29日の3時頃に頭と首に数箇所、両の手の甲と膝下に一箇所づつ針を刺してもらいました。20分くらいでしょうか。その時は痛さもないし、患部にジーンと響いているような気持ちよさもないし、何も感じなくて初心者の私は心配になりますした(笑)。家に帰ってからも体は楽にならず、逆に頭痛が酷くなってしまいました。はじめから劇的
な効果はないことは承知していますが、これは一時的な好転反応というものでしょうか?症状は首&肩の凝りと頭痛や眩暈です。頭痛は、締め付けられるような重い痛みで目の疲れも激しいのですが、肩こりから着ているといわれましたが・・。背中も痛くなってきました。一週間あけて通院した方がいいらしいのですが、完治するまで一般にどれくらいかかるものなのでしょうか?知人は、同じ治療院に
10回かかってよくなったらしいです。現在は通院していないようです。いままで薬と湿布に頼っおり、肩がカチコチになってしまってつらいのですが、針治療をしている間は薬は飲まないほうがいいのでしょうか?アドバイスお願します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この症状だけでは何とも言えませんが、両方が考えられると思います。


鍼灸ではよく瞑眩(めんげん)と言う言葉で好転反応を表しますが、これが実際にはよく分かっていません。
単純に刺激量や治療方針が間違っている場合もあるのでは、と鍼灸師の私は思うのですが。
鍼灸に副作用が無いというのはおかしい話だと思ってますし、もし一時的に瞑眩が出る場合、ちゃんとした鍼灸師(腕の立つ)の場合は患者にあらかじめ言う様な気もします。
実際に私の師匠達(一人ではない)はちゃんと患者さんに言っています。
ただし治り方には当然個人差がありますので、時間がかかる場合もあります。
素直に先生に治療した感想も含めて、今後の治療についての計画なんかについて聞いてみてはいかがですか。
    • good
    • 0

鍼治療は、個人差があり1回で改善する方もいれば何ヶ月通院しても改善しない場合もあります。

これは鍼灸師の先生の腕が悪いわけではありません。多くの場合、患者さんの生活習慣に問題があるからです。いつも同じ姿勢でいたり、ストレスが蓄積していたり、食事が不規則、栄養摂取が偏ってるなど普段の生活態度を改善することで肩こりやそれから来る頭痛やめまいなどがなくなります。中には、血管や血液の病気の場合もあるのでなかなか改善しない場合は、医師の診察を受けた方が良いと思います。余談ですが、最近私は気孔に凝っています。これをやると全身がリフレッシュされ、肩こりなどは嘘のようになくなってしまいます。(あっ!これも個人差ありますけど・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。気功ですか、興味ありますね。知り合いがやっているので、今度、話を聞いてみます。

お礼日時:2001/07/07 13:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性の方への質問です。私は25歳の男で、鍼灸師です。 27歳で開業することが目標です。 今の段階で、

女性の方への質問です。私は25歳の男で、鍼灸師です。
27歳で開業することが目標です。
今の段階で、主に産後の女性の腰痛や肩こり、その他の症状をメインとした治療院にしたいと考えております。もちろん産後の症状のみしか受け付けないわけではありません。

産後症状に特化したい背景には、以前の勤務先で産後の方が多く来られ、見させてもらうと本当に身体の負担も、悪いところも多く、家事も育児も大変な状況を患者様と接して目の当たりにした時、少しでも悩みを解消させて、家事や育児の間接的なお手伝いをしたいという思いがあります。

治療者は私のみで受付さんが1人、そして個室で完全予約制という体制を考えております。

鍼灸治療では肌を見せることが多いです。
そこで質問ですが、女性の方からしたら、施術者が男で個室で、治療のため肌を見せるという環境では通いたいと思うことはないでしょうか?
数ある治療院、整骨院などから選択する際、このような条件だと選択から外す可能性はあるでしょうか?

少しでも意見をくださったら幸いです。

Aベストアンサー

私はよく利用するので参考になれば。
受付は女性が好ましいと思います。
受付も男性だと味方がいないと感じ不安になるかもです。

あと、男性でも結婚しているとなんか安心します。

結婚していなければ、女性に受付をやっていただけたら良いと思いますよ。
私が行くところは、男性の施術者が一人というパターンが多いので
その点は気にしますね。

でも、HPやチラシに施術者は男性1名で行いますと書いていれば
問題ないと思いますよ。

Q点滴針の抜針にアルコール綿は必要?

専門家のご意見お待ちしています。

私がオーストラリアで看護師をしていた時、採血や点滴の抜針時には、アルコール綿ではなくて、普通の乾燥した綿球で針の刺入部を押さえていました。

実際には、アルコール綿で押さえて抜針するべきなのでしょうか?それとも、乾燥した綿球でもよいのでしょうか?詳細をご存知の方がいたら教えて欲しいです。できれば、CDCのガイドラインなんかに載っている情報をご存知の方がいたらそれを教えてもらえるととってもありがたいです。

Aベストアンサー

はじめまして。

日本で看護師をしています。
日本では普通にアルコール綿を使っていますが、そういえば米国も普通に乾燥した綿球で押さえますね。わたしはアルコールにアレルギーがあるので助かるなあとしか思いませんでしたが。
CDCガイドラインだと2002年発行のGuidelines for the Prevention of Intravascular Catheter-Related Infectionsなんかがそれにあたると思うのですが、種々の血管内カテーテルについての留置時・留置中・刺し替え時の感染予防については細かいのですが、抜針についてはこういうケースではすぐに抜くとかいったことのみで手技については載っていませんでした。この項目もかなり長いので見落としがあるかもです…

Q鍼灸マッサージ院の開業

今年8月か9月に開業する予定なのですが、次のどちらでやろうかで悩んでます。

(1)名古屋市近郊で(市内ではなく、そこそこ活気のある町)テナントを貸りて、開業する
(2)田舎に親類の使ってない土地があり、そこを譲り受けて開業する。(土地を守ってくれるのであれば、建築代の半分も負担してくれるとの事)

どちらにしても、いずれは、マイホーム兼治療院を建てるつもりなので、(2)の場合、土地代、建物代が浮くというのは、相当な魅力なんですが、どのくらい集客出来るものなのか、かなり疑問なんです。

近くにそこそこ大きなスーパー&ホームセンターみたいなのがありますが、あとはただひたすらに田んぼです。
部分的には、新しい住宅地も広がってきてはいますが、それほど目覚しい発展をしてる感じでもないんです。

そこで、開業した場合、その場所でやってけるかどうかを、調べたいのですが、何をしらべたら良いのかわかりません。
そういった専門の業者もあるような気がするのですが、実際どこに頼めばよいのか、どのくらいの金額で請け負ってくれるのかもわかりません。

そのあたりのことで、詳しい方がみえたら是非教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

今年8月か9月に開業する予定なのですが、次のどちらでやろうかで悩んでます。

(1)名古屋市近郊で(市内ではなく、そこそこ活気のある町)テナントを貸りて、開業する
(2)田舎に親類の使ってない土地があり、そこを譲り受けて開業する。(土地を守ってくれるのであれば、建築代の半分も負担してくれるとの事)

どちらにしても、いずれは、マイホーム兼治療院を建てるつもりなので、(2)の場合、土地代、建物代が浮くというのは、相当な魅力なんですが、どのくらい集客出来るものなのか、かなり疑問なんです...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は全然違う職業なんですが、友人も針灸院を開業しようとしていて相談にのったりしています。
まず専門の業者ですが、飲食店やホテル、病院等の場合はコンサルタント会社があり市場調査から運営方法、資金などやってくれます。費用はまちまちです。針灸院のコンサルがあるのかはわかりません。
また、船井総研や日本総研などの有名な会社に市場調査を依頼することもできますが、500万程度の金額がかかると思います。(この前見積もったら800万と言われました)なので現実的ではないと思います。
 単純に人口だけを知りたいのであれば、役所に行けばその町の人口は調べられます。年齢別男女別でわかるはずです。(国勢調査のデータ)
 でも、それより自分で開業する場所の近所の針灸院に行ってみてはどうでしょうか?それに(2)の場合は親戚が地元の人であれば、その人に聞いてみるのが一番と思いますよ。
 それと開業当初は集客が大変だと思います。なので親戚などのコネをフル活用したほうが良いかと思います。治療が上手ならそのうちクチコミで広がってお客さんが来てくれるようになるかも。
 これだけの情報ではどちらが良いか判断が難しいですね。人口が多い地域の場合、人も多いけどライバルも多いと思いますし、近所に何件くらい針灸院や接骨院、マッサージ店があるのかを調べてみてください。そして先にも書いたように実際に何件か行ってみて、流行っているか調べてみてはどうでしょう。それから、プラスになるような施設が近所にあるか調べてみるといいと思います。(例えば公民館など比較的高年齢の人が集まる施設など)
 最後に・・・いろいろ調べることは出来ますが、絶対に成功するという結果は出ません。成功する人はどこでも成功するし、いくら条件が良くても失敗する人はいます。本当にお客様のことを考えて一生懸命やれば成功すると思います。かんばってください。

こんにちは。
私は全然違う職業なんですが、友人も針灸院を開業しようとしていて相談にのったりしています。
まず専門の業者ですが、飲食店やホテル、病院等の場合はコンサルタント会社があり市場調査から運営方法、資金などやってくれます。費用はまちまちです。針灸院のコンサルがあるのかはわかりません。
また、船井総研や日本総研などの有名な会社に市場調査を依頼することもできますが、500万程度の金額がかかると思います。(この前見積もったら800万と言われました)なので現実的ではないと思います。
...続きを読む

Q17なんですが、肩、背中、首などが張って…

2000年の冬の終わりごろから、だんだんと肩がこり始め、それが首、背中へと拡大し、今では授業中もひどい張り、こり、痛みで本当に辛いです。
医科歯科大の整形外科へ行って、筒状の体内の断面図の見る事の出来る機械(名前忘れちゃって…)で写真を撮ったり、色々したのですが、原因は分からなかったんです。
痛み止めの薬もどんどん強くしたのですが、一向にきかず、胃薬も一緒に飲むような強い薬もきかず、背中に神経ブロックの注射を打ったのですが、それも2日くらいしかきかず、しかもきいている間は手があまり動かなくなってしまうんです。。受験生なんで、それは困り、注射はやめてもらいました。
どこの病院でもわからないと言われてしまい、本当に困っています。。
小学生の時から好きで続けていた陸上も、痛みで走れなくなってしまい、学校の成績もどんどん落ち、精神的にも
本当につらいです。
もしかしたら病気なのかな、と思い、内科にも行ったのですが、肩こりが…と言ったら、外科にいってくださいと、診察もなしに追いかいえされてしまいました。
もう一度内科に行こうかと思うんですが,また追い返されるのかとおもうとなかなか行きづらいんです…
症状は
肩、首、背筋の張り、痛み、それらが始まってからひどい生理痛にもなってしまいました。血液検査などはまったくしていません。
どうか少しでもなにか知っていることがあればおしえてください。どうかよろしくおねがいします。。

2000年の冬の終わりごろから、だんだんと肩がこり始め、それが首、背中へと拡大し、今では授業中もひどい張り、こり、痛みで本当に辛いです。
医科歯科大の整形外科へ行って、筒状の体内の断面図の見る事の出来る機械(名前忘れちゃって…)で写真を撮ったり、色々したのですが、原因は分からなかったんです。
痛み止めの薬もどんどん強くしたのですが、一向にきかず、胃薬も一緒に飲むような強い薬もきかず、背中に神経ブロックの注射を打ったのですが、それも2日くらいしかきかず、しかもきいている間は手があま...続きを読む

Aベストアンサー

これは大変ですね!受験に差し障りがでたら悔しすぎますよね。

私にも16歳の娘がいます。人ごととは思えません。

内科医に行ったとき、「整形外科では全部診て貰ったけど、異常無しなんです。内臓かも知れないと思って来ました。」とちゃんと訴えたでしょうか?
先生は若くて一見丈夫そうな子が来たので、何も考えずに「外科」とおっしゃったのでしょうから、再チャレンジするべきです。
それでも異常がなかったら産婦人科も(恥ずかしくてもがんばれ)行って、体にまったく異常が無いことが確認できるまで診て貰いましょう。

2年間も痛いままなんて、ストレス性とは思えません。長期休みの間も痛かったんでしょう?脅かすようだけどなにか重い病気が隠れているのかも知れないから、かならず行ってネ!

Q整体開業者が柔整・鍼灸の学校に通うこと

いわゆる「整体師」をやっています。

資格取得の為、柔整・鍼灸の専門学校に通おうか検討中です。
整体師としての仕事を続けながら
これらの専門学校に通うことは禁止されていたりしますか?

※その学校に直接聞けという回答は不要です

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

禁止されてはいません。
しかし受験の際、面接官によっては整体師への偏見から落としにかかられる可能性も無いとは言えないと思います。
更に、専門学校で学ぶ中で世にある整体師という職業に対して何等かの誹謗中傷の言葉を聴いたり、もしかしたら直接嫌味っぽいことを言われる可能性も無いとは言えません。

そういった可能性も踏まえた上で検討されることをお勧めします。

Q注射針、採血針の先端

以前、採血した時注射針の先端に、赤いのが付いていたように見えたんですが、あれは何だったんでしょうか?気になっています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が採血した時の注射針の先端は、簡単にいうと
ミシン針のように糸を通せるような穴が開いていたので
もしかすると、その赤いのっていうのは血液じゃないですか?
採血の前に見えたのだったら、その穴から見えた景色というか、
何か赤いものが穴を通して見えたのではないでしょうか・・・。

Q柔道整復士と鍼灸師について

真剣に悩んでおります。質問をさせて下さい。
私は柔道整復士と鍼灸師の両方の資格を取得したいと考えております。
柔道整復士と鍼灸師のどちらから取得をしたほうが良い(有利な)のでしょうか?
私の考えでは、もちろんどちらも奥が深いと思っておりますが、人体に傷を付けると言う意味で鍼灸の方が難しいと考えており鍼灸の資格を取得して鍼灸の治療院に就職をしながら柔整の学校に通おうかと考えております。
こう言う言い方をすると批判を受けるかも知れませんが開業をしやすい方(開業までの経験値の年数の違い)とかは、有るのでしょうか?
経験者の方や情報をお持ちの方が居ましたら、幅広くお答え頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
開業鍼灸師です。

>柔道整復士と鍼灸師のどちらから取得をしたほうが良い(有利な)のでしょうか?

就職先、将来性、資金面・・・。
何をもって『有利』であるかを考えたらよいかわかりませんので、補足して頂けるとありがたいです。

>私の考えでは、もちろんどちらも奥が深いと思っておりますが、人体に傷を付けると言う意味で鍼灸の方が難しいと考えており

勉強、努力、苦労などはどちらもさほど変わらないと思いますよ。

ただ、これは僕が鍼灸しだからかもしれませんが、東洋医学は本当に奥が深くて面白いです。
医療の勉強は、通常新しいものを求めて日々進歩して行きますが、鍼灸はそれプラス過去にさかのぼった勉強も必要になります(今か2000年以上前に書かれた書物が最も基礎的な勉強になりますので)。

>鍼灸の資格を取得して鍼灸の治療院に就職をしながら柔整の学校に通おうかと考えております。

鍼灸師の免許を取得してから柔整の免許を取得する方は多いですね(その逆はわからないです)。
僕の同級生にも数名いました。
でも、働きながら学校へ通うのはかなり大変だったようです。
根性が必要になると思いますが、やって出来ない事はないです!

>開業をしやすい方(開業までの経験値の年数の違い)とかは、有るのでしょうか?

どちらも経験がものを言う職業ですから、簡単にとはいかないです。
ですが、鍼灸師の方が資金面では開業しやすいと思います。

・・・関係ないですが、ちょっとだけアドバイスを。
これは個人的な考えですが、免許はどれかひとつで十分だと思っています。
たくさんの資格・免許をもっていらっしゃる方も多いですが、ひとつの道を極める為には余計な免許を持っているとそれが足かせとなる事だってあります。

僕は鍼灸一本ですが、これだけで疾病の予防や治療には事足りています。
もちろん、柔整一本の先生だって多くいらっしゃいますし、僕と同じように考えている鍼灸師・柔整師も多いと思います。

なぜ両方の免許が欲しいのか、どうしても両方欲しいのであればそれらの免許を生かす為に将来的にはどうすればよいのかをもう一度考えてみて下さい。

何かあれば補足してくださいね。

こんにちは。
開業鍼灸師です。

>柔道整復士と鍼灸師のどちらから取得をしたほうが良い(有利な)のでしょうか?

就職先、将来性、資金面・・・。
何をもって『有利』であるかを考えたらよいかわかりませんので、補足して頂けるとありがたいです。

>私の考えでは、もちろんどちらも奥が深いと思っておりますが、人体に傷を付けると言う意味で鍼灸の方が難しいと考えており

勉強、努力、苦労などはどちらもさほど変わらないと思いますよ。

ただ、これは僕が鍼灸しだからかもしれませんが、東洋...続きを読む

Q針治療 針の抜き忘れについて

針治療終了後針を抜き忘れられました。
危険性について教えて下さい。
抜き忘れられたことによる危険性と、
この施術者の信用度的危険性についてです。
出来る限りプロの方、経験者の方の意見のみを募集したいです。
尚、針治療を批判しているわけではありません。
家族は医師による置針治療で健康になりましたので。

Aベストアンサー

ちゃんとした鍼灸院での施術だったのですか?

初歩的ミスですよね。
万が一、気づかずに体内を針がまわったらと
思うと怖いです。

鍼灸師&鍼灸師を教える先生を知っていますが
刺した針と、抜いた針の数を確認することは絶対に
します。そんなベテランの先生でも怠りませんよ。

今後、そんなことがないように進言したほうが
いいとおもいます。

Q柔道整復と鍼灸師

 私は今年柔道整復師になるため専門学校を受験します。そして、1年ずらして鍼灸マッサージ科に入学を考えています。

 柔道整復と鍼灸の資格を2つ取るといいと聞きました。どういった点で良いのでしょうか?

 後もう一つ質問なのですが、これらの資格を取得して鍼灸整復院として開業するとします。一つの治療室で私が2つの治療をしても良いものなのでしょうか??

 回答していただけると幸いです;

Aベストアンサー

最低でも2年間は、ダブルスクール的に勉強される ということですよね。

柔整は、はじめは医師の同意書がなくても保険請求できます。(だからインチキをする業者も多いわけですが…)
鍼灸は、同意書を予め患者さんが貰ってこないと保険が使えません。

フラッと訪問した患者さんが最初から保険(柔整)を使えて、その後のケアも保険(鍼灸)で出来る という点で、両資格を保有していたほうが有利です。

(個人的には、疾患名が限定されていて、さらにDr.処方薬を併用できない「鍼灸」よりは、服薬治療と併用できる「マッサージ資格」のほうが良いように思いますが。)

東洋医学として捉えた場合、資格取得のためのカリキュラムをみると、鍼灸師が一番知識が豊富です。柔整の業務内容は整形外科と重なる部分が殆どなので、整形クリニックと競合してしまいます。
だから、いろいろ対応可能ということで複数資格を保有しているほうが良いのでしょう。

柔整院と鍼灸院は、保健所では医療類似行為として同じ扱いを受けるようです。実際に両資格を使っている開業者も沢山いますよね。
もしかしたら地域によっては、同じ待合室・同じ施術場所としてダブって登録出来ないところもあるかも知れませんが、多分大丈夫では?
ここらへんは保健所担当者の法解釈によって左右される可能性がありますので、近隣保険所に問合せると良いでしょう。
(昔、一階を接骨院、二階を鍼灸院として登録してあるところがありましたが、その関係かも知れませんね。)

以上、少しでもご参考になれば幸いです。

最低でも2年間は、ダブルスクール的に勉強される ということですよね。

柔整は、はじめは医師の同意書がなくても保険請求できます。(だからインチキをする業者も多いわけですが…)
鍼灸は、同意書を予め患者さんが貰ってこないと保険が使えません。

フラッと訪問した患者さんが最初から保険(柔整)を使えて、その後のケアも保険(鍼灸)で出来る という点で、両資格を保有していたほうが有利です。

(個人的には、疾患名が限定されていて、さらにDr.処方薬を併用できない「鍼灸」よりは、服薬治療と...続きを読む

Q輸血の針は注射針でしょうか?

こんにちは。
医学の知識がこれっぽっちもない者なのですが、輸血について疑問があります。
輸血をはじめるときに針を差し込むと思うのですが、それは注射器のようなもので差し込むのでしょうか?
(それを血液のバッグ(?)とつなげるのでしょうか?)
または注射器ではなく、輸血用の針のようなものがあるのでしょうか。

ご存知の方簡単にでかまいませんのでアドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そうです。注射針です。
施設によって使用する針は違うと思いますが翼状針といってチューブがついていてコネクターで輸血用のチューブと接続します。血管に針をさしたらそこをバンソウコで固定します。チューブは細くてやわらかいから特に苦になりません。
以上簡単ですが。


人気Q&Aランキング