太宰治の女性ファンに質問です。

以前同じ内容で質問したのですが、回答がなかったので、もう一度質問します。

あなたは、『帰去来』という作品についてどのような感想をお持ちですか?
私は泣けてきました。太宰のそれまでの人生や作品を読んでいたという下地があったからだと思いますが。
太宰ファンに女性が多いことを知り、ふと、男女の感じ方の違いを知りたくなりました。

また、好きな作品は何ですか?

あなたにとって、太宰の魅力は何ですか?

A 回答 (1件)

魅力は、よく見てるなぁ、です。

題名忘れましたが原稿用紙3枚くらいの短い太宰の小説があって、プラットホームでの話でこんな場面でここまで書けるって天才だな、と思いました。帰去来はぜひ読んでみたいと思います!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も原稿用紙3枚くらいの作品を読んでみたくなりました。

ありがとうございます!

お礼日時:2017/05/13 18:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮本輝の全作品のあらすじを知りたい

友達から宮本輝の本が面白いと薦められました。
宮本輝の全作品のあらすじが分かるサイトを探しています。
ご存知の方、教えてください。
また、オススメの作品も教えてください。

Aベストアンサー

宮本輝の小説は、あらすじが凝っているというよりも、表現の機微が魅力的なのです。突拍子もない登場人物が現実を逸した体験をする、という小説ではなくて、ごく日常を綴りつつ人間としての内面・側面を圧倒的な筆力で書いています。
作品のあらすじが分かるサイトを希望されているのでしたら、Amazonで検索するとちょっとだけあらすじを知ることができます。

私のおすすめはもちろん『流転の海』、それから『彗星物語』です。

宮本輝の小説を読むと自分の軸がしっかりするような気がしますし、人と自分のありかたについて考えるようになります。

よい友人を持ちましたネ~

Q不思議な名前の作者さんの作品、書名が知りたいです!

一月程前お昼のラジオで紹介されていた本で、その時はそれ程気になっていなかったのですが、最近になってどうしても手にしたいと思うようになって皆さんの知識を貸してほしいと思ってます。どうか教えてください。

ラジオで紹介されていた話のあらすじは以下のようなものだったと記憶しています。

「主人公は女の子(多分小学生)。ある日家に連絡網の電話が掛かって来た。その内容は『新学期になって偽の教室に迷い込んでしまっている生徒がいるようだから注意してください。偽の教室では偽の先生が間違ったことばかり教えます。』事実、主人公の女の子はひとり間違った教室に通っていた。」

作者さんの名前が特徴的だったことも記憶しているのですがどうしても思い出せません。
どうかお力をお貸しください!!

Aベストアンサー

しばらくネットで検索しましたがビンゴのものは見つからず…。
近いのはこれかなと思いましたが微妙に違うような。

『キリハラキリコ』(紺野 キリフキ、小学館)

最近の本なのか古い本なのか、絵本or子供向けor一般的なフィクションのどのあたりかなのかも分かればいいのでしょうが…。

Q推理小説 トリック名=作品名となるような有名作品

推理小説で、トリックの代名詞として通用する作品がありますよね?
通常、トリックを明かすのはご法度の推理小説ですが、暗黙の了解で『事実上ネタバレになってもいいだろう、まがりなりにも推理小説を読もうって人間なら誰でもこの作品のオチは知ってるよ』という感じで扱われている作品が。

たとえば推理小説内で、「今回の事件は『赤毛連盟』のパターンです」と、『誰でも知っている』前提で話を進めたり。
「まさか『モルグ街の殺人』じゃないだろうな?」「使い古された、『ソア橋』のトリックの応用ですね」「『オリエント急行の殺人』のような事が現実にあるとは思いませんでした…」のような感じで語られたり。

これら以外に、作品名がトリックの代名詞となっているような例を教えてください。

「『そして誰もいなくなった』や『悪魔の手毬唄』のような、童謡殺人…」のような、トリックよりもモチーフ面が強い代名詞は希望とは少し違います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

典型的パターン例として挙げられることの多い「ABC殺人事件」「アクロイド殺し」「オリエント急行殺人事件」は既に出ていますね。いずれも同じトリックを使って、違う味付けをした作品が後に多く書かれています。「黄色い部屋の謎」は心理的密室トリックを使った作品として有名ですが、ディクスン・カーの「ユダの窓」も密室トリックの代表例として、名前が挙がることの多い作品です。

余談ですが、この質問のタイトルを見た時、作品のタイトル自体が実はトリックの内容そのままであったという作品をたずねているものと誤解しました。
そういう作品を知っていて、お気に入りの作品なのですが、質問の内容を読むとそういう内容ではありませんでした。ネタバレになるので、具体的なタイトル名は書きませんが、海外の作品で、作者の頭文字はH、人類史上最もスケールの大きなトリックが使われている作品です。

Q村上春樹、赤川次郎、ちょっとだけ、吉本ばなな、山田詠美、太宰治、夏目漱石。

私の好きな作家は、村上春樹、赤川次郎、ちょっとだけ、吉本ばなな、山田詠美、太宰治、夏目漱石。エッセイだけなら、林真理子が好きです。

この中で、好きな作品がある方、おしえて下さい。ちょっとした内容も教えてもらえますか。
最近、本を読んでいないので、前にどんなのが良かったかなあ、と思いまして。
ちなみに、そういう理由で、ここ最近の作品はちっとも読んでいません。もちろん、お気に入りの作品があれば、新しいものも紹介してください。

いま思いつくのは、
吉本ばなな「哀しい予感」
 森で、時間がゆっくり流れるイメージ。姉弟の、甘いけど、遠い関係が私には印象に残ってます。

吉本ばななはこれと「キッチン」くらいしか印象にありません。「サンクチュアリ」くらいから読まなくなりました。
山田詠美は、「僕は勉強ができない」だけでしょうか…。
林真理子は「美女入門」
夏目漱石「こころ」

村上春樹は、当たり前の「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」とか、デビュー作とか、いろいろ。エッセイも好きです。
赤川次郎は、読みやすいけれど、私にとっては独特の好きな世界があります。
太宰治は、意外につぼにはまります。こういう系統はほとんど読まないのに。
今思い出せるのは、作家も作品もこれくらいです。いろいろ忘れているのでは、と思います。

お願いします。

私の好きな作家は、村上春樹、赤川次郎、ちょっとだけ、吉本ばなな、山田詠美、太宰治、夏目漱石。エッセイだけなら、林真理子が好きです。

この中で、好きな作品がある方、おしえて下さい。ちょっとした内容も教えてもらえますか。
最近、本を読んでいないので、前にどんなのが良かったかなあ、と思いまして。
ちなみに、そういう理由で、ここ最近の作品はちっとも読んでいません。もちろん、お気に入りの作品があれば、新しいものも紹介してください。

いま思いつくのは、
吉本ばなな「哀しい予感」
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
村上春樹、大好きです
おすすめは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」2つの世界(世界:穏やか、ハードボイルド:ちょっとSF)が絡みあいながら展開し、ちょっとハラハラドキドキもありです。
最近「海辺のカフカ」も文庫化されましたね。あれも面白かったです。いま思えば、「カフカ」と「ハードボイルド」構成がよく似ています。読み比べると楽しいかもです。

Q誰の作品が思い出せません ほんの少ししか覚えていいないのですが、綺麗な少女が美術館で作品を鑑賞してい

誰の作品が思い出せません

ほんの少ししか覚えていいないのですが、綺麗な少女が美術館で作品を鑑賞している時ガムを噛んでいた、美術館に勤める主人公がその少女を注意した(していないかも…)ってシュチュエーションがある作品です
これしか思い出せません

作者か作品名をおわかりでしたら教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

原田マハの「楽園のカンヴァス」だと思います。

http://www.shinchosha.co.jp/book/125961/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報