柿やみかんはヘタがあるけど
林檎にはヘタがありません。
なぜですか?
教えて下さい、よろしくお願いします

A 回答 (2件)

リンゴ  ⇒バラ科


ミカン  ⇒ミカン科
柿    ⇒カキノキ科


植物の科がまるで違いますので。
    • good
    • 0

一番ウマイからです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q落ちる柿の実と落ちない柿の実の違いは何ですか

この季節になると毎年柿のみが沢山地面に落ちます。木についたままで秋に実るものの法が少ないようにも思うのですが、今落ちてしまう実と落ちないで実る実はどこが違うのですか。

Aベストアンサー

カキノヘタムシについて。
この虫は年に2回発生します。ちょうど今頃(5月中下旬)と7月下旬です。ですから年に2回この虫の被害を受けることになります。被害の程度は虫の数が多くなる2回目の発生時の方が大きくなります。
ちなみに生理落下とヘタムシの被害は果実落下後ヘタが樹上に残っているかどうかで区別が付きます。ヘタが残っていたらヘタムシです。

Qこちらも柿の剪定中によく見る白い斑点…カイガラムシでしょうか?昨年クワシロカイガラムシに柿が大きく被

こちらも柿の剪定中によく見る白い斑点…カイガラムシでしょうか?昨年クワシロカイガラムシに柿が大きく被害を受けました。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

カイガラムシのようですね。

写真程度の越冬なら、何もしません、無視します。
一本だけの趣味の果樹ですので。

何十本と有って農作物として柿を栽培しているなら、マシン油乳剤でしょうか。
もうすぐ石灰硫黄合剤の時期になりますし、あと一ヶ月くらいでマシン油乳剤の時期ですので、薬剤散布するなら、準備を始めても良い頃かと思います。

Qみかんの皮はなぜ防水なのか?

小学生くらいのときから疑問だったのですが、聞くに聞けずそれなりの歳になってしまったんですが、みかんの皮はなぜ防水なのでしょうか?

人間が作り出した防水剤(防水スプレー等)と同じ成分なんでしょうか?

誤解の無いように補足しますと、あのオレンジ色の皮ではなく、粒を覆っている透明に近い白色の薄い皮です。みかん自体はほとんど水分だと思うのですが、それでも皮を剥かない限りは汁がしたたり落ちてくることはありません。それがすごく不思議なんですが、誰かわかる人がいましたら、バカでもわかるように優しく教えてもらえませんか??

Aベストアンサー

みかんの皮に限らず、人間の皮も水を通しませんよね。
素人考えですが、水を通す素材というのは、水の分子より大きな穴が開いているのではないでしょうか。

水→○
/ / / / / / ←布などの水を通す素材
      ○<スイスイ通れるよ

ですが、みかんの皮などは、その穴が水の分子より小さい。

水→○
/////////////////// ←みかんの皮
      ○<通れないよ

こういうことではないでしょうか。
防水剤は、その穴を塞いでいるのではないでしょうか。
水→○
____________←防水剤
/ / / / / / ←布などの水を通す素材
      ○<通れなくなった・・・

バカな説明ですが、これが自分の考えです。
ちゃんと勉強した人が答えてくれることを願います。

Q渋柿の渋みは柿にとってどのような意味があるのでしょうか?

柿の中には甘いものもありますから、柿にとってどうしても必要なものではないと思いますが、渋い柿もありますから何か渋みの役割があると思うのですが・・・

Aベストアンサー

植物が持つさまざまな性質の意義は、人間の直接の利用価値だけでは判断できません。
自分で移動できない植物は、成熟した種子を風で運んでもらったり他の動物に食べて遠くへ運んでもらうことで種(シュ)を維持・繁殖させています。
したがって、種子が成熟するまでは病虫害や捕食者から守るための防御機構が備わっています。十分成熟した時点で、予定通り動物に食べてもらえるよう変身する必要があります。カキの渋はそのひとつと考えれば、必要性は理解できますね。

カキには、種子ができなくても甘くなる「完全甘柿」、種子ができたときに甘くなる「不完全甘柿」、種子ができても甘くならない「完全渋柿」があります。
「完全甘柿」は種子ができない点で人間にとっては好都合ですが、植物自身としては不本意な状態といえるでしょう。
「完全渋柿」も、樹上で完全に熟せばトロトロに甘くなります。いわゆる「熟柿(じゅくし)」です。
利口で欲深い人間は、渋柿が甘くならないうちに採って、干し柿やあおし柿に加工して食べる知恵を得ました。さらには、カキ渋を絞って醗酵させを、防腐塗料や防水塗料として利用する技術も産み出しました。

植物が持つさまざまな性質の意義は、人間の直接の利用価値だけでは判断できません。
自分で移動できない植物は、成熟した種子を風で運んでもらったり他の動物に食べて遠くへ運んでもらうことで種(シュ)を維持・繁殖させています。
したがって、種子が成熟するまでは病虫害や捕食者から守るための防御機構が備わっています。十分成熟した時点で、予定通り動物に食べてもらえるよう変身する必要があります。カキの渋はそのひとつと考えれば、必要性は理解できますね。

カキには、種子ができなくても甘くなる...続きを読む

Q今頃落ちた柿のみで干し柿を作れますか?

8月に入り庭の渋柿の実も大分大きくなってきました。ところがここ二三日でいくつかのかなり大きな実が落ちてきました。この落ちた実の皮をむいてうまく干せば干し柿になるでしょうか。

Aベストアンサー

青い実は柿渋を作る原料にはなっても、干し柿にはならないと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報