攻殻機動隊っぽい絵で、30分のアニメじゃなかった気がする。
女の子が主人公っぽくて、キチガイな悪役っぽい人達がたくさん出てくる。
指たくさん集めてたりとか。 
最初?に女の子が車の中でサングラスの男に犯されてて車の中に閉じ込められて爆発されるシーンあった
。そのあとになんか生きてて機械?ぬいぐるみ?がパートナーみたいになる。
誰かわかりませんか(T_T)。多分普通のアニメじゃないと思うんですけど。

A 回答 (1件)

マルドゥック・スクランブルではないでしょうか?



wiki:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB …

小説は第24回日本SF大賞受賞作品だそうです。
OVAアニメで3作です。

本格的なSF作品で、現代の社会問題を問う、見応えのあるエンターテイメントでした。
古きよき時代の海外ドラマや映画みたいな雰囲気でした。

物語の概要は、
成り行き任せでどん底に落ちた少女が、
それでも生きていたいと願い、戦うことを決意する。
その考え方の成長を描く、嘘の様(SFとかドラマ創作)な本当(人道や正道が最後は
自在や自立に結びつき、何かに依存しない強さを得るという合理性)の話です。

やりきれない不条理な設定も沢山ありますが、
その中で生きている人が逞しく、それぞれが必死であること。
善であろうと、悪であろうと、
一人一人が仲間を思う人間であり、仕方ないと感じられます。
そういう意味では嫌なものを見たという感じがしません。

どうするべきか? なんでそうなってしまったのか? と考えさせられます。

ところが、全体は勧善懲悪の王道でもあり、痛快です。
不条理な環境によりハンデを背負い、歪になるのは仕方が無い。
しかし、自力で立ち直らなければ悪であると線が引かれています。
そして、たった一人でも理解者がいれば良いという事。
とても正しい。

最後まで見て、多幸感に満ちる。非常に完成度が高い。
海外の古典的なSF作品で、幾つか名作があり、同じ経験をした事があります。
それらの読後感と全く同じで、滅多に出会える作品レベルではないと思います。

wikiの制作秘話を見ても、そうとう真面目に作られています。

ご指摘のシーンの様に衝撃的な描写が多く、賛否で話題となったようです。
ただし、一般映画の中で挿入される衝撃シーン程度のもので、
描写時間もほとんどありません。

ストーリー上では重要な示唆でもありますが、
見ている人の狂気が感応し、それらが自分の中にもあると気づかせてくれます。


良い意味で、普通のアニメじゃありませんよ。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ゆっくり見てきます。

お礼日時:2017/05/17 08:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q攻殻機動隊S.A.Tなどで登場する強化外骨格というのは、攻殻機動隊オリジナルのもの?

アニメの攻殻機動隊で登場する強化外骨格(きょうかがいこっかく)について質問です。

強化外骨格は、いわゆるSFでいうところの「パワード・スーツ」ではないかと思いますが、この名前は攻殻機動隊オリジナルでしょうか?
それとも以前のアニメ・漫画・小説等で使われたものの流用でしょぅか?
それともそれとも、パワード・スーツのように、一種のお約束的な兵器として知られているものでしょうか?

調べてみても、よくわかりませんでした。
どなたかお願いします。

Aベストアンサー

パワードスーツの日本語訳が強化外骨格だそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84

仮面ライダーアギトで出てくるG3の設定上の正式名称が「第3世代 対未確認生命体戦闘用強化外骨格および強化外筋」になっています(ちなみに開発は警視庁)。

参考URL:http://www.toei-group.co.jp/tv/agito/movie2/g4system.html

QTV攻殻機動隊の光学迷彩について

映画の攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELLで素子が光学迷彩を使用するときは、顔を覆うマスクの様な物があったと思うのですが、攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEXでは、そのような物もなく9課のメンバー全員が光学迷彩を使っていますが、何故顔の部分も消せるのでしょうか?

Aベストアンサー

原作漫画でも最初は顔を隠すタイプでしたが、途中から露出したまま全身消える2902型光学迷彩を使用しています。
特殊繊維に覆われていない顔が光を透過してしまう仕組みについては、作品中の光学迷彩の原理が明言されていないので、いろいろ解釈はできますが明快な答えはありません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%AD%A6%E8%BF%B7%E5%BD%A9

QTJムック「『イノセンス』&『攻殻機動隊』コンプリート・ブック」

TJムック「『イノセンス』&『攻殻機動隊』コンプリート・ブック」
なのですが、持っている方、もしくは読んだことがある方、ご回答をお願いします。
アオイ君(笑い男)の資料が欲しく、オークションで入札をしようか迷っている者です。
(オフィシャルログは高くてとても購入できません…)
この本にはアオイの設定資料は含まれていますか?
また、何ページぐらい、何体ぐらい、どんな感じで掲載されているか、わかる範囲で教えてください。
ものすごく具体的な質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

この本の内容は、イノセンス6割、劇場第1作が3割、SACその他が1割って感じです。
SACに関しては、第1シーズン26話のあらすじと画面写真数枚ずつ。設定資料がフルカラーで人物5ページ、火器とメカが3ページ、背景美術が2ページ。あと神山健治監督の
インタビュー。これくらい。

SAC、アオイ君目当てで買ったらちょいガッカリかも。

Qまさに悪役っぽいアニメやゲームのキャラはいますか?

まさに悪役っぽいアニメやゲームのキャラはいますか?

Aベストアンサー

「機動戦士ガンダム」ギレン・ザビ
「鉄腕バーディー」クリステラ・レビ
「バビル2世」ヨミ
「機甲戦記ドラグナー」ドルチェノフ
「逆境無頼カイジ」兵藤和尊

Q攻殻機動隊 2nd 第4話 「天敵」

攻殻機動隊2nd第4話「天敵」の質問です。

少佐の搭乗したタチコマがジガバチをワイヤーで捕まえるところがありますよね?
普通に考えると、タチコマごと吊り上げられて、飛び去ってしまうような気がするのですが、どうでしょう?
初めジガバチにずりずりと引かれ、その後タチコマが180度ターン、逆走行でなんとか保っているように見えますが、それは前後左右の力の問題ですよね?
上への力が加われば、たやすくタチコマが浮いてしまうのでは無いでしょうか?

初め見たときは、とてもかっこよく見えたのですが、気になってからは違和感ばかりです。
どなたか解説をお願いします。

Aベストアンサー

ヘリの解り易いサイトをご参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC
http://pub.nikkan.co.jp/book/kaitai/heri/heri1.htm
http://www11.plala.or.jp/guardians/guide-2-6-4-6.htm
ヘリはブレード(羽)の傾き角度(ピッチ角)で揚力を得て上昇するようですね。ですから結構ものを持ち上げるのはしんどいようです。
実際荷揚げの画像見てみるとバランスには相当気を使っているようで。(真下にぶら下げたりテールにコテコテ乗っけたり)
だからいきなりワイヤーを付けられたジガバチからしてみれば堪ったもんじゃないのかも。
>そういえば、「マトリックス」にもこんなシーンありましたよね?
確かにネオが引っ張ってましたねぇ~。
今回の攻殻は結構いろんな、細かいところでオマージュが有るみたいだから案外マトリクスのオマージュだったりしてw。
http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/gits-sac2/index.html
おまけでジガバチです。
http://www.tbs.co.jp/seibutsu/zukan/insect/htmls/insect_17.html

ヘリの解り易いサイトをご参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC
http://pub.nikkan.co.jp/book/kaitai/heri/heri1.htm
http://www11.plala.or.jp/guardians/guide-2-6-4-6.htm
ヘリはブレード(羽)の傾き角度(ピッチ角)で揚力を得て上昇するようですね。ですから結構ものを持ち上げるのはしんどいようです。
実際荷揚げの画像見てみるとバランスには相当気を使っているようで。(真下にぶら下げたりテールにコテコテ乗っけたり)
だからい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報