参加承継と引受承継の意味を解りやすく教えて下さい。

民訴です。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

例えば、AがBを相手に建物明渡請求の訴訟していたとします。


当然とAは当該建物の所有者ですが、そのAがCに所有権を売却し、Cが当該訴訟を承継することを参加承継と言います。
引受承継とは、上記の例ではBがDに占有を移転した場合に、AがDに強制的に当該裁判を引き受けさせた場合のDの承継を言います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【主張立証責任を負う】

よく、民法で【主張立証責任を負う】という言葉が出てきます。不動産や賃貸借の所で。
これは、こういう場合にはAが主張する。こういう場合には相手方が主張する。こういう場合には 、第三者が主張するとかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

主張立証責任を負うのは、原告です。(民法ではなく民事訴訟法です。)
「不動産や賃貸借の所で。」ではなく、民事事件すべてです。
「相手方が主張する。」は、相手方に責任があるのではなく相手方の自由です。
「第三者が主張する」は、訴訟参加の時点です。

Q予備的相殺

の意味を具体例で教えて下さいm(_ _)m

民事訴訟です。

Aベストアンサー

例えば、貸した金返せの裁判で、被告が「借りた覚えはない」との答弁したうえで「仮に借りていたとしても○○と相殺する。」と予備的に主張することです。

Q貼付命令

の意味を具体例を挙げてわかりやすく教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

転付命令だとしてお答えします。
例えば、A債権者、B債務者として債務名義が存在しているとします。
そこで、AはBが持っている電話債権を差し押さえて債権回収するために、債権差押命令申請したとします。
差押えとなった電話債権は換価(競売)して債権回収とすます。
通常ではそうしますが、Aは転付命令を申請すれば、換価(競売)しなくても、電話はそのまま利用できます。
なお「貼付」だとし、貼付することの命令だとすれば(訴状に貼付する収入印紙)補正命令の一種です。

Q補助参加人がする訴訟行為は、被参加人に有利なものであっても、

補助参加人がする訴訟行為は、被参加人に有利なものであっても、効力を生じないことがある。

この具体例を教えて下さいm(_ _)m

民事訴訟です。

Aベストアンサー

例えば、AがBを相手として建物明渡訴訟していたとします。
そこでCが「私がBを相手として建物明渡訴訟する」と言い出して訴訟に参加したとします。
結局AとCの所有権争いですが、Bとしては、Cが有利だとしても、裁判所はCの所有権を認めないままで(効力を生じないままで)判決することができます。
そう言うことです。

Q抗告審

って、なんですか?

民事訴訟で出てきました。

民訴なら控訴、上告、上訴だと思うのですが。

Aベストアンサー

裁判の種類として、判決・決定・命令の三つに分類することができます。

このうち、判決は重要な事項についてなされる裁判であり、
通常の訴訟において裁判というときには、
判決を意味することがほとんどです。

裁判所の決定、命令に対する異議申し立てを
抗告といいます。

判決に対する異議申し立ては控訴、上告といった
上訴になります。

Q常習累犯窃盗罪

の具体例を教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

何度も捕まっているのにどうしてもやめられない万引き犯などが犯す罪。
過去10年間に3回以上窃盗・窃盗未遂罪で懲役刑を受けた者が、新たに罪を犯すと成立し、3年以上の有期懲役に処せられるということです。

Q裁判上の自白が成立しない場合にも弁論主義は適用されるか

裁判上の自白が成立するには、弁論としての陳述である必要があるため、当事者尋問での供述では裁判上の自白は成立しないということは一応理解しているつもりです。
(司法試験の短答問題(平成23年66問肢ウ)で出ています。)

例えば、所有権に基づく建物明渡請求において、被告が賃貸借契約に基づく賃借権の抗弁をしていたとします。
そこで、原告本人の尋問で、被告の賃借権の存在を認める供述をした場合、裁判上の自白は成立しないと思います。
しかし、主要事実である被告の賃借権の存在について、当事者間に争いのない事実はそのまま裁判の基礎としなければならず(弁論主義第2テーゼ)、裁判所を拘束することになり、結果として、原告が本人尋問で供述した内容に拘束されることにはならないのでしょうか?

弁論としての陳述=事実
当事者尋問での供述=証拠
であるとして、供述が証拠として提出されても、それを事実として認定するか否かは裁判所の自由心証ということなのでしょうか?

何卒ご指導頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>この、被告の賃借権の抗弁に対して、原告の態度として「否認」をしたうえで、「原告の賃借権の存在を認める旨の供述」をしている状態がイメージできないです。

 人間ですから、思わず本当のことを言ってしまうこともあります。反対尋問が功を奏したということです(笑)

Q準消費貸借契約の意味

って、なんですか?

普通に、消費貸借契約でいいと思いますが。

何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

売買代金は売買契約に基づくものです。
その売買代金は、あくまで売買代金です。
その売買代金を借入金とする契約を準消費貸借契約と言います。
単にお金を借りること(消費貸借契約)と少々違うところに注目。

Q24-28 民法

組合の存続期間を定めた場合であっても、組合員が死亡したときは、その相続人は、組合を脱退することができる。

答えは×ですが、この文章の言ってること自体がわからないので、わかりやすく教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

組合員が死亡しても相続人が脱退することができれば、相続人は被相続人の地位を承継していることになります。
元々、相続人は被相続人の地位を承継しないと法定しているので、脱会ではなく最初から組合員ではないので×です。

Q加重収賄罪

の具体例を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

実際に生じた事件を紹介しておきます。

お金などをもらって・・・

県会議員が、議場に出席しなかった。

入札担当官が、最低入札価格を入札者に内通した。

警察官が被疑者の依頼を受けて、証拠品の
押収をとりやめた。

外国人登録を担当していた公務員が
第三者の外国人登録証明書を利用して
それに貼付されていた写真をはぎとり、
その代わりにAの写真を貼り付け、
Aの外国人登録証を作成した。


人気Q&Aランキング