実家の売却についてお尋ねします。

実家は既に両親が他界しており、現在は空き家となっています。
亡くなって以降、3年前までは私が独身だった為、住んでいましたが、結婚を機に空き家となってしまいました。

売却金額はもう本当に安くて120万いくかいかないかくらいの安さで売却予定なのですが、それでも購入金額が一切分からない場合は税金はどれくらいかかっちゃうのでしょうか?
手元にいくらくらい残るものなのでしょうか?
色々とサイトを見たりなどしてるのですが、イマイチよく分からなくて困っています。

この場合でも確定申告は必要になるのでしょうか?
確定申告の場合、色んな諸経費や税金なとを引いて残った金額を2人で分けた後の金額を確定申告するのでしょうか?
残る金額は微々たるものになるとは思いますが。

すみませんが、わかる方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると助かります。
質問についても、足りない点があるかもしれません。
よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

2人で分けた後の金額を確定申告する??


この2人とは誰と誰でしょうか。もしかして夫と妻ですか。
だとしたら「間違い」です。

不動産の売却代金はその所有者に帰属します。
お売りになる実家は誰のものでしょうか。
登記簿に記載されてる所有権者の譲渡所得になります。

土地建物合わせて120万円で売れた場合。
120万円ー取得費用ー売買にかかる手数料(不動産屋への仲介手数料など)が課税される譲渡所得になります。

取得費用がわからない場合には売買代金の5%を取得費とできます。
仲介手数料などがゼロとして、120万円ー6万円=114万円

114万円×15%=171,000円  所得税
171,000円×2,1%=3591円→3,500円 復興特別所得税
114万円×5%=57,000円  住民税

合計すると231,500円が税負担となるので、120万円ー231,500円=968,500円が手元に残るお金になります。

確定申告を要します。
    • good
    • 0

不動産は購入価額ではなく時価で決めます。

    • good
    • 0

以下の条件であれば、3000万円までの控除が受けられます。


1.居住用財産を相続し、自分で居住した場合に3年以内(12月31日まで)に売却した場合。
2.昭和56年5月31日以前に建てられた居住用建物で、現在、居住されていない場合
詳しくは、お住まいの市町村の税務課にお尋ねください。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告で。初めて確定申告をします。ここで教えて貰い、国税庁の確定申告コーナーで書類を作

確定申告で。


初めて確定申告をします。
ここで教えて貰い、
国税庁の確定申告コーナーで
書類を作りたいのですが
我が家にPCがありません^^;

インターネットカフェなどでも可能でしょうか?

Aベストアンサー

確定申告は、直接税務署に出向くのが1番確実で手っ取り早いですよ。

例えば、福岡市内に住んでいる人の場合、税務署が博多税務署管轄だったりしますと、
ソラリアステージという場所に特設会場というものが用意されます。

■参考資料:博多税務署管轄のソラリアステージで確定申告とはどんな内容なの?
http://matome.naver.jp/odai/2142312436928627201

混み合うという部分はありますが、地下鉄とかで人が行きやすい場所に会場があります。

朝1番とかに行くと良いみたいですが、あまり気にしないでかまわないと思います。

自分の収入とかを計算するのに必要な書類等を完備しないとすごく時間がかかり出直しとかになる
のかもしれませんが、普通は、ただ待つ。

自分の順番が来たら、手をあげると係の人が質問に答えてくれるという便利なシステムです。

必要なことは、どういう手順で進むのか?
前もって把握できていると慌てることもない感じです。

>ネットカフェでも確定申告できるの?

はい、可能です。

■参考資料:e-Taxで自宅から楽ちん確定申告
http://matome.naver.jp/odai/2142314175951730401

国税庁のウェブサイトにネットカフェでアクセスして、「個人」 → 「書類を印刷して送付」
→ 1番右の「質問に答えながら作成する」という手順で進めば、たぶん小学生とかでもできる
くらい簡単にできちゃうと思いますよ。

>給与明細や証明等が一切ないので、
>収入を記載したノート、
>経費を月別に書き出したノート、
>(一応)レシートや領収書を貼り付けたノート、
>年金、保険(ゆうちょ)、国保関連の書類を持参して
>個人事業主として白色申告をする予定です。

一般的には、誰か人に見せて相談するというシュチュエーションでは、
例えば「収入を書いたノート」というものは、ワードなどでPCで作成して書類化したもの
を事前用意しておく方が良いと思いますよ。

例えば、「収入」というお金の入り口というカテゴリーを1つの書類にまとめる。
「必要経費」は仕事で必要だと判断した経費類をまとめる。
「年金や生命保険等控除の書類はそれで1つにまとめる」などの準備です。

車のガソリン代ならガソリン代のレシートを1つにまとめ、それを集計した書類を1枚。
電車に乗った記録であれば、それは1つの書類にまとめる。

まったく人間関係のない人がその書類を見た時に、最上段などに「何を集計した内容の書類なのか?」
くらいはわかるようにしておかないと、ダメだと思います。

>個人事業主として白色申告をする予定です。

事業を行う事業主は、その事業活動で法律を遵守するという決まりがあり、従業員まで責任を持たないと
いけない決まりがあります。

ということは、国民の義務である確定申告もしないといけないことになるのですが、ネットカフェで
まず1つずつ書類を作成して印刷もできますので、出力します。

後は、それを税務署が主催している大きな会場に持参して、相談しながら書類を見せて作成していく
という方法がよろしいかと思います。

慣れれば、後はネットから作成して印刷し、最後の書類に宛名が印刷されるので、郵送するように
なっていけば良いのではないでしょうか。

事業主の確定申告というのは、かかった経費などの種類をきちんとまとめるというのが第一段階になり、
税務署職員などに説明をできるというのが最低スキルになると思います。

手書きの汚い字などのごちゃごちゃしたノートとかは持ち込まない方が良いと思いますよ。

商売は人に説明できるが重要なのと、人に力を借りるというシュチュエーションでは事前に自分で努力を
していると伝わる具体的な目に映るものと、相手の視点に立った準備くらいはやはり礼節となります。

税務署職員という、お仕事でされていらっしゃる人の力をいかに自分のために動いてもらえるのか?

商売でも重要な人を動かすスキルみたいなものは、1年生のスタート時点で身に着けた方が良いスキル
でもありますから。

確定申告は、直接税務署に出向くのが1番確実で手っ取り早いですよ。

例えば、福岡市内に住んでいる人の場合、税務署が博多税務署管轄だったりしますと、
ソラリアステージという場所に特設会場というものが用意されます。

■参考資料:博多税務署管轄のソラリアステージで確定申告とはどんな内容なの?
http://matome.naver.jp/odai/2142312436928627201

混み合うという部分はありますが、地下鉄とかで人が行きやすい場所に会場があります。

朝1番とかに行くと良いみたいですが、あまり気にしないでかまわな...続きを読む

Q確定申告Bの収入金額および所得金額の記入方法

こんにちは。確定申告の書類作成中です。

確定申告Bの収入金額および所得金額の欄に記入する金額はどうなるのかお教えください。

源泉徴収票はA社とB社の2社から受け取っています。
添付画像のような状態です。

記入する際は収入金額列にA社とB社の支払い金額合計でしょうか?
それともA社のみ、B社のみ?

具体的にどの源泉徴収票のどの金額を使用すべきかが判らないので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

収入欄には二社の合計額4,756,000円

所得は給与所得控除後の額3,264,800円

Q確定申告書Bで源泉徴収票は収入金額?所得金額?

確定申告書Bの記載内容について教えて下さい。

昨年1月~6月までの半年間は会社員でその後退職して7月~12月は個人事業主の場合、
退職時の給与所得の源泉徴収票に給与所得控除後の金額が記載されていない場合は、
確定申告書のBの○カに記入するのか、○6に記入するのかどちらでしょうか?
○6に記載した場合は、○カには記載しなくて良いのでしょうか?控除前の金額ですがそれで良いのでしょうか?
源泉徴収額や社会保険料の金額は記載してありますので、○12、44等に記入することは可能です。
また、個人事業主の売上を○アに記載すると思うのですが、
この時は、必要経費を抜く前の売上金額を○アで、必要経費を抜いた額は○1でしょうか?
この場合は青色申告特別控除65万を引く前の金額でいいのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

---
「申告書の項目」よりも、「所得税の算定の仕組み」を考えたほうが判断が容易かと思います。

まず、「税金の制度」では、「収入から必要経費を差し引いたもの」を「所得(儲け、利益)」と考えることになっています。(税金は、収入ではなく「所得」にかかります。)

「所得」は、その性格ごとに「10種類」に区分されていますが、原則として「すべて合算して」税額を算定することになります。(総合課税制度)

『総合課税制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

---
ですから、

・申告書の上段には、【所得の種類ごとの】収入の金額
・申告書の中段には、【必要経費を差し引いた】所得の金額

を書くようになっていて、「それぞれの所得の金額」を合計します。

『[PDF]確定申告書の記載例>申告書B(第一表・第二表)』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kisairei2013/pdf/shinkoku_b.pdf

ちなみに、「給与所得」は、あらかじめ「給与所得控除」として「必要経費の金額」が【国によって決められています】ので、「支払金額(給与収入)」によって、自動的に「給与の所得金額」が決まります。

『給与所得』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1400.htm

※国税庁のサイトで作成してみると自動計算なのでわかりやすいです。

『所得税(確定申告書等作成コーナー)』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

---
「事業所得」については、「必要経費は100%自己申告」ですが、事前に「青色申告の承認」を受けておいて、「青色申告決算書」を申告書と一緒に提出すると、【青色申告特別控除】という「優遇」が受けられます。

「優遇」の仕組みは、「最大65万円又は10万円」を「事業所得の金額」からさらに差し引いたものを「事業所得の金額とみなしてよい」というものです。

たとえば、「事業収入-必要経費=100万円」だった場合は、「35万円(又は90万円)を事業所得の金額とみなしてよい」ということです。

・事業収入-必要経費=100万円
  ↓
・100万円-65万円(又は10万円)=35万円(又は90万円)…【申告書に記載する事業所得の金額】

ということで、「自分は事前承認を受けている、青色申告決算書も作成している」ということであれば、「青色申告特別控除(最大65万円又は10万円)」を控除した後の金額を記載することになります。

『青色申告特別控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2072.htm

*****
(備考1.)

「所得税」は、「所得の合計額」に対してかかりますが、税額の計算をする際には、「所得控除」という「優遇措置」が適用されます。

ですから、【申告書の下段】に、「自分が申告できる所得控除の金額」を【すべて】記載します。

この「所得控除」の合計額を、「所得金額」の合計額から差し引いた【課税される所得金額】が税額計算に用いられることになります。

なお、「算定された所得税の金額」よりも「源泉徴収されている所得税の金額」が多い場合は、その差額が「国」から還付されます。

・総所得金額-所得控除の合計額=課税される所得金額
  ↓
・課税される所得金額×所得税率=所得税額
  ↓
・所得税額-源泉徴収税額=納税額(マイナスの場合は還付)

『確定申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。

*****
(備考2.)

「開業届を提出」=「事業所得」ではありませんのでご注意下さい。

・「雇用契約」を結んで支払いを受けた(税法上の給与)→「給与所得」として申告
・「業務委託契約」を結んで支払いを受けた(税法上の外注費)→「事業所得」か「雑所得」として申告

となります。

『その支払いは、給与か?外注費か? ~Vol.1~|海江田経営会計事務所』(2010/08/20)
http://news-kaieda.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/vol1-cc4d.html

『事業所得と雑所得の違い|丹羽総合会計事務所』
http://tax.niwakaikei.jp/archives/596.html
『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?』
http://kojinjigyou.columio.net/

※分かりにくい点があればお知らせ下さい。

*****
(その他参考URL)

『【申告書の提出】>Q22 確定申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/06.htm#q22
>>(1) 事業所得や不動産所得、山林所得がある場合…青色申告者は青色申告決算書、白色申告者は収支内訳書
>>(3) 給与所得がある場合:給与所得の源泉徴収票(原本)
---
『雇用契約|雇用開発センター』
http://www.hiraku-navi20.jp/layer3/c01_02.html
『業務委託契約とは何か?|ランサーズ事務局』
http://www.lancers.jp/magazine/5331

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は税務署に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

---
「申告書の項目」よりも、「所得税の算定の仕組み」を考えたほうが判断が容易かと思います。

まず、「税金の制度」では、「収入から必要経費を差し引いたもの」を「所得(儲け、利益)」と考えることになっています。(税金は、収入ではなく「所得」にかかります。)

「所得」は、その性格ごとに「10種類」に区分されていますが、原則として「すべて合算して」税額を算定することになります。(総合課税制度)

『総合課税制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sho...続きを読む

Q確定申告支払い漏れが昨年ありました。 金額は150万円くらいです。 こちらの金額を税務署に支払いしに

確定申告支払い漏れが昨年ありました。
金額は150万円くらいです。
こちらの金額を税務署に支払いしに行こうかと考えてます。
ここで聞きたいです。どのくらいの追徴課税が発生しますか?
また、未払いを放置してるとばれますか?

Aベストアンサー

正直に関係書類をもって税務署に行けば修正程度で済むでしょう。

もし後から見つかって請求されると追徴、利息など加算されます。

Q確定申告:事業所得と給与所得を両方申告したら、払う税金が増えますか?

こんにちは。
お尋ねしたいことがあります。

私は、自分の事業の所得の他に、勤め先から給料(源泉徴収あり)をもらっています。

やよいのあおいろ申告で、確定申告書を作成しました。

そして、ひととおり作成した後、確定申告書のBの給与所得欄に
勤め先からの給料(源泉徴収あり)を入力しました。

そうしたところ、支払うべき税金が増えてしまいました
(弥生のあおいろ申告なので、税金が自動的に増えました)。

こういうことは、あるのでしょうか?

あったとして払う税金が増えるとしても、源泉徴収をしているので、
税金がいくらかもどってくるのでしょうか?

どうぞ、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

混乱しています。事業で得た所得は個人に経常してわいけません。会社から支払った給料は会社の方の経費で控除されますが,会社の確定申告と個人の確定申告区別して計算してみて下さい。個人の税率は高いです。  T9218


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報