#include<stdio.h>
#include<string.h>

int main (void){
char str [] = "onetwothreefourfivesix";
char buf[100];
char *p, *q;
int i,count;
strncpy(buf,&str[2],3);
buf[2] = '\0';
strcat(buf,&str[16]);
printf("%s\n",buf);

buf[0] = '\0';
for( i = 0; i < 3; i++){
strncat(buf, str + i *3, 3);
strcat(buf,",");
}
printf("%s\n",buf);

strcpy(buf,str);
p = strrchr(buf,buf[0]);
*p = '\0';
printf("%ld\n",strlen(buf));

count = 0;
for (p = str; *p != '\0' ;p++){
if(*p == 't' || *p == 'e'){
count++;
}
}
printf("%d\n",count);

i = 0;
p = str;
q - str + strlen(str) - 1;

while(p < q){
if(i % 2 == 0)
buf[i] = *p;
}else{
buf[i] = *q;
}
p += 3;
q -= 2;
i++;
}
buf[i] = '\0';
printf("%s\n",buf);   //ここのbufがどう表示されるのか解説をお願いします。
return0;
}

A 回答 (2件)

まず、ソースがエラーになりましたので、ソースを修正しました。


修正した箇所は、//修正①②③です。
又、1行追加しました。//追加④です。
以下のようになります。
---------------------------------------------
#include<stdio.h>
#include<string.h>

int main (void){
char str [] = "onetwothreefourfivesix";
char buf[100];
char *p, *q;
int i,count;
strncpy(buf,&str[2],3);
buf[2] = '\0';
strcat(buf,&str[16]);
printf("%s\n",buf);

buf[0] = '\0';
for( i = 0; i < 3; i++){
strncat(buf, str + i *3, 3);
strcat(buf,",");
}
printf("%s\n",buf);

strcpy(buf,str);
p = strrchr(buf,buf[0]);
*p = '\0';
printf("%ld\n",strlen(buf));

count = 0;
for (p = str; *p != '\0' ;p++){
if(*p == 't' || *p == 'e'){
count++;
}
}
printf("%d\n",count);

i = 0;
p = str;
q = str + strlen(str) - 1; //修正①
printf("<%c>\n",*q); //追加④
while(p < q){
if(i % 2 == 0){ //修正②
buf[i] = *p;
}else{
buf[i] = *q;
}
p += 3;
q -= 2;
i++;
}
buf[i] = '\0';
printf("%s\n",buf);//ここのbufがどう表示されるのか解説をお願いします。
return 0; //修正③
}
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この実行結果ですが、以下のようになります。
etivesix
one,two,thr,
12
6
<x>
ostfo
-------------------------------
ここで、<x>は//追加④で出力された内容、
ostfoはbufの内容です。
従って、buffの内容がostfoであることの説明ができれば、それが求める答えです。
以下、その説明です。
------------------------------------------------
pはstr[]の先頭位置の為、oの位置になります。
qは、str[]の先頭位置に文字列の長さを加え、-1するので最後の文字であるxの位置になります。
④で*qの内容を印字するとxであることが確認できます。

while(p<q){
}
の処理では、以下の処理を行っています。
1)0,2,4...回目(偶数回目)は、pの値をbufに格納(最初は0回目とします)
2)1,3,5...回目(奇数回目)は、rの値をbufに格納
3)回数が1回増えるごとに、pは3バイト追加されます。
従って、o,t,t,e,o,f・・・と増えます。このうち採用されるのは、偶数回目なので、o,t,oです。
4)回数が1回増えるごとに、qは2バイト減算追加されます。
従って、x,s,v,f,u,f・・・と減っていきます。このうち採用されるのは、奇数回目なので、s,f,fです。
5)3)と4)から取り出される文字を取り出し順に並べると
ostfofとなります。
ここで、p<qの条件の間の取り出しなので、
ostfoとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅れまして失礼しました。

ようやく飲み込めた気がします。。

色々とありがとうございました。

お礼日時:2017/05/14 23:17

処理系とOS,ハードウエア依存ですからこれだけではどう表示されるかは不確定です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング