仮目的語の it

例文:

I make it a rule to get where we're supposed to meet 15 minutes ahead of time.

(私は約束の場所に 15 分前に行くことにしています)

(市橋敬三著『話すための英文法 Step7』P. 136 より)

の形で、

「私は炭水化物を出来るだけ摂らないようにするという決め事を自分に課しています」

と言いたい場合、

I impose it a rule not to take carbohydrates as much as possible on myself.

でよかったでしょうか?

A 回答 (1件)

子の文はあまりよくありません。



Impose on にはーーーに迷惑をかけるという意味がありMyselfが来ると意味が分かりません。
As much as possibleを否定すると可能な限りは取らないという意味になります。

I make it a rule to take carbohydrates as little as possible.
I impose a rule to myself that is to take carbohydrates as little as possible.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すいません、どうもありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2017/05/13 20:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qbe supposed toとbe suppose to

日本人は学校では、be supposed toと習いますが、友人のカナダ人は、be suppose toといいます。be accustomed toも同様で、be accustom toが正しい、と言います。この理由をご存知の方、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

実際の発音としては,-edの部分は事実上,次のtの音にくっついてしまうので,どちらでも同じになりますよね。
しかし,意味から考えると,受動態なので当然be supposed to, be accustomed to でなくてはなりません。

ちょうど,日本語で「体育」を早く発音すると「たいく」になるけれど,字で書くときは「たいくのじゅぎょう」と書かないのと同じようなものでしょう。

手元に,英語の様々な語法の問題について解説した Merriam-Webster's Dictonary of English Usage という本があったので見てみたら,この問題についても載っていました。
supposedの項の説明を要約して紹介しますと,

会話ではedの発音が省略されるので,edがあってもなくても区別されない。多くの人がこれは間違った書き方だとして警告しているが,実際には印刷物にもみられる。(といって,雑誌の記事から3件紹介)

そのうちの一つ,
Americans are suppose to have a deep distrust of cities.
は,なんとTime誌に載った記事です。こういうステイタスの高い雑誌にも出ることがあるんですね(単なる誤植かも知れませんが)。
また,非標準語で話しているのをそのまま文字にした場合にも,suppose toが使われることがあるといいます。

また,Timeにあるからといって,この形が主流というわけではありません。
非常に大ざっぱな見積もりですが,検索エンジンgooを使って,語句検索をしてみました。
Am supposed to→311,000件
Am suppose to→37,300件
後者は前者の1割強ですが,ネット上の文章ですから,十分な推敲をしないで書かれている文章も多いことを考えれば,dのある形の方が標準的といってよいでしょう。

というわけで,結論としては,dを落とした形も見られることは見られるけれど,どちらが正しいかと言えば,やはりdをつけた形が正しいと言えそうです。

実際の発音としては,-edの部分は事実上,次のtの音にくっついてしまうので,どちらでも同じになりますよね。
しかし,意味から考えると,受動態なので当然be supposed to, be accustomed to でなくてはなりません。

ちょうど,日本語で「体育」を早く発音すると「たいく」になるけれど,字で書くときは「たいくのじゅぎょう」と書かないのと同じようなものでしょう。

手元に,英語の様々な語法の問題について解説した Merriam-Webster's Dictonary of English Usage という本があったので見てみたら,この...続きを読む

Q仮目的語の it I make it a rule to get where we're suppo

仮目的語の it

I make it a rule to get where we're supposed to meet 15 minutes ahead of time.

(私は約束の場所に 15 分前に行くことにしています)

(市橋敬三著『話すための英文法 Step7』P. 136 より)

の形で、

「私は炭水化物を出来るだけ摂らないようにするという決め事を自分に課しています」

と言いたい場合、

I impose it a rule not to take carbohydrates as much as possible on myself.

でよかったでしょうか?

Aベストアンサー

make it a rule は VOCの形ですが、 impose の場合は impose it a rule というVOCの形は取れないので impose it as a rule 『ルールとして課す』のように as をいれます。また最後の on myselfはその直後に持ってきたほうが分かりやすいです。

I impose it as a rule on myself not to take carbohydrates as much as possible.

Qas it is とかas they areとかのasは何ですか?接続詞 ?関係代名詞の代用? Le

as it is とかas they areとかのasは何ですか?接続詞 ?関係代名詞の代用?
Leave the book as it is.
as it is はat the place where it isのことですか?

Aベストアンサー

文法はわかりませんが "as it is" は「その状態のように」「そのまま」のような意味なので必ずしも場所と言うわけではないと思います。

"Leave the book as it is."
「その本をそのままにしておいてください。」

この場合例えば本があるページに開いてある状態であったり、本がさかさまに本棚に入れてあったり様々な状態であったりした場合、そのままの状態にしておいてください、と言うことなので。


文法的な解説は過去の質問に詳しい説明があったリンクを貼っておきますね~。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3578833.html

Qit for to と it of to

You may have some objections, but it is wise (  ) to take the regulations.
(1) about you
(2) for you
(3) of you
(4) on you
という問題があったのですが、答えは本当に of you でいいのでしょうか? なんか違うような気がするのですが。それからtake the regulation がいまいちどういうことなのかわかりません。

Aベストアンサー

どうも、前の質問でもそうだったのですが、
it is 性質を表す形容詞 of ~ to 原形
というのをあえて避けられているようです。
for でもいいとは思いますが、of でもいい、ということをまず理解しないといけません。

http://www.englishcafe.jp/kaisoumae/english3rd/day19.html

前の質問では for でもいいのではないか、ということでしたが、
今回は of you が違うのでは?とおっしゃっています。

英語教師的発想では申し上げたように、名詞的用法と副詞的用法で違うもの
ということになるのですが、英語の to に「~こと」と「~ため」と違う意味があるものではありません。
あくまでも日本人が文法的に理解するため、日本語で訳すための区別です。

どうも、この it is kind of you に代表されるパターンは私としても、学生時代に習ったまま覚えているだけで、しっくりこない表現ではあります。

「~について」っぽいけど違うようで、辞書などでは主格関係の of とされています。

某副島氏は「これは皇族方が使うような言い回し」などと言っていて(nice ならいい?
)、それは言い過ぎだと思います。

皮肉にも同氏が持ち上げた A 社の英和辞典には
You are kind to 原形より
It is kind of you to 原形の方が頻度が高いとあります。

結局、wise が人の性質を表す形容詞と取れる以上、of でいいです。

for you でもいいので問題としては成り立たない、ということは言えるでしょう。

どうも、前の質問でもそうだったのですが、
it is 性質を表す形容詞 of ~ to 原形
というのをあえて避けられているようです。
for でもいいとは思いますが、of でもいい、ということをまず理解しないといけません。

http://www.englishcafe.jp/kaisoumae/english3rd/day19.html

前の質問では for でもいいのではないか、ということでしたが、
今回は of you が違うのでは?とおっしゃっています。

英語教師的発想では申し上げたように、名詞的用法と副詞的用法で違うもの
ということになるのですが、英語の to...続きを読む

Qチェックお願いします! I made it all part it myselfは問題ないですか?

チェックお願いします!
I made it all part it myselfは問題ないですか?
I made it all part myself?大げさ?I made it all part?
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

#3です(そんな、「会えてよかった」なんて言われるほどじゃ)。だったら、#2さんの例のようにentered/entryという単語を使えば、それが明確になると思います。「data entry」という言い方もあるようですね。また、partとお書きになったからには「ピアノもベースも何かも」というニュアンスを強調なさりたいのかな。だとしたら、
I did all the data entry myself. Piano, bass, effects, everything.
としてはどうでしょう。

各種表現の参考になりそうなサイトも見つけました。
http://www.art.hyogo-u.ac.jp/hrsuzuki/DOC/DTM.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報