眞子さま のご婚約のニュースが流れています。
おめでとうございます、お幸せに!

ところで、結婚後皇室を離れる、とニュースでは報道されています。
今の規定ではそうなのかもしれませんが?

女性皇族の創設の話はどうなっているのでしょうか?
天皇退位も大切かもしれませんが、女性皇族も 早くしないと 皇族が居なくなってしまいますよね?

継承順位4位以下なんて現実性ありませんよね?
政府は皇族を無くすつもりなんでしょうか?

A 回答 (4件)

女性皇族と言っても、若い内しか使い道がありません。



皇族同市で結婚するならともかく、一般と交わっては利用しようがないのです。
そこで生まれた子はもう皇族にはなれません。

なので女性皇族と持てはやしても無理なのです。

そこは男系が屋台骨だからです。
    • good
    • 0

現天皇のお言葉より皇室典範を重視したり、明治時代の教育勅語を神聖視したりと、安倍総理の保守感は結構メチャクチャですからね・・・



一方で森友では「教育熱心」と褒め、安倍バンザイ園児教育を肯定しているフシがある。

かと言って、民主主義を重視し過ぎて、「王族、独裁の危険があるモノを潔癖完全排除したい」わけでも無く・・・
マスメディアに高市圧力をかけたり、軽減税率で釣ったり、姑息な事をして民主主義を軽視していますし・・・

何も考えてないんじゃないかと(苦笑)
自分が尊敬されたい、それだけが望みなのかなって人が総理ですからね・・・

何もかもボロボロになるのでは?
経済も、そして皇室も。
    • good
    • 1

DNA的に男系以外ありえませんので、


残念ながら女性皇族は別の男系皇族と婚姻するなどしない限り
その家系が天皇家を正統に継承することはできません。
    • good
    • 0

現状のままというわけには行かないと思いますが、


現在、女系天皇は認めない方向で安倍首相は考えているようなので、
腹案としては、旧宮家の方々を再び皇族に迎えるなどを検討しているようです。

反対意見はあるのですが

皇后美智子妃殿下
皇太子徳仁親王妃雅子妃殿下
秋篠宮紀子妃殿下

も元々は一般の人ですが、ご結婚されて皇族となられて反対意見などもほぼなく
歓迎されて迎えられているのでそれを踏まえて旧宮家の方々の皇族復帰も問題は行らないと
考えているようです。

もう一つは女性宮家を創設して女性皇族の方々に結婚後も皇族として残ってもらう事を
検討しているようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皇室のニュースのとき

なぜ、皇室のニュースのときは、どのニュース番組も通常上にあるテロップが、下になるんですか?
変な感じがして嫌なんですけど、テレビ業界での暗黙のルールみたいなものがあるんですか?
ご存知の方は教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 TV業界には幾つかのタブーがあります。
皇室についての表現も「菊タブー」として
あります。62年も生きて来た自分は敬語の
変化も実感します。

 それにしても天皇家のお顔や頭の上にテロップが
かかるのが失礼なら、一般人の顔や頭も失礼ではない
のか不思議です。

 ついでに、言わせてもらえれば特に女子アナが、
有力者と一般人で言葉遣いがあからさまに違うのが
不快です。なぜ高齢者がインタビューで若い人から
ため口で話しかけられねばならないの?まだ番組出演の
女優の方が丁寧な口調で話してる。

Q眞子さま 旦那になる方 まさに 皇族の方と 結婚する為に 生まれた方。【あんな ピッタリな 方て ど

眞子さま 旦那になる方

まさに 皇族の方と 結婚する為に

生まれた方。【あんな ピッタリな 方て どこに住んでる訳?】

紀子さまフイバーの逆バージョン。

Aベストアンサー

>皇族の方と結婚する為に生まれた方
マスコミは皇族タブーで、ネガティブなことは一切書きませんし報道もしません。
結婚する相手に対しても、悪いことは書くはずがありません。
ピッタリかどうか分かりませんが、雰囲気やイメージはマスコミが作ります。

Q皇室からドロップアウトした人

 紀子様が第三子をご出産がされました。
 そのニュースを見て思ったんですが、やはり大変な皇室というのはそれなりに大変な世界だなと思いました。
 そこで、皇室という世界に肌が合わなかった人や、皇室からドロップアウトして人っているんでしょうか?

Aベストアンサー

>皇室という世界に肌が合わなかった人や、皇室からドロップアウトして人

似た事例で華頂博信と閑院宮華子夫婦の愛憎劇、俗に言う「華頂事件」というものがあります。
このご夫婦は、臣籍降下されて皇族ではありませんが、昭和26年に性格の不一致で離婚、華子は不倫相手の戸田豊太郎と再婚を考えますが、兄の春仁が大反対して、屋敷に軟禁されます。
ところがこの兄の春仁の妻が、夫は男色だと暴露したことで、この閑院宮春仁王(臣籍降下で閑院春仁)夫婦も離婚になってしまい、この騒動を各新聞が伝えたため、元皇族のスキャンダルとして、世に知られるようになりました。
閑院宮華子は無事、豊太郎と結ばれ、めでたしめでたし。

Q眞子さま結婚報道はどこから?

宮内庁の発表まですべて待つ、みたいなかんじなのですが?

と、いうことはこの報道どこから出て来たの?
(てっきり 宮内庁か、眞子様周辺からで、宮内庁も承知、準備してリークしたのかと思っていましたた)

大学の友人関係から???(それにしたって、漏れるのは宮内庁もわかっていたと思うが?)

Aベストアンサー

NHKのスクープ、らしいです。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170517-OHT1T50055.html

じゃあNHKはどこから・・となると。
NHKなら、役所関係とか、いろいろつながりがありそうです。
知ってる人は知っていたわけですから。
どうせそのうち発表されるなら、民放にスクープされて、へんな騒ぎにされよりNHKがいい。
みたいな感じでしょうか。

Q皇室の人がお寺に参拝することがありますか?

さきほどニュースで、皇室の人が熱田神功に参拝したと放送していました。
そこで疑問なのですが、皇室関係の人がお寺に参拝することってありますか?
皇室は神道系なので、その他の宗教施設には行かないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お寺の塀に横線が入っているのは天皇が来た数という話をきいたことありますが。

江戸時代までは少なくとも関係なかったと思います。
皇族がお寺の門主をしているケースもありますし。

下記の寺では三笠宮崇仁親王を総裁とした「御寺泉涌寺を護る会」というものをつくっているようです。
http://www.mitera.org/HTML/ROYAL/INDEX~1.HTM

政教分離の関係で、天皇が宗教施設に参拝というのは目にしないのかも知れませんね。
他の皇族は、名前を貸して収益を得ていますので、ギャンブル団体や宗教団体とも縁はあると思いますが、報道はされていませんね。

Qオリエント史研究に情熱=戦争、皇室批判も―激動の一世紀歩む・三笠宮さまをどう評価しますか?

教えてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%AC%A0%E5%AE%AE%E5%B4%87%E4%BB%81%E8%A6%AA%E7%8E%8B

Aベストアンサー

日本人として誇りに思います。

Q皇室の皆様の服装

皇室の新年の儀式の映像をニュースで見ましたが、皇族の方々はどなたも洋装で和服の方はお一人もいらっしゃいません。洋装における正装をなさっているようです。そのほかの儀式のニュース映像においても和服を召されている姿をあまり見かけません(行幸の際には皇后陛下の和服姿は目にしますが)。
そういう伝統・しきたりだと言ってしまえばそれまでなのですが、日本文化の継承者という点からすれば和服の方が相応しい気がします。
洋服が入ってきたのも当然明治以降という”短い”歴史に過ぎませんし。
なぜ、皇室の皆様は洋装ばかりで、和服をお召しにならないのでしょうか。

Aベストアンサー

どこかで読んだ気がしますが、うろ覚えなので間違っていたらごめんなさい。

今の和服の形式は武家のものであって、宮中、公家のものではないようです。喪服も本当は白が正当な公家の形式ということです。ですから、本来はお滑らかし、十二単ということになるのでしょうが、現代でそれを正装として公式の場で着ることはかなり困難なので、いっそ洋装でということになったらしいですよ。

Q皇室に嫁いだ雅子様は幸せだと思いますか?

今回、イギリスに行く予定だった雅子様は大震災の為、キャンセル
されましたが、皇室では雅子様の意見は全然通らない場所なんでしょうか?
さぞかし行きたかったでしょうに。

プリンセス達の自由の無さを考えると庶民として生活出来るのが幸せに
感じる事もあります。しかし、日本一の旧家にお嫁に行って皇太子に
愛され、優しい美智子さまが姑でありながら雅子様は何故幸せそうに
見えないんでしょう?
聞くところに寄れば皇居内では2000人の方々が働いていて莫大な
税金もつぎ込まれてる、皇室は必要なんでしょうか?

Aベストアンサー

聞くところによると、雅子さんは3度結婚を断ったそうです。それをいってみれば国家がストーカー状態になって、皇太子が「どうしても彼女じゃなきゃヤダッ!」と、聞けば彼の一生一度のワガママだったそうですがそうまでして彼は雅子さんに惚れこんでいたようですよ。
結婚のときは「何かあっても全力でお守りする」と宣言したし、いつだったかの「人格否定発言」も、雅子さんを守るための皇太子の発言でしたから、私は彼は男らしいなって思いました。

ただ、彼女からすれば「皇家の雰囲気としきたりになじめないのは最初から分かっていた。だから断ったんだ」てなもんだったかもしれないっすね。
イギリスでは、今のエリザベス女王の前の王様はアメリカ人の女性と結婚したくて王位を捨てました。それと同じように皇太子も皇太子の座を捨てちゃえばいいのにねなんて思います。幸い、皇位については弟夫婦が気合と根性で男の子まで生んでやる気満々です。
やる気がない長男の嫁、やる気満々の次男の嫁。そこまでそうなら、やりたい人にやらせちゃえよってまあ無責任ながら思います。

Q日本のメディアでタブーとされているニュースは?

日本のメディアやマスコミでタブーとされていると思われるものをいくつか列挙します。

・皇室関係のスキャンダル(これは日本のマスコミでは最大のタブーだと思います)
・創価学会
・悪徳の訪問販売(ほとんどニュース番組でも取り上げないような気がするので)
・同和問題

などです。
他に日本ではタブーとされているものにはどんなものがあるのですか?

Aベストアンサー

一般的には↓だと思いますが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%BC
私は、↓も含まれると感じてます。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/rvw/kakuei1.html
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/rvw/kakuei2.html

Q現皇室典範ならびに旧皇室典範の第一条の”皇統”

現皇室典範ならびに旧皇室典範の第一条”皇統”について
動画をごらんください。4:20くらい

竹田氏いわく「条文は同じ意味の言葉を繰り返すことは絶対にない。」

これは正しい。

しかし、女系容認派の主張を紹介しなければならないところなので、

「”皇統”と言う言葉には男系とか男子とかそういう意味は含まれていない」
すなわち「女系容認は”皇統”断絶にあらず」

と解説しなければいけないのに、憲法学者の竹田氏は華麗にスルーしています。

旧皇族の子孫であり憲法学者の竹田氏の見識を疑う。嘘をついてでもごまかしてでも旧宮家の皇籍取得をもくろんでいるとしか思えません。


-----------------------------
枢密院議事録では
「これでは皇統に女系も含まれることになるのではないか?」
と疑問を呈した質問があり、それに対して伊藤博文が
「将来女系容認を言い出す人間が出てこないよう、明確に否定するため、このような表現にしたのだ」
と回答した記録があると示し
だから「皇統ニシテ男系」という表現は、やはり男系絶対の意味だったのだ。
-----------------------------

と反論する男系固執論者もいますが、
もしそういうことならば、
「法理論的に明らかに間違いだが同義反復をしたのだ」
ということを公言したことになるが、そんなことってありですか?

http://www.youtube.com/watch?v=fLYe35ZcPiI

現皇室典範ならびに旧皇室典範の第一条”皇統”について
動画をごらんください。4:20くらい

竹田氏いわく「条文は同じ意味の言葉を繰り返すことは絶対にない。」

これは正しい。

しかし、女系容認派の主張を紹介しなければならないところなので、

「”皇統”と言う言葉には男系とか男子とかそういう意味は含まれていない」
すなわち「女系容認は”皇統”断絶にあらず」

と解説しなければいけないのに、憲法学者の竹田氏は華麗にスルーしています。

旧皇族の子孫であり憲法学者の竹田氏の見識を疑う。嘘をついてで...続きを読む

Aベストアンサー

【竹田恒泰】皇位継承問題を考える
http://www.youtube.com/watch?v=fLYe35ZcPiI

ロングステイ財団 天下り
http://www.nichimapress.com/04_news_column/2006/newscolumn24.html

所詮、自称天皇一族、落ちる所まで落ちたね。


>旧皇族の子孫であり憲法学者の竹田氏の見識を疑う。嘘をついてでもごまかしてでも旧宮家の皇籍取得をもくろんでいるとしか思えません。

同意。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報