って、例えばどんな作用ですか?

A 回答 (1件)

公的機関がなす業務には、権力的なのと


非権力的なのがあります。

警察権の行使などは権力的業務ですが
旧国鉄のなす業務は非権力的業務と
言われます。

このように、強制力を伴わない
公的機関の作用を、非権力的業務といいます。

例えば、強制力を伴わない行政指導とか、
行政府が民間から物品を購入するとかが
非権力的業務です。

非権力的管理作用というのは、推測ですが、
非権力的な業務の中で管理に属する、
というような意味のことでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少年鑑別所でってなにするんですか? またどんなかんじなんですか?

少年鑑別所でってなにするんですか?
またどんなかんじなんですか?

Aベストアンサー

規律を守らせることを目的に、厳しく縛り付けてくるところです。

Q地方裁判所執行官って、どんなことをする人ですか?

タイトル通りです。
求人で「執行官の補助事務」の仕事が出ていて、応募してみるつもりおります。
しかし、実際、どのようなお仕事をされているのかが分からないため、応募したい理由が今ひとつまとめ上げることができません。
どんな仕事でも良いのではなく、高度の秘密性及び注意力を要するがため、自分の性格から言って、適当だと思い、応募したいと思っております。
この仕事について、どんな情報でも良いのでお寄せください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

執行官法 http://www.houko.com/00/01/S41/111.HTM
(職務)
第1条 執行官は、次の事務を取り扱う。
1.民事訴訟法(平成8年法律第109号)、民事執行法(昭和54年法律第4号)、民事保全法(平成元年法律第91号)その他の法令において執行官が取り扱うべきものとされている事務
2.民事執行法の規定による民事執行、民事保全法の規定による保全執行その他私法上の権利を実現し又は保全するための手続を構成する物の保管、管理、換価その他の行為に係る事務で、裁判において執行官が取り扱うべきものとされたもの

執行官 (最高裁判所HPhttp://courtdomino2.courts.go.jp/hitobito.nsf)
上記最高裁所のほーmぺ裁判に携わる人々 下部にある「執行官」をクリックしすると下記の説明があります。
 
執行官は,各地方裁判所に所属して,裁判の執行や裁判関係文書の送達などの事務を行います(裁判所法第62条)。
裁判の執行とは,裁判で出された結論が任意に実現されない場合に,強制的に実現することです。例えば,家の明渡しを命じられた人が明け渡さない場合に,その家から,明け渡す義務を負う人(債務者)を排除した上で家を債権者に引き渡したり,借金を返さない人の宝石,貴金属等の動産や株券等の有価証券を差し押さえて売却した上でその代金を返済するお金に充てるといった手続を担当しています。それ以外に,不動産の(強制)競売手続が申し立てられた場合に,不動産の状況等の調査をしたり,入札手続を担当したりします。また,民事訴訟の裁判関係文書を当事者等に届けるといったことも執行官の職務の一つです。
 執行官は,職務を執行する際に抵抗を受ける場合には,その抵抗を排除するために,警察の援助を求めることも認められているなど強い権限が与えられていて,その権限を自らの判断と責任において行使しています。執行官は,執行実務に携わるために必要な知識と資質を持った人の中から筆記と面接による試験の結果に基づいて各地方裁判所によって任命され,その職務の執行については,地方裁判所の監督を受けます。また,裁判所の職員ですが,国から給与を受けることなく,事件の当事者が納めた手数料を収入としています。

執行官法 http://www.houko.com/00/01/S41/111.HTM
(職務)
第1条 執行官は、次の事務を取り扱う。
1.民事訴訟法(平成8年法律第109号)、民事執行法(昭和54年法律第4号)、民事保全法(平成元年法律第91号)その他の法令において執行官が取り扱うべきものとされている事務
2.民事執行法の規定による民事執行、民事保全法の規定による保全執行その他私法上の権利を実現し又は保全するための手続を構成する物の保管、管理、換価その他の行為に係る事務で、裁判において執行官が取り扱うべきものとされた...続きを読む

Q今、存在しているけれど使われていない法律って、どんな物がありますか?

こんにちは。
このトピックスで初めて質問させて頂きます。
質問はタイトルの通りです。

例えば昔、食管法というのがあって、米の自主流通により崩れ、法律はあったけれど形骸化したと聞きました。
それから尊属罪。最高裁の判決により、平成の大改正までは存在こそしていたけれど適用される事は無かったと伺っております。

そんな風に、現行法として存在しているけれど、実際の所機能していない(使われていない)法律はあるのか?
あるとしたら、何故使われていないのか?

偶々ネットで、知らない間に可決されようとしている法律がある、という記事を読みました。
ならば逆に、知らない間に消えて行く(法律としてはあるけれど使われていない。またそれを理由に将来的に消される可能性がある)法律もあるのでは思い、質問した次第です。

出来れば自分でも調べてみたいと思いますので、何法の何条と書いて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

刑法の条文レベルでよければ,
外患誘致罪 (81条)
私戦予備及び陰謀罪 (93条)
は適用されたことがないのではないでしょうか.

Q例えば、市民会館や建物、駅などを無断で公開できますか。.

例えば、市民会館や建物、駅などの物件を管理者に無断でBLOGにUPするのはいいですか。了解なしです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・著作権法はこの点はっきりと規定を置いてくれています(著作権法第46条)。
 
・すなわち,「次に掲げる場合を除き,いずれの方法によるかを問わず,利用することができる。」として、禁止されるもののみを限定列挙して,それ以外の利用方法はすべてみとめるという規定になっています。

・禁止される方法というのは,建築著作物を建築によって複製する場合のみ規定されています。したがって,建築物は,建築物として複製するのでなければ,その利用は全く自由です。

・したがって,ご質問のような公共の建築物でしたらプライバシーの配慮は不要と思われますから,写真にとってホームページに公開することも問題はありません。

○著作権法
(公開の美術の著作物等の利用)
第46条 美術の著作物でその原作品が前条第2項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。
1.彫刻を増製し、又はその増製物の譲渡により公衆に提供する場合
2.建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物の譲渡により公衆に提供する場合
3.前条第2項に規定する屋外の場所に恒常的に設置するために複製する場合
4.専ら美術の著作物の複製物の販売を目的として複製し、又はその複製物を販売する場合

 こんにちは。

・著作権法はこの点はっきりと規定を置いてくれています(著作権法第46条)。
 
・すなわち,「次に掲げる場合を除き,いずれの方法によるかを問わず,利用することができる。」として、禁止されるもののみを限定列挙して,それ以外の利用方法はすべてみとめるという規定になっています。

・禁止される方法というのは,建築著作物を建築によって複製する場合のみ規定されています。したがって,建築物は,建築物として複製するのでなければ,その利用は全く自由です。

・したがって,...続きを読む

Q最近、オウム真理教について調べているのですが、例えば地下鉄サリン事件を

最近、オウム真理教について調べているのですが、例えば地下鉄サリン事件を真似て水を散布したとしたら罪に問われますか? また、問われるとしたらどのような罪に問われるのでしょうか?
ここで、誤解しないでいただきたいのは、あくまで例えであって本当に実行するわけではありません。
随分気になって仕方がないので、ぜひご回答をお願いします。

Aベストアンサー

(信用毀損及び業務妨害)
刑233条 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

(威力業務妨害)
刑234条 威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。

判決は、この様な事案の場合は「重たく」なる可能性があり、執行猶予ではなく懲役刑になる可能性は十分にあります。
判決内容は「仮定」の話ですし、裁判官の判断ですから回答はできません。

それと、列車の運行を停止させた場合は「損害賠償請求」がされ「億」単位の損害が鉄道会社に与えられますから、賠償金額も「莫大」になるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報