第二次世界大戦の日本軍については侵略的だの精神論や特攻隊ばかりが強調され、純粋な軍事力や作戦、兵器の生産力、近代戦の状況などの客観的な情報は無視されていると思います。

例えば、海軍であれば大規模な艦隊や船団を編成して航空機を交えての運用は日本軍以外ではアメリカ、イギリスくらいではないでしょうか

陸軍では数百万を動員してアリューシャンから満州、中国、東南アジア、ソロモンへの進撃は並大抵の苦労ではないと思います。また、大規模な航空部隊を運用したのはアジアでは日本だけです。

それも、1876年の西南戦争というサムライが刀を振るった戦いから約70年後にジェット戦闘機を飛ばし、大規模な艦隊を運用し、5万機もの航空機を生産しアメリカ軍を主体とする連合軍に約3年半もの間激闘を交したのは凄くないですか?

私は純粋に日本の力量は凄いと思うのです。

侵略的とか、原爆投下による大惨事とかはひとまず置いておいて他の国では不可能だった事を日本がやったということを純粋に評価してみるのもアリだと思います。

いかがでしょう?

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    解りました
    ありがとうございます

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/05/14 06:17

A 回答 (5件)

詳細なところが、かなり間違っていますが・・・


ただ、主訴に対しての補足としては極端におかしいとは思えません。

西南戦争では確かに刃物も使っていますが、
激闘は小銃による撃ち合い。
太平洋における全方面の侵攻作戦は
見境の無い(何も考えていない)海軍の暴走に
陸軍が巻き込まれたというのが実態でしょう。

戦闘機とかそういう細かい縛りのない「軍用機」という観点で言えば
日本は7万機以上生産していますし、
空母同士による戦闘は日米英だけが経験しています。
人類史上最大の大海戦も、日本VS米国、です。

ですが、質問者さんの主訴はそういう事ではなく
戦略的な観点から
「日本軍はまともな評価を受けてないのでは?」
ですよね?

評価はされていませんが、されるようなものもありません。

日本が負けたのは、
柔軟さに欠けた人選、
兵站に対する思慮の無さ、
情報漏えいに関する危機感の薄さ、
そして、圧倒的に国力が無かった、から。
原爆被害など、上記の結果論でしかありません。

他の国が「あたりまえに配慮していた事」が
日本はできなかったので負けました。

いくら凄腕パイロットで編成された高速空母機動部隊を持っていても
たった一回の負けで立て直しできないなんて、どうなってるんですか?
「一回のミスも許されない」なんて戦争でそんなのないですよ。

兵士は優秀だった。
装備も悪くなかった。
それで負けたのは、それを指揮すべき参謀がクズだったから。
無能で負け犬でビビリな「牟田口」とか「栗田」とかの
ボケナス指揮官らが、デタラメな戦法やって消費した。
「山本」なんて言うのも本人が
「1年2年は暴れるが、その先は知らん」
なんて言ってるんですよ。
だったら、戦争なんかやるなよ。
「数年しか持たないから戦争できません」
って言うのが指揮官じゃないのか?

今の日本もそうですよ。
大企業の沈没、始まっていますよね?

このまま進むと数十年後に日本は4等国です。
作れるうちに高速道路とかバンバンつくっておかないと
将来は道が作れなくなるので・・・。
    • good
    • 1

こんにちは。



結論から言えば、個々の装備については:
一応数はそろえた
装備の質や性能についても、一部には欧米をしのぐものもあった

但し
国力を目いっぱい背伸びさせて数を揃えたので、後が続かない(予備も補給も考慮していない)
一部欧米を凌ぐ出来栄えの装備もあるにはあったが、基本的な部分が時代遅れであり、開発能力も劣っていたので、発展性に問題があった。

戦力の運用については:
柔軟といえば聞こえがいいが、実態は相手の出方にその都度対応していただけな場合が多い。
たまに何か新しいことをしようとすると、すべて相手に先回りされて撃退されることが多かった。

ってことで、よく健闘はしたもののやっぱり無理があった・・というところではないですかね^^;。
    • good
    • 1

力量は優れていると思います。





>陸軍では数百万を動員してアリューシャンから満州、中国、東南アジア、ソロモンへの進撃は並大抵の苦労ではないと思います。

数百万も動員していませんし

>約70年後にジェット戦闘機を飛ばし

いえ、戦闘機ではありませんし


>5万機もの航空機を生産し

そんな沢山作っていませんし

>アメリカ軍を主体とする連合軍に約3年半もの間激闘を交したのは凄くないですか?

アメリカ軍は太平洋でしか、戦っていませんし



もう少し、歴史を勉強してくださいね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

参考にします

お礼日時:2017/05/14 06:20

飛行機のエンジンオイルは日本で作れなかったので、


アメリカからしこたま買って備蓄し、それで戦争をしかけ、
オイルを使い終わったので負けたって話もあります。
その前に、産油地を占領して、不足分を確保する予定だったみたいですが。
アメリカの艦載機はすべて翼をたためます。
そういう不利な飛行機相手にイギリスとアメリカの
デッドコピー機銃で激闘しただけ。凄すぎます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど納得です

お礼日時:2017/05/14 00:06

敗戦国だから、間違えてた事だけが後世に伝えられる

    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそーゆー一面はありますね

お礼日時:2017/05/14 00:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大東亜戦争において,欧米に侵略されてた東南アジア人にとって日本軍は救世主だったんですか?

大東亜戦争において,欧米に侵略されてた東南アジア人にとって日本軍は救世主だったんですか?

Aベストアンサー

公平に書きますね。
戦争前の世界は、基本的に白人優越の世界でした。
欧米がアジア、アフリカ他を侵略し、インディオ、インディアンを虐殺して土地を奪い植民地とすることも、宗教的に肯定されていました。
遅れて近代化した日本は、そんな世界の中で、対等に渡り合うために欧米を見習いました。
自らも欧米と同じように植民地?獲得に乗り出し、戦争となったわけです。
結果として敗北したわけですが、欧米の支配を一旦は無くし、人種的な劣等感を無くしたという意味で、戦後世界に独立の流れを作ることになったと思います。
欧米が戦前までに行なったインディアンなどをはじめとする民族虐殺に謝罪したことはないし、つい最近まで人種差別は当たり前でした。
アヘン戦争で負けた中国なんか、結局のところ、イギリスに何も言えず、ホンコンなどずーっと支配されてましたよね。
当時の日本軍が正しいと言うつもりはないけど、欧米絶対の世界を変えるきっかけとなったのは、間違い無いと思います。
参考までにー
「マゼランが来た」を見ると、先住民を狩猟感覚で殺してスナップ写真というのがよくあります。どう捉えるかは、あなた自身で世界の歴史を学んで判断するべきです。
https://paraunawa.wordpress.com/2013/08/15/%E6%9C%AC%E5%A4%9A%E5%8B%9D%E4%B8%80%E8%91%97%E3%80%8C%E3%83%9E%E3%82%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%8C%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%80%8D/

公平に書きますね。
戦争前の世界は、基本的に白人優越の世界でした。
欧米がアジア、アフリカ他を侵略し、インディオ、インディアンを虐殺して土地を奪い植民地とすることも、宗教的に肯定されていました。
遅れて近代化した日本は、そんな世界の中で、対等に渡り合うために欧米を見習いました。
自らも欧米と同じように植民地?獲得に乗り出し、戦争となったわけです。
結果として敗北したわけですが、欧米の支配を一旦は無くし、人種的な劣等感を無くしたという意味で、戦後世界に独立の流れを作ることになった...続きを読む

Q何で、一部の日本人は「侵略」が嫌なのですか?

あの戦争は侵略ではない。とか言う人がいますが、なぜ、侵略という言葉が嫌なのですか?欧米では、イラク戦争だろうが、アフガン戦争だろうが、自分に非がないと言う立場であっても、特にこだわりなく、自ら侵略という言葉を使いますが、一部の日本人は、なぜ、そんなに言葉を気にするのでしょうか?ケツの穴が小さい?

Aベストアンサー

#2です。お礼にたいする補足回答です。


>>お礼
物資を奪うために攻めたのではない、ということでしょうか。侵攻なら良いのでしょうかね。


 質問者はinvasion を「侵略」だと誤解しています。しかし国連決議でも、侵略に当たる用語は aggression を使っています。 自国の出兵を aggression だと認めている国はまずないだろうと思います。

 研究社大英和は、aggression を「(正当な理由のない)攻撃」と定義しています。

 嫌かどうかの問題ではなく、侵略を正当化するような言動に賛成できないということでしょう。

 さらに、物資を奪うことが目的でなければ侵略ではないというのも間違いです。日本が進めた植民地獲得は、経済的利益の確保より国の安全保障が主たる目的であったように思われますが、他国の領土を奪う点では侵略そのものでしょう。

Q中国は現在、日本を侵略しているか?

尖閣問題を契機に日本国民の中国敵視感情が高まっている様子は、このサイトからも良く解ります。
その質問・回答を読むと、大多数の人が、「中国が日本を現在侵略している」と思っていることに気がつきます。
しかし私は中国の行動の多くが日本側の挑発(石原氏、田母神氏など)に対して、反発しているにすぎない、と言う気がします。
例えば、田母神氏が尖閣諸島に上陸行動を計画して船を出したのを阻止するために、中国監視船が尖閣領内に侵入する、というような具合です。

質問;最近の事象のなかでこれは明らかに中国の侵略的行為だと思われるものを具体的に教えてください。

例えばレーダー照射事件は明らかに中国側の攻撃的行動だと私は思っていますが、それ以外にあるでしょうか?
この事件を私は一空軍兵士の暴走だと見ているのですが、これが中国軍の命令で行われたものとしたら、ことは重大だと思います。
そのあたりの事情も教えてほしいのですが・・・・。

Aベストアンサー

おおむねご質問の気分に同意できます。
>私は中国の行動の多くが日本側の挑発(石原氏、田母神氏など)に対して、反発しているにすぎない、と言う気がします。

おそらく、ですが、そういった小物のアジテーターに対する反応ではなく、彼らにはやはりあべ死の台頭に対する危機感があるのでしょう。彼は「美しい日本に」したいと言って村山談話や河野談話を事実上否定しています。中韓の反発がひどかったのであわててとりあえずは引っ込めましたが、靖国参拝はしています。彼が就任そこそこ今度のけばい経済対策で成功したように見られていることもあって国民の受けもいいこととあいまって中韓はあせっている、日本の再軍備と戦前の侵攻が近い将来再現することもありうると考えても不思議ではありません。

中韓が国策として反日を掲げていることは確かですが、日本はずっとそれを大人の態度で見ていたわけで、いろいろ不満はあっても国対国が相互に信頼関係を保つということは日本にとっても国益にかなったものだったからです。中国も韓国も経済的に強くなって生意気になってきたことは事実としても、ここで日本までが感情的に対立したら最後は戦争しかありませんね。あべさんはそこのところをどう考えているのでしょうか。中国も韓国もそこのところが分かり難いからおいそれと妥協できないのでしょう。

>この事件を私は一空軍兵士の暴走だと見ているのですが、これが中国軍の命令で行われたものとしたら、ことは重大だと思います。
そのあたりの事情も教えてほしいのですが・・・・

われわれに真の答えが分かるはずはないでしょう。おそらく防衛庁の中枢はそれを知っているはずですが、中韓と戦争を起こしたいと思ったら可能な限り深刻に発表するはずです。彼らはそれが利益にかなうならそれが出来ます。

どこの国でもそうですが、国民は戦争になっていいことは何もないと私は考えます。不愉快なことはあっても国民レベルではお互いの不信感を低減するのがつとめではないでしょうか。

おおむねご質問の気分に同意できます。
>私は中国の行動の多くが日本側の挑発(石原氏、田母神氏など)に対して、反発しているにすぎない、と言う気がします。

おそらく、ですが、そういった小物のアジテーターに対する反応ではなく、彼らにはやはりあべ死の台頭に対する危機感があるのでしょう。彼は「美しい日本に」したいと言って村山談話や河野談話を事実上否定しています。中韓の反発がひどかったのであわててとりあえずは引っ込めましたが、靖国参拝はしています。彼が就任そこそこ今度のけばい経済対策で...続きを読む

Q大規模集団戦闘においての包囲効果への疑問

大規模集団戦闘において、一般的に包囲側が被包囲側に対して有利であるとされていますよね?
その理由の一つとして包囲側が被包囲側よりも数の上で優勢に戦えるという話をよく聞くのですが
小規模な戦闘においてはともかく、数千人規模の戦いにおいては戦線の長さは双方等しくなり、
数の優勢を得ることはできないのではないかと疑問に思うのですが、実際のところどうなのでしょうか?

有名なカンネーの戦いでも、ローマ側の陣形にもう少し空間に余裕があれば、
記録されているように一方的な結果にはならなかったのではないかと思うのですが。
あとはカンネーの戦い以外で包囲によって戦闘を有利に進めることができた例はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

包囲された側は、物資の補給が困難になります。
そのため、戦いが長引けば、武器や食料不足から戦えなくなります。
特に兵数が多くなればなるほど、物資の欠乏が切迫します。

これは、戦術面での話しで、戦略面となりますと、話が異なってきます。

包囲軍を外線、被包囲軍を内線とよび、外線の場合、好きなところ、内線の弱い所を選んで攻撃できるという優位さがありますが、逆に、移動範囲が大きくなり、個々が各個撃破される可能性があります。

ナポレオンの戦いで、ガラタ湖畔の戦いというものがあります。
ナポレオン軍は3万で、対するオーストリア軍は、西から2万、正面から2万5千、東から5千、南に1万の計6万でした。
ナポレオンは、西の2万を破り、対で正面の2万5千を各個撃破して、勝利をつかみます。

ドレスデンの戦いでは、ナポレオン軍は、ドレスデンを中心に40万
連合軍は、南方に25万、東方に10万、北方に16万の計51万の兵力でした。
ナポレオンが出て行くと戦わずに退却し、別の軍がドレスデンに向け進撃します。
ナポレオンがいなくなると、後退していた部隊はドレスデンに進撃するといったことを繰り返し、急速な移動を強いられたナポレオン軍は、疲労から兵士の脱走がつづき、壊滅的損害をだしてしまい、敗退します。

内線、外線のどちらが優位だとはいえません。

包囲された側は、物資の補給が困難になります。
そのため、戦いが長引けば、武器や食料不足から戦えなくなります。
特に兵数が多くなればなるほど、物資の欠乏が切迫します。

これは、戦術面での話しで、戦略面となりますと、話が異なってきます。

包囲軍を外線、被包囲軍を内線とよび、外線の場合、好きなところ、内線の弱い所を選んで攻撃できるという優位さがありますが、逆に、移動範囲が大きくなり、個々が各個撃破される可能性があります。

ナポレオンの戦いで、ガラタ湖畔の戦いというものがあります。
...続きを読む

Qアメリカがシリアやアフガンで大規模爆風爆弾MOABを投下するのは人道的と言えるのか?

アメリカがシリアやアフガンで大規模爆風爆弾MOABを投下するのは人道的と言えるのか?

Aベストアンサー

日本の道徳で考えると
おかしい。

アメリカの道徳で考えると
甘ったるい攻撃だなぁ

海外から考えると
やられるまえにやっちゃう?

ですよね。
まぁ、日本国民は
8割くらいは無関心でしょうけどね。

ポーカーフェイスというか、
ポカーンフェイスですよね。

なにそれ?

しか言えないと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報