時間が全て→て理解できますか?

自分は 【時間と向き合う】

【自分と向き合う】

これが 全てで いかに 早く 無駄なく

効率よく。

常に いろんな 事【全く 関係ない知識】等に興味を 持ち 調べたり もしくは 店員等に 聞きに行く。

そんな 思考理解できます??

A 回答 (2件)

>そんな 思考理解できます??



「いかに 早く 無駄なく効率よく。」と「常に いろんな 事【全く 関係ない知識】等に興味を 持ち 調べたり」は相反するように思います。

あと、創造というのはないのかな、、と感じました。
調べたり、人に聞くだけでは知識がつくだけであり、生み出しはしないように思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

考えたり 動いたり いろんな会社に提案したりは しますよ。

お礼日時:2017/05/16 06:19

一生を通じて学習するのが人間の性みたいなものですから、


学校を卒業したからもう勉強しなくていいよ、ということにはならないのです。
向上心や好奇心を持つと自然とそうなります。
そしてそれはまた効率で考えてはいけません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

韓国人みたいに 感情優先もいますが。

お礼日時:2017/05/16 06:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【礼節 挨拶 仕事 】さへ すれば 【群れる必要は無駄】と 思考する自分は。 【群れる連中】は 空気

【礼節 挨拶 仕事 】さへ すれば 【群れる必要は無駄】と 思考する自分は。
【群れる連中】は 空気でしかない。
陰口 無駄口は 無駄でしかない。
あくまでも
【礼節 挨拶 仕事】だけは する。
【群れる連中】を どう かんじますか??

Aベストアンサー

「あくまでも 【礼節 挨拶 仕事】だけは する。【群れる連中】を どう かんじますか??」
⇒群れる、群れない、は自由でいいでしょうね。

若い時は、社会に対する不安があります。
つまり、孤独や仲間はずれへの不安もあって群れることがありますね。
集団になってお互いを守るのです。
それは仕方のないことです。

でも、群れる、群れないはそれぞれの自由でいいのですよ。
群れずにいることが孤独ではありません。
自分の生き方をきちんと確立していけば何も心配ありませんね。

Q【怒る】人への対処方法。 更に怒らせまくり いじり倒す。 【殴られたら 即裁判】 観察してみる。 仕

【怒る】人への対処方法。
更に怒らせまくり いじり倒す。
【殴られたら 即裁判】
観察してみる。
仕事で結果を出して 見返す。
どうですか?

Aベストアンサー

殴られただけで裁判に出来るとは限らないよ。
殴られるまでの経緯もあるし、殴られ方ひとつで、一生カタワってこともあるよ。
嫌いな奴を抹消したいなら、もっと考えたら?

Q理論的思考者と覚的思考者が互いを説明・説得しあうことの難しさ

理論的思考者が上司
感覚的思考者が部下として考えてください。

・感覚的思考者の傾向
物事には過程があって結論があるのは理解しているけれども、過程の説明や根拠よりも結果重視で納得する傾向にある。
この人たちに納得してもらうためには、具体的な数字や理論・理屈を並べるよりも、直感に訴えかけるように視覚・感覚的な資料が必要

・感覚的思考者が理論的思考者へ説明・説得する場合
結論に至る過程の説明や根拠よりも結果のみで訴えかけることで納得してもらうことは難しいので、
一生懸命に理論・理屈・筋道を作って説明するけれども、どうしてもチグハグで矛盾だったり突っ込みどころが多い為、話を聞いてもらえず納得させられない。


・理論的思考者の傾向
物事は過程・筋道があって結論があるので結果が良いだけではダメ。
過程の説明や根拠がなければ納得しない傾向にある。
説明に具体的な数字、さらに理論・筋道立った分析資料が必要

・理論的思考者が感覚的思考者へ説明・説得する場合
結論に至る過程の説明や根拠を並べて訴えかることで納得してもらうことは難しいので、
一生懸命に簡単な図やイラストを作って説明するけれども、どうしても理論・理屈・根拠の説明を避けられず、相手がついてゆけず話を聞いてもらえず納得させられない。
(理論理屈ばかりで聞いていられない。過程における苦労があれば評価するけれども、それよりも結果)

この相反するもの同士がお互いを交渉・説明を行っても
説明・説得しあうことの難しさから多くの時間を費やしてしまう上に、お互いがライラしてきて結論を出せないことが多いと思います。

どうしたら双方が理解しあえるのでしょうか?

理論的思考者が上司
感覚的思考者が部下として考えてください。

・感覚的思考者の傾向
物事には過程があって結論があるのは理解しているけれども、過程の説明や根拠よりも結果重視で納得する傾向にある。
この人たちに納得してもらうためには、具体的な数字や理論・理屈を並べるよりも、直感に訴えかけるように視覚・感覚的な資料が必要

・感覚的思考者が理論的思考者へ説明・説得する場合
結論に至る過程の説明や根拠よりも結果のみで訴えかけることで納得してもらうことは難しいので、
一生懸命に理...続きを読む

Aベストアンサー

相手は理解できないのではなく、理解する気がないのです。
だから大切なのは理解する気を持たせることです。
「ねぇ、もしアナタが相手に自分をわかってもらえなかったら悲しくならない?」というようなことを言い、"自分がどんな思いでしてこのデータを集めたか"や"どんな思いで、誰のために、分かりやすい説明を考えてきたか"など、相手の感情に訴えかけるようなことをはなし、質問者さんの気持ちを考えさせることで、聞くようにしむけます。

ただ、これは相手が質問者さんを嫌っていないこと前提ですが・・・。非論理的な人は業務と無関係な感情まで業務に持ち込むから最悪です。
あとはできるだけ用語を使わないようにしたり、敢えて根拠や注釈の説明を省き、相手が突っ込んできた時に初めて話すようにするなどして、相手ができるだけ主体的に参加できるものにするなどといったことだと思います。
まったく関係ない話ですが、私は脳ミソ使わない人って見ていてイライラします。

Qご意見ください【考え方】

いつもお世話になっております。
25歳会社員です。購買関係(工場ではない)に
携わっております。
会社は個人情報を扱うので、内部での持ち運びは
透明のビニルバッグです。

今回は、このバッグに関して自分の頭の固さ・頑固さに
皆様のご意見をいただきたいのです。

会社の書類はA4に統一されておりますが、
従来のバッグはA5サイズ。取っ手もビニル製の為
キレやすく、劣化がひどい状態でしたので
A4サイズに変更となりました。
取っ手をナイロン製に変更しました
(部長の確認・要望もあり)
パート従業員が500近くいますので、
いろんな人がいることは承知ですが、
このサイズのものは嫌だというのです。
交換希望者は月に約30人。5名の方がクレーマーです。
以前のものと交換しろ…と。

会社から支給されるものなので、
文句言わず使え!!(失礼)
極端にいえばこの考えです。

・在庫が500枚ある。ビニル製なので劣化しやすい
・会社の考えで作られたものなので支給品を
 使うことがルールでは・・・?
 (例:制服が変更になっていやだから着ないと
 いうわけにはいかない)
・クレームの理由…大きすぎ、ものをそんなにいれない
         中身を通勤・退勤時に鞄に入れにくい
         通勤・退勤時に他の荷物もあるので邪魔
・前のバッグの価格1個330円→今は1個140円

たった5人のクレーマーの為に最低ロット500枚のバッグを
再度発注かける必要性はないと思います。
コスト削減の意味がありません。

皆様、この考えはやはり頭が固いのでしょうか?
ご享受ください。

いつもお世話になっております。
25歳会社員です。購買関係(工場ではない)に
携わっております。
会社は個人情報を扱うので、内部での持ち運びは
透明のビニルバッグです。

今回は、このバッグに関して自分の頭の固さ・頑固さに
皆様のご意見をいただきたいのです。

会社の書類はA4に統一されておりますが、
従来のバッグはA5サイズ。取っ手もビニル製の為
キレやすく、劣化がひどい状態でしたので
A4サイズに変更となりました。
取っ手をナイロン製に変更しました
(部長の確認・要望もあり)
...続きを読む

Aベストアンサー

ただのクレームだけなら変える必要ないでしょう。
価値の見出せる意見でなければ意味がありません。

そこに会社としてのメリットがあり、利用者としてのメリットも
あるならば検討すべきです。

片方(利用者側)が言いたいことを言って通そうとし、片方(会社側)が
その負担を全て受けてしまう考えがいけません。
それが会社側としていいなら構いませんが、双方が納得する妥協点を見つけて
解決すべきでしょう。

どちらにせよ、在庫分は使ってもらいましょう。
また、同じように苦情が来るならば、それが会社にとってどのような
メリットがあるかも伝えて貰えば良いです。

つまり、苦情ではなく提案ですよね。

確かに社員満足という点もありますが、会社としてどの点を重要視
しているかに懸かってくる為、他のメリットもあると会社としては
検討しないわけにはいかないでしょう。
そういう点では、皆さんに提案内容も含めてアンケートを書いてもらう
行為は有効かもしれません。
全体の6%しか交換希望を把握してなかったのが、実は80%以上が、
という結果にもなるかもしれませんし、目から鱗の意見も中にはある
かもしれません。


そもそも情報漏えいを取り扱う点での対策として透明のビニールバッグ使用であれば、
物と物の間に機密情報資料が入っていても分からないと思うんですが。
機密情報をパート従業員が閲覧不可能にする、閲覧する際の制限などという
社内の環境整備は視野に含まれないのでしょうか?

内情がどのような感じかも私は分かりませんし、誰が初めにそれを提案した
のか分かりませんが、意識改善と考えても、コストの割にあまり効果ないん
じゃないかな~と思ってしまいます。

ただのクレームだけなら変える必要ないでしょう。
価値の見出せる意見でなければ意味がありません。

そこに会社としてのメリットがあり、利用者としてのメリットも
あるならば検討すべきです。

片方(利用者側)が言いたいことを言って通そうとし、片方(会社側)が
その負担を全て受けてしまう考えがいけません。
それが会社側としていいなら構いませんが、双方が納得する妥協点を見つけて
解決すべきでしょう。

どちらにせよ、在庫分は使ってもらいましょう。
また、同じように苦情が来るならば...続きを読む

Q【電話対応】困ったお客様の対応

電話受注の業務で質問します。

ある常連のお客様から『商品を注文したのに届かない』と電話を頂きました。チェックをしても、受注履歴が無く注文漏れかな?と思いその時はすぐに謝罪をして早急に手配する事でお許し頂けました。

ですがそれからというもの、問題のお客様はいつもまず『2.3日前(または一週間前)に注文したけど届かない』と言って電話をかけてくるようになりました。勿論、注文の履歴はありません。かなりの頻度なので、他の誰かが受けて報告されていないということも、考えにくい状況です。

最初は、悪戯かと思ったのですが、どうもご本人は本気のようです。
『申し訳ございませんが、ご注文を頂いていないようです』と事実を申し上げると、激昂して手がつけられなくなりどうしようもなくなってしまったので、『注文漏れもようです、ご迷惑お掛けしました』と謝罪をすることに。そうすると気分良くなるようで『では、待っています』とお電話をお切りになるのです。

事実として大事なお客様の一人ですので、ずっとこの調子なら、こちらのミスということにして、謝罪・早急手配でよいかと思ったのですが…。
最近は『こっちが何度も電話をしないと届けないの?』『こんな事は初めてだ!』と、電話で同じことを何回も何回も繰り返して、お客様の元に商品が実際届くまで毎日電話がかかってくるようになりました。
さすがに耐えかねて、ご注文は頂いておりません、といいたくなりましたが、また激昂するのが分かっているので謝り続けるしかありません。
ご家族の方に間に入っていただこうと思ったのですが独身で家族はいないとの事。もう、自分のアイディアではどうしようもなく、本当に困りました。

上司に相談しても、介護をしているつもりで頑張って。と困ったように言うだけで取り合ってもらえません。正直、あの声を聞くだけでまたお叱りを受けるのか…とうんざりしてしまいます。

何か、お客様にうまく事実をお気づき頂ける方法や解決策は無いでしょうか?

電話受注の業務で質問します。

ある常連のお客様から『商品を注文したのに届かない』と電話を頂きました。チェックをしても、受注履歴が無く注文漏れかな?と思いその時はすぐに謝罪をして早急に手配する事でお許し頂けました。

ですがそれからというもの、問題のお客様はいつもまず『2.3日前(または一週間前)に注文したけど届かない』と言って電話をかけてくるようになりました。勿論、注文の履歴はありません。かなりの頻度なので、他の誰かが受けて報告されていないということも、考えにくい状況です。
...続きを読む

Aベストアンサー

何というか、「厳しさと優しさの履き違え」のようなものを感じます。
貴方を特定して意地悪をしているというより、つけこまれているという感じでしょうか。

最初の段階で一度でも「注文漏れのようです」と嘘をついてしまったことが問題だと思います。
「注文漏れかも知れませんので、お調べしてから再度お電話致します」
というように一旦空け、少しでも落ち着いてもらい、そして実際に綿密に調べ、
或いはもう既に結論が明白であっても、綿密に調べているという誠意を、
例えウソのようなカタチであっても相手に感じてもらい、
そして間違いなく注文漏れではない、と確認が取れた時点で、再び連絡する、等。
私の知る限りでは、それが一般的に適切と思える対処では、と思います。
「詳しくお調べ致しましたが、大変申し訳ありませんが、やはりご注文いただいていないようです」
謝りながらも、嘘はつかない。謝りながらも、注文はもらっていないというところは崩さない。
「嘘はつかない」という確固たる姿勢をオブラートで包んだ対応をする人には、
なかなかこういう人はまとわりつかないものです。「この人には嘘は通じない」と感じさせることが大切です。

実際に注文を貰っていないのに注文したとなれば、これは終局的には犯罪に近いものがあります。
相手が認知症であるとかいうことは、これは厳しいけれども、最後は「だからといって」
許されるものではないです。
最初の段階で正当且つ適切な「厳しさ」を持って望めば、後になって「偽りの優しさ」
が必要とはならないで済んだ、というようなことだと思います。

それで、こうなるとやはり誰かに代わる、というのが普通だろうと感じます。
私より偉い上司に代わります、というカタチにすれば、相手のプライドもある程度収まります。
それを上司がしないということであれば、これは上司にも問題があります。

まぁしかし、とりあえずは最初に示したカタチで、
「それでは綿密にお調べしてから、こちらからご連絡致します」
のパターンからやり直すしかないのでは、と思います。

何というか、「厳しさと優しさの履き違え」のようなものを感じます。
貴方を特定して意地悪をしているというより、つけこまれているという感じでしょうか。

最初の段階で一度でも「注文漏れのようです」と嘘をついてしまったことが問題だと思います。
「注文漏れかも知れませんので、お調べしてから再度お電話致します」
というように一旦空け、少しでも落ち着いてもらい、そして実際に綿密に調べ、
或いはもう既に結論が明白であっても、綿密に調べているという誠意を、
例えウソのようなカタチであって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報