過去の日本は別として、現在の日本にはキリスト教信者は人口に1パーセント程度しか存在しないようです。
他のアジア諸国を始め宗教が自由な国で日本ほどキリスト教が不振な国は知りません。
私の周りにもキリスト教信者は居ません。

色んな説がありますが皆さんいかがでしょうか?

A 回答 (4件)

日本では早くから小乗仏教(東南アジア諸国)ではなく


大乗仏教が全国に流布しています
中国 韓国は 仏教は滅んでいました

日本は文化も教育も生活も政治も仏教そのものでした
しかも その恩恵をうけているのです
一般庶民も その協議はよく知っていたのです
詳しくはカットします

キリシタン弾圧や 江戸時代の寺受け制度など
殆ど影響は無いと思います
詳しくはカットします

日本人は他国に比べ 一般人でも教養があったため
その教義の低さに 気がつくのです

仏教では 裏付けのない 奇跡や偶然はありません
逆に キリスト教では 奇跡 偶然 霊 等を乱発します
論理的にも 妥当性からも 奥の深さからも 
明らかにキリスト教とは比べられない程 仏教が優れています
少しの知識で 判断できました

今 殆どの日本人が無宗教のように見えますが 違います
多くの人は 因果応報 を信じています
これ 非常に科学的な考えですね
詳しくはカットします

おかげで 悪人が少ないのです

現在 エホバの何とか と言う宗教が一番多いらしい
輸血しない ハルマゲドンを信じ 社会性に疑問がある
エホバの何とかです なかなか受け入れられないと思います
詳しくはカットします



仏教 キリスト http://rokusann.sakura.ne.jp/newpage31.htm
    • good
    • 0

日本人は山本七平氏がいう日本教の信者という見解が面白いです。

なるほどと思えるところが多いです。

http://www.ne.jp/asahi/ts/hp/file1/file1017_reli …
    • good
    • 0

日本は自然崇拝が根本になっています。


海、川、山、大きな木、大きな石、太陽、月、風、雷、等々どこにでも
神様がいて、縁結びや気象や交通安全や田畑の収穫や商売繁盛等々、各々の
担当を分担して成り立っている多神教の宗教観です。

外国から入ってきたとはいへ、仏教も同じように如来・菩薩・観音等々多くの
仏様が登場しますから日本人には受け入れ易かったのでしょう。

それに比べてキリスト教は神様は一人だと云う一神教の教えですから日本人
にはなかなか馴染めないものだったのかと思います。

おそらく多くの日本人にとってはキリスト教の神様も「大勢いる神様の中の一人」
くらいにしか思っていない人が多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

映画「沈黙」で「日本にはすでに根付いた宗教があるから」というセリフがありました。


個人的にはあの映画や原作のセリフでそういわれているように、日本人の精神性にはもう根付いたものがあり、キリスト教がやってくるのが遅すぎたのではないでしょうか。
新興宗教も仏教系が多いですしね。
ただ、個人的には周りにクリスチャンはたまにいますし、教会も新しいものも古いものもあります。

因みに宗教的には儒教職の強い中国の方がクリスチャン少ない感触がありますが、アジア全域統計はちゃんと取れているのかは体感的によくわかりません…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/14 07:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報