理論的にはBuffer2.1,Buffer3.1,CutSmartに明るくなるはずなんですか
実験の結果はCutSmart,Buffer3.1,Buffer2.1の順で明るくなりました。
どうして理論上と結果が違うのか
考えられることはなんですか?
推測される原因はなんですか?

A 回答 (1件)

それを考察するのが「実験」の最大のポイントです。



理論通りの結果なら、何も考察する必要がないですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね!
ありがとうございます♪

お礼日時:2017/05/15 10:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QpcDNA3.1/HisベクターのA,B,Cの違い

pcDNA3.1/HisベクターをのA,B,Cの違いについて教えて下さい。

私の実験でApaIをリバースプライマーとして用いたいと考えています。
この場合、Cベクターを用いるのがよいのでしょうか?

ご存知のかたいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい!

Aベストアンサー

各ベクターのシークエンスを見ればわかると思いますが、multiple cloning siteの配列が1塩基ずつズレていますよね。「ApaIをリバースプライマーにして」の意味は分かりませんが、導入するinsertの配列がframe shiftしないように気をつけてください。stop codonもちゃんと入れてますよね。

Q一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が

一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が大きくなり,気体交換効率が高くなっているようです。それはどうしてか,くわしく教えて下さい。

Aベストアンサー

交換効率は鳥類が最も優れてますよ。
鳥だけが一方通行の呼吸をしてますから。

どうしてかというと必要に応じてであって、
なぜ必要に応じた機能があるかはまったく謎です。
淘汰説は適合するケースがきわめて小さな割合なので、
ぜんぜんまちがいです。正しいなら全部適合するはず。
個体差として現れない構造的な進化を説明できません。

Q馬の配合理論のように、人間にも血統での理論はあるですか?

競走馬なの配合で血統などの効果では、スタミナがよくなったり俊足になったり色々な配合理論がある様子ですが、人間の血統などにも似たような仕組みの理論で交尾する(使い方は良いのか疑問ですが)と、優れた能力や足の速い人間が産まれたりするのですか?

                それと、

人間に血液型が幾つかあるよーに、馬や猫、犬、猿、狼や鳥など赤い色の血が流れてる動物にもあるのですか?(魚類も)

Aベストアンサー

前半について、ナチスドイツで研究がなされていました。関係者にお聞き下さい(無理だけど)。はなはだ人道に反しますが、理論的には可能でしょう。

血液型は人間以外の動物にも存在します。免疫機構の中で果たしている役割は様々ですが。

Q遺伝学で Allelic with ,,,の意味は

生物好きの素人です。

先天的な奇形の話で、○○症候群は、□□症候群とAllelic であるという文がありました。 
## Syndrome is------- Allelic with $$ syndrome (103285), && malformation (605289), とか書かれています。
このAllelic withと言う意味は、、□□症候群と同じ、という意味なのでしょうか、だとすると()の数字が異なるのは不可解だし。
Allelic with ,,,の意味を教えてください。

Aベストアンサー

二つの遺伝疾患の原因が、同一の遺伝子の異なるタイプの異常であるということです。

Alleleは一応正式な訳語では「対立遺伝子」ということになっていますが、字面で理解しようとすると誤解を招くかもしれません。原意はともかく、現在では同じ遺伝子の異なるタイプ、異なるタイプの異常をalleleいいます。
むかしむかしは、遺伝子のタイプ、すなわちalleleは野生型(正常型)の形質を示すものに対して、ある突然変異型の形質をしめすもの、あるいはエンドウマメの丸型対しわ型、緑色対黄色のように二元論的に捉えられていました。

しかし、実際は同じ遺伝子にも多数のタイプ、異なる突然変異型が存在しうるもので、異なる突然変異型が異なる突然変異形質を示すこともあることが常識となっています。

Qなぜ,カエルなどの両生類は,子はえら呼吸で,親になると肺呼吸になるので

なぜ,カエルなどの両生類は,子はえら呼吸で,親になると肺呼吸になるのでしょうか? 教えて下さい。
両生類にとって,それが適応しているつくりになっているとはわかりますが,このしくみの科学的な根拠を教えて頂ければと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

適応しているからではなく未だ適応していない結果です。ですから残念ながら何故適応できないのかという科学的な根拠はありません。

生物は水中で発生進化しました。全ての動物が受精は未だ水中以外で受精できません。空飛ぶ精子やとことこ歩く精子が誕生しないで、精子の運動能力は皆水中を泳ぐものだからです。今後も精子の運動機能に変化はないでしょう。卵もそれに対応した変化をしなくてはなりませんから同時にと言うことは不可能なことと思います。

さて受精が水中で行われれば、当然そこから発生します胚は水中で発生することになります。陸上で卵を発生させます陸上動物は、この問題を解決するために胚を卵殻で保護し、人工的な水中環境で発生させるように進化しました。また、同時に胚が呼吸出来るように胚膜と呼ばれるものを作り出しました。胚膜の中で漿膜と尿膜を融合させました漿尿膜が臍に繋がっていまして呼吸します。それが発達したものが我々の臍の緒です。ですからヘビもワニもヒヨコも発生の過程では臍があったのです。

両生類は、残念ながら適応できずにそれらの卵殻や胚膜を持ちません。ですから名のごとく幼生期は水中生活をし、生体は陸上生活に移行します。カエルにはまさしく臍がないのです。何故カエルは臍の緒を作れないのか、これは永遠のなぞです。

適応しているからではなく未だ適応していない結果です。ですから残念ながら何故適応できないのかという科学的な根拠はありません。

生物は水中で発生進化しました。全ての動物が受精は未だ水中以外で受精できません。空飛ぶ精子やとことこ歩く精子が誕生しないで、精子の運動能力は皆水中を泳ぐものだからです。今後も精子の運動機能に変化はないでしょう。卵もそれに対応した変化をしなくてはなりませんから同時にと言うことは不可能なことと思います。

さて受精が水中で行われれば、当然そこから発生します胚...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報