東洋医学は五臓と感情は繋がっていると漢方医学者の桜井竜生は言っていますが、人の心とは何かまだ解明されていないのに、心とは何かという説明が出来ない現状況で感情と五臓は繋がりがあると解説するのは医学においてご法度では?

A 回答 (5件)

医学においてはご法度ですけど東洋医学って医学じゃありませんからね。



客観性や根拠なんて度外視してこうすればうまくいくとかこうしたら効いたとかそんなんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 16:35

ご法度じゃないです。

この考え方は、6千年前位からある考え方です。
病は気からというように、感情が病気の原因になることもしばしばあります。
漢方医は七情六欲というものを病気を引き起こす元としている。
七情とは喜怒憂悲笑恐驚のことであり、これらはそれぞれ五臓六腑に関係しているとされます。
この七つの感情を取り去れば病気にならないが、凡人にはとても無理。
感情は自然に湧いてくるので同じ感情を長く持ち続けるのが五臓六腑を病ませることになる。
湧いた感情をそのままにせず素早く他に転換させることです。怒の感情が沸いたら憂に、悲は笑に。恐は喜にというように持っていくとよい。
そうすればその感情が繋がっている体の部分が直接痛め付けられることなく中和される。
もしその感情が体の不自然さから生まれでていたのなら、逆に体を健康な状態に戻すことで感情も平生になります。
いままで温和だったひとが、急に最近怒りっぽい性格になったりしたら、肝臓が悪くなってる可能性あります。
で、肝臓が治れば、穏やかな性格に戻ります。いつも怒ってる人は肝臓が悪くなりやすく、東洋医学の健康法で治してやると、性格も温厚になるとか、そんな感じ!
そうそうインドは普通にお医者さんは、西洋医学ではなく、アーユルヴェーダの知識で、診察する見たいですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 16:36

いえいえ


西洋医学の世界でも、人によっては東洋医学を勉強している人もいます

反対に、西洋医学しか信じていない患者さんからすれば
お腹が痛いのに、なぜ足を診るのですかということもあります

御法度というよりは
病院によっては、診察や治療方法を禁じていることもあるということです

解説や発表には問題はありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 16:35

東洋医学は、最初と終わりがあっても、真ん中の説明や定義がありません。

説明があっても東洋医学の理論や思考理論にもとづくものです。
五臓は解剖学的なものではなく機能的な概念です。感情も西洋医学の感情とは異なります。東洋医学の概念的な臓と東洋医学の感情には関連があると言う事です。
心と言っても東洋医学で称するところの心であり、西洋医学で言う心そのものではありません。東洋医学は、自己完結的な考えで構成されております本当にどうなのかと言う事は議論されておりません。科学的証明をする努力もなされていますが、あると言う事の証明の努力がほとんどで、あるかないか、正しいかどうかの証明は今後に待つしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 16:35

貴方の説明にある五臓とは主だった内臓器官のことで、感情とは精神状態のことです。


例えば精神状態で心拍や血圧が変化するのは常識ですし、
精神的なストレスが肉体的な症状として現れることもよく知られています。
それは心身症とも言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 16:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【東洋医学の謎】日本における「東洋医学の謎」日本から見て東洋は東に当たりますよね? よって、普通な

【東洋医学の謎】日本における「東洋医学の謎」日本から見て東洋は東に当たりますよね?

よって、普通ならアメリカの先進医療のことを東洋医学、中国などの漢方を西洋医学と表現すべきでしたが、現在の日本における東洋医学はトルコを基準にして東洋医学と言っています。

なぜ日本の東洋医学はトルコを基準としたのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたと違って「洋」の意味を理解している、まともな頭の持ち主が命名したからだろう。

Q【医学】静脈に食塩水を投与すると人間の体に何かメリットがあるのでしょうか? あと医学では体と身体で

【医学】静脈に食塩水を投与すると人間の体に何かメリットがあるのでしょうか?

あと医学では体と身体ではどう使い分けているのでしょうか?

Aベストアンサー

熱中症や、飢餓や、下痢などで体液が奪われてしまった時にはそれを補充する必要があります。
一番大事なのは水分ですが、静脈に点滴で補充する場合に只の蒸留水を入れると「浸透圧」の関係でいろいろ不都合が生じます。
簡単な組成で浸透圧の問題をなくそうと思えば0.9%の食塩水(生理食塩水と呼ばれる)が最も適しています。
ですから上に示したような脱水状態の際には0.9%の食塩水を点滴すればだいたいは改善されます。
ただし「血液=生理食塩水」ではないので、あまり食塩水だけを補充すると不都合が生じます。
そのため点滴に使われるのは只の生理食塩水ではなく、いろいろ他の物質が混合されています。

まとめると体液が喪失してしまったときに(生理)食塩水を点滴で補えば体調が改善されることがあります。
ただし、それには限度があります。



体と身体の使い分けは知りません。

Q医学部についてです なぜ私立の医学部は学費が何千万とかかるのに、国公立大学の医学部より倍率が高いの

医学部についてです

なぜ私立の医学部は学費が何千万とかかるのに、国公立大学の医学部より倍率が高いのですか?

Aベストアンサー

なんか的外れな回答が多いですが、単に受験日の問題と、受けれる大学数が限られてるからですよ。実際、後期試験が廃止になったときに、一部の地方医学部がそれを逆手にとって後期の日程で前期と同様な学力テストをやったら何十倍になってますしね。あとは、採点の問題から足切りがあります。

もっとも、私立は受験料で稼いでたりもしますからある程度受けて欲しいんですよ。まあ、半分以上の受験者は宝くじみたいな感覚で受けてる大学も多いですね。

Q旧帝大の医学部と慶應医学部

医学部受験者です。
旧帝大(東大以外)の医学部と慶應の医学部に合格してしましました。

国立の方を第一希望として頑張った結果ですが、親戚・友人・先生などほとんどの方から慶應への進学を勧められています。

慶應は実家から通学圏内ですが、国立の方はアパート暮らしをしなくてはなりません。

慶應を薦める人は大学としての格が上と言います。また、実家から離れた国立大学へ進学すると関東に戻って来れないとも言います。

借金してでも慶應に入るべきと言われ、本当に迷っています。

・そんなに慶應大学の医学部の格が上なのでしょうか?自分にとっては学費のかかる私立大学がそんなに優秀とは思えないのです。

・大学所在地での勤務を余儀なくされる。又は関東に戻ってきても、立場が弱いというのは本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

同じことで悩んだ経験のある人間です。

貴方がどれだけ医学界の事情に明るいかは分かりませんが、基本的には自分の将来の拠点としたい地域が決まっているのならばそこの地域で力のある大学に行くのが常識です。今は医局という形での各大学の勢力図も昔ほどではなくなりましたが、その大学の関連病院という形で地域別の大学の力は色濃く残っています。その意味で関東圏に住んでいる人間で将来地元で働きたいなら関東圏における慶應の力は非常に強いのは事実です。関東圏では東大、慶應で勢力が二分されますし、入れば分かりますが慶應の医学部には三四会というOB組織があり、卒後のバックアップなども良くも悪くも慶應特有の連帯感で国立大学よりも強いです。

慶應の力がどの程度かということですが、国立大学医学部、中でも旧帝国大学医学部を各地域の医学界の頂点ととらえる考え方の中でも慶應医の力は別格です。そりゃあ国立大学より学費が高いですから東大理三とダブル合格すれば理三に行くのが当たり前ですが、過去には理三に行かずに慶應医に行った人間もいるぐらいのレベルです。もちろんこれは極めてレアなケースではありますが、入学時点で将来臨床医になると決めており、尚且つ慶應医出身者が親戚などにいる人にとってはあり得る選択だと思います。

私も貴方と同じで国立第一志望で旧帝に受かり最初はそっちに行こうかと思いましたが、親の意見、予備校関係者の意見などを総合して結局慶應医に行きました。ちなみにその時の予備校の人の意見としては、どちらでもよい、研究医になるなら旧帝へ、関東の人間なら縁もゆかりも無い土地に行くより地元の慶應、などのものがありました。私はその時点では研究に行く可能性も視野に入れていたので迷いはしましたが、結局のところ、将来的に関東圏で働く予定であったことが決定的でした。

もちろん、実際は地方の旧帝に行っても卒後関東圏に戻ってくることは可能です。ただ、その場合、関東の大学の医局に所属する形が一般的ですからそこでの立場は当たり前ながらその大学生え抜きの人間よりは弱いです。誰だって他校出身者より自分とこの後輩の方が可愛いもんですから。特に慶應の医局に所属した場合、医局構成員の多くは慶應生え抜きであり、教授もほとんど慶應出身者という状況です。慶應という組織は医学部に限らず全般的に慶應命、排他的な部分が非常に強いですから、外の人間から見たら嫌な感じということも多々あると思います。。よって将来関東で働くつもりなら慶應医がいいでしょう。

逆に旧帝医に行くメリットは何か。

第一にお金ですね、学費。これは確かに大きいことは大きい。ただ、貴方の場合、自宅通学が不可能になりますからいくらアルバイトするといっても親の仕送りに頼る部分もあるのが普通です。そうなると結局のところ、学費の差がそのまま慶應に行った場合との金額の差にはなりません。日々の生活で親に負担してもらう部分は自宅を離れた場合の方が当然上がりますから、実際には6年間で1千万弱ぐらいの差に縮まるでしょう。もちろんお家の経済状態にも寄りますが、この金額の差は将来のことを考えるならば必ずしも高すぎる金額ではないと思います。

それから、次のメリットとして一般的なのが研究ですか。
確かに研究面でのバックアップは国立の旧帝の方が受けやすいという部分はあると思います。ただどれほどの差なのか。慶應がまったく研究していないかと言えばそんなことはありませんし、新聞に載るような研究をしている先生方もたくさんいます。そして優秀な研究をしている先生の研究室には国や企業からのバックアップはかなりあります。結局、いかに研究費のバックアップを受けられるかどうかは国立、私立の差よりも研究の内容であると感じます。

まあ、最終的な結論としてはどちらに行ってもいいと思います。どっちに行っても将来的に後悔するようなことになることはない大学間での選択ですから。
私はもう一度同じ状況に置かれて考えるならばやっぱり慶應を選ぶと思いますが、選ぶのは貴方ですからね。

最後に参考までに慶應入って良かったと思えること、逆に良くなかったと思うことを書いておきます。
まず、良かったこと。
卒業試験がありません。各大学、国公私立問わず医学部ではどこも卒業試験がありますが、慶應にはありません。よって卒業は極めて楽です。毎年全員卒業であり、卒留(卒業留年)はいません。
出席、特に臨床系の出席が甘い。基本的に学生の自主性任せなのでかなり遊べます。もちろん最低限、きっちりと試験を通さなければ進級していけませんが、効率よい学習が出来る人なら高学年になっても相当遊べます。自分もかなり遊んでました。

良くなかったこと。
部活に入らない人間への風当たりが強い。これは慶應に限らないかもしれませんが、慶應では特にその傾向が強い気がします。入学早々、絶対に部活(それも運動系の部活が望ましい)に入れと命令されます。興味の無い人間には苦痛な気がしますが、将来的にも部活がどこだったかははじめましての次に来る慶應出身者同士の挨拶代わりみたいなものですからどこかの部活に一度は所属しておいたほうがいいとは思います。基本的に途中でやめる分には平気です。6年間ずっとは部活に所属し続けず、途中でやめる人間もけっこういますから。
ポリクリ(5~6年次に行われる病院での臨床実習)が長い。これは苦痛です。国家試験の準備したい時にしつこくポリクリがつきまといます。他大では6年の夏前でポリクリが終わり、9月以降は卒試と国家試験という流れが普通ですが、慶應では国家試験にはほとんど何の役にも立たないポリクリが延々と6年の11月末まで続きます。。ちなみに国家試験は翌年2月ですのでポリクリの間も計画的にやっていかないときついです。ただ、これは毎年学生側から文句行ってますので貴方が慶應に入学してポリクリやる頃にはもっと短縮されるかもしれません。

同じことで悩んだ経験のある人間です。

貴方がどれだけ医学界の事情に明るいかは分かりませんが、基本的には自分の将来の拠点としたい地域が決まっているのならばそこの地域で力のある大学に行くのが常識です。今は医局という形での各大学の勢力図も昔ほどではなくなりましたが、その大学の関連病院という形で地域別の大学の力は色濃く残っています。その意味で関東圏に住んでいる人間で将来地元で働きたいなら関東圏における慶應の力は非常に強いのは事実です。関東圏では東大、慶應で勢力が二分されますし、...続きを読む

Q千葉大医学部か慶應大医学部か

千葉大学医学部と慶應大学医学部の両方に合格してしまいました。
慶應を第一志望にして勉強してきたのですが、ここに来て、経済的な問題が大きくのしかかって来ました。

我が家は、はっきりいって平均以下の経済状態でして、もし慶應に行くなら、
学費全額(二千万)を自分で奨学金とローンで工面しなければなりません。

しかも一年目は自宅から通えますが、二年~六年は学生寮がアパートに住まなければならず、家賃がかかります。

全てを合計して、慶應大学の教育ローンと奨学金で何とかギリギリで暮らせることは分かりましたが、やっぱり教科書代とかかかるし、心配です。
返済も大変です。結婚や自分の子供が出来た時を考えると、負担が大きすぎないか心配です。(ちなみに当方、女です。)

一方千葉は国立なので、下宿代は同様にかかりますが学費が圧倒的に安く(四百万くらい)すみます。

しかし私は、せっかく受かった慶應を手放す覚悟がなかなかできません。
入試難易度では慶應の方が上で、受かった時は本当に嬉しかったですから。

入学手続き締め切りが近づいており、決断できず困っています。
皆さんならどうするか、ご意見をお聞かせください。
将来性や、お金の返済に

千葉大学医学部と慶應大学医学部の両方に合格してしまいました。
慶應を第一志望にして勉強してきたのですが、ここに来て、経済的な問題が大きくのしかかって来ました。

我が家は、はっきりいって平均以下の経済状態でして、もし慶應に行くなら、
学費全額(二千万)を自分で奨学金とローンで工面しなければなりません。

しかも一年目は自宅から通えますが、二年~六年は学生寮がアパートに住まなければならず、家賃がかかります。

全てを合計して、慶應大学の教育ローンと奨学金で何とかギリギリで暮ら...続きを読む

Aベストアンサー

もし 千葉大学がどうしょうもない医学部だったら。
そりゃ慶應でしょうが、千葉大で将来何ら問題ないかなと。

1 医者になれる
※ まぁ早い話が、医学部であればどこでもいいわけです。

2 なんせ千葉だし
白い巨塔のモデルは大阪大だとか千葉大だとか言われています。東大が研究者志向に対して、千葉大が「医専」の伝統から関東では開業医関係に強烈だそうだ、まぁもうそんな時代ではないでしょうが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報