美容皮膚科や美容外科は医療費控除出来ますか?

A 回答 (1件)

交通事故の傷害や火傷などの”治療”目的のものでないと医療費控除の適用になりません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。 医療費控除って何ですか? 医療費控除を適用さ

【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。

医療費控除って何ですか?

医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?

Aベストアンサー

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費控除の「セフルメディケーション税制」がはじまります。市販薬の購入費に限定した医療費控除です。 いままでは医療費の合計が年間「10万円」、または「所得の5%」(所得が2百万円未満の場合)という足切りラインがあり、その額を超えないと使えませんでした。
※たとえば所得が100万円の方であれば、医療費が5万円を超えなければ医療費控除を適用できません。
これに対しセルフメディケーション税制では、足切りラインが年間「1万2千円」と低めに設定されていますので、対象医薬品(パッケージに「セルフメディケーション 税 控除対象」というマーク(共通識別マークがあったり店頭で対象かどうか確かめてOKとなったもの)のレシートを取っておけばいいのです。
ただし、この税制では
(1)インフルエンザなどの予防接種、
(2)定期健康診断、
(3)特定健康診査(メタボ健診)、
(4)人間ドッグやがん検診(市町村・健保組合等が実施)
などのうち、いずれか一つを受けていることが大前提の条件です。つまりレシート+これらどれかの領収書を合わせて提出することで所得税の控除対象となります。

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費...続きを読む

Q医療機関への交通費は医療費控除できますか?

病院への交通費はいつも電車を使っています。
切符は領収書がないのですが交通費も医療費控除できますか?
聞くところによるとメモ帳に日付と切符代を控えておけば控除できると聞きました。
本当にメモだけで控除できるのでしょうか?

Aベストアンサー

同じところにいった領収書の一番上に鉛筆書きで経路と運賃とその往復であることと
回数を書いて、合計額を書いています。(間違えたり追加があったとき鉛筆は便利です)
初めてのとき、税務署に聞いたら、わかればいいんですよ。それで問題ありません。
との回答だったので、いつもそうしています。
もちろん、エクセルで集計して、集計表はつけていましたが、
e-Taxになるとそれも要らないので、言われた時のためにデータで5年以上保存です。
数年まえ提出を所望されましたので、当分要求はないのかもしれませんが。

Q脳外科医や心臓外科医より美容外科医の方が儲かるっておかしくないですか?

近々廃止されるようですが長者番付に登場する医師や医療関係者は例外なく美容整形外科医です。当然美容外科は健康保険が効かずすべて自由診療ですのでいくら値段をつけようがかまいません。自分の技術が100万だと思えば100万円、200万円と思えば200万円付けられます。資本主義としては何も間違っていません。しかし人命に関わり更に高度な医学知識、技術が必要な脳外科医や心臓外科医の方が収入が低いというのはおかしくないですか?日本の医療は国民皆保険制度という社会主義の公的価格で運営されているのは分かります。それでしたら国が技術をきちんと評価しそれなりのお金を支払うべきです。それが出来ないのでしたら市場に委ね適正な報酬(少なくとも美容外科より高くなければおかしい)を得られるようにすべきだと思います。自分は‘私の心臓外科医としての腕は日本でも5本の指に入ります。手術を受けたければ5000万円お支払いください‘という事があってもおかしくないと思います。平等に医療を受けさせる為に価格を無理矢理抑え続ける日本の医療制度は歪みがでてくると思いますがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

あなたのおっしゃることはよくわかります。
ただし美容外科は自由診療なので、他の業種と同じで勝ち組、負け組みがはっきりします。また、最近の医学生の中には、困っている人を救おうという高邁な思想ではなく、てっとりばやく稼ぎたいという思想を持つものも大勢おり、現実に眼科や皮膚科、形成外科の希望者が増えてきています。そうなると美容外科医が増えることは確実で、競争が激しくなる結果ダンピングも激しくなるでしょう。つぶれるところもでると思います(知り合いの開業美容外科医の先生は有名な大学できちんと形成外科の研修を受けていますが、美容だけではやっていけず、内科や皮膚科などの病気の人も診療しています)。若いうちは良くても、年をとったら独立しないと勤務できないような気がします。今が一番いい時期なんじゃないでしょうか。
臨床医については、脳外科医、心臓血管外科に限らず医療の保険点数が低いのはそのとおりです。ただし、単一に報酬を上げるのではなく、個々の医師の技術をきちんと評価して、メリハリをつけるシステムにしないとお金がいくらあっても足りないです。
たとえば日本では医師になって、希望すればどの科にでも入れます(一部の人気のある病院を除く)。それに対してアメリカでは医師になるのも他の学部を卒業してからですし、厳しい研修制度を終えて、専門に進むときも、実力が無ければ希望の科に進めないことも多々あります。うまく進めても、本人の実力が無ければ、独立後も患者が集まらないので満足のいく報酬は得られません(自由診療なので患者も保険会社もシビアです)。
今の日本はみんな横並び、超一流の人が診察しても、研修医が診察しても診療報酬は同じですから、アメリカほどの差はつかない、いわば資本主義の中でも社会主義に近いですよね。それでは点数を上げるのは難しいのではないでしょうか。

あなたのおっしゃることはよくわかります。
ただし美容外科は自由診療なので、他の業種と同じで勝ち組、負け組みがはっきりします。また、最近の医学生の中には、困っている人を救おうという高邁な思想ではなく、てっとりばやく稼ぎたいという思想を持つものも大勢おり、現実に眼科や皮膚科、形成外科の希望者が増えてきています。そうなると美容外科医が増えることは確実で、競争が激しくなる結果ダンピングも激しくなるでしょう。つぶれるところもでると思います(知り合いの開業美容外科医の先生は有名な大学...続きを読む

Q中絶費用は高額医療費と医療費控除に当てはまりますか?困っています。

昨年、事情があり中絶しました。10万円弱ですが、高額医療費と医療費控除の申請が出来ますか?教えてください。

Aベストアンサー

中絶では、経済的理由と医学的理由の中絶の二種類があり、医学的な理由による中絶の場合には健康保険が適用されますので、この場合には高額療養費が支給されます。
平たく言うと、おこなった中絶が保険適用だったのかどうかで判断下さい。

医療費控除については上記にかかわらずどんな場合でも医療費控除として申請できます。
この場合において、もし高額療養費を貰う場合にはその費用は差し引く必要があります。

Q高額医療費と医療費控除について

昨年8月に帝王切開で出産しました。
1ヶ月で、約70000円を過ぎた医療費は、社会保険事務所に返還の手続きが
できるんですよね。
そのばあい、確定申告時の医療費控除の申請は、返還された分を差し引いて
計算するのでしょうか?

何がなんだかよく分かりませんので、質問のしかたもあやふやで
申し訳ありません。
なんでも結構ですので、この2つについて情報を教えてください。

Aベストアンサー

入院時の医療費は、次から構成されます。
1.療養の給付にかかる部分(健康保険適用部分)
2.食事療養にかかる部分
3.健康保険の適用とならない部分(文書料、分娩介助の費用や特別室料)

高額療養費は1にかかる部分について計算します。
1の部分の歴月一月当り金額が、限度額(一般的には72,300円+(医療費-361,500円)×1%)を超えた場合は社会保険事務局に高額療養費の支給の申請をすることができます。

確定申告時の医療費控除は、健康保険の給付を受けた後の実質的な自己負担部分についてのみ申告できますので、高額療養費分については差し引いて計算します。
加えて、出産には健康保険からは「出産育児一時金」も支給されますので、これについてもさし引かれる場合があります。

ただ、確定申告する本人が通院に要した費用等についても、控除申請の対象となる場合があります。
詳細は、最寄の税務署に確認されると良いでしょう。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1124.HTM


人気Q&Aランキング

おすすめ情報