29日の3時頃に頭と首に数箇所、両の手の甲と膝下に一箇所づつ針を刺してもらいました。20分くらいでしょうか。その時は痛さもないし、患部にジーンと響いているような気持ちよさもないし、何も感じなくて初心者の私は心配になりますした(笑)。家に帰ってからも体は楽にならず、逆に頭痛が酷くなってしまいました。はじめから劇的
な効果はないことは承知していますが、これは一時的な好転反応というものでしょうか?症状は首&肩の凝りと頭痛や眩暈です。頭痛は、締め付けられるような重い痛みで目の疲れも激しいのですが、肩こりから着ているといわれましたが・・。背中も痛くなってきました。一週間あけて通院した方がいいらしいのですが、完治するまで一般にどれくらいかかるものなのでしょうか?知人は、同じ治療院に
10回かかってよくなったらしいです。現在は通院していないようです。いままで薬と湿布に頼っおり、肩がカチコチになってしまってつらいのですが、針治療をしている間は薬は飲まないほうがいいのでしょうか?アドバイスお願します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この症状だけでは何とも言えませんが、両方が考えられると思います。


鍼灸ではよく瞑眩(めんげん)と言う言葉で好転反応を表しますが、これが実際にはよく分かっていません。
単純に刺激量や治療方針が間違っている場合もあるのでは、と鍼灸師の私は思うのですが。
鍼灸に副作用が無いというのはおかしい話だと思ってますし、もし一時的に瞑眩が出る場合、ちゃんとした鍼灸師(腕の立つ)の場合は患者にあらかじめ言う様な気もします。
実際に私の師匠達(一人ではない)はちゃんと患者さんに言っています。
ただし治り方には当然個人差がありますので、時間がかかる場合もあります。
素直に先生に治療した感想も含めて、今後の治療についての計画なんかについて聞いてみてはいかがですか。
    • good
    • 0

鍼治療は、個人差があり1回で改善する方もいれば何ヶ月通院しても改善しない場合もあります。

これは鍼灸師の先生の腕が悪いわけではありません。多くの場合、患者さんの生活習慣に問題があるからです。いつも同じ姿勢でいたり、ストレスが蓄積していたり、食事が不規則、栄養摂取が偏ってるなど普段の生活態度を改善することで肩こりやそれから来る頭痛やめまいなどがなくなります。中には、血管や血液の病気の場合もあるのでなかなか改善しない場合は、医師の診察を受けた方が良いと思います。余談ですが、最近私は気孔に凝っています。これをやると全身がリフレッシュされ、肩こりなどは嘘のようになくなってしまいます。(あっ!これも個人差ありますけど・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。気功ですか、興味ありますね。知り合いがやっているので、今度、話を聞いてみます。

お礼日時:2001/07/07 13:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q点滴針の抜針にアルコール綿は必要?

専門家のご意見お待ちしています。

私がオーストラリアで看護師をしていた時、採血や点滴の抜針時には、アルコール綿ではなくて、普通の乾燥した綿球で針の刺入部を押さえていました。

実際には、アルコール綿で押さえて抜針するべきなのでしょうか?それとも、乾燥した綿球でもよいのでしょうか?詳細をご存知の方がいたら教えて欲しいです。できれば、CDCのガイドラインなんかに載っている情報をご存知の方がいたらそれを教えてもらえるととってもありがたいです。

Aベストアンサー

はじめまして。

日本で看護師をしています。
日本では普通にアルコール綿を使っていますが、そういえば米国も普通に乾燥した綿球で押さえますね。わたしはアルコールにアレルギーがあるので助かるなあとしか思いませんでしたが。
CDCガイドラインだと2002年発行のGuidelines for the Prevention of Intravascular Catheter-Related Infectionsなんかがそれにあたると思うのですが、種々の血管内カテーテルについての留置時・留置中・刺し替え時の感染予防については細かいのですが、抜針についてはこういうケースではすぐに抜くとかいったことのみで手技については載っていませんでした。この項目もかなり長いので見落としがあるかもです…

Q17なんですが、肩、背中、首などが張って…

2000年の冬の終わりごろから、だんだんと肩がこり始め、それが首、背中へと拡大し、今では授業中もひどい張り、こり、痛みで本当に辛いです。
医科歯科大の整形外科へ行って、筒状の体内の断面図の見る事の出来る機械(名前忘れちゃって…)で写真を撮ったり、色々したのですが、原因は分からなかったんです。
痛み止めの薬もどんどん強くしたのですが、一向にきかず、胃薬も一緒に飲むような強い薬もきかず、背中に神経ブロックの注射を打ったのですが、それも2日くらいしかきかず、しかもきいている間は手があまり動かなくなってしまうんです。。受験生なんで、それは困り、注射はやめてもらいました。
どこの病院でもわからないと言われてしまい、本当に困っています。。
小学生の時から好きで続けていた陸上も、痛みで走れなくなってしまい、学校の成績もどんどん落ち、精神的にも
本当につらいです。
もしかしたら病気なのかな、と思い、内科にも行ったのですが、肩こりが…と言ったら、外科にいってくださいと、診察もなしに追いかいえされてしまいました。
もう一度内科に行こうかと思うんですが,また追い返されるのかとおもうとなかなか行きづらいんです…
症状は
肩、首、背筋の張り、痛み、それらが始まってからひどい生理痛にもなってしまいました。血液検査などはまったくしていません。
どうか少しでもなにか知っていることがあればおしえてください。どうかよろしくおねがいします。。

2000年の冬の終わりごろから、だんだんと肩がこり始め、それが首、背中へと拡大し、今では授業中もひどい張り、こり、痛みで本当に辛いです。
医科歯科大の整形外科へ行って、筒状の体内の断面図の見る事の出来る機械(名前忘れちゃって…)で写真を撮ったり、色々したのですが、原因は分からなかったんです。
痛み止めの薬もどんどん強くしたのですが、一向にきかず、胃薬も一緒に飲むような強い薬もきかず、背中に神経ブロックの注射を打ったのですが、それも2日くらいしかきかず、しかもきいている間は手があま...続きを読む

Aベストアンサー

これは大変ですね!受験に差し障りがでたら悔しすぎますよね。

私にも16歳の娘がいます。人ごととは思えません。

内科医に行ったとき、「整形外科では全部診て貰ったけど、異常無しなんです。内臓かも知れないと思って来ました。」とちゃんと訴えたでしょうか?
先生は若くて一見丈夫そうな子が来たので、何も考えずに「外科」とおっしゃったのでしょうから、再チャレンジするべきです。
それでも異常がなかったら産婦人科も(恥ずかしくてもがんばれ)行って、体にまったく異常が無いことが確認できるまで診て貰いましょう。

2年間も痛いままなんて、ストレス性とは思えません。長期休みの間も痛かったんでしょう?脅かすようだけどなにか重い病気が隠れているのかも知れないから、かならず行ってネ!

Q注射針、採血針の先端

以前、採血した時注射針の先端に、赤いのが付いていたように見えたんですが、あれは何だったんでしょうか?気になっています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が採血した時の注射針の先端は、簡単にいうと
ミシン針のように糸を通せるような穴が開いていたので
もしかすると、その赤いのっていうのは血液じゃないですか?
採血の前に見えたのだったら、その穴から見えた景色というか、
何か赤いものが穴を通して見えたのではないでしょうか・・・。

Q針治療 針の抜き忘れについて

針治療終了後針を抜き忘れられました。
危険性について教えて下さい。
抜き忘れられたことによる危険性と、
この施術者の信用度的危険性についてです。
出来る限りプロの方、経験者の方の意見のみを募集したいです。
尚、針治療を批判しているわけではありません。
家族は医師による置針治療で健康になりましたので。

Aベストアンサー

ちゃんとした鍼灸院での施術だったのですか?

初歩的ミスですよね。
万が一、気づかずに体内を針がまわったらと
思うと怖いです。

鍼灸師&鍼灸師を教える先生を知っていますが
刺した針と、抜いた針の数を確認することは絶対に
します。そんなベテランの先生でも怠りませんよ。

今後、そんなことがないように進言したほうが
いいとおもいます。

Q輸血の針は注射針でしょうか?

こんにちは。
医学の知識がこれっぽっちもない者なのですが、輸血について疑問があります。
輸血をはじめるときに針を差し込むと思うのですが、それは注射器のようなもので差し込むのでしょうか?
(それを血液のバッグ(?)とつなげるのでしょうか?)
または注射器ではなく、輸血用の針のようなものがあるのでしょうか。

ご存知の方簡単にでかまいませんのでアドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そうです。注射針です。
施設によって使用する針は違うと思いますが翼状針といってチューブがついていてコネクターで輸血用のチューブと接続します。血管に針をさしたらそこをバンソウコで固定します。チューブは細くてやわらかいから特に苦になりません。
以上簡単ですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報