最新閲覧日:

私は、学校のほうでイラストレーターとかフォトショップをいじっていて、
それを生かそうと思って、印刷会社のDTP(デザイン)職を受けて、内定をもらいました。

こういうデザインの仕事をずっとしたい、と思っていたのだけれど、
ものすごくPCを使えるわけでもない。
DTPの知識も豊富ってわけではない。普通の人よりはちょっとできるぞ、といった程度。
実際にこれを専門に来年就職するのかと考えたときに、すごく不安になってきたんです。
よく、「DTPってすごく大変なんだよ!!」「残業しまくりで休みもない」
「しかも給料も安い」といった話を聞くと、だんだん、向かないかも・・という気分にもなるし・・。(ちなみに、数学・物理はそんなに得意ではありません。DTPでは理系が得意でないとキツイと聞いたことがありますが。)

そこで、実際にDTPの仕事をしている人に、どんな仕事なのか、どういったことをするのか、どのような知識や能力が要求されるのか、聞いてみたいのです。
もちろん、「苦労話」や「やっててよかったと思った話」も聞かせてください。
(会社説明会ではいいことしか言わないから、ナマの声が聞きたいのです)

そして、私はDTP以外にも内定があるのですが、そっちのほうが給料の待遇もいい。そして大企業の関連会社。とっても魅力的に感じます。

給料も安く、待遇がわるくて大変でも、自分の好きな仕事を選ぶか。
給料も高く、待遇はいい。でも自分のしたくない仕事をしてゆくのか。

だんだん、わからなくなってきました・・。
とりあえず、DTPの仕事の内容を知ってから決めたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

仕事内容に関しては会社に入って覚えるものでは?学校出てなくてもできるやつはできるし、美大とか出てても何これってのも多いです。


会社によってかなり待遇とか違うと思うので、細かい所までその会社に聞いてみたらいいのではないでしょうか?(嘘つかれる場合もありますが)
確かに今は何でもPCひとつでできるので、デザイナーでもオペレータ的な地味な作業も全部やらないといけなかったりします。私は今はWEB作成が多いですが。
なんだかンだ言っても、自分の好きな仕事するのがいいのでは?3年くらい勤めて判断するのもいいかも知れません。私なんぞは30くらいからデザイナー始めました。あなたは若いんだから、とりあえず好きなことから始めたらいいんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

 私は数年前、いわゆるデジタル系の学校でPhotoshop、illustrator、Quarkを教わりました。

その後、興味の方向が変わって映像業界で働いていますが、その頃の友人達の中にはDTPを生業にしている人もいます。
 私も、DTPはすごく忙しい割に創造性が高くなくて辛いのでは?と偏見を持っていましたが、私の周りに限るとその友人達より私と同じ業界の人のほうがハードです(笑)
給料も安いし、拘束時間も長い、しょせん受注仕事なので創造性もさほど高くないし、地味な仕事だし、なんでこの職が人気なのか不思議なくらいです。
でも楽しいから続けられるんですけどね。

話がそれましたが、DTPが理系向きという話は私も初耳です。
コンピューターに強い人が良いという意味じゃないでしょうか。
物理や数学が得意だと良いのは3DCG映像では?と思います。

 ちなみにひとりはDTPエキスパート資格も持っていますが、DTPオペレーターというよりはインストラクター的な仕事、もうひとりは週刊誌の編集部でDTPやデザインをやっています。
あとは、DTPもwebもやるデザイン会社に勤めていたり、フリーでデザイナー兼イラストレーターをしていたり。
本当は皆けっこう忙しくて大変なのかもしれないけれど、あまり愚痴がでないのは、皆それなりに今の仕事が気に入っているのだと思います。

 francfran2001さんがどちらの会社を選んだ方が良いかは、正直入ってみないとわからないと思いますが、francfran2001さんが魅力的に思えるなら、大会社の関連会社に入ったほうが良いのかもしれませんね。
 
    • good
    • 0

DTPは、一般的に組み版と思います。


デザインではありません。デザインが決定されDTP化すると考えた方が良いと思います。
コンピュータ化で、デザインと組み版がいっしょになってしまったのが現状です。
現状では、印刷会社のDTPもデザイナーもやっていることはいっしょです。
したがって近年のデザインナーは、オペレータみたいなもので本来の業務を問う必要があります。
デザインを志望する場合は、ちゃんとしたデザイン会社や制作を持っている代理店に入れば、本来の仕事ができると思います。
    • good
    • 0

印刷会社のDTPにはクォークエクスプレスが必須です。


インデザインの方はまだ殆ど普及してません。
印刷会社のDTPはどちらかと云うとオペレーターに近いと思います。
私はグラフィックデザイナーなんですが、以前の印刷会社は、インクの盛り方や、写真のトリミング、レタッチ等職人技的な技術を要求されたのですが最近は、専ら私らデザイナーが作ったデータを出力するだけの事が多いです。本当はそんなに単純じゃ無いんですが、版下で入稿していたころに比べかなり楽になってると思います。まぁデザイナーにその分負担が増えてますが。余談ですがDTPのお陰で”写植屋”と云うものがほぼ絶滅しました。
仕事がきつくて給料が安いのはデザイナーで、印刷会社(特に大手)はそこまで有りません。納品までの時間が短い場合決まって私らデザイナーの時間を削られます。残業しまくりで休みも無いのは印刷会社では無くてデザイナーです。それから殆どのデザイン会社は少人数の小さな会社なので、給料が安いのは印刷会社では無くてデザイナーです。
入稿をせっつかれて、急いでる時に限ってポストスクリプトエラーが出て、焦ってしまうのはデザイナーです。
 ところでDTPに理数が得意で無いといけないなんて話は聞いた事有りません。実際普通の高卒の女の子でもちゃんとやってますよ。

ご免なさい最近仕事が忙しくて寝て無いもんでかなり愚痴ってます。
(妻とも会って無い)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ