両目の色がそれぞれ違う人って存在するのでしょうか。

例)左:ブラウン 右:黒
  左:グリーン 右:ブルー

A 回答 (2件)

オッドアイと言います。


デビッド・ボウイが知られています。
日本人の芸能人だと奥菜恵がオッドアイですよ。
https://katsushita.com/archives/722
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オッドアイですね。

お礼日時:2017/05/14 07:46

います。


本か何かで見たことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのような人を呼ぶ俗称などはありますか。

お礼日時:2017/05/14 06:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q右目 左目

右目と左目って言いますけど、自分と他人側から見てどっちから見て左、右なんでしょう?

Aベストアンサー

自分の右側、心臓の反対の方向にあるのが右目、その反対側が左目

他人から見て、その人の心臓の反対側にあるのが右目、向かって左側にあるのが右目です。

Q右と左が分からない

いつもお世話になっております。

タイトルどおりなのですが、小さい頃からどうしても右と左の判断が出来ません。
右と思っている方向が左であったり、左と思っている方向が右であったりすることがよくあります。というより、殆どがそうです。
時間を貰ってよく考えると分かるのですが、
どうやら咄嗟の判断が出来ないようです。


これって、何か脳に障害があるからなのでしょうか?
ちなみに、東西南北の区別はつきます。

自分では判断できず、またお医者さんに見てもらうような事でもないと思いこちらで質問させて頂きました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 興味深い話題ですね。

 私は、5歳のとき突然に左右の区別ができるようになったことを鮮明に覚えています。
「あっ!右ってこっちのことなんだ。左はこっちなんだ。」
という感じです。
うれしくて母にそのことを告げると、
「右左も分からなかったの?」
とあきれた顔をされ、拍子抜けしました。

 残念ながら、なぜ区別できるようになったかは分かりません。
まったく唐突に左右の違いが分かったのです。



 以下は私の推測です。

 本当は、人はだれでも始めは左右の区別がつかなかったのではないでしょうか。
単に忘れてしまっているだけだと思います。

「左右が区別できない」ということは、本当は
「空間的に区別はしているけど、それが言葉と結びつかない」ということでしょう。
もし、水平方向の空間識別ができなければ生きてはいけませんからね。

 さらに、言葉と実体が結びつかないというのは、
「その言葉に体感がないから」
だと思います。
何らかの体感的な「味付け」がされた言葉はすぐ覚えてしまいますよね。
「上・下」という言葉には重力の味付けがあります。
「顔・手・足・耳」なども、その部分からくる筋肉の刺激や皮膚感覚などから体感的な味付けがあります。

 ところが、人間は左右対称に作られていますから、
「左・右」という言葉には体感による区別がなかなかできません。
左右という言葉と現実の空間がなかなか結びつかない原因は、こんなところにあるのではないでしょうか。

 それが言葉と実体を結びつける訓練によって、ようやく区別できるようになったのだと思います。
つまり「お箸を持つほうが右」などという強制的な味付けですね。
左右の区別ができない人は左利きの人に多いというのも、
ついお箸を左で持ってしまい、訓練を失敗してしまったのではないかと思うのです。

 興味深い話題ですね。

 私は、5歳のとき突然に左右の区別ができるようになったことを鮮明に覚えています。
「あっ!右ってこっちのことなんだ。左はこっちなんだ。」
という感じです。
うれしくて母にそのことを告げると、
「右左も分からなかったの?」
とあきれた顔をされ、拍子抜けしました。

 残念ながら、なぜ区別できるようになったかは分かりません。
まったく唐突に左右の違いが分かったのです。



 以下は私の推測です。

 本当は、人はだれでも始めは左右の区別がつかなかった...続きを読む

Q右カーブ・左カーブ

バイク乗りの友達が、「左カーブはガンガン攻められるけど、右カーブはそれほど攻められない。転ぶのも右カーブなんだけど。」と聞いて、疑問に思いました。
バイクレースとかでも、左回りコースが多いですよね。
確かに、私が車に乗っていても、左カーブでハンドル切るのは一発でいけるのに、右カーブは途中で微調整することが多い気がします(←私のウデのせい?)。

さらに、「広いところにいると、ほとんどの人は左のほうへ歩いていく」とか、
「ふたまたの道は、左のほうが選ばれやすい」とかという話もあるらしいです。
なぜなんでしょう??心臓が左にあるから?

変な質問ですが、おわかりになる方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カーブの曲がりやすさは、車とバイク、一般道とサーキットのような所でも変わってくると思いますよ。

つまり、一般道では一方通行でない限り、右カーブはイン側から対向車がありますからすれ違いという点で怖さを感じるでしょうし、一方通行でない限り、左側通行なので必ず大回りになりますよね。
以上の理由で、右のタイトなコーナーを体験することが少ないし、慣れないのだと思いますね。
左側通行で左カーブは小回りになることが多いし、対向車がイン側から来ることはないので、心理的に怖さが減るし、慣れているのではないかと思われます。

実は、私も右カーブが苦手なんですよ。要は、右カーブは左側通行という点から外周を通ることになり、緩やかなカーブになるから苦手なんですね。

普通は、サーキットを走ると仮定すると、右ハンドルで右コーナーは自分の座席位置側がイン側なので、コーナーの端が見えて攻めやすいはずなんですけどね…。

しかしながら、利き腕というのも関係しているのかと思いますね。
何しろ、右利きの場合、右にハンドルを切ると外周を回すのが左腕になるので、右腕での調整が小さくなる。しかも右腕の自由度が利きにくくなる。
左にハンドルを切ると、右腕の自由度が増し、調整も大きな角度でできる。
(このへん、専門家ではないので表現が難しいですが…)
つまり、右にハンドルを切ると、右腕はより細かい調整で角度を決める必要があるけど、左にハンドルを切ると、右腕はより大きな調整で角度で決められる。
こう考えると、右にハンドルを切るのがやりにくいと感じるのも当然かと思いますし、このへんが苦手意識の元になっているのではないでしょうか…?

カーブの曲がりやすさは、車とバイク、一般道とサーキットのような所でも変わってくると思いますよ。

つまり、一般道では一方通行でない限り、右カーブはイン側から対向車がありますからすれ違いという点で怖さを感じるでしょうし、一方通行でない限り、左側通行なので必ず大回りになりますよね。
以上の理由で、右のタイトなコーナーを体験することが少ないし、慣れないのだと思いますね。
左側通行で左カーブは小回りになることが多いし、対向車がイン側から来ることはないので、心理的に怖さが減るし、慣...続きを読む

Q難しい話が右から左・・・・

難しい話の内容になると、どうしても頭の中が真っ白になって
仕事でよく怒られます。だいぶ説明を受けた後「聞いてた?」
って事がよくあり、内容が理解できなくなってきています。
親はストレスが原因じゃないか?と言ってきますが
私は今までひきこもりで仕事をするのが初めてです。
だからだと親は言うのですが私自身は聞く力が衰えたように
思えるのですが?ちなみに21です。
どうすれば難しい話でも理解できるようになりますか?

Aベストアンサー

わかります。私も引きこもっていた時期があり、その頃は、相手の言っていることが聞き取れないことがありました。

今は、引きこもり後、1年くらいバイトしてます。接客の仕事だから会話することが多く、今では、普通に聞き取れます。

引きこもり生活で、会話する機能が衰えていたのだと思います。

いきなり対人でっていうのが、難しそうなら、テレビやラジオを集中して聴いてみては?
徐々に、聞き取れてきたら、会話する機会をどんどん増やしていく。

Q右投げから左投げ

投稿のカテゴリがあまりわかりませんでした。すいません
えっと、私と友人は野球をやっているのですが友人が右投げから左投げに変えたいと言っています。
左投げに変えることは可能でしょうか?
それと左投げにするにはどのようにしたらいいですか?
それの話を真剣されたので、少し困っています。
私は友人の話をできるならば、かなえてやりたいのですが
右投げを左投げにするなんて私は全く縁のない話なのでわかる方がいたらどのようにしたらいいか?
それとも諦めるしかないのか?
教えてください

Aベストアンサー

右肩を壊したのでしょうか。
右投げから左投げに変えられます。
厳密に言うと、左がほとんど右に追いつき、両手利きになるということです。
友達は、日常生活で利き手と同じことをやっただけで、
2週間で魚以外は左手で食べれるようになり、左投げまで2年くらいかかりました。
右手でも左手でも字が書けますし、お箸も左右使えるし、歯磨きも左右できます。
レギュラーは取れなくても執念で1年くらいで出来ると思います。
残念ながら、短期間で効率のいいトレーニングは知りません。

安達光の「両手利きのパワー 潜在能力を解放する」という本が昔ありましたが、
もう本屋にはないと思うので図書館や古本屋とかで見てみたらどうでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報