見た目や持ち物にこだわりすぎてしまい、自分では収集がつかなくなっていました。
就職してから5年。
周りが綺麗な子が多かったので、仲間に入れてほしくて美容整形、エステに通いみためを変え持ち物も流行りのものを持っていました。
そんな生活していたら、給料も貯金もなくなり、生活が出来なくなってしまいました。
生活費のたしにと思って、つい、消費者金融で借金してしまったんです。
すぐに返せばと思っていたらそれがずるずると来てしまい、いまでは4社から借金している状態です。
最初は生活費でも、自分のために使ってしまって、後悔しても襲ったという状況です。
いまは返済だけで給料がなくなってしまう状態です。
仕事かけ持って返済していくしかないでしょうか?

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (5件)

頼りになる身内の方がいらっしゃるなら、相談を。



無理なら、自己破産しかありませんので、法テラスを。

正常な生活に戻るには、大手術が必要です。 痛いのは覚悟してください。
    • good
    • 0

身内などに相談しないと‼((((;゜Д゜)))



どんなに怒られても、自分がしてしまったことで周りに迷惑がかかってからでは遅いです。

私の姉が、過去に同じような事をしでかし、親が知った時には大変な事態に……

弁護士に相談するにしても、まず身内に話すべきです。

今では姉も、着飾って背伸びしても何も残らなかったから、馬鹿なことをしたと自覚し、質素に暮らしています。

姉の場合は、親が一旦清算して、親に返済をするという形を取りました。
    • good
    • 0

自己破産を。

    • good
    • 0

弁護士に相談し破産宣告しますか。

    • good
    • 0

お前は極端


綺麗な人のために出費し借金まみれ
借金まみれやからダブルワークするか悩む
ダブルワークしてもその浪費をどーにかしろ
物にお金をかけてもいつかは飽きてゴミになる
いまは返済のために働け
本職一本で返済能力があればダブルワークする必要なし
ダブルワークし体を壊し本職に影響を与えれば本末転倒
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなくなった旦那の借金返済業務あるか?

なくなった旦那の借金返済業務あるか?

Aベストアンサー

遺産を相続すれば当然借金も相続対象、従って返済義務あり。
遺産放棄をすれば借金は払わなくてもいいけれど、資産も貰えない。
遺産は欲しいが借金は払わないという事は通らない。

Q生活保護需給者の借金返済について

知人が約3年前に大手消費者金融より30万円程度の
貸付を受けており、今まで返済もせずにしていた
ところ、最近になって裁判所より異議申し立て書等
の書類が届いたとのことで、相談を受けました。

本来ならば返金するのがあたり前なのですが、知人
は2年ほど前に精神疾患を患い、現在は生活保護を
需給して生活しております。生活保護を受けている
人は、最低限度の生活をしているのであるから、
保護費等の差し押さえはできないと聞いたことが
あります。

このような人は、返済しなくても済むものなの
でしょうか?ご回答のほどよろしく御願いいた
します。

Aベストアンサー

異議申し立てと言うのが、少々、理解出来ない点です。
多分、破産に関する異議申立or支払督促に関わる異議申立と思いますが、後者の可能性が高いと思います。
支払督促が裁判所に申立られ、支払督促が相手方に送達された時点から、2週間以内に異議申立をしないとそれから30日以内に強制執行が可能となる債務名義となります。

但し、生活保護費は生活保護法により差押禁止とされていますから、実質、支払い督促への異議申立をすれば申立人の意図(回収)にそぐわないものとなります。また、生活保護費から返済するのも禁止されています。

そもそも、債権者(消費者金融)が、知人の方の生活保護受給について認知しているかどうかですね。そのような困窮した債務者に対して、支払督促を出す事はリスクが高く、回収の見込みもありませんので、嫌がらせ程度にしかなりません。そうなると、債権者が債務者の生活保護状況を知らないとしか思えません。

念のため、保護申請した自治体の福祉課に相談され、担当者から交渉してもらうようにされてはいかがでしょうか。
返済する必要は当然あるでしょうが、知人の方の健康状態に大きく左右される問題であり、さらに困窮させるような手段は人道上許されるものではありません。恐らく、破産が最も早い手段なのでしょうが、ご本人がどのように判断されるか任せるほかありませんね。

異議申し立てと言うのが、少々、理解出来ない点です。
多分、破産に関する異議申立or支払督促に関わる異議申立と思いますが、後者の可能性が高いと思います。
支払督促が裁判所に申立られ、支払督促が相手方に送達された時点から、2週間以内に異議申立をしないとそれから30日以内に強制執行が可能となる債務名義となります。

但し、生活保護費は生活保護法により差押禁止とされていますから、実質、支払い督促への異議申立をすれば申立人の意図(回収)にそぐわないものとなります。また、生活保護費から返済...続きを読む

Q将来生活保護を受ける場合の借金返済

こんにちは、
現在、無職で傷病手当で生計を立てており(来年夏ごろまで受け取り出来る)
現時点で借入金があり、来年4月から盲学校に通うことになったのですが、
その場合、学生になるので、傷病手当が終了したら
生活保護申請を考えているのですが、生活保護を借入金の返済にあててはならないと
ネットにあったのですが、駄目なのでしょうか?

計算してみたのですが、今からがんばって返しても、夏までに間に合わなさそうでして、
かといって生活保護受けれないと、学校行っても生活できなくなるしと思いまして。
生活保護受ける前に自己破産するしかないのだろうか?と思いまして。
(家族に知られるのは、ちょっと気が引けまして。)

Aベストアンサー

>傷病手当が終了したら生活保護申請を考えているのですが

もし可能でしたら、大阪市に住民票を移して下さい。
大阪市では、無審査に近い形で生活保護受給が可能ですよ。
既に、大阪市民の約1割が生活保護者ですからね。
笑笑などの居酒屋で飲んでいる客の「統計上10人に1人は、生活保護受給者」です。
阪急電車の乗客の「統計上10人に1人は、生活保護受給者」です。
すし屋で飲んでいましたが、すし屋の客の「10人に1人は、生活保護受給者」と想像すれば税金を払うのを止めたくなります。
毎月の生活保護受給額は、(既に崩壊した)国民年金受給額よりも高額ですからね。
コツコツ年金を納付した方は、報われませんよね。
意図的に年金納付をしなかった者が、老後は優雅な生活が約束されています。

>生活保護を借入金の返済にあててはならないとネットにあったのですが、駄目なのでしょうか?

駄目ですね。
バレルと、生活保護打ち切りとなる可能性があります。
上手に処理する為には、人権派弁護士を上手に使って下さい。
オウムの無差別殺人事件で死刑確定受刑者の死刑を執行させない為に、昨日弁護連が「死刑廃止協議会」を設立しました。
「オウム死刑囚の死刑執行を、徹底的に阻止する!」のが目的なんです。
「加害者の人権は、被害者の人権の数千倍重い」らしいです。(爆笑)
これら人権派弁護士に依頼すれば、借金と生活保護の関係は非常に簡単な・小さな問題です。
色んな法律・解釈を駆使して、「生活保護で借金を返済して何が悪い!」と開き直ってきれますよ。

>生活保護受ける前に自己破産するしかないのだろうか?と思いまして。

まぁ、自己破産しての方が確実ですね。
過去の借金をリセットできます。借金を忘れて、勉学に励む方が良いでしようね。

>傷病手当が終了したら生活保護申請を考えているのですが

もし可能でしたら、大阪市に住民票を移して下さい。
大阪市では、無審査に近い形で生活保護受給が可能ですよ。
既に、大阪市民の約1割が生活保護者ですからね。
笑笑などの居酒屋で飲んでいる客の「統計上10人に1人は、生活保護受給者」です。
阪急電車の乗客の「統計上10人に1人は、生活保護受給者」です。
すし屋で飲んでいましたが、すし屋の客の「10人に1人は、生活保護受給者」と想像すれば税金を払うのを止めたくなります。
毎月の生活...続きを読む

Q自営業の父が多額の借金を残し、クモ膜下出血で入院中。借金返済についてご相談です

お世話になります。

借金のある父が、くも膜下出血で倒れました。後遺症で高次脳機能障害が発生しており、社会生活に支障がある状況です。
現在はリハビリ中ですが、医師からは仕事への復帰は難しいと言われております。

父は事業によって借りた借金があり、発病前までは収入を増やしながら
毎月返済をおこなっていましたが、現在は返済の目途が出来ていません。

家は、父 (世帯主), 母, 私(本人)の家族構成です。
母は定職に就いており、私も社員として企業に勤めております。
父の借金は住宅ローンや、消費者金融、銀行系の多重債務であり、毎月の返済額は70万にも及びます。

自営業の売上げが昨年から今年になって伸びたために、何とか支払いができている状態でしたが、
父が病気で働けなくなり、復帰の目途も分からないため、残念ですが廃業をする予定でいます。
実際に使えるお金ではないですが所得は高額なために、所得税の支払い金額も高額になると考えられます。

よって借金と税金をどのように処理していけば良いのか、色々と調べながら悩んでおります。

最悪は、破産も覚悟しておりますが、
その場合は父名義の家や20万以上の資産が無くなるため、本当に最後の方法だと考えています。
この場合は破産が適当という事でしたら、併せて成年後見制度や小規模個人再生、
自己破産などについてもご教示頂けますと幸いです。

お世話になります。

借金のある父が、くも膜下出血で倒れました。後遺症で高次脳機能障害が発生しており、社会生活に支障がある状況です。
現在はリハビリ中ですが、医師からは仕事への復帰は難しいと言われております。

父は事業によって借りた借金があり、発病前までは収入を増やしながら
毎月返済をおこなっていましたが、現在は返済の目途が出来ていません。

家は、父 (世帯主), 母, 私(本人)の家族構成です。
母は定職に就いており、私も社員として企業に勤めております。
父の借金は住宅ロー...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。お父様がそのような急病とは…本当に、大変ですね…。以前、法律事務所に勤めていましたので、少しでもお役に立てればと思うのですが。

まず、会社を廃業の方向で進められるのでしたら、会社には今、従業員の方はいらっしゃいませんか?もしいらっしゃるのでしたら、廃業する1ヶ月前には従業員の方にそれを伝えておく必要があります。

あと、お父様の会社を経営するにあたって、ご家族の方は会社の借金の「連帯保証人」や「保証人」になっていませんか?もし、これらの立場になっていらっしゃるのであれば、お父様や会社が債務整理を行うと、その分の請求が保証人の方に行く可能性は非常に高いので、心苦しいですが、お父様と一緒に債務整理を行うようにしましょう。

また、会社の整理のお話ですが、様々な借金をあわせて毎月70万円の返済ということですが、会社の整理の方法にはまず「任意整理」という方法があります。これは、弁護士が債権者と直接交渉をして(裁判所を介さずに)借金の整理をする方法ですので、弁護士にかかる費用は他の手続きよりも安く済みます。また、住宅を残したまま借金を整理することもできます。

しかし、任意整理は債権者が「どう出るか」によって、結果は大きく左右されますので、そのデメリットは覚悟する必要があります。また、基本的には借金を3年程度で返済する計画で和解することになりますので、借金の総額がこの期間で支払える額でなければならないということになります。

次に、民事再生は、最大で借金の額が5分の1まで圧縮することができます。この手続きでも住宅を手放す必要はありません。それ以外の借金を裁判所に申し立てて圧縮してもらうのです。任意整理に比べると、相当借金の額は少なくすることができる可能性があるといえます。この圧縮によって、借金が支払える額にまでなればいいのですが…。

しかし、民事再生は手続きにとても時間がかかりますし、集める書類も多く、弁護士費用もかなり高くなってしまいます。ただ、家を残せるというメリットは大きいと思います…。

最後に、自己破産ですが、これは本当にご質問者の方がおっしゃるとおり、「最終手段」だと思います。お持ちの家は、ご両親共有名義ではなくて、お父様個人の名義のものですよね?そうなると、お父様が自己破産なさることになると確実に差し押さえられるとおもいます。

ただ、自己破産をしたとしても、社会的に生きていく上でのデメリットは思っているほど存在しません。(こちらに自己破産について色々と書かれていました→http://www.shakkinkaiketsu.com/sub_jikohasan.php)

とにかく、ご自身で「どの手続きをしようか」とお考えになるのもひとつの手ですが、やはり現在の状況を全て(債務整理の経験のある)弁護士等の専門家に話して、一番良い方法を見つけることをおすすめします。ここで言うのもおかしいですが、やはり、文章に書かれている情報と、実際ところは違いがあるとおもいます。

ご質問者様もお母様も、突然のことから大変なお気持ちでいらっしゃるでしょうし、そんな中で、債権者からご質問者様やお母様に督促等が来るともっと苦しくなる可能性がありますから、代理人を立てて全て処理をしてもらうのが、正直、一番だと思います。

中小企業の破産やそれ以外の選択肢について掲載されているサイトを見つけましたので、下記に紹介しておきます。結構有名な事務所さんですし、無料相談も行っているようですので、一度相談されてみてはいかがでしょうか。
http://www.kaishahasan.com/
http://www.saimuseiri.com/

心から応援しています!がんばってください!

こんにちは。お父様がそのような急病とは…本当に、大変ですね…。以前、法律事務所に勤めていましたので、少しでもお役に立てればと思うのですが。

まず、会社を廃業の方向で進められるのでしたら、会社には今、従業員の方はいらっしゃいませんか?もしいらっしゃるのでしたら、廃業する1ヶ月前には従業員の方にそれを伝えておく必要があります。

あと、お父様の会社を経営するにあたって、ご家族の方は会社の借金の「連帯保証人」や「保証人」になっていませんか?もし、これらの立場になっていらっしゃるの...続きを読む

Q義姉の借金返済と、今後の生活について(長文です)

義姉(30台後半、主人の姉)についてです。
若い頃は地方都市で、水商売をして一人暮らしをしていました。
職も転々と変え、30代に入り定収入も無く、義父母(主人の父母)が家賃等仕送りを昨年までしていました。義父は年金生活なので、義母のパート代を仕送りしていたようです。
その地方都市生活の中で、生活に困って200万弱の借金があり、それも義父、母が月々肩代わりしています(現在も継続中)。

しかし昨年、義母が病に倒れ、今までのように仕送り出来なくなったため、その義姉は実家(義母、父の元)に戻りました。
仕事を探すと言っていますが、なんの経験も無く本人も現実逃避していて実家に戻って一年ですが、まだバイトすらしていません。
実家に戻った事で、義母と義父で娘の事でもめる事が多くなり、一時期は別居もする程でした。

見かねた義妹(主人の妹)が、あまりに母親が可哀想..と今までの借金を全額立て替えると言い出したそうです。今まとめて払えば200万いかないが、このままズルズル義母が払っていると総額500万ちかくになるそうです。
で、主人は長男ですし、知らぬ顔も出来ないので、妹さんと折半で払ってしまったらという事になりました。

そこで質問です。
今後義姉が、消費者キンユから借りれなくする方法(法的手段)はありますか?
また、もともと義母、父は保証人になっていないにも関わらず、代わりに払っています。それを辞めた場合、実家に取りたてが来る可能性はありますか?

また将来、義父,母がなくなったとき、どこかから義姉がお金を借りた時に、保証人になっていなくても、兄である主人や妹が取りたてに合う可能性はありますか?
生活保護や自己破産は、義姉本人から申し立てがないとできないものなのでしょうか?

全くの素人質問でお恥ずかしい限りですが、かなり参っています。
こういった事を相談出来るような所などもあれば、お教え下さい。
言葉足らずですみませんが、よろしくお願い致します。

義姉(30台後半、主人の姉)についてです。
若い頃は地方都市で、水商売をして一人暮らしをしていました。
職も転々と変え、30代に入り定収入も無く、義父母(主人の父母)が家賃等仕送りを昨年までしていました。義父は年金生活なので、義母のパート代を仕送りしていたようです。
その地方都市生活の中で、生活に困って200万弱の借金があり、それも義父、母が月々肩代わりしています(現在も継続中)。

しかし昨年、義母が病に倒れ、今までのように仕送り出来なくなったため、その義姉は実家(義母、父の元)に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

 身内を突き放すのは、本当に辛い勇気のいることですね。

 もし、今回肩代わり返済をどうしてもされるなら、専門家に依頼して残債を減額させる手続だけはして下さいね。

 こんなことがありました。

 身内の方が誰にも相談せずに債権者が言うままの残債を肩代わり返済してしまわれました。利息制限法という法律で18%以上の利息は支払う必要がないということをご存知無かったのです。

 取引履歴を取寄せ利息制限法で計算しなおすと、残債なんて無かったのです。つまり一円だって支払う必要がなかったのです。サラ金は、返済請求どころか貰いすぎた利息を返さないといけないことを知っていながら素知らぬ顔をして一括弁済を受けたのです。
 札幌と大阪の高等裁判所は、架空請求詐欺と同じようなものと判決の中で言っていますが、まさに架空請求を平気でするのです。

 この払い過ぎたお金を過払金と言います。もちろん過払金の返還請求をしましたが、訴訟を起こすなどして手間とお金を掛けなければ返してはくれません。

 もしも、肩代わり返済をされる前に相談に来られていたら、こんな手間とお金は掛からなかったのです。

 義姉の残債が0なのか、まだいくらか残っているかは、これはもう取引履歴を取寄せてみないと分かりませんが、引き直し計算で減ることは間違いありません。一括弁済をする場合は、引き直し残債を更に20%ほど減額してもらいます。

 もしも、200万円が50万円になったら、25万円ずつの負担で済むのです。
 取引が長ければ、それこそ、支払うどころか、サラ金からお金が返ってきます。

 専門家に依頼することには、他にも2つ大きなメリットがあります。

 そのひとつは、相手方が二度とお金を貸さないということです。言われるままの残債を一括弁済してくれる客は上カモですが、引き直し残債しか払わないような客は客じゃないからです。また、本人もどれだけ高利のお金を借りていたかに気付きます。借金と縁を切ることができる可能性が高くなるのです。 

 もうひとつは、サラ金に違法な利益を保持させないことです。もしも言われるままの残債を一括弁済すれば、彼らはそのお金をまた新たな客に貸し出します。それは、義姉や義両親や質問者様のように苦しむ人間を増やすということになるのです。
 ひとりひとりが抵抗することによって、世の中が良くなるのです。現に法律が改正されてグレーゾーン金利がなくなりますし、サラ金がどんどん潰れています。

 義姉に「一括弁済する代わりに専門家のところへ連れて行く」と言いましょう。これなら嫌とは言えないですよね。できれば、その問題の義父も同行させましょうね。

 そして、義姉にはっきりとこれが最後だと言いましょうね。


 

 
 

 身内を突き放すのは、本当に辛い勇気のいることですね。

 もし、今回肩代わり返済をどうしてもされるなら、専門家に依頼して残債を減額させる手続だけはして下さいね。

 こんなことがありました。

 身内の方が誰にも相談せずに債権者が言うままの残債を肩代わり返済してしまわれました。利息制限法という法律で18%以上の利息は支払う必要がないということをご存知無かったのです。

 取引履歴を取寄せ利息制限法で計算しなおすと、残債なんて無かったのです。つまり一円だって支払う必要がな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報