古代ローマでは原則として長男は父親のブラエノーメンを引き継ぎますが、この習慣が無くなったのはいつ頃、どのような経緯によってですか?

A 回答 (2件)

ざっと調べた結果ですが、



ローマ帝国が東西に分かれるまでは、プラエノーメンは機能していたようです。皇帝の名前を見てみると、プラエノーメンがあり、逆にこれが無いと皇帝としての継続性に欠けてしまうので、プラエノーメンは皇帝としての資質と正統性にとっても重要でした。

分裂後の東ローマ帝国を見てみると、641年まで在位したヘラクレイオス1世からアルメニア系貴族の影がなくなります。もっともヘラクレイオス1世の名前はFLAVIVS HERACLIVS AVGVSTVSでFLAVIVSという後期ローマ帝国のコンスタンティヌス帝から続くプラエノーメンがあるのですが、この次のコンスタンティノス3世にはプラエノーメンがなく、その後の東ローマ皇帝にもプラエノーメンはついていません。

これは、ヘラクレイオス1世が実際にはアルメニア系貴族であり、自分はローマ皇帝の正統性をつなげるためにプラエノーメンを必要としたものの、継嗣が皇帝を継ぐにあたってはすでにアルメニア系というかギリシャ式の行政制度や公用語もギリシャ語に改めていたため、皇帝を継ぐ方式もローマ式である必要がなくなったからでしょう。
 ローマ人は居たとしても、ギリシャ語に改まり、また東ローマ帝国がイスラム勢力の侵入を許したことなどにより、急速にプラエノーメンは衰退したと思われます。

また、西ローマ帝国は最後からひとつ前11番目のフラウィウス・ユリウス・ネポス:Flavius Julius Nepos 475年まで在位はプラエノーメンFlavius を持っていますが、最後の西ローマ帝国皇帝とされるロムルス・アウグストゥルスにはプラエノーメンがありません。

 もっとも西ローマ帝国は400年を過ぎたあたりから、ガリア人やゲルマン人に激しく浸食されていましたので、彼らがローマ式のプラエノーメンを使うことはなく、400年をすぎてから世代交代に合わせてプラエノーメンは使われなくなって言い田でしょう。それはローマ社会の崩壊であり、皇帝という最後のローマの要が崩壊した(ネポスの退位)475年以降は形骸化が激しくなった、と思われます。

したがって、東ローマ帝国では641年、西ローマ帝国では475年の皇帝退位をもってプラエノーメンは機能しなくなったと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。返事が遅くなって申し訳ありません。

 ブラエノーメンが出生の正当性を証明するための制度として残っていたというのであれば、皇帝以外の貴族や一般人の間ではもっと早期に衰退していたのでしょうか?
 ブラエノーメンの制度がまだ残っていた頃、長男に自分と異なるブラエノーメンを名付けた父親がどのような理由・心情でそのような名づけを行い、周囲がそれをどのように評価したのか気になります。

お礼日時:2017/05/16 07:00

#1です。

お礼ありがとうございます。

>ブラエノーメンが出生の正当性を証明するための制度として残っていたというのであれば、皇帝以外の貴族や一般人の間ではもっと早期に衰退していたのでしょうか?

ブラエノーメンは出生の正当性というより、家系の正統性のためのものであったといえます。共和時代のローマだとブラエノーメンは数えるぐらいしかなく、基本的には元老院に参加できる貴族が利用していたものです。平民にはブラエノーメンはなかった(あっても史実として残るような使い方はされなかった)のです。

帝政期になると、少々使い方が異なってきたようです。理由は異国人(ガリア系・ゲルマン系)の貴族貴族階級などがふえたことなどに寄るのだと思いますが、たぶんキリスト教の影響もあったと思います。

皇帝はローマの最高指導者としての権威がありますから、ブラエノーメンは非常に大切にされたでしょう。ただ、皇帝も養子という形で継ぐことが多く、そうなると本来持っていたブラエノーメンをやめて、皇帝として正統性をもつブラエノーメンに変えることになったわけです。これがある意味、非常に重要であったから皇帝のブラエノーメンは長続きしたのだと思います。
しかし、それもローマ分裂後異国の命名方法を採用したことで、事実上意味をもたなくなったといえます。
 
皇帝以外の人々については、ローマ分裂時気であっても貴族としての出自を大切にしていた家系はプラエノーメンを利用していたと思いますが、ローマも後半になってくると異民族の侵入がものすごくありましたから、どこまでそれが保たれたかは微妙ですね。また、ブラエノーメンを最終的に破壊したのがキリスト教であっただろうと推測します。


>ブラエノーメンの制度がまだ残っていた頃、長男に自分と異なるブラエノーメンを名付けた父親がどのような理由・心情でそのような名づけを行い、周囲がそれをどのように評価したのか気になります。

父親が自分と異なるブラエノーメンを付ける場合は、その家系の祖先に偉大な人物が居た場合がほとんどでしょう。ですから、父親としてはその偉業を残すことが重要だと考えれば長男につけたでしょうし、それのほうがハクがついたでしょう。
周りの人も身内なら「祖父のブラエノーメンのほうがいいよ」と助言する人もいたでしょうし、息子が大きくなってブラエノーメンとノーメンまたはコグノーメンを聞いた人は「あ、あの人の家系なんだな」と意識したでしょう。

日本でも「将軍のご落胤」なんて言う騒動はよくあったようですから、写真やDNAなどの証明の方法が無い時代には名前はとても重要だったのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2017/05/16 18:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古代ローマの町

昔は土地なんてたくさんあったと思うんですけど、
古代のローマ人などは町や都市を作るときに、
どのような土地を選び、誰がどのようにそこに作ると決めていたのでしょうか?

気になったので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

まずは利便性ですね。
食料の調達場所と住むところが十分に確保できる所、例えば港町や農村部ですね。
あとは戦争時に備えて守りがやすい場所、例えば丘の上や山を背にできた町ですね。
それを前者は自然発生的に後者は当時の権力者が決めて作らせたものです。

Q古代ローマの十二表法

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E8%A1%A8%E6%B3%95#.E7.AC.AC4.E8.A1.A8
十二表法第4表に、「明らかに醜い子は殺さなければならない」とあります。
現代の日本では間違いなく人権侵害なので、
最初は冗談かと思っていたのですが、
これは性格ではなく外見の事を言っているのでしょうか?
・・・酷くないですか?(笑)

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%BF

スパルタの「新生児は部族長老の面接を受け、虚弱者は山奥の洞穴に遺棄された。」と同じ感じではないでしょうかね?

Q古代ローマのスパルタクスの乱について質問です。

古代ローマのスパルタクスの乱について質問です。

佐藤賢一の「剣闘士スパルタクス」を読みました。

この小説の中ではガリア人のクリクススが粗野な人物、ギリシア人
のオエノマウスが知略に長けた人物として描かれており、またスパルタクス
が反乱を決意したきっかけは、女パトロンに命を狙われたことになっています。

この反乱のことはそこまで詳細がわかる一級資料が残っているのでしょうか?
深く知りたいと思ったので、一般書籍として手に入る良い解説書等があれば
教えてください。

Aベストアンサー

亀レスにて失礼します。

スパルタクスの乱については古代の歴史家が書いた物がいくつか残っていますが、日本語訳で読めるのはプルタルコス「英雄伝」のクラッススの伝記と、リウィウスのローマ史に簡単に言及があるくらいです。
他の古代の記録も英訳でならネットで探せば読めます。ただし、蜂起~鎮圧から百年以上経って書かれた物がほとんどです。スパルタクスが残酷なオーナーに命運を握られていることに耐えられず逃亡を企てた、という記述もありますが女性だったかどうかはわかりません。小説になるほど詳細が記された古代の記述はあまりありません。

文献についてはウィキペディア英語版にThird_Servile_Warの項が良く調べて書かれています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Third_Servile_War

ところで同時代の一般的なローマ人にスパルタクスは好意的に見られていたかもしれません。
おもしろいものを見つけました。
http://books.google.com/books?id=vscIFJct38sC&pg=PA15&dq=pompeii+spartacus&hl=ja&ei=vP6OTPfMN4LRcZSVuf4M&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=3&ved=0CDMQ6AEwAg#v=onepage&q=pompeii%20spartacus&f=false

ポンペイ出土の壁画です。剣闘士試合を描いた場面ですが、中央の人物はSπAΡτΑκs(右から左)スパルタクスとはっきり読めます。同名の別の剣闘士の可能性がまったくないわけではありませんが、それでも第三次奴隷戦争からベスビウスの噴火までの20年ほどの間「けしからん!消してしまえ」とならなかったのは確かです。

さて、小説の元ネタは近代以降の欧米で書かれた小説だと思います。例えば映画の原作にもなったハワード・ファストの「スパルタカス」。

亀レスにて失礼します。

スパルタクスの乱については古代の歴史家が書いた物がいくつか残っていますが、日本語訳で読めるのはプルタルコス「英雄伝」のクラッススの伝記と、リウィウスのローマ史に簡単に言及があるくらいです。
他の古代の記録も英訳でならネットで探せば読めます。ただし、蜂起~鎮圧から百年以上経って書かれた物がほとんどです。スパルタクスが残酷なオーナーに命運を握られていることに耐えられず逃亡を企てた、という記述もありますが女性だったかどうかはわかりません。小説になるほど詳細...続きを読む

Q古代ローマの百人隊長ってどのくらいの強さ?

百人隊長ってどのくらいの強さだったのでしょうか?

めちゃくちゃ強かったんだとは思いますが、
例えばK-1優勝レベルですか?
ボクシング世界チャンピオンレベルでしょうか?

現代に変換してどのくらいの強だだったかイメージを知りたいです。

よく古代ローマの映画で、敵が5人まとめてかかってきても
一人でやっつけちゃうことがありますが
あういうのってほんとに可能なんですかね、一人で5人やっつけるってだけでも
かなり能力高いですよね。

あと、百人隊長って何人くらいいたんですかね。
たとえばローマの基幹部隊が2万人だとしたら、百人隊長は200人ってことですよね。

もちろん正確な回答なんてムリだと思いますが、
百人隊長の強さのイメージを知りたいです。

Aベストアンサー

> たとえばローマの基幹部隊が2万人だとしたら、百人隊長は200人ってことですよね。
> 百人隊長ってどのくらいの強さだったのでしょうか? めちゃくちゃ強かったんだとは思いますが、例えばK-1優勝レベルですか? ボクシング世界チャンピオンレベルでしょうか?

K-1優勝レベル、ボクシング世界チャンピオンレベルが、数十人も同時に活躍しているということはないでしょう。
強くなければ、ケントゥリアのポジションを失うし、早々と殺されてしまうでしょうから、並の強さではないことは確かでしょう。
同時代の中で格段に強いことは確かでも、その時代のNo1レベルが、一時に数十人もいるわけないです。 どんな状況であるにしても、No1レベルは、世界で10人を超えることはないです。
別の問題は、時代を数百年以上変えての比較をどうするかです。
相撲の場合、現在の横綱を、過去の横綱や名力士と強さで比べるのは無理じゃないですか。
格闘技、刀術、槍術でも、過去の強さを誇ったヒトが、現在のヒトとどう強いのかを述べるのは難しいでしょう。
100m走、5000m走のような数値で記録を残せるものだと、世界記録が伸びているので、過去の世界一よりも速いヒトが多く出現しているのがはっきりします。
判定価値、TKO、KOなどの基準ではなくて、戦いに勝つ・やっつけることを大事にし、ルールなし、禁じ手なしという戦いの場合でも、生死を懸けていた昔よりも、特訓と科学的肉体作りをしている現代の方が、実際に生死を懸けて戦わなければならない状況を理解し、納得して、実際に生死を懸けて戦う場数さえ踏めば、現代のヒトの方が勝つんじゃないでしょうか。 ローマ時代の百人隊は、当時の武装、当時の武器での戦いを身につけてしまっているので、相手の状況や武器が変わっても対応が出来ない可能性もあります。

> たとえばローマの基幹部隊が2万人だとしたら、百人隊長は200人ってことですよね。
> 百人隊長ってどのくらいの強さだったのでしょうか? めちゃくちゃ強かったんだとは思いますが、例えばK-1優勝レベルですか? ボクシング世界チャンピオンレベルでしょうか?

K-1優勝レベル、ボクシング世界チャンピオンレベルが、数十人も同時に活躍しているということはないでしょう。
強くなければ、ケントゥリアのポジションを失うし、早々と殺されてしまうでしょうから、並の強さではないことは確かでしょう。
同時代...続きを読む

Q古代中国の儀式や衣服、習慣 などが説明されている本

お世話になります。
古代中国の儀式や律令や衣服や生活などがかかれた本を探しています。
以前緑色の古い専門書でそういうものがあったのですが、タイトルを忘れてしまい、探すに探せず困っています。
上記の本でなくてもかまいません。どうか情報をお寄せください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 もしかしたら
『和漢三才図会』(平凡社東洋文庫)
のことでしょうか? 一応緑色の本です。
 ただ、儀式が載っていたかどうかは定かではありませんし、またもともと明代の『三才図会』にならって記述された、江戸時代の本ですので、ちょっと違うかもしれません。
 あと、律令については、時代によってそれぞれ専門の研究が充実していますので、図書館などで検索すればいろいろとヒットするはずです。
 清朝であれば、
滋賀秀三『清代中国の法と裁判』『中国家族法の研究』
等が非常に参考になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報