先日実家から引越しをする事になり、慌てて家を探して決めて、1週間後に入居という形にして申込書にサインをし頭金を決めた日の内に欲しいと言われたので、少しだけ入れました。

2日後一人暮らしではなく、親戚の家に急遽引越しになり、不動産に慌ててキャンセルをさせてもらいたいと連絡をしたところ、
急ぎの入居だったので、既に保証会社(加入強制)と大家さんの審査が通っており、既に他の不動産からも手を引かせた物件だし、土日で(キャンセルをお願いした当日)鍵交換をしていてもうキャンセルはできない。キャンセルではなく、解約という形になるので、初期費用全額貰わないとダメだと言う事を伝えられ、保留にしております。

私としても、全く払う意志が無いという訳では無いのですが、
契約書も書いて無い捺印もしてない、重要事項の説明も受けてないのにそれはどうなのだろう、と思い知人に相談し、自分でも調べたところ法的な効力は無いと分かったのですが、絶対に解約で払わないといけないと言う言い方をされたので悩んでいます。

鍵が本当に交換されていたら、では鍵代位は出してもいいと思いますが、さすがに全額は疑問が残ります。
自治体のそういった相談窓口に電話をしたのですが休日なのでやっておらず、どうしていいか分かりません。当初予定では明日契約金を払いに行く予定だったので今日答えないと不動産からは恐らくとてつもなく連絡が来ると思います。

キャンセルで!と押し切るよう知人にアドバイスされたのですが、私はまだ歳もいっておらず押されまくったので、怖くて強く言うことができません。

大勢の人に迷惑を掛けてしまったので、やはり相手の言い張る通り払うことが正当なのでしょうか。
自分がどう動けばいいか混乱して分からないので、何かアドバイスを頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

>自分がどう動けばいいか混乱して分からない


内容をきちんと把握できて、あなたに代わって相手方と交渉できる人に相談する、と言うのが手っ取り早いでしょうね。先の回答にもあるように親御さんでも良いのですが、内容をきちんと把握できないと、妙な方向性になりそうですから、その点を解説しておきます。

まず、今回のケースでは『賃貸借契約は成立していたかどうか?』という点を見ます。契約成立後にキャンセルしたという事であれば、契約の解除ですから、所定のペナルティは課せられます。
契約の成立は双方の合意があれば良いのですが、その合意を客観的に証明するためには契約書の取り交わしは必要です。
更に契約が不動産業者の仲介による賃貸借契約ですから、宅建業法により不動産の賃貸借契約に関わる重要事項の説明義務が不動産業者に課せられています。

質問者様の調べた結果で間違いはないので、不動産業者に直接話すよりも、その不動産業者が属する地域の宅建協会や都道府県の宅建業を管轄する部署に相談する方が良いでしょうね。
『(不動産業者のある市町村) 不動産 苦情』とか『(不動産業者のある市町村) 宅建協会 相談』で検索して見てください。
『賃貸借契約締結前のキャンセルに関わる預り金の返金トラブル』と言えば、この手の相談は多いのでアドバイスしてくれるハズです。

申込後のキャンセルは不動産業をやっていれば避けては通れないですね。キャンセルを撤回させて成約につなげるのも営業マンの手腕かも知れませんが、私の経験で言えばそういった努力をするよりも新規の契約に向けて気持ちを切り替える方が成果を出せますね。
    • good
    • 0

”契約書も書いて無い捺印もしてない” が ”申込書にサイン" している。


入居の意思表示をして、事が進んでいる以上契約をなしにすることはできないでしょう。

急ぎ(1週間後)の入居希望だったので、不動産屋は正規の手続きがとれず、質問者さんを
信用し、入居のための手続きを最優先でやって下さったと思います。

入居していないので、敷金は不要です。
礼金、不動産屋の仲介手数料、保証会社の保証料は必要だと思います。
礼金と不動産屋の手数料はそれぞれ、半額(あくまでもお願いの範疇ですが)。
保証会社は審査を済ませているので全額。
退去の連絡が1カ月以内なので1か月分の家賃。
入居時の日割り家賃。これは無料かも。

その他、弁護士会などの無料法律相談で相談してみる。
    • good
    • 0

初期費用分掛けて弁護士へ相談。



そもそも途中で変更する方が論外。

親戚に迷惑書けるかな~。
口約束でも契約は有効。
意思確認もできてる。

安く済ませたいのは、あなたの都合。
    • good
    • 0

本契約に至っていないのですから、全額を支払う必要はありません(キャンセル料は必要ですが)



http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html

国民生活センターに相談しましょう

自分で言えないのなら、ご両親に言ってもらいましょう
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸マンションのキャンセルについて

今春から息子が東京の大学に進学するため、3月9日に部屋探しをし、翌15日に、賃料(3月分日割り、4月分(フリーレントのため0円))、共益費(3、4月分)、敷金、礼金、保証契約料、家財保険料、仲介手数料を不動産会社に振り込みました(約19万円)。

その後、契約書や重要事項説明書等の書類が送られてきました。

それら書類は、27日の引っ越し時に不動産会社の方に渡すこととなっており、署名捺印を済ませ(日付は未記入)、現在私の手元にあります。

しかし、昨日(23日)になって、選考から落ちた県所有の学生寮に空きができたので繰り上げで入れるとの連絡がありました。
学生寮の方が条件がよいので、家族会議の結果、寮に入ることに決めました。

申し訳ないと思いつつ、今朝(24日)不動産会社に電話したところ、契約書に署名捺印してあれば、契約は成立している。違約金(賃料1か月分)、4月分の賃料、等々がかかり、最悪振り込み済みの19万円は返せない、と言われました。

これには従わないといけませんか?
契約書には署名捺印したものの、まだこちらにありますし、日付も未記入です。

迷惑をかけているのは承知していますので、賃料1か月分(5万円)くらいは仕方ないと思っていますが、全額帰ってこないのは納得いきません。

詳しい方の回答をお願いします。

今春から息子が東京の大学に進学するため、3月9日に部屋探しをし、翌15日に、賃料(3月分日割り、4月分(フリーレントのため0円))、共益費(3、4月分)、敷金、礼金、保証契約料、家財保険料、仲介手数料を不動産会社に振り込みました(約19万円)。

その後、契約書や重要事項説明書等の書類が送られてきました。

それら書類は、27日の引っ越し時に不動産会社の方に渡すこととなっており、署名捺印を済ませ(日付は未記入)、現在私の手元にあります。

しかし、昨日(23日)になって、選考から落ちた...続きを読む

Aベストアンサー

まず、諸費用等をすでに振込済みであることからも契約書を渡して無いだけで契約は成立しています。

次にフリーレント契約であれば通常の賃貸契約と違い、解約の制限(特約)があるはずです。
例えば、契約後半年未満での解約は違約金が発生するなど…

これは契約書の内容を確認するしかないです。


一般的には…

礼金・仲介手数料は返金なし(契約が成立しているため)
保証契約料は未入居の場合は返金あり(但し、保証会社による)
敷金は原状回復義務が無いので返金あり(但し、特約による)
前払い家賃・共益費は返金(契約解除の規定により1カ月前まで通告が必要な場合は1カ月分の家賃負担が必要)


敷金は返金義務があると思いますが、違約金に順当すると考えれば返金無しもや不当とは言い切れないと思います。
良くても数万の返金があれば喜ぶべき状況かと思います。

Q大家さんが家賃7万円から6万8千 円にしたいから不動産屋を変えたいと、伝えられました、この場合は、更

大家さんが家賃7万円から6万8千
円にしたいから不動産屋を変えたいと、伝えられました、この場合は、更新料は、上がることは、ありますか?
良くわからないので宜しくお願いします❗

Aベストアンサー

家賃が下がれば更新料も下がって当然です。

更新手数料が〇カ月の部分が同じならですけど。

Q7ヶ月前に一軒家を賃貸契約し入居した。子供が産まれると同時に子供の為に環境を変えたい旨を不動産会社に

7ヶ月前に一軒家を賃貸契約し入居した。子供が産まれると同時に子供の為に環境を変えたい旨を不動産会社に予め説明した上で、この物件に入居した。そこで質問があります。

・本物件に入居後、野良猫が敷地全体に糞尿を撒き散らして行くことが判明(野良猫の糞尿問題について前々住者のゴミ出しに問題があり、そこから野良猫が居座るようになり、糞尿の被害が近隣からも苦情が寄せられ、私が入居する以前から猫の糞尿問題について、家主と不動産管理会社は承知していた)

・水道の不具合が入居2ヶ月後に発生し、不動産管理会社に連絡し水道業者が来たが、その際、水回りを確認してもらった所、水道水に赤錆が混じった状態であった事が判明。

・トイレのタンクの漏水があり、高額な水道料金の請求が来た為、不動産管理会社に問い合わせしても取り合わず、その1ヶ月後に台所の水道蛇口がおかしくなり、水道が止まらなくなる現象が発生。そこで不動産管理会社に連絡をするも漏水が止まるまで三ヶ月以上もかかり、長期間漏水が発生し、引き続き高額な料金請求が来た。

・風呂のタイルは剥がれたり、浴槽に穴が開いた。

・部屋の電気がつかなくなった(原因は不明だが漏電も確認され電気料金も高額な請求が来た)

・本物件の隣は米軍基地で、館内放送が早朝5時から22時まで毎日5,6回チャイムや国歌斉唱などが流れ、うるさく安眠できない。

・毎日、暴走族が22時前後から深夜1時頃まで何度も往復して暴走行為をするため騒音が酷い。

その他にも細かな不具合はあるが、入居半年足らずで複数の不具合が発生しているにも関わらず未だに対応完了していない。
また、猫の糞尿問題や騒音について入居前に一言でもこちらに告知していれば、入居することを見合わせていた為、不動産会社に、契約の判断に影響を及ぼすような重要な事実を告知する義務があり、この告知義務違反に該当するのではないか…
(法的な観点から弁護士複数人に相談した所、一般論として告知義務違反に該当するとの見解を全員から頂きましたが、そこまで告知義務があるのか疑問があり、弁護士によっては意見が割れそうですが、今のところ全員告知義務違反に該当すると回答されています)

(不動産会社の見解は私が入居する前空き家期間に猫の糞尿被害の苦情が近隣からなかったので被害は納まったものと認識していたと説明)

しかし、、貸主には、入居者に対して貸した建物を使用、収益させる義務があり、ただ貸して使わせるというだけではなく、貸主は入居者に最低限安心して生活できる環境を提供する、という義務も含まれていると解釈されるため、私としては今の物件にそのまま住みたいとは思わないので、やはり子供の育てる環境を最優先して、新居への引っ越しをしたいと考えていますが、家主に対して引っ越しの費用全額負担や精神的な損害賠償請求というものは実際にできるのでしょうか?

7ヶ月前に一軒家を賃貸契約し入居した。子供が産まれると同時に子供の為に環境を変えたい旨を不動産会社に予め説明した上で、この物件に入居した。そこで質問があります。

・本物件に入居後、野良猫が敷地全体に糞尿を撒き散らして行くことが判明(野良猫の糞尿問題について前々住者のゴミ出しに問題があり、そこから野良猫が居座るようになり、糞尿の被害が近隣からも苦情が寄せられ、私が入居する以前から猫の糞尿問題について、家主と不動産管理会社は承知していた)

・水道の不具合が入居2ヶ月後に発生し、...続きを読む

Aベストアンサー

すんなり認めるとは思えませんので弁護士を付けての裁判となります。

【例】以前、この部屋で殺人事件があったことを最近知った

・法律上、次の借主には告知義務があるが2人目以降は無い。
 殺人ですら義務がないから猫のことは言わないでしょう。

 ↑ってことより、全く誠意のない管理会社みたいですね。
  当然赤ちゃんを育てる環境にも適してないので引越しましょう。

水道の件や電気の件も含めて証拠があると裁判で有利になります。
※ただし、向こうが折れない限り1年以上かかりますが。

Q借りている家の土地が大家のものではなく借地なのですが

タイトルのままですが、現在借りている家の土地が大家のものではなく、大家が借りている土地なのです。何年契約でいつまで契約があるのかはわかりませんが、地主が契約の更新を断った場合、私がどういう立場になるのかを知っておきたいと思います。
私としてはこのままずっと住み続けたいのですが、可能でしょうか。

あるいは、家の大家が「家はこのまま賃貸契約を継続するが、土地はあなたが地主から借りてくれ」と言ってきた場合(実際に言われているわけではありませんが、可能性として気になるので)の対処についてはどうでしょうか。
私自身はそれでも構わないという気もあるのですが、私は家を借りただけで土地を借りる契約をしたわけではないので、納得できない部分はあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。補足拝見しました。

>建物はあくまでも大家の持ち主のまま(つまり、建物の家賃はこれまで通り現在の大家に支払いつつ)、土地の貸借契約だけ私に振られること

これは無いです。土地所有者が土地の賃借人を質問者様に切替えた瞬間に、建物所有者の土地利用権原が無くなってしまいます。建物所有者が土地の利用権原(借地権)を確保しようとすると、新たな賃借人である質問者様から借地の転賃借を受けなければならなくなりますよね。
可能性から言えば、最初に回答したように、土地賃借人である建物所有者が地代を支払わなくなったから、地代相当額は質問者様が土地所有者に直接支払う、ということの方があり得ますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報