力のモーメントについて質問です。

やってる内容は材料力学なのですが、わかる方いたら教えて欲しいです。

問題.
図1.49のように、棒の点A,BにモーメントMA,MBを加えたい。この棒が回転せずに静止するとき、C点に加えることが必要な反力RCとモーメントMCを求めよ

解答.
RC=0, MC=MA+MB

力のつりあいからRC=0
モーメントのつりあいから、MC=MA+MB

は何となく理解できるのですが、そもそもモーメントを加えるというのがよくわかりません。高校の時のモーメントは[力×距離]だったので、距離によって〜点周りのモーメントは違いましたが、MAやMBはどの点周りのモーメントでも変わらないのですか?

「力のモーメントについて質問です。 やって」の質問画像

A 回答 (1件)

この図だけではなんだかわかりませんね。



Ma, Mb, Mc は棒の「中心軸」に対するモーメントなんでしょうか?

Rcは反力となってますが、なにに対する反力?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニュートン力学について。 物質に力を加えた時、力を受けた方の物質は反作用の力を加える。(机にペットボ

ニュートン力学について。
物質に力を加えた時、力を受けた方の物質は反作用の力を加える。(机にペットボトルを置いた状態)と言うのがあると思うのですが、

例えば、車で物損事故を起こして、車の一部が凹む、という現象については、どう考えれば良いのでしょうか?
説明が下手ですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

カテゴリーがおかしいことにはあとで気づいたんだがそれはさておき.

「車で物損事故を起こして、車の一部が凹む」っていうときは, ふつう「車のだいたいひらべったい部分となにか出っ張ったものがぶつかった結果ひらべったい部分が奥に引っ込む」という状況 (たとえば「電柱にぶつかる」場合は電柱が「出っ張ったもの」になる) だけど, そのときには働いた力の方向に関して「ひらべったい部分」と「出っ張ったもの」とでは厚みが違うことが多いです. その厚みの違いも「力に負けるかどうか」に影響します (「ひらべったい部分」はだいたい薄いので弱いことが多い).

Q剛体のある点で力とモーメントの和が0だとすべての点において0になる?

剛体のある点の力とモーメントの和が0のとき、すべての点において力とモーメントの和は0であることを証明しなさいという問題があったのですが、いまいちよく分かりません。

ある点をPなどとして、この点で力とモーメントの和が0なら、任意のほかの点も同様になることを証明できればいいような気がするのですが、さっぱり思いつきません。ヒントでもなんでも結構ですので、答えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

ある点Pの力とモーメントの和が0
Σi(Fi)=0
Σ(i){ri×Fi}=0 riはPからiへのベクトル
力は、ある点に依存してないのでどの点でも0
別の点Qでの力のモーメントは、
Σ(i){rqi-×Fi}  rqiはQからiへのベクトル
Σ(i){(rpi-rq)×Fi}
rpはPからQへのベクトル(iによらない)
=Σ(i){rpi×Fi}-rq×Σ(i){Fi}
となり、両項とも0

Q図のような長さ15cmの栓抜きをもちいてA点を支点としてC点に30Nの力を加えたところ栓が抜けた。こ

図のような長さ15cmの栓抜きをもちいてA点を支点としてC点に30Nの力を加えたところ栓が抜けた。この時王冠の端B点(A-B間は0.15cm)に加わる力は何Nになるか?
っという問題です。
解答は300Nなのですが、3000Nにらなってしまいます。
詳しく解説お願いします。

Aベストアンサー

AC=15cm、AB=0.15cmなら、3000Nで正解です。

 でも、栓の王冠が、0.15cm(1.5mm)というビンは、いったいどんな飲み物なのでしょうか。ストローすら入りませんね。

Q電荷が棒におよぼす力のモーメント

両端に点電荷qをつけた、長さdの硬い棒がある。棒の中心を点Oに固定し、棒がOのまわりを自由に回転できるようにしてある。Oからの距離rの点においた点電荷q1が、棒におよぼす力のモーメントを求めよ。ただし、OPと棒のなす角をθとする。

という問題で、Pから棒の両端までの距離R1,R2はそれぞれR1^2=r^2+(d/2)^2-drcosθ、R2^2=r^2+(d/2)^2+drcosθ
と書いてあるのですが、なぜこうなるのかわかるかたいたらお願いします。

Aベストアンサー

余弦定理というやつです。

Qモーメントのつりあい

長さLの棒の一端Aをちょうつがいで鉛直な壁にとりつけ、他端Bには重さW1のおもりをつるす。棒の中央Cに糸をつけ、この糸を水平に壁にDでとりつけて、ABが水平方向と45°をなすようにした。
棒の重さを無視した場合、糸CDの張力T1はいくらか。
また棒の重さを無視できず、棒が一様で重さW2の場合には、糸CDの張力T2はいくらか。

この問題の解答解説をお願いします(>_<)(>_<)(>_<)

Aベストアンサー

図を書かないと判りにくいのですが、
重りにかかる重力によるモーメント:W1・g・L・cos45°
張力によるモーメント:T1・L/2・sin45°
これらが釣り合うのでイコールとおいて解いて下さい。

上記に加えて
棒にかかる重力によるモーメント:W2・g・L/2・sin45°
が加わるので、
W1・g・L・cos45°+W2・g・L/2・sin45°=T1・L/2・sin45°
これを解いて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報