最近よく近くの温泉に行くようになり、受付のおばさんとも顔なじみになりました。そこである日おばさんに聞きました。ニューハーフの人は男湯女湯どちらにはいるのか?みなさんは、どちらだと思いますか?初めおばさんは男湯?いや!おっぱいがあるなら、女湯か?別に女湯に入っても、女には興味ないんだもんね、と言っていたが結局の所わからずもしそういう人が来たら上の者に聞いてみるでした。

A 回答 (3件)

男は男湯。

女は女湯に入らなければなりません。


つまり戸籍上、男なら男湯。女なら女湯へ。


誤った性別の風呂に入り、しょっ引かれると
言い訳ができませんので。


男が女風呂に入りたければ、条件を満たし
戸籍の性別を変更するほかありません。
    • good
    • 0

ニューハーフは、前を隠して、女湯に入ると、思います。


私も中一の頃、女湯に、紛れて入った、記憶が、有ります。
存分に、女の裸を見て、満足しました。
私は、当時、幼く見えたのです。
後で、思い出し、オナった記憶があります。
    • good
    • 0

温泉いいですね、


性転換した人は女とみなされるので女ゆで良いと思いますが、開拓中の方は微妙です、
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不採用の連続、もういやだ

介護福祉士の受験資格が取れる通信制学生ですが採用されません。

せいぜいホームヘルパー2級と運転免許です。結局介護福祉士しか就職できないなら卒業まで他のバイトでもします。

Aベストアンサー

何で不採用なのかは雇用側が貴方の経歴書の内容か、
あるいは面接での印象からなのではないでしょうか?

貴方は通信制の学生と言いますが、通信制の学生以外の立場は無いのでしょうか?

もしかして
「介護の経験を積む為に」なんてことを言ってはいないですよね?
それを言ったら雇用側はいい気はしませんよ。

もっと素直に「仕事が無いので仕事に就きたいです」でいいんじゃないでしょうか。
その方が雇用側としては仕事に打ち込んでくれると思うでしょう。

貴方は仕事に就きたいのですよね?

だったら「仕事を下さい、何でもします」という姿勢でいいのではないでしょうか?

Qどちらかになるとしたら、「痴呆」と「寝たきり」貴方はどちら?

やがて我々は高齢者となります。
その場合、どちらかになってしまうとしたら「痴呆老人」と「寝たきり老人」とでは、貴方はどちらになりたいですか?
ご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

 ウ~ン、何か出口の見えないご質問ですね~。しかしやがて私たちも高齢者となり、「痴呆老人」か「寝たきり老人」になる可能性もあるわけですから、こうした問題から目を逸らすわけにもいきませんしね…。どちらにもなりたくはないですが究極の選択をせよ、ということなら私は「寝たきり老人」です。

 痴呆だと自分の人生の総決算をしようにもできませんしね。勿論《死》への準備もできません。一日に8食ぐらいも食べ、その上排泄物を撒き散らしつつ、深夜徘徊の末に犬にかまれて死亡、なんてことになるのはいやです。「寝たきり老人」になった上で、これはmagelanさんのご質問の意図から外れてしまい、ルール違反かもしれませんが、「自殺」という形で自分の人生に決着をつけたいと思います。

 自分の下の世話をしてもらってまで生きようとは思わないからです。勿論家族の誰かが寝たきりになれば私は全力で世話をしますし、死んでほしいなんて思わないでしょう。でも身勝手ですが、私個人は、自分で自分の面倒が見きれなくなってまで生きるということにどうしても価値を見出だせないのです。
 
 果たして気の弱い私が「自殺」などと思い切ったことをできるのかどうかはその時にならないと分かりませんが、痴呆だとその選択すらできません。寝たきりになると自殺もままならないかもしれませんが…。
 
 何だか書き込みをしてると段々暗い気持ちになってきました(笑)。いかんいかん(^_^;) 
 それではお休みなさい。Zzz…
 

 ウ~ン、何か出口の見えないご質問ですね~。しかしやがて私たちも高齢者となり、「痴呆老人」か「寝たきり老人」になる可能性もあるわけですから、こうした問題から目を逸らすわけにもいきませんしね…。どちらにもなりたくはないですが究極の選択をせよ、ということなら私は「寝たきり老人」です。

 痴呆だと自分の人生の総決算をしようにもできませんしね。勿論《死》への準備もできません。一日に8食ぐらいも食べ、その上排泄物を撒き散らしつつ、深夜徘徊の末に犬にかまれて死亡、なんてことになるのは...続きを読む

Qどちらが安くあがる?

先日アンビリーバボーというTV番組で「頚椎損傷の女性が、隣人に毎日6時間、2年間リハビリをしてもらい、歩けるくらいに回復した」というのを見てたいそう驚きました。

で、思ったのですが
「50歳の女性が70歳まで20年間生きるとして、彼女が2年間の入院生活を送りその間、毎日6時間、専門職によるリハビリを受け、その後退院して死ぬまで毎日2時間の訪問看護を受けたときにかかる費用」
VS
「50歳の女性が70歳まで20年間生きるとして、その20年間をずっと病院で寝たきりで過ごした場合にかかる医療費」
とはどちらが多くかかるのでしょうか? 本人が負担する費用ではなく、純粋に医療費として。

寝たきりのほうがお金がかかるなら、国の方針として、もっとバリバリ、リハビリをすればいいじゃないか!!! と思ったものですから。
(本当は、本人の人生の質のためにも、幸せのためにも、回復する可能性があるならバリバリ、リハビリすればいいじゃないか! と言いたいけど、国は、個人の人生の質や幸せのためには動かなくても、お金のためなら動くのではないいだろうかと思ったものですから。)

先日アンビリーバボーというTV番組で「頚椎損傷の女性が、隣人に毎日6時間、2年間リハビリをしてもらい、歩けるくらいに回復した」というのを見てたいそう驚きました。

で、思ったのですが
「50歳の女性が70歳まで20年間生きるとして、彼女が2年間の入院生活を送りその間、毎日6時間、専門職によるリハビリを受け、その後退院して死ぬまで毎日2時間の訪問看護を受けたときにかかる費用」
VS
「50歳の女性が70歳まで20年間生きるとして、その20年間をずっと病院で寝たきりで過ごした場合にかかる医療費」
...続きを読む

Aベストアンサー

治療方針の差による社会的コストの差を医療経済学用語ではcost-effectivenessと言います。日本語にすると経費効果比でしょうか。いろんな疾患のいろんな治療において欧米ではさかんに研究されていますが、日本では熱心に研究されるようになったのは最近です。テーマとしての魅力に乏しかったとか(外傷の専門家が少ない)、保険制度が良すぎてコスト意識が高まらなかったこともあるでしょう。
専門家の端くれとしての私の印象では、残念ながら重症頚椎損傷のリハビリはcost-effectivenessが最も悪い部類の疾患だと思います。そもそもリハビリができるという時点で重症度が最悪ではないと言えます。調査するなら重傷度を明確に分類しておく必要があります。
と 私のあやふやな印象では納得いただけないでしょうから、関連文献も探してみましたが、頚椎損傷のリハについては有りませんでした。脳卒中や大腿骨頚部骨折については多いので欧米でも調べやすいところから調べているのかもしれません。
アメリカでは外傷データバンクを国が運営しており、おそらく登録が義務付けられているでしょうから、そう遠からず結果は出ると思います。ただし、20年の長期予後は個々の症例からはわからないので、その分 多数の患者さんを登録・解析して補うことになるでしょう。

ケチな日本政府に根拠を示すことで出費を強いるという発想事態は素人離れしたすばらしいものだと思います。
アメリカは外傷に限らずガンなど多数の疾患のデータ登録を義務づけてますが、記入項目が数百にも及ぶ複雑なもので、アメリカではカルテ管理士という日本ではまだ少ない専門職を病院ごとに数人雇って管理させているのに対して、日本の疫学調査は救急も担当している多忙な現場の医師に記入させているので(他に出来る人がいない)あまりデータ登録を増やしても疫学情報は充実したが現場が崩壊した、なんてことになりかねません。アメリカは日本の倍近い医療費を(一人あたり)使ってるからこんなことができるのです。
そもそも、高齢者や・嚥下障害患者に対する肺炎球菌ワクチンやてんかんに対する迷走神経刺激療法など、他国でcost-effectivenessが立証されていて普及している治療法で日本政府が認めていないものは枚挙に暇が無いほどあります。これらを承認することが医療費削減につながることは確実ですが、専門家が学会声明を挙げても政府は動かないという現実もまたあります。

治療方針の差による社会的コストの差を医療経済学用語ではcost-effectivenessと言います。日本語にすると経費効果比でしょうか。いろんな疾患のいろんな治療において欧米ではさかんに研究されていますが、日本では熱心に研究されるようになったのは最近です。テーマとしての魅力に乏しかったとか(外傷の専門家が少ない)、保険制度が良すぎてコスト意識が高まらなかったこともあるでしょう。
専門家の端くれとしての私の印象では、残念ながら重症頚椎損傷のリハビリはcost-effectivenessが最も悪い部類の疾患だ...続きを読む

Q摘便は、医療行為と聞きましたが・・・

摘便は医療行為と聞きました。
以前実習で行った特別養護老人ホームでは、介護職の人が摘便をしていましたが、これは違法になるのですか?
それとも、実際に介護職の人がやる施設は多いのですか?

Aベストアンサー

はじめまして。
病院に勤めております。

まず「摘便」についてですが、
医療行為とはされているものの、グレーゾーンとされています。
なぜなら
http://www8.cao.go.jp/monitor/answer/h14/ans1502-004.html
こちらに書いてあるように、
ホームヘルパーに許される医療行為の範囲は
として「摘便」の質問に、
厚生労働省からの回答でも
”やむを得ない措置として許容されるものと考えている。”
とされているからです。

わたしの勤めている病院では、
今のところ「摘便」は看護師が行っていますが、
現実問題、介護員の方がされていらっしゃる施設もあるようです。
こちらに詳しく書いてあります。
http://www14.plala.or.jp/koimo01/1keiei9.html

介護職の前に大きく立ちはだかる「医療行為」の壁。
絶対的だったこの「医療行為」の壁がゆらぎはじめています。
平成17(2005)年3月31日。
厚生労働省は
「医療行為」として、ヘルパーに禁止されていた行為の一部を
「医療行為」から除外するという決定を行いました。
ヘルパーの「医療行為」が一部開放されたんです。

介護保険やヘルパー資格の見直しに伴い、
「医療行為」に対する考え方も、
ヘルパーの業務内容も変わりました。

以前はできませんでしたが、
見直し後、医療行為から外れた行為は、

○爪きり
○耳掃除
○自動測定器をつかった血圧測定
○検温
○浣腸

などです。
それに加えて、
状態の安定した患者の場合は

○目薬の点眼
○軟膏の塗布
○あらかじめ分包されている薬の服用
○鼻の穴から薬剤を吸入するネブライザーの介助
○軽い切り傷や擦り傷、やけどなどのガーゼ交換

までオッケーです。
更にALSのみ患者本人の同意を得て、
医療職による研修を受けることなどにより、
ヘルパーでも痰の吸引が可能になりました。

ご参考になれば。

参考URL:http://square.umin.ac.jp/jtta/government/mhlw/iryokoui.html

はじめまして。
病院に勤めております。

まず「摘便」についてですが、
医療行為とはされているものの、グレーゾーンとされています。
なぜなら
http://www8.cao.go.jp/monitor/answer/h14/ans1502-004.html
こちらに書いてあるように、
ホームヘルパーに許される医療行為の範囲は
として「摘便」の質問に、
厚生労働省からの回答でも
”やむを得ない措置として許容されるものと考えている。”
とされているからです。

わたしの勤めている病院では、
今のところ「摘便」は看護師が行っていますが、...続きを読む

Q在宅介護職員の悩みを聞いてください

在宅介護職員の悩み聞いてください

聞いてください!
私の悩み…
(>_<)

この間
入浴介助の時
94才のおじいさんが
オレが頭洗っているとき
いきなり意識を失ったんです
(--;)


そこの家は、
94才のおじいさんと
90才のおばあちゃんの
二人暮らしで

おじいさんが、
気を失って、
僕にに倒れかかった時


僕は、おじいさんを支えていたので動きがとれなかったんです


風呂場から大声で
奥さんを呼んで、
「すいません!
ご主人の意識が
ありません
(*_*)

と言って、一分たっても、意識がありませんでした

そこで、救急車を呼びました
そこのうち、マンションの一室で、
しかも十二階で、 その日に限ってエレベー
ターも止まっている始末・・・。



結局救急隊が来たのは、
10分くらいたったかな?
その間、5分くらいで、
おじいさんの意識が戻りました。
救急隊が来たときは、

意識がはっきりしていました。
(-。-)y-~


しかし、大事を取って、一応病院で検査をしてもらった。
結果は、何ともなかったんだけど・・・・。
(-。-)y-~


でも、あとで言われた会社の反応が・・・・

「すぐに、救急車を呼ばないで、呼ぶ前に会社に連絡をください」

「なんともないと、家族の中には、(救急車を呼んで病院へ行くと
お金とかかかるので)責任とってください。という家族もいるんです。」

だからすぐ呼ばないで、救急車を呼ぶ前に会社に連絡をください。
っていうんだけど、
(@_@)



会社に連絡をしても、職員は、医者でもなければ看護婦でもないのに


救急車を呼ぶべきか否か なんてわかるわけないし、



万一その間に、利用者の状態が悪化して、

家族から、「なんで、もっと早く救急車を呼ばなかったの!」なんて
言われることにならないか。心配なんです。


家族がいれば、家族の判断に任せられるけど、


このうちみたいに、
老夫婦だけだと、難しいんですよね~。


今回は、この90歳の奥さんが、呼んだんだけど、
もしいなかったら・・・・僕は、身動きとれなかったので
ゾッします。



僕は、利用者の意識がなくなっても、救急車
を呼ぶ前に、会社に連絡する方がいいですか?
(-_-)

在宅介護職員の悩み聞いてください

聞いてください!
私の悩み…
(>_<)

この間
入浴介助の時
94才のおじいさんが
オレが頭洗っているとき
いきなり意識を失ったんです
(--;)


そこの家は、
94才のおじいさんと
90才のおばあちゃんの
二人暮らしで

おじいさんが、
気を失って、
僕にに倒れかかった時


僕は、おじいさんを支えていたので動きがとれなかったんです


風呂場から大声で
奥さんを呼んで、
「すいません!
ご主人の意識が
ありません
(*_*)

と言って、一分たっても、意識がありませんでした

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

ヘルパーさんは、大変ですね。
私も、5年前まで1年ほどでしたがヘルパーをしていました。

訪問は看護も介護も、いろいろなシチュエーションを考えておく必要があります。


特に、救急車を呼ぶか呼ばないか、訪問時間に玄関が閉まっており応答がない場合です。




どちらも、基本的に緊急事態の対処方法を家族さんやケアマネ、そして本人と相談しておくべきです。
(デイもですが・・・)

救急隊員は基本的に心配停止状態だと、蘇生を試みます。ヘルパーや施設職員もそうでしょう。

しかし、自発呼吸ができなくて、挿管して人工呼吸器をつけてしまうと、外せないんです・・・。
そうすると、場合によっては植物状態で半年入院となったりとかあります。


本人や家族が、イザというとき、どうしてほしいのか、確認を取っておく必要があります。
すぐに救急車を呼んでいいのか、呼んでも挿管し人工呼吸器をつけてほしいのか・・・。
とりあえず、連絡がほしいのか、かかりつけ医に連絡するのか、訪問看護ステーションにまず電話するのか・・・。



と、この間の医療との連携に関する地域の会議で訪問看護の主任さんが言ってました。


デイは、最初の契約の時に重要事項説明で何かあったら、連携している病院に救急車を呼び運ぶことを言いますね。
重度の医療依存度が高い人は、さらに打ち合わせておく必要があります。

訪問介護も基本は同じです。


ヘルパーステーションでは、そういった緊急時の対応に関する会議や研修はあるべきで、周知徹底がないのであれば、会社が悪いと思いますよ。サービス提供責任者に一応聞いてみてはいかがでしょう。(会社というより現場の教育の問題でもあるので)


蛇足です。
私がヘルパーをしていた時、とある独居の利用者さん(在宅酸素)に体中にうっ血箇所があり、意識はありましたが意識レベルが低下していました。しかし、救急車を呼んでいいのか悪いのか計りかねる状態でした。(今なら、血圧かSpO2が低下しているのではと当たりがつけられますが、その時はほんとにペーペーだったのです。そのおたくには何故かパルスオキシメーターもなかったし・・・)
丁度日曜日で事業所も人が少なく、正職さんが事務所に不在だったので(一人は出社することになっているが、事務所に常駐するのではなく、訪問に回っていた)、結局仕事が全部終わってから状態の報告をし、さらに次の日、ケアマネさんに報告しておきました。
結局、様子見ということだったんですが、さらに次の日に結局入院されました。

その2週間後、他界・・・。

その時に、主任に詳しく事情を聞かれ、「もっと早く気付いていれば、なんとかなったんだろうか・・」とため息のように言われましたが、今更そんなことを言われても・・・とショックでした。今思うと、この事業所としては、何かあったらすぐ救急車!でいいということだったんでしょうが。

訪問介護や看護は一人で訪問します。常に「何かあったら」と思ってストレスが並みじゃありませんもんね。
今でも、「24時間対応でない事務所で時間外や、職員の手薄なとき」「日曜のとき」「すぐに救急車を呼ぶべき状態」などなど考えるともうこれは人によって違うので、判然としません。

こればかりは、あとで本当にいろいろと「ああすべきだった、こうすべきだった」と後悔することになりますので、よーく事業所と話しておいたほうがいいです。


最後に。
質問者様の場合は、結果、それでよかったと思います。
だって、普通に考えて救護義務があると思いますので。
事業所が事前に「このお宅に関しては特変があれば会社に一報するように」とヘルパーさんに言ってあったなら別ですけど。

こんにちは。

ヘルパーさんは、大変ですね。
私も、5年前まで1年ほどでしたがヘルパーをしていました。

訪問は看護も介護も、いろいろなシチュエーションを考えておく必要があります。


特に、救急車を呼ぶか呼ばないか、訪問時間に玄関が閉まっており応答がない場合です。




どちらも、基本的に緊急事態の対処方法を家族さんやケアマネ、そして本人と相談しておくべきです。
(デイもですが・・・)

救急隊員は基本的に心配停止状態だと、蘇生を試みます。ヘルパーや施設職員もそうでしょう。

しかし、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報