大学化学の内容です。

イオン半径とポテンシャルエネルギーに何かしら関係はありますか?

例えば、NaClのそれぞれの元素のイオン半径とポテンシャルエネルギーに関係はありますか?


イオン間距離との関係は理解できました。

質問者からの補足コメント

  • 確かに言葉が不足していました。
    今年大学1年になった学生です。

    イオン間距離との関係は、「エネルギー利得」のグラフの意味が分かるという意味で書きました。

    あと問題とかではなく純粋に私の疑問です。
    資料に何も書いてなかったので、最初は関係ないのかと思ったのですが、気になって色々調べたけどわからなかったので、質問しました。



    担当教員の方が出張中なのでこのサイトを利用してみたのですが、他の教授に聞いた方が早そうですね。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/05/15 10:19

A 回答 (1件)

一応元化学屋です。


>大学化学の内容です。
って、化学を受けるの?あなたが化学の学生なの?
受験するならそんな問題は出ないし、学生なら自分で考えなさい。それからイオン間距離との関係はそんなに簡単じゃ無いと思うよ、もしイオン間距離との関係が完全に理解出来たなら、こんな簡単な問題に悩む筈は無い。問題は「簡単」だが「解く」のは非常に難しい。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じ元素の陰イオンの半径はその元素の原子半径より大きい。

ハロゲンの性質で質問です。

同じ元素の陰イオンの半径はその元素の原子半径より大きい。

どうしてでしょうか。

たとえば、塩素で考えると原子番号17番、陽子数17個。

つまり、17個の陽子で17個の電子をひきつけるより、18個の電子を引き付けるほうが、1個電子が増えた分、原子核と最外殻の(M殻)間の距離が大きくなるということでしょうか。

初歩的な質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高校化学ならば、その理解で大丈夫だと思います。

たとえ電子配置が同じでも、陽子の数が違えば
O(2-) > F(-) > Ne > Na(+) > Mg(2+)
と、陽子の数が多い方がイオン半径は小さくなります。

Qイオン結晶におけるポテンシャルエネルギーと核間距離の関係

添付したグラフはイオン結晶におけるポテンシャルエネルギーと核間距離の関係のグラフです。

このグラフについて質問があります。

なぜ核間距離が小さくなるほど反発エネルギーは増加し、静電エネルギーは減少するのですか?

あと、このグラフではポテンシャルエネルギーは何を表しているんですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>このグラフではポテンシャルエネルギーは何を表している
無限遠に分散している陽イオンと陰イオンが接近してイオン結晶を作る場合の「エネルギー利得」を表しています。図に格子エネルギーと書いてある奴です。横軸は陽イオンと陰イオンとの距離を示しています。
>核間距離が小さくなるほど反発エネルギーは増加し
核間距離が小さくなる事によって急激に反発が生ずるのは、陰イオン、陽イオンの「内部電子」間の反発が現われてくるからです。当然ながら内核電子の反発により急激に正に発散してしまいます。
>静電エネルギーは減少する
これは「仮想的」にイオン中心に陽電荷と陰電荷がある場合を示しています。「核の中心」が一致すると負に発散します。

Q第一イオン化エネルギー<第二イオン化エネルギー

第一イオン化エネルギーが第二イオン化エネルギーより小さいのってなぜですか?イオン化エネルギーで調べてみたのですが、よく解らなくて・・・。
窒素を例にして説明してくださると助かります。

Aベストアンサー

正確に言うと、「第一イオン化エネルギーが第二イオン化エネルギーより小さい」ではなく
「第二イオン化エネルギーは第一イオン化エネルギーより小さい」でしょう。

窒素を例にして説明します。
まず、中性窒素原子を用意し、ここから電子を1個引き抜きます。
 N → N^+ + e^- … (1)
この過程は吸熱反応で、このとき吸収されるエネルギーが第一イオン化エネルギーです。
この窒素(1+)イオンからさらに電子を1個引き抜きます。
 N^+ → N^2+ + e^- … (2)
この過程に必要なエネルギーが第二イオン化エネルギーです。

なぜ(1)より(2)のほうが要するエネルギーが大きいかというと
(2)では、すでに正に帯電した窒素イオンから負に帯電した電子を引き抜いているためです。
当然窒素イオンと電子との間には(1)より大きなクーロン力が働き、電子を引き抜くのを妨げようとします。
また、N^+イオン中の電子はN原子中の電子より大きなクーロン力を受けており、
その結果N^+イオンが小さく引き締められていることで、さらに働くクーロン力が大きくなります。
これらの要因から、イオン化エネルギーは高次のものほど大きくなることが説明できます。

正確に言うと、「第一イオン化エネルギーが第二イオン化エネルギーより小さい」ではなく
「第二イオン化エネルギーは第一イオン化エネルギーより小さい」でしょう。

窒素を例にして説明します。
まず、中性窒素原子を用意し、ここから電子を1個引き抜きます。
 N → N^+ + e^- … (1)
この過程は吸熱反応で、このとき吸収されるエネルギーが第一イオン化エネルギーです。
この窒素(1+)イオンからさらに電子を1個引き抜きます。
 N^+ → N^2+ + e^- … (2)
この過程に必要なエネルギーが第二イオン化エネルギーです...続きを読む

Q解離エネルギー、結合エネルギー、イオン化エネルギー

解離エネルギー、結合エネルギー、イオン化エネルギーの違いとは何ですか?
また、金属のこれらの値が載っているサイトや本があれば教えてください!
お願いします

Aベストアンサー

結合エネルギーとイオン化エネルギーは全く違います。
結合エネルギーというと、たとえばH3C-CH3という分子(エタン)があったとして、このC-C結合が均等に解裂する場合に必要なエネルギーがC-C単結合の結合エネルギーです。
ようするに、共有結合が均等に切れて(ホモリシス)、二つのラジカルができるときに必要なエネルギーです。

一方、H3C-CH3のイオン化エネルギーというと、この分子から電子を一個飛ばしてエタンのラジカルカチオンを作るときに必要なエネルギーです。
H3C-CH3 -> [H3C-CH3]+ + e^- (ラジカルのドットが打てないorz)

解離エネルギーというともっと広い意味の用語ですね。
たとえば、CH3-IからCH3(メチル)とI(ヨウ素原子)に解離する場合の解離エネルギーといったら、これはC-I単結合の結合エネルギーになります。
また、このように均等解裂する場合ではなく、イオン的に解裂する場合でも、分子の中のある部分の解離エネルギー、と言うことはあるでしょう。

イオン化エネルギーでよければ、Wikipediaでそれぞれの金属を調べても載っていると思います。
結合エネルギーだと・・・?
金属の状態(価数とか、結晶なのか錯体なのかetc)でも変わるでしょうし。ちょっと分かりません。

結合エネルギーとイオン化エネルギーは全く違います。
結合エネルギーというと、たとえばH3C-CH3という分子(エタン)があったとして、このC-C結合が均等に解裂する場合に必要なエネルギーがC-C単結合の結合エネルギーです。
ようするに、共有結合が均等に切れて(ホモリシス)、二つのラジカルができるときに必要なエネルギーです。

一方、H3C-CH3のイオン化エネルギーというと、この分子から電子を一個飛ばしてエタンのラジカルカチオンを作るときに必要なエネルギーです。
H3C-CH3 -> [H3C-CH3]+ + e^- (...続きを読む

Q高校・化学基礎 イオン化エネルギーについてイオン化エネルギーが、周期表の右に行くほど大きくなるの

高校・化学基礎 イオン化エネルギーについて

イオン化エネルギーが、周期表の右に行くほど大きくなるのは分かるのですが、上に行くほど大きくなる理由がわかりません。
どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

「イオン化エネルギー」とは、「原子中の電子を引き離すのに必要なエネルギー」です。電子の取り込みやすさを表わす「電子親和力」と区別してくださいね。

 一般に、同じ半径の軌道を電子が回るときには、「原子核の陽子の数が多いほど、電子との電気引力が大きくなって、電子を引き離すためのエネルギーが大きくなる」と考えれば、周期表の「右」ほど「陽子の数が多い」ということから、「イオン化エネルギーは周期表の右に行くほど大きくなる」ことが理解できると思います。

 周期表の「段」が変わるたびに、「電子の軌道」が「より外側の」新しい軌道になる(だから周期性を示す)ということです。
 そして、周期表の上ほど、「内側の軌道」ということです。1つの軌道に回れる電子の数は決まっているので、内側の軌道がいっぱいになると、周期表の下の段に移って「もう一つ外側」の軌道を順番に埋めていくようになるのです。
 「内側の軌道」ほど、原子核の「陽子」との電気引力は大きいです。距離が近いので。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報