とある古いゲーム機器(業務用)が起動しなくなり、調べたところ、パワーサプライの
電解コンデンサが2箇所液漏れしていました。
ものはデスクトップ型パソコンのパワーサプライそっくりなものです。
メーカーのサポート期間はとっくに切れたものなので、秋葉原のパソコン修理店など何件か
電話しましたが、パソコン以外はNGとのことでした。
地方にある、プリント基板何でも直します的なところにも何故か断られました。
(メールだったのですが、理由は書いてありませんでした)

コンデンサ交換してくれるお店は都内にないでしょうか。

A 回答 (2件)

半田ゴテと糸半田、それと交換用のコンデンサが入手できれば、自分で交換できますよ。



電解コンデンサなんて買っても一個数十円から数百円。半田ごてセットなどと合わせて買っても2000円で全部揃います。
Amazonで検索すればいくらでもHITしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面倒なので本当は自分でやりたくなかったのですが、自分でやることにします。

お礼日時:2017/05/15 00:20

業者は、一応修理という立場です。


交換しても復活しなければ、依頼者に何と言われるかわからないので、
そんなサービスは無いでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電解コンデンサの容量測定

10,000~100,000μFくらいの電解コンデンサの容量を測定したいと思っています。

定電圧方式なら(間に1kΩの抵抗を入れて)、「10秒後に供給電圧の63.2%になれば、その容量は10,000μF」というふうに、求まると思うのですが、定電流方式だとどうなるのでしょう?

供給電流(A)とコンデンサの容量(F)およびt秒後の電圧(V)の関係を教えてください。
例えば、10,000μFのコンデンサに10mAの電流を流し続けるとき、10秒後の電圧は何Vになるでしょう?
(コンデンサの漏洩電流は無視するものとします)

コンデンサがパンクする、など、質問と関係のないお話はご遠慮ください。

Aベストアンサー

Q=CVより
Q=i×t=10×10×10^-3=10^-1
V=Q/C=10^-1/(10^4・10^-6)=10Vではないでしょうか。

Q全波整流回路 電解コンデンサ選定

入力電源AC24V(100Hz)をブリッジダイオードにて全波整流し、電解コンデンサを使用して平滑します。
平滑された電圧の負荷を純抵抗200mAとした場合の
電解コンデンサのリップル電流を算出したいのですが
どのように求めれば良いのでしょうか?
使用電解コンデンサは680uF ESR=0.8Ω(100Hz)

手順が逆なんですが実際に回路を組み、電流プローブにて測定したところ
≒270mA(rms)
となりましたが、この電流値になる理由を知りたく。
入力電圧及び周波数、負荷、静電容量及びESRの数値から概算値は算出できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

> 早速 シュミレーションし近似値を得る事ができました。
'Simulation'ですから,正しくは「シミュレーション」です.
洒落で書くときは「趣味レーション」ですね.
それはともかく,この本の第3章に整流回路シミュレーションが載ってますから,参考にしてください.
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/36/36291.htm

面白いのは,トランスの等価直列抵抗に外部抵抗を直列に入れていくと,リップル電流がグングン減っていきます.
まぁ,出力電圧も減りますが.

Q電解コンデンサの放電、理論値とのずれ

電解コンデンサの放電時の極板間電圧の降下する様子を実験で調べました。
実験回路はコンデンサと抵抗と電池を直列につないだシンプルなものです。
コンデンサの電気容量をC,回路の抵抗をRとし、放電開始から時間t後の極板間電圧をV(t)とすると、
V(t)=V(0)*e^(-t/CR)なので、両辺、常用対数をとると、
log10(V(t)/V(0)) = -t/CR*log10(e)
となって、傾き -log10(e)/CR の直線を表す、というのが理論ですが、
実験の結果、放電開始後はじめのうちは理論通り直線上にきましたが、放電完了が近づくと段々直線から上に乖離して行きました。

これについて、どうして放電完了に近づくにつれて理論からずれていくかがわかりません。コンデンサの構造上の問題でしょうか。
よろしくおねがいします(__)

Aベストアンサー

誘電吸収の影響かもしれません。

世の中にあるコンデンサは理想的なコンデンサとは違っています。
特に電解コンデンサは誘電吸収が大きいので時間的な変化に余分な遅れが生じます。
下記URLを参照してください。

電解コンデンサは小型で大容量のものが作れるのですがその代わりに色々な性能に劣る点があります。
タンタルコンデンサは電解コンデンサより高性能なのでこちらが手に入るようでしたらテストしてみてください。
高性能のコンデンサとしてはポリプロピレンコンデンサがありますが、大容量のものは大きさも大きくなります。
理想に一番近いコンデンサはエアバリコンなどの空気で絶縁したコンデンサですが、大容量のものは物理的な大きさも極めて大きくなります。

参考URL:http://www.nec-tokin.com/guide/cap/pdf/tec_data.pdf

Q電解コンデンサのESRが最も低くなる温度

電解コンデンサの等価直列抵抗が最も低くなる温度は何度でしょうか?
スペックによって大差はあると思いますが、その道に詳しい方がいましたらお願いいたします

Aベストアンサー

高温になるほど低くなりますが、そのような温度では使えないでしょう。

ニチコンの技術資料を紹介しておきます。
http://www.nichicon.co.jp/lib/aluminum.pdf

Q静電容量2Fのコンデンサを充電したところ蓄えられたエネルギーは10Jだった。このコンデンサに蓄えられ

静電容量2Fのコンデンサを充電したところ蓄えられたエネルギーは10Jだった。このコンデンサに蓄えられた電荷はいくつか

という問題で、
W=(1/2)×CV^2より
(1/2)×2×V^2=10
V^2=10
V=√10

Q=CVより
Q=2√10
と計算したら間違いでした。どこを間違えているのでしょうか

Aベストアンサー

>答えはQ=200でした。
ならば電圧は100Vですから
(1/2)・2・100^2=10 kJ で全然合いません。
どれか数字が大きく間違ってます。

>どういう意味でしょうか

電圧源から抵抗を介してコンデンサに充電すると
電源からのエネルギーの半分しかコンデンサに
溜まらないのです。

よく例題と出題されます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報