落>地域>国家と、分業化・組織化に応じ、
どんどん拡大し、そこに(内部の争いを避ける)モラルや法規、
宗教が発達したのです。
今や、我々の身の回りの衣食住、どれも海外からやって来ており、
個人の生は、世界中の人の営為によって成る、社会生命になって
いると言えます。

「戦争が発達を促す」というのは、戦うのが生存単位間である
場合であり、その生存体の中での分業化が発達するにつれ、戦争
の不利益の方が大きくなります。
何でも「戦争が発達を促す」ならば、アフガニスタンやシリアは
今頃、再先進国です。
戦争による発達より、経済競争による発達の方が厳しいのは、
戦後日本が証明した事実です。(アメリカの凋落はどうですか)
    • good
    • 0

№1、7,8,9,10で回答した者ですがお礼を受けて再回答します。



>論証は事実に基づいて行わなければなりません。事実は毎年1億人づつ世界の人口が増加しているということ事です。

まず、あなたが主張の根拠としている事がすべて事実ではなく、あなたが極めて主観的な思い込みによって曲解した間違った知識に基づいています。


>しかし、食料生産がそれに対応出来ない以上、世界は毎年1億人の意図的な死者を必要としています。これが現実であり、あなたにも、この現実を直視する勇気を持ってもらいたいものです。

 それはあなたの思い込みにすぎません。
 意図的に殺すまでもなく、それ以上の人が餓死ないし病死しているのが現状です。

>あの偉大な食料生産国である、アメリカ大陸ですら、アメリカ原住民は餓死させられていたのです。それもアメリカ最大の偉大な大統領である、リンカーン大統領の時代にです。アメリカがアメリカ原住民をどのように扱ったかは、アカデミー賞を取った映画「蘇りし者」に描かれています。

 リンカーンの時代、あるいはそれ以前の時代、アメリカはただの新興国家にすぎず、現在のような食料生産国ではありません。
 ましてや、アメリカ原住民のすべてが当時アメリカ国民だったわけではなかったのです。アメリカ合衆国政府に彼らを扶養する義務はありませんでした。

>私の質問が曖昧で良くなかったのは認めます。私にも率直に言う勇気が欠けていました。過去の戦争目的はどうあれ、これからの戦争の戦争目的は明快です。それは、ただひたすら人を殺す事です。つまり虐殺です。虐殺そのものが戦争目的です。なぜなら人類は大量虐殺を必要としているからです。

 大間違いです。
 あいにくと、そうした考えを持っている軍人も歴史家も政治家も一人もいません。


 あなたは質問する立場にありながら、なんで意見を述べているのですか?
 繰り返しますが、ここは意見を主張する場所ではありません。あなたはただの質問者であり、質問をするという事は、あなたは無知であるということです。無知なあなたに意見を言う資格はありません。実際、あなたの意見は間違った知識、事実ではない思い込みによって成り立っています。
 ハッキリ言って取るに足りません。ただの戯言です。

 昨今のSEALDsとかいう馬鹿者なんかにも同じことが言えるのですが、何か主張する前に勉強しなさい。

 極端な主張はそれがどんな意見であれ、ほぼ間違いなく間違っています。無知からくる思い込みでしかありません。
 あなたの意見も全くそうです。

 クラウゼビッツぐらい読んだんですか?孫子は?リデル・ハートは?マハンは?
 戦争について何事か語りたかったら、最低限でもその辺は基礎知識として読みなさい。
 まともな知識もないくせに何事かを主張しようとすれば間違うのは当たり前なんです。

 しかも、私を含め回答者から指摘されたあなたの誤りについて事実確認はしたんですか?
 馬鹿なことやってるのにわざわざ相手してもらって、それくらいは当然してるんでしょうね?
 専門書を読むだけの知力があなたにあるとは思えませんが、せめてググるくらいはしなさい。
 結果はどうでしたか?
 あなたが正しいというのであればその論拠となるソースを示してから反論しなさい。
 間違いを指摘されてそれを受け入れず、それどころか有耶無耶にして同じ主張を続けようとしてるんなら人として最低です。それは議論でもなんでもありません。「主張」ですらないし「意見」とすら呼べません。コミュニケーションにすらなっていません。ただのノイズです。
 もしこのまま続けるのなら、ノイズは邪魔なので消えてください。
    • good
    • 0

前の部分が違います。

北京原人の骨は、行方不明、タスマニア島の人類は、サンプル不足、ネアンデルタール人のDNAは、ホモサピエンスの一部に有ります。後は、トバの大噴火による。ボトルネックによります。
    • good
    • 0

面白いこととしあわせな事は別物ですからね。

文明が発達して何が楽しいの?と言われたらどうしますか。
    • good
    • 0

世の中、「良い事ばかりの事」は、有りません。


それと同様に、「悪い事ばかりの事」は、有りません。

「戦争して良い事もあるのではないでしょうか?」は、
ある意味、正しいですが、しか、それを理由に戦争をすることは、
許されません。

要は、比率の問題でしょう。
「戦争で、良いことも有る。」と言う理由で、戦争をする
馬鹿者は、居ません。

好ましくない戦争を、仕方なしに行って、それでも、
全くの無意味ではなかった、と言うのが、現状でしょう。

そういう意味では、ご主張は、余りに幼い。

太平洋戦争で、日本軍は、多くの犠牲を、アジア諸国に強いました。
しかし、東南アジアでは、西欧の何百年の植民地支配からの解放の
切っ掛けになった、との評価もあります。

だからと言って、日本人が、先の大戦で「良いことも有った。」、と
胸を張って良い訳が無い。

ご質問者のご主張は、そのレベルではないか、と思いますよ。
    • good
    • 0

№1、7、8、9で回答した者ですがお礼を受けて再回答します。



>虐殺は手段であって、目的ではないと言われますが、手段なら虐殺しても構わないのですか?

 いったい、いつ、誰が、どこで、そんなことを言いましたか?
 私は善悪の話なんかしていません。


>虐殺される者にとって、目的であれ、手段であれ、同じ事でしょう。

 いつ、そんな話になったのですか?
 ここでの質問は「『戦争』して良い事もあるのではないか?」であって、虐殺がどうのこうのという話ではなかったはずです。ましてや、虐殺される人間にとってどうなのか?など、全く関係のない話です。


>従って、虐殺が手段か目的かは、さして重要では有りません。

 それはあなたの勝手な思い込みでしかありません。
 何かを実行するにあたって、それが「良い」か「悪い」かを判断する基準は、それを実行することによって「目的を達成できるかどうか?」が判断の基準になります。つまり、目的が無ければ手段が適当か不適当かは判断することができず、それどころかどのような手段をとるべきかを選択することすらできないのです。いかなる手段も、目的が定まらなければ「良い」と判断されることはありません。目的と手段は決して同列で語って良い事ではないのです。
 それにここはあなたの個人的意見を表明するための場所ではなく、質問をして質問に対する回答を貰うところです。ネット上で何かを主張したいのであれば、2ch等の掲示板かブログ等のSNSでやりなさい。あなたの取るに足らない意見に付き合わされるあなた以外の回答者にとってとても迷惑です。


>重要な事は、戦争では、虐殺が目的であれ手段であれ、虐殺が起こり、つまるところ、戦争とは虐殺に他ならず、虐殺によって、現在の我々人類が有るということです。我々人類は虐殺から生まれたのです。虐殺の申し子です。虐殺無しには現在の人類は有り得ません。虐殺を否定する事は人類の存在を否定する事に他なりません。

 全くの見当違いです。論理的ですらありません。木を見て森を見ない暴論です。
 虐殺はショッキングな出来事ではありますが、それで戦争のすべてが語れるわけではありません。所詮は数多くある現象の一つでしかないのです。
「毎年、交通死亡事故は発生する。自動車を運転するということはヒトを殺すことに他ならず、人を殺すことによってあなたの生活が成り立っている。あなたは殺人によって生活している殺人の申し子だ・・・」と、自動車を運転する人に言ったところで、同意する人は誰もいません。話を戦争だの虐殺だのといったスケールの大きい話に膨らませても同じことです。
 

 あなたが虐殺という事象に何故そこまで魅入られているのかわかりませんが、まぁ、おそらくあなたの中ではとても衝撃的なお話にでも接したのでしょう。そして、精神的衝撃を受けると人はそのことに意識が集中してしまい、冷静さを失い、他のことを考えることができなくなります。今のあなたはそうした精神的ショックを受けた人たちにありがちな思考パターンに陥っています。一つの事が全てになってしまい、すべての思考がそのことに集結してしまい冷静に論理的かつ客観的に物事を判断できなくなるわけです。
 戦場帰りの戦争神経症患者、性的暴行を受けた被害者、極端な虐待を受けた被害児童、大規模災害の被災者・・・あなたのような思考パターンに陥る人は実はそれほど珍しくありません。あなたのお礼文のパターンはそういう人たちが展開する論理の破綻した主張によく似ています。ただの厨二病かと思っていましたが、何やら心的外傷を抱えておられるようですね。

 大人しくカウンセリングを受けに行ってください。

 一種の発達障害に過ぎないのかもしれませんが、今の状態を放置すると社会生活に支障をきたしかねません。早い方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

論証は事実に基づいて行わなければなりません。事実は毎年1億人づつ世界の人口が増加しているということ事です。

しかし、食料生産がそれに対応出来ない以上、世界は毎年1億人の意図的な死者を必要としています。これが現実であり、あなたにも、この現実を直視する勇気を持ってもらいたいものです。

あの偉大な食料生産国である、アメリカ大陸ですら、アメリカ原住民は餓死させられていたのです。それもアメリカ最大の偉大な大統領である、リンカーン大統領の時代にです。アメリカがアメリカ原住民をどのように扱ったかは、アカデミー賞を取った映画「蘇りし者」に描かれています。

私の質問が曖昧で良くなかったのは認めます。私にも率直に言う勇気が欠けていました。過去の戦争目的はどうあれ、これからの戦争の戦争目的は明快です。それは、ただひたすら人を殺す事です。つまり虐殺です。虐殺そのものが戦争目的です。なぜなら人類は大量虐殺を必要としているからです。

お礼日時:2017/05/17 06:18

№1、7、8で回答した者ですがお礼を受けて再回答します。



>歴史上において「虐殺」そのものを目的とした戦争の事例を挙げよと言われたので、四例挙げます。

そんな要求は誰もしていません。あなたの妄想です。


>ナチスドイツはアインザッツグルッペンと呼ばれる虐殺専門部隊を持っていました。そして実行しました。

 WW2におけるドイツの戦争目的は領土の獲得であって虐殺ではありません。虐殺専門の部隊がいたからと言って、それが戦争の目的であったという証明にはなりません。あなたの言っていることは「木を見て森を見ず」のいい例と言えるでしょう。
 ナチスの戦争目的はまず自分たちの領土として東欧を支配下に置くこと。そして、支配した新たな領土から追い出したユダヤ人等他民族を移住させるためにロシアを奪うのが目的です。虐殺は東欧を支配下に置くための手段の一つでしかなかったのです。


>カンボジア内戦では多数の一般市民が虐殺されましたが、なぜ虐殺されたのか、虐殺された方も、虐殺した方もよく分からず、虐殺そのものが目的のような虐殺でした。

いずれも同じです。虐殺を目的にしていたわけではありません。
カンボジアは共産圏でよくあった粛正が大規模な形になっただけでその目的は支配体制の確立です。虐殺を明確に意識していたわけではありません。


>ウガンダ内戦は、フツ族による、ツチ族虐殺が目的の内戦でした。

 ルワンダ虐殺はウガンダ内戦における反政府勢力の力を削ぐことが目的です。反政府勢力に協力するツチ族を虐殺すれば、反政府勢力の戦力を大幅に低下させることができます。つまり、ツチ族の虐殺はそれ自体が目的だったのではありません。反政府勢力を弱体化させるための手段として、ツチ族が虐殺されたにすぎないのです。


>ユーゴ内戦も、虐殺が目的の内戦でした。

 自分の所属する民族の領土を回復するのが目的です。虐殺が目的ではありませんでした。虐殺はあくまでも手段の一つであって目的ではありません。



 すべて、あなたの誤った知識に基づく妄想です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

虐殺は手段であって、目的ではないと言われますが、手段なら虐殺しても構わないのですか?虐殺される者にとって、目的であれ、手段であれ、同じ事でしょう。

従って、虐殺が手段か目的かは、さして重要では有りません。重要な事は、戦争では、虐殺が目的であれ手段であれ、虐殺が起こり、つまるところ、戦争とは虐殺に他ならず、虐殺によって、現在の我々人類が有るということです。我々人類は虐殺から生まれたのです。虐殺の申し子です。虐殺無しには現在の人類は有り得ません。虐殺を否定する事は人類の存在を否定する事に他なりません。

お礼日時:2017/05/16 07:04

№1と7で回答した者ですが、お礼を受けて再回答します。



 まず、ここはあなたの意見を表明する場所ではありません。

 そして、歴史上において「虐殺」そのものを目的とした戦争が起きた例もありません。

 あなたは虐殺はあくまでも別に存在する目的を達成する過程で起きた事件・事故のようなものです。あなたは目的と手段を勘違いしています。大規模な虐殺が起きたような戦争であっても、虐殺そのものを目的であった例はありません。どの戦争でも戦争の目的は虐殺とは別に存在しているのです。
 戦争というものは、あくまでも外交手段の一つでしかありません。コミュニケーションの一形態えしかないのです。

 あなたはただ歴史上で起こったいくつかの虐殺についての半端な知識から得た「虐殺は悪いことじゃないんだ」という思いつきを立証するため、都合のいい部分だけを切り出して自分の都合のいいように解釈しているにすぎません。「善悪を超越した発想を持った俺スゲー」という興奮にでも見舞われているんでしょうが、客観的に見てそれはただの厨二病の症例でしかありません。むしろ、あなたは「善悪」という尺度に捕らわれているからこそ、そういう考えに至るのです。

 「食べ物を粗末にしてはいけない」と教えられながら、形の悪い野菜や色のおかしい食材を切り捨ててるのを見て「食べ物を捨てるのは正しい」と主張しているのと同じです。そういうのは発想の転換でも何でもありません。ただの「勘違い」です。


>ロシアが南樺太に進攻した時には、日本人が虐殺されました。
>なぜでしょうか?そうする事にメリットが有ったからです。

 これは日本人を追い出して領土を獲得するという別の目的を達成する過程で起きた事件・事故であって、虐殺そのものが目的だったわけではありません。現に、虐殺されることなく生きて強制的に移住させられた日本人も多かったのです。虐殺そのものが目的だったのなら、生かしたまま強制移住させる意味はありません。


>サルには、ゴリラやチンパンジーなど、沢山の種類が有ります。しかし、人間には、人間という1種類しか有りません。なぜでしょうか?過去には人間にも、沢山の種類が居たのです。しかし、人間がそれらの人間の仲間を皆殺しにしてしまい、絶滅させたからです。

 ヒトがヒト以外のヒト科の生物を戦争によって虐殺して生き延びたという事実はありません。あなたの妄想です。


>日本が民主主義国家に成ったのは、戦争したからですよね。
>北朝鮮が民主主義国家に成れなかったのは、戦争しなかったからです。

 全く違います。戦前から日本の実態は民主国家で、昭和天皇は天皇機関説を支持していました。
 また、北朝鮮は朝鮮戦争を経て成立した国で、法律上は現在も戦争中です。

>満州に進攻したロシア軍による、日本人虐殺などです。戦争に虐殺は付きものです。それは虐殺したいと思っていたからです。虐殺したいと思っていた者にとって、戦争は自由に虐殺できるのが、メリットなのです。

 それはあなたの思い込みでしかありません。

 「戦争」「虐殺」といった今まで教えられてきた「悪いこと」の究極とも言える事柄について、「悪いことじゃないんだ」という発想を得たことによってあなたの中で一種の革命のような興奮が起きていることは容易に理解できます。でも、そういうのは、割と誰でも経験することです。特に戦争とか歴史とかに興味を持った人ならば、ほぼ必ず経験したことでしょう。私も子供の頃にそういう熱に浮かされていた時期がありました。

 繰り返しになりますが、はっきり言います・・・それは単なる「厨二病」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歴史上において「虐殺」そのものを目的とした戦争の事例を挙げよと言われたので、四例挙げます。

ナチスドイツはアインザッツグルッペンと呼ばれる虐殺専門部隊を持っていました。そして実行しました。

カンボジア内戦では多数の一般市民が虐殺されましたが、なぜ虐殺されたのか、虐殺された方も、虐殺した方もよく分からず、虐殺そのものが目的のような虐殺でした。

ウガンダ内戦は、フツ族による、ツチ族虐殺が目的の内戦でした。

ユーゴ内戦も、虐殺が目的の内戦でした。

お礼日時:2017/05/15 08:33

№1で回答した者ですがお礼を受けて再回答します。



 まず、№1と重複しますが、「戦争をするメリットはあるか?」という問いに対する答えは「YES」です。

 ですが、あなたが論拠としている虐殺云々という話は「戦争をするメリット」とは直接は関係ありません。
 虐殺云々は「戦争をするメリット」を実現する過程で生じる一つの事件・行為にすぎず「メリット」そのものではないのです。

 そして、あなたは間違っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

虐殺したいと思っていても、平和な時にはできません。例外も有りますが、虐殺が起きるのは戦争の時です。

戦争のどさくさに紛れて虐殺が起きるのです。一種の火事場泥棒みたいなものです。

例えば、満州に進攻したロシア軍による、日本人虐殺などです。戦争に虐殺は付きものです。それは虐殺したいと思っていたからです。虐殺したいと思っていた者にとって、戦争は自由に虐殺できるのが、メリットなのです。

お礼日時:2017/05/14 11:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【SEALDs】なぜ日本では戦争反対って言ったら非難されるんですか?なぜ戦争反対って言ったら非難

【SEALDs】なぜ日本では戦争反対って言ったら非難されるんですか?

なぜ戦争反対って言ったら非難するんですか?

Aベストアンサー

よく考えてみてください。「戦争賛成」の人っているんですか?BB弾を撃ち合う「戦争ごっこ」くらいなら好きな人はいるんでしょうけど、
本当に大砲や銃に実弾を込めて撃ち合う戦争の好きな人なんていませんよ。にも関わらすなぜSEALDsは「戦争反対」って言うのでしょうか?
要するに、日本を狙っている外国には軍備を充実させ、そういう国が日本への侵略の邪魔にならない様、日本が抵抗できない様画策しているからです。
SEALDsは日本共産党と深い関係にあると言われています。まぁ日本共産党≒SEALDsと考えてください。

Q戦争教育は無くすべきではありませんか? 過去にひどいことがあったのはわかりましたし、戦争はしちゃいけ

戦争教育は無くすべきではありませんか?
過去にひどいことがあったのはわかりましたし、戦争はしちゃいけない事だともわかっています。
これだけを教科書に書けば良くないですか?
わざわざ、広島や長崎まで行って戦争体験について語られても、キモイだけだし、不快感だけ残して気味が悪いですよね。

Aベストアンサー

ふーん、人が焼け死んだりすることが書かれているのがキモいって事?
残虐な場面がキモいって言っているのかな?

それとも、時の権力者の思考がキモいって事?

戦争じゃなくても、死人がキモいって事?
この辺がはっきりすれば、回答者と話がかみ合いそうな気がしますけど。


戦争で出る残虐に殺された死人がキモいって事であれば・・・

それをやることで、「死人をなるべく出さない社会にしよう」と生徒に思わせたい教育者の思惑があるんでしょう。
「こんなキモい状態にするなよ」
と思わせればそれなりに成功だとは思いますが・・・

本当は、「こんな状態にされて、かわいそう、むごい、この人の人生は何だったのか、この人の家族はどんな思いだったのか、こんな悲惨な状況を生み出した時の権力者はどう思っていたのか」
この辺を考え学んでほしいと言うことだとは思うんですけどね。

この辺が、自由とは何か、責任とは何か、民主主義とは何か、あたりまで考えてくれれば、教育者側としては万々歳だと思うんですけどね。

結構、現在の「道徳観」をはぐくむ、現代社会の社会的に生きていく上で重要な部分にも触れるので、「大学で専門的にやる分野」というより、「道徳の授業」でやっておく方がふさわしいでしょうね。


「死人はキモい!」とか、思うだけでなく言っちゃうような人であると、「こいつこの死人の家族の気持ちとか考えない奴なのかよ・・・避けよう」みたいになりかねないですからね。
大学で専門的・・・と言う分野とは違いますかね。

ふーん、人が焼け死んだりすることが書かれているのがキモいって事?
残虐な場面がキモいって言っているのかな?

それとも、時の権力者の思考がキモいって事?

戦争じゃなくても、死人がキモいって事?
この辺がはっきりすれば、回答者と話がかみ合いそうな気がしますけど。


戦争で出る残虐に殺された死人がキモいって事であれば・・・

それをやることで、「死人をなるべく出さない社会にしよう」と生徒に思わせたい教育者の思惑があるんでしょう。
「こんなキモい状態にするなよ」
と思わせればそれなりに成...続きを読む

Q日中戦争における戦争犯罪と言えばなぜ南京事件ばかりが問題にされるのでしょうか? 戦争犯罪自体は何処の

日中戦争における戦争犯罪と言えばなぜ南京事件ばかりが問題にされるのでしょうか?

戦争犯罪自体は何処の地域でも起きてて,連合軍もかなり起こしてますよね。

Aベストアンサー

台湾が民進党になり国民党軍の蒋介石の悪行が出て来ています。
当時南京にいたのは国民党軍で八路軍はいなかった。ただ20%の非は日本の広東軍にもあります。
この前お亡くなりになった昭和天皇のいとこの証言があります。
つまり中国政府が大袈裟にプロパガンダをして子供の教育まで検閲しているのが問題ですね。しかしその嘘も中国人旅行者や留学生で発言しています。
過去の民主化弾圧(天安門事件)を見ればわかります。

Q戦争はロマンだよね? 戦争の『せ』文字も知らない、ゆとり平和ボケ世代だけど、生きてる間に戦争に行きた

戦争はロマンだよね?
戦争の『せ』文字も知らない、ゆとり平和ボケ世代だけど、生きてる間に戦争に行きたいし、見知らぬ土地で数人の戦友と共に街を駆け回りたい。

出来るなら、戦争をこの目で見てみたいです。
戦争を経験したことがないと、戦争に対して好奇心が湧くんだけどこれは普通のことですか?

Aベストアンサー

こどもさん、ですね。ロマンなんて、いけませんよ。

Q北朝鮮の金正恩は、北朝鮮に敵対する自民党政権に恨みを持っている事は間違い有りません。 ですから、機会

北朝鮮の金正恩は、北朝鮮に敵対する自民党政権に恨みを持っている事は間違い有りません。

ですから、機会が有れば、安倍首相の地元の山口県、自民党の竹下亘の地元の島根県、稲田朋美防衛大臣の地元の福井県の三県に、特殊部隊を使ってサリンを撒いたり、核ミサイルを撃ち込んだりしてやろうと思っているでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に北鮮は日本から金をむしり取ろうと鵜の目鷹の目で見ていますので、自民党に恨みがあろうとなかろうと
そう簡単に金つるをパーにしようとは思ってないでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報