北九州説や奈良説が魏志倭人伝の解釈によって以前から唱えられています。

魏志倭人伝ばかりに注目せず、日本書紀と古事記からも解釈してはどうでしょう。
私は個人的に邪馬台国は奈良で大和政権に繋がっていると簡潔明瞭に考えています。
なぜなら、それが一番素直に考えられるからです。

皆さんいかがでしょう?

A 回答 (3件)

卑弥呼はいたんだと思います。

ヒミコは日巫女とも書きます。アマテラスがヒミコだという考えがあります。私はそのように思っています。すると、日本神話と結びつきます。
また、ヒミコは元は九州で大和に移ってきたという説もあります。これなんかも神武東征の話とオーバーラップしてきます。
    • good
    • 0

>私は個人的に邪馬台国は奈良で大和政権に繋がっていると簡潔明瞭に考えています。


>なぜなら、それが一番素直に考えられるからです。
考えるのはご自由です。
ただし人に言うのであれば客観的証拠や合理性が必要ですね。
全く時期の違う文献で邪馬台国に関する記述がないのですから。
「一番素直」を別の言い方をすれば「何も考えていない」になりませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

邪馬台国の古代中国読みはヤマドゥになるようです。それからも大和国イコール奈良と思うのです

お礼日時:2017/05/14 00:04

日本書紀や古事記は全く時代が違いますね。

500年近く離れてます。現代と戦国時代くらいです。しかも、古事記は稗田阿礼が暗誦したものを文章化したものですから、どこまで信頼性があるのでしょうかねぇ...。

邪馬台国の位置は、近畿の古墳を全て隅々まで調べれば答えが出そうですが...、当分無理そうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りました
参考にします

お礼日時:2017/05/13 23:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報