疎遠になっていた身内から金銭を請求する民事訴訟(裁判)を起こされたのですが、相手に連絡を取り話し合った結果、請求を放棄してもらうことになりました。
(訴えの取り下げの場合は再訴可能な為)
裁判についてはまだ第一回口頭弁論の前で、第一回口頭弁論の日までは時間があります。

・相手が精神病患者である事から一緒に裁判所に出向き、請求の放棄を行う予定をしているのですが手続きには何が必要になるのでしょうか?

・請求の放棄を行う際に口頭弁論があると聞いたのですが、本当でしょうか?口頭弁論があるのであればどのような内容が聞かれるのでしょうか?

・また請求の放棄は1日で完了させることができるのでしょうか?

上記内容について法律に詳しい方に教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (6件)

>訴訟を完全に終わらせるためには請求の放棄または訴えの取り下げをしてもらった上で第一回口頭弁論に出席する必要があるのでしょうか。



 訴えの取下ならば、そもそも口頭弁論は開かれません。問題は、請求の放棄書を原告が出したとして、第一回の口頭弁論で原告と被告双方が欠席したとしても、請求の放棄の陳述擬制を裁判所が認めるか不明なのです。もしかすると訴えの取下の擬制になるかもしれないということです。


民事訴訟法
(訴えの取下げの擬制)
第二百六十三条  当事者双方が、口頭弁論若しくは弁論準備手続の期日に出頭せず、又は弁論若しくは弁論準備手続における申述をしないで退廷若しくは退席をした場合において、一月以内に期日指定の申立てをしないときは、訴えの取下げがあったものとみなす。当事者双方が、連続して二回、口頭弁論若しくは弁論準備手続の期日に出頭せず、又は弁論若しくは弁論準備手続における申述をしないで退廷若しくは退席をしたときも、同様とする。
    • good
    • 0

他の回答者様のお礼欄を確認しました。


請求の放棄するしないにかかわらず、第一回口頭弁論では、被告の答弁書が出ていれば、被告側は欠席しても構いません。
    • good
    • 0

当方で調べたところ、請求の放棄とは、口頭弁論の場で、原告側が請求を放棄する、と述べるとありました。


したがって、第一回口頭弁論までに、被告となっているあなたの答弁書は基本的に作成されてなければなりません。
もし、第一回口頭弁論そのものをしない場合には、訴状の取り下げをして貰いましょう。
実際に請求の棄却や取り下げの手続きがされたと裁判所が認めるまでは、請求は訴状のとおりである前提で動きましょう。
もしかしたら、原告が請求の放棄をしない可能性もあります。
    • good
    • 0

第一回口頭弁論前なのですから、訴状陳述も行われていません。

原告被告の両方が欠席したら、一ヶ月後に以内に期日指定されない限り、訴えが取り下げられたとみなされてしまいます。ですから、原告が第一回口頭弁論に出席するかどうか不確実であれば、御相談者は第一回口頭弁論には出席してください。そうずば、訴状の陳述は擬制され、事前に原告の提出した請求の放棄をした旨の書面にもとづいて裁判所が請求放棄の陳述擬制を認められれば問題ありません。しかし、例え請求の放棄をした旨の書面を出したとしても、原告が第一回口頭弁論に出席し、請求の放棄はしませんと言えば、請求の放棄にはなりません。
 ですから、御相談者が口頭弁論に出席することを回避することを目的とするのであれば、訴えの取り下げをしてもらうのが一番です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
質問文に詳細を記載していなかったのですが、海外在住である事と仕事の関係で口頭弁論の日に出席することができないのです。そこで、請求の放棄をしてもらい話を終わらせようと考えています。

原告が第一回口頭弁論に出席し、請求の放棄はしませんと言えば、請求の放棄にはならないという事ですが、訴えの取り下げを行っても再度同じ訴訟を起こすことが可能だと聞きました。訴訟を完全に終わらせるためには請求の放棄または訴えの取り下げをしてもらった上で第一回口頭弁論に出席する必要があるのでしょうか。

お礼日時:2017/05/15 21:02

原告が請求を放棄する旨の書面を、


被告は答弁書で請求の棄却を求める書面を、
各提出すれば期日に出頭する必要はないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
被告側が提出すべき答弁書のひな型(請求の棄却を求める書面)は用意したのですが、原告に書いてもらう書面はどのようなものでしょうか?ひな型としてどのように調べればよいでしょうか。

お礼日時:2017/05/15 20:45

第一回口頭弁論期日に原告本人が、請求の放棄をする旨を陳述すればそれで終わりです。



民事訴訟法
(請求の放棄又は認諾)
第二百六十六条  請求の放棄又は認諾は、口頭弁論等の期日においてする。
2  請求の放棄又は認諾をする旨の書面を提出した当事者が口頭弁論等の期日に出頭しないときは、裁判所又は受命裁判官若しくは受託裁判官は、その旨の陳述をしたものとみなすことができる。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
請求の放棄は口頭弁論の期日に陳述する必要があるという事ですが、期日までに行うことはできないという事でしょうか。

期日前に行う場合は訴えの取り下げになりますでしょうか。

お礼日時:2017/05/13 23:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q口頭弁論と準備的口頭弁論

の違いを教えてくださいm(_ _)m

民訴です。

Aベストアンサー

口頭弁論のために準備することを準備的口頭弁論と言います。
ご存じのとおり、口頭弁論の開廷は法廷です。
ここでは訴状や答弁書の陳述ですが、細かな主張や反論、立証には時間がかかるので、法廷ではなく準備室で今後の進行をまとめます。
そのようにして、効率的にしています。

Q不倫慰謝料請求の裁判の原告側なのですが第1回目の裁判は終わり、相手側からの答弁書面に「原告の夫側から

不倫慰謝料請求の裁判の原告側なのですが第1回目の裁判は終わり、相手側からの答弁書面に「原告の夫側から夫婦関係破談していて夫のの強い希望で同棲を開始したので、被告には何の責任もないから裁判は棄却してほしい」という答弁書面が着たのですが、準備書面には、どのようなことを書いたらいいんでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

「原告の夫側から夫婦関係破談していて夫のの強い希望で同棲を開始したので」と 言うのは 言い訳。 「夫側から夫婦関係破談していて」は 元夫が 貴方とhがしたいための
噓。 噓を信じる前に 浮気のhをする前に なんで 元夫の言ってることが 嘘か本当か
私に 確認しなかったのか? 貴方の言ってることは 慰藉料から 逃れるための 言い訳や。 だいたい 結婚してる男と h するのは 全て浮気や。 hは 正式に離婚してから したらええ。 と 回答すれば?

Q簡裁金銭請求訴訟の初回口頭弁論を欠席したいが?

訴状が届きました。
初回呼び出し日は否認する答弁書を提出しておけば被告は欠席しても不利益をこうむる事は無いとの事です。
「病気やその他やむを得ない事情で期日に出頭できない場合は当裁判所にお問い合わせ下さい。」と訴状に有ります。
「やむを得ない事情」は特には有りません。しいて言えば、数百キロを一日かけて移動しなければならずむしろ欠席し次回答弁書の資料作りにあてたいと思います。
欠席される皆さんは書記官とどんな会話を交えてどんな理由を伝えるのでしょうか?
お詳しい方や経験された方の回答をお願い致します。

Aベストアンサー

「その日は都合がつかないので欠席します。答弁書は郵送します。」と担当書記官に電話で言って下さい。
そうしますと、次回期日の日程を書記官が教えてくれますので「その日ならいいです。」と次回期日を決めて下さい。
次回も次次回も欠席できないので、そのようして下さい。

Q民訴法の口頭弁論等について教えてください。

例えば、261条3項ただし書きでは、『口頭弁論等の期日』として、「口頭弁論、弁論準備手続又は和解の期日」があげられていますが、準備的口頭弁論は、「口頭弁論」の一つとみてもよいのでしょうか?それとも、準備的口頭弁論は、弁論準備手続とどこが大きく違うのでしょうか?168条の「当事者の意見を聴いて」にその違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「例えば」って書いてあるじゃんねぇ?明らかに主題は、準備的口頭弁論って何?弁論準備手続とどう違うの?だよね。
大まかな説明だけにします。詳しくは、民訴法の教科書読めば必ず書いてあるのでそっちに譲ります。

>準備的口頭弁論は、「口頭弁論」の一つとみてもよいのでしょうか?
そうです。と言うか、まさしく「口頭弁論」に他なりません。
「口頭弁論」を二段階に分けて、まず争点および証拠の整理を行うために行う「口頭弁論」を準備的口頭弁論と呼ぶだけです。言い換えれば、「口頭弁論」を専ら準備手続に利用する場合を準備的口頭弁論と呼ぶのです。

>それとも、準備的口頭弁論は、弁論準備手続とどこが大きく違うのでしょうか?
#なんか日本語が少し変だけど。
「口頭弁論」であることが最大にして唯一の根本的な違いです。細かい違いは全て「口頭弁論」であるか否かによって決まる結果的な違いに過ぎません。
一例として例えば、弁論準備手続と実際にやることは大して変わらないのですがあくまでも「口頭弁論」なので公開の法廷で行う必要があります。公開しないとか大嘘です。準備的口頭弁論も「口頭弁論」である以上は原則として公開しなければなりませんし、当然、それは法廷で行わなければなりません。そのため少々面倒なので本人訴訟で済むような小さな事件ではあまりやりません。
例えば、「口頭弁論」なので争点および証拠の整理に必要な限度で文書、準文書に限らずあらゆる証拠調べを行うこともできます。争点および証拠の整理に必要である限り、「口頭弁論」で行える手続きを全て行うことができます。だって、「口頭弁論」なんですから。

>168条の「当事者の意見を聴いて」にその違いがあるのでしょうか?
そもそも違うから意見を聴かねばならないのです。
弁論準備手続は「口頭弁論」ではないので非公開で行います。ですのでやれることに制限があります。そうすると当事者によっては制限の少ない準備的口頭弁論の方が良いということもあり得ます。そこで、手続き保障的な意味合いで当事者の意見を聴きます。つまり、当事者の意見を聴くこと自体は、「口頭弁論」でないことによる派生的な結果に過ぎません。「口頭弁論」でないという点が根本的に違うから当事者の意見を聴くだけなのです。もっとも、準備的口頭弁論を行う場合でも当事者の意見を聴いてはならないわけではありませんが。
また、「口頭弁論」でなければ行えない手続きは行うことができません。例えば証拠調べは文書及び準文書に限ります。また原則として非公開ですから傍聴はできません(一定の場合に傍聴を許可することはできる)。だって、「口頭弁論」ではないのですから。

「例えば」って書いてあるじゃんねぇ?明らかに主題は、準備的口頭弁論って何?弁論準備手続とどう違うの?だよね。
大まかな説明だけにします。詳しくは、民訴法の教科書読めば必ず書いてあるのでそっちに譲ります。

>準備的口頭弁論は、「口頭弁論」の一つとみてもよいのでしょうか?
そうです。と言うか、まさしく「口頭弁論」に他なりません。
「口頭弁論」を二段階に分けて、まず争点および証拠の整理を行うために行う「口頭弁論」を準備的口頭弁論と呼ぶだけです。言い換えれば、「口頭弁論」を専ら準備手...続きを読む

Q口頭弁論が最初だけって・・?

民事訴訟で、最初の呼出し以降ずっと準備室での準備書面の取交わしが続き、そのまま審理終結となりました。
これは、憲法に反して口頭弁論が公開されなかったことになりませんか?

Aベストアンサー

弁論準備手続だけで結審になることはないです。

結審するのであれば,最後は,法廷で口頭弁論を開き,弁論準備手続の結果を陳述して,結審します。

民事訴訟法
第173条 当事者は、口頭弁論において、弁論準備手続の結果を陳述しなければならない。

(1)ラウンドテーブルの「法廷、兼、弁論準備手続室」で実施しており、弁論準備手続から、そのまま、口頭弁論手続に移行した。
(2)初回に結審しており、以後は、和解期日だった。

というような可能性もあります。

いずれにしても、期日調書の記載がどうなっているか、確認してみては。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報