地球には重力がありますよね。
これは永久にあるものなの?

A 回答 (5件)

重力は物体の質量によっておきる 空間の歪みです


 地球の質量がなくならない限りあるが
そのうち 太陽系自体なくなるから 永久ではない

余計な事ですが
重力の仕組み
地球と月は 目に見えないロープで繋がっているのか
?????

時空が伸縮自在なものなら 時空のたわみです 
地球の重みでできた たわみにそって月が回る
ここでニュートンの引力は否定されました
重力は物体の質量によっておきる 空間の歪み
時空の形が重力
空間は自由自在に歪む
空間は不変でなく動的
空間とは何も無い舞台ではなく 舞台の上で ドラマを演じる役者

20世紀 アインシュタインは
ニュートンの空間概念を転換しました

空間と時間は一体のもの
時間と空間は柔軟なもの
光の速さで走ると 時計はゆっくり
空間は歪んで見える
その統一体を時空と名付けました

余計な事ですた
長くなるので終わり
    • good
    • 0

話は飛躍しますが、宇宙の終焉に於いては有力な説が3つあります。

(詳しくは調べてみて下さい)
その中の一つによれば、宇宙の中の重力も無くなると言う事が入って居るみたいですので、それに寄れば地球が無くなったとしても
そこに残る小さな小さな重力点も無くなると言う事になります。
    • good
    • 0

地球が存在し、かつ、現在の物理法則に変化がなければ、重力は存在し続けます。

    • good
    • 0

重力とは地球の質量がもつ万有引力のことです。

地球の質量が軽くなったり地球が消滅しない限り消えることはありません。

将来的に地球外にコロニーを建設して移民が本格化する場合、資源を地球外に運び出し過ぎて質量が減る可能性は否定できませんが、早くても一世紀以上先の話だと思います。
    • good
    • 0

万有引力ですから。


質量があることによる空間のゆがみ(重力場)ですので、永久に存在します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【地球の最後】地球の最後は燃え尽きてもう一度極寒の氷河期迎えて終わるんですよね? 地球はチリが燃えて

【地球の最後】地球の最後は燃え尽きてもう一度極寒の氷河期迎えて終わるんですよね?

地球はチリが燃えて地球が出来て、燃え尽きて氷河期を迎えて終わり。

そして地球は一回氷河期を迎えてるから、これからもう一度氷河期を迎えることはあっても地球温暖化で地球が燃えて燃え死ぬってことはあり得ないのでアメリカの説の方が正しいのでは?

地球はこれから温暖化にならずに寒冷化が進む。

Aベストアンサー

「燃え尽きる」の意味が分かっていますか?
燃え尽きてしまえば何も残らない。
その何もない空間に氷河期なんかあるはずがありませんよ。

Q月と地球は互いに重力圏外なのに、潮汐現象?

地球の重力圏は約26万km(月の重力圏はもっと小さい)、月の軌道半径は38万km、よって、地球と月はお互いの重力圏外にあるということです。
しかし、潮汐現象の原因は月の引力が主のものだといいます。
なぜ重力圏外なのに、引力が潮汐現象の原因となるのでしょうか。
まったく理解できません。どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

重力は自然界の力の中で一番弱い力ですが到達距離は無限です。距離の自乗に反比例しますが、星の質量がそれほど大きいということでしょうね。
http://www.kek.jp/kids/class/particle/force.html

重力圏はこれとはまた意味が違うので、詳しくは↓をご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B%E5%9C%8F

Q地球内部の重力

地球内部にどんどん入っていくと重力はどう変化するのでしょうか。万有引力の公式からすると2物質間の距離(重心間の距離?)がどんどん減少するので引力結局重力も限りなく増大するのでしょうか。とても悩んでいます。教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中心からの距離が短くなるので、その半径内に含まれる質量も小さくなり、結果重力は小さくなります。
その半径より外の部分が及ぼす重力については、外の部分同士で相殺されます。

Q地球重力と大気圧の関係。

地球重力と大気圧の関係。

例えば、
突然地球の重力が今の二十倍になったとします。
そうした場合、大気圧も何らかの影響を受けるのでしょうか?

単純に、大気圧も今の二十倍になるとか……。
教えて下さい。

Aベストアンサー

>単純に、大気圧も今の二十倍になる
常識的に考えるとそうなります。
月が落ちてくるなんていうのは無しです。^o^

Q地球の重力加速度が変化しなかった証拠

 「一部の恐竜があれほど巨大になれたのは、当時の地球の重力加速度の値が現在よりも小さかったからである」
という仮説があるそうです。
 恐らくは冗談の類ではないかと思いますが、その説に対する反証として、実際に存在する証拠に基づいて、当時の地球の重力加速度の値が計算された事はあったのでしょうか?
 もしあった場合には、どの様な証拠に基づいて、どの様にして求められたのかを御教え願います。

 尚、恐竜の足跡化石の歩幅から、恐竜の歩行速度が推定されたなどと聞きますが、地球の重力加速度の値を変更するのに応じて、歩行速度の値の方も修正しますと、歩幅の値との整合性は取れるのではないかと思いますので、足跡化石の歩幅の値のみから重力加速度を求める事は出来ない様な気がします。

Aベストアンサー

物理定数が果たして一定か?実は変数では?という命題はちゃんとした物理学上の問題で、有名どころでは過去ディラックが変化してきたと言う説(大数仮説)を出しています。この仮説は赤方偏移などを説明可能なのですが、この場合は「重力定数は時間とともに減少してきた」であって過去の方が重力が大きいというものです。
重力定数に関しては、太陽の寿命や温度変化が説明できない(もし過去の重力定数が大きいと太陽の温度が上がりすぎ、また地球の軌道も太陽にかなり近づくため地球は灼熱の環境になる、逆に小さいと地球は凍りつく)こと、堆積作用における重力の影響を受ける様々な構造も現在のものと違いはないことから否定されています。またそのほかの物理定数が変化すると放射性核種の半減期、核分裂反応での生成物比も変化するため、現在みられる存在比が変わってくるはずですが、これも現在の測定値で計算したものと大きな違いがない(ごくごくわずかに違うという話はある)ことが確かめられています。

ということで、現在測定できる精度以上の変化が起きた証拠は見つかっていません(10^-12程度の変化はあったかもしれないレベル)。

物理定数が果たして一定か?実は変数では?という命題はちゃんとした物理学上の問題で、有名どころでは過去ディラックが変化してきたと言う説(大数仮説)を出しています。この仮説は赤方偏移などを説明可能なのですが、この場合は「重力定数は時間とともに減少してきた」であって過去の方が重力が大きいというものです。
重力定数に関しては、太陽の寿命や温度変化が説明できない(もし過去の重力定数が大きいと太陽の温度が上がりすぎ、また地球の軌道も太陽にかなり近づくため地球は灼熱の環境になる、逆に小さ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報