皇室の女性が結婚後、民間人になった後、一般企業で、パートや正社員として働くことは許されているのでしょうか?

皇室にいる間は、大学の研究員で、務められていらっしゃる事が多いですが、
それは、皇室の方用に、専任職として用意されているのですよね。

結婚後も、その務めを続けることは可能なのですか?

お詳しい方、教えて下さい。

A 回答 (2件)

ハイ、法的な制約はありませんので


許されています。

島津貴子さん、知りませんか?

インテリアコーディネーターの資格を取り、1969年(昭和44年)、
東京プリンスホテル内のショッピングモール「ピサ」
に勤務した折には「皇族初の民間企業への就職」
ということで話題になった。

1970年(昭和45年)に開催された大阪万博では、
開会式・閉会式のテレビで司会を務める等、タレントとしても活動した。

2005年(平成17年)11月15日に今上天皇の第一皇女・紀宮清子内親王の
結婚の際、直近の内親王の“降嫁”の例として、
また皇室出身らしからぬトークの歯切れのよさから複数のメディアに出演した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%B4%A5 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

島津貴子さんは知ってますが、就職されてたのは知りませんでした‼さーやがメディアに出演したのも初耳です。ご回答ありがとうございました。就職ってあの、時代に、素晴らしいですね!

お礼日時:2017/05/17 20:22

民間人と結婚して皇籍を離れれば新たに一般的な戸籍が作られますから、一般企業で働こうがパートで働こうが自由。


大学の研究室に残るのも大学側が求めれば何も変わりませんが、呼ばれ方は変わるでしょうね。(笑)
まぁ扱いも一般人と同じになっても文句は言えませんし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。民間企業で働けるのですね。
皆様、専業主婦のようなので、ダメだと思ってました。ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/17 14:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧皇族の皇族復帰の可能性はありますか?

旧皇族の皇族復帰の可能性はありますか?

旧皇族の皇族復帰に関して、最も熱心な人物は旧皇族「竹田宮」の
子孫である竹田恒泰氏の存在が知られています。
また、東久邇氏は昭和天皇の娘の血を引いており、現皇室に最も
血筋が近いとされています。

しかし、旧皇族の皇族復帰議論は足踏み状態で一向に前進する気配が
感じられません。
もし、皇族復帰の可能性があるとすれば、それは何かきっかけが
必要になると思います。
何をきっかけにして皇族復帰があると思いますか?

現状のままでは、皇統断絶が危惧されますが、どうすれば旧皇族の
皇族復帰が実現できると思いますか?

Aベストアンサー

『現状のままでは、皇統断絶が危惧されますが、どうすれば旧皇族の皇族復帰が実現できると思いますか?』

はい。現状のままでは、近い将来、悠仁親王殿下が崩御 (天皇即位前に亡くなれば薨去) されると同時に皇統が断絶しても全くおかしくありません。
現状の皇室典範のままでは、その時には、悠仁親王殿下の家族以外の皇族は全ていなくなっているからです。

何故かというと、現状の皇室典範では、

(1) 皇族が養子を迎えることが禁止されている。
(2) 皇族の女子が結婚すると、必ず皇籍を離脱する定めである。

ため、現時点で存在する宮家は、いずれは全て消滅する運命にあります。

秋篠宮家 → 悠仁親王殿下以外に男子がいない。
三笠宮家 → 跡継ぎである寛仁親王殿下のお子さんが全て女性。
常陸宮家 → お子さんがいない。
桂宮家 → 同上
高円宮家 → 高円宮殿下は既に故人で、お子さんが全て女性。

皇太子殿下のお子さんは愛子内親王お一人で、結婚すれば皇籍を離れます。

現在、皇族男子で、誠に不敬な言い方ですが「子供を作れる年齢の方」は、皇太子殿下と秋篠宮殿下だけですが、妃である雅子殿下、紀子殿下、いずれも「出産可能年齢」を越えておられます。

現状の皇室典範が改正されず、現在存在する宮家が全て消滅し、現在存在する未婚の皇族女子

1) 愛子内親王
2) 秋篠宮家 眞子内親王
3) 同 佳子内親王
4) 三笠宮家 彬子女王
5) 同 瑶子女王
6) 高円宮家 承子女王
7) 同 典子女王
8) 同 絢子女王

の8名が、全て結婚によって皇籍を離脱してしまいますと、数十年後に残る皇族は、現時点で存在する方では、悠仁親王のみとなります。

その場合、悠仁親王のお妃を探すのは困難を極めるでしょう。
何しろ、その方が男子を産まない限り、皇統は絶えてしまうのですから。

皇太子のお妃を探す時に、様々な名家の令嬢に次々に断られ、結局は外交官の令嬢である小和田雅子さんが「浩宮殿下(当時)の強いご要望」もあり、浩宮殿下と結婚なさった訳ですが、その結果は「最悪」と言って良いでしょう。

悠仁親王が結婚適齢期になった時に、あえて火中の栗を拾ってくれる (自分が男子を産まなければ皇統が絶えるというプレッシャーに耐えようとする)、将来の皇后にふさわしい女性がいるでしょうか?私は「いない可能性が高い」と考えます。

そうなれば、悠仁親王にお子さんは出来ませんから、悠仁親王の死と同時に皇統は絶えてしまいます。
これが、現在の皇室典範を維持し、問題を先送りした場合に容易に予想できる帰結です。

「皇統が絶えたら天皇制を廃止すれば良い」
と考える国民はごく少数派であり、
「良く分らないが、天皇制は維持されるべきである」
と考える国民が多数派であると考えますが、現在の皇室典範では、今までに説明したような恐ろしい結論が待っています。

これを何とかするには、皇室典範を下記のように改正すれば良いのです。

A) 未婚の旧皇族男子 (現時点では、未成年の方が10人以上おられるようです) であれば、皇室会議の承認を経て、現存する宮家の養子になれるようにする。

B) 未婚の皇族女子 (現時点で8名) が、旧皇族男子と結婚した場合は、旧皇族男子を当主とする宮家を創設できるようにする。

この2つの改正により、

* 現時点で存在する5つの宮家が、旧皇族男子を養子に迎えることで、存続する道が開ける。

* 先述のように、現時点で8人おられる未婚皇族女子の内、何人かでも「自然な形」で旧皇族男子と結婚して宮家を新たに創設する方が出れば、その分だけ皇統が「太く」なります。

なお
「民間人から皇籍に入った旧皇族男子には皇位継承権を与えない。宮家の養子となった後、あるいは皇族女子と結婚して皇族となった後に生まれた男子に皇位継承権を与える」
とすれば、国民感情からも違和感がないでしょう。

上記のような施策を取って、悠仁親王が結婚相手を探される約20年後に、5家以上の宮家が存在し、そのうちのいくつかに男子の後継者 (皇位継承権者) がいて、さらに男子が生まれるであろう状況であれば、将来の天皇である悠仁親王のお妃探しはずっと楽になります。
お妃となる女性に「自分が男子を産まなければ皇統が絶えてしまう」というプレッシャーがかからないからです。

『現状のままでは、皇統断絶が危惧されますが、どうすれば旧皇族の皇族復帰が実現できると思いますか?』

はい。現状のままでは、近い将来、悠仁親王殿下が崩御 (天皇即位前に亡くなれば薨去) されると同時に皇統が断絶しても全くおかしくありません。
現状の皇室典範のままでは、その時には、悠仁親王殿下の家族以外の皇族は全ていなくなっているからです。

何故かというと、現状の皇室典範では、

(1) 皇族が養子を迎えることが禁止されている。
(2) 皇族の女子が結婚すると、必ず皇籍を離脱する定めである。
...続きを読む

Q民間企業から教員を採用

最近、民間企業に勤めた経験のある人の中から教員を採用しようという動きがありますよね。学校を卒業してすぐに教員になった人と、民間企業に勤めたことのある人では、どんな点が違うと思いますか?
私は現在民間企業で働きながら、教師を目指しているのですが、昨年の試験で(不合格でした)この質問をされました。
よく「社会に出たことがない教師は世間知らずが多い」などと言われますが、面接官が現役の先生方だったため、とてもそんなことは言えず、答えにつまってしまいました。
現役の先生方が聞いても気を悪くされないような回答とはどんなものでしょうか?

Aベストアンサー

 教師の方は、教えることについてはプロですが、学校は勉強だけをするところではありません。集団の中での関わりを持ちながら、成長をするためにも必要な期間でしょう。仲間との協調性等を体験するには、格好の場所だと思います。そのような経験をさせる場面において、子どもの気持ちを理解してあげるには、大学での理論ではなくて社会での「経験」が、何よりも役に立つでしょう。教員は、学校という社会から閉鎖された空間で生きています。しかし、民間企業経験者は、実社会の中でさまざまな人と、さまざまな職業の人との中で生活をしています。そういった人と人とのふれあいの経験が、子どもへの対応や子どもの悩みに対応できると思います。

Q皇族であり続けるための「要件?」

いまさらのことですが、あえて質問いたします。
皇族の女性が皇族以外の男子と結婚すると、皇族でなくなることは有名です。
ところで現在の皇室典範によれば、現在皇族である男性はその子々孫々に至るまで、嫡出した男子は皇族であり続けることができるのでしょうか。
例えば常陸宮家では、何代後の男子でも皇族として扱われるのでしょうか。もしそうでなければ、どこかの世代で「自分は皇族だが、子供であるおまえは皇族でない」という事態が生じることになりますが、本当にそういうことになるのでしょうか。または皇族としては扱われないものの、一定の年金などが支給されるのでしょうか。

Aベストアンサー

>現在の皇室典範によれば、現在皇族である男性はその子々孫々に至るまで、嫡出した男子は皇族であり続ける…

そのはずです。
ただ、何世代のちになってあまりにも増えすぎれば、終戦直後に多数の宮家が皇籍離脱したのと同じように,法を改正してある範囲より外は臣籍降下ということもあるでしょう。

>例えば常陸宮家では、何代後の男子でも…

常陸宮家には王 (男子)はおろか女王 (女子) さえもいませんので、例としてふさわしくないです。
残念ながら、例示できるのは秋篠宮家が唯一ですので、ご懸念のようなことが数十年や 100年の間に起こることは、まず考えられません。

QフリーターVS正社員

高校生の男です。

今、家庭科の授業で「フリーターVS正社員」でどっちがよいかというのを
班で互いの派閥に分かれて討論しています。
そこで僕はフリーター派に振り分けられてしまいました。
見かけ通り、フリーター派というのは正社員派には
勝ち目がほとんどありません。
なのでフリーター派でも勝つことのできるような主張や説得スピーチ
を教えて下さい!
また、正社員派への効果的な質問もできたら教えて下さい!

Aベストアンサー

立場に関してディベートをするならば、現時点での年収が等しい事は当然のことながら、
正社員なら天引きされる福利厚生費用をフリーターなら現金でもらえることも前提条件でしょう。
この前提の下ではフリーターは現金収入は増えます。すなわち、運用により増やす事もできます。

その上で考えると、正社員のメリットは「将来見込まれる安定」ということになります。
特に、生涯年収の差とキャリアをいかに無効化するかがディベートのポイントでしょう。

以上のことをまとめて、年功序列制度がなくなってきたこと、年金や保険制度の不安で、
正社員の唯一のメリットである安定がいかにもろいものかを攻めましょう。
生涯年収は「今」の平均であって将来は危ういという論法です。
それと同時に、物価上昇による貨幣価値の低下により、
実質的な貯金の減少と機会損失による経済的なデメリットも強調したらよいのではないでしょうか。
また、転職が当たり前の時代になってきているのに、
正社員の仕事の自由度の低さは「前の会社の手垢にまみれている」という観点で致命的、
ということでキャリアについても言及する。

まあ、実社会では正社員とフリーターの年収が同じ事は有り得ないですがね。

立場に関してディベートをするならば、現時点での年収が等しい事は当然のことながら、
正社員なら天引きされる福利厚生費用をフリーターなら現金でもらえることも前提条件でしょう。
この前提の下ではフリーターは現金収入は増えます。すなわち、運用により増やす事もできます。

その上で考えると、正社員のメリットは「将来見込まれる安定」ということになります。
特に、生涯年収の差とキャリアをいかに無効化するかがディベートのポイントでしょう。

以上のことをまとめて、年功序列制度がなくなって...続きを読む

Q皇族費?

今日のニュースで皇族費が、各皇族に3,050万円だと言っていました。
HPで調べたら、『皇族としての品位保持の資に充てるためのもので,各宮家の皇族に対し年額により支出されます。』 と書いていました。

宮家の人達って普通の仕事してないんですか? してもしてなくても年間3,050万は普通の生活している自分にとっては、えらい高いなぁと思いました。

女帝案も話題ですが、その中で皇族の女性が、皇族じゃない男性の籍に入った場合、皇族の身分は消滅になるらしいですが、今後皇族の身分を継続できる案も考えられる的なニュースもありました。
そしたらネズミ講的に皇族費が国家予算の中から吸い取られていってしまうのですか?

あと公務って給料でてるんですか?ボランティアでしょうか?3,050万円とは別にもらえるんでしょうか?

Aベストアンサー

公務そのものが仕事なのでこの公務について
秋篠宮家、常陸宮家、高松宮家、三笠宮家、寛仁親王家、桂宮家、高円宮家の7家に対し
これらの当主(当主が亡くなった場合、妃殿下が当主扱いになる)に支払われる基本定額が3050万円となっています。
妃殿下には、半額の1525万円が支払われる。子供たちは、10%の305万円が支払われています。
つまりは妃殿下である事そして子供である事が
仕事な訳です。

皇族の仕事はほとんどは公務で費やされます。
自由な時間は、あまりなく外交が主な仕事です。
この点で多大な貢献をしているのです。
他には公的機関の職員や代表である場合もありますが
給与としては出ていません。

税金や年金もかかりませんから羨ましいような気もするでしょうが自由が無く全てに於いて公務が優先されます。
言い換えれば24時間勤務のようなものです。

皇室関連予算は273億もありますから少しぐらい増えても国民の負担増とはならないでしょう。
仮に皇族の身分を継続と言う事になってもねずみ講的には増えません。あくまで皇族であった方が皇族以外の男性に嫁いだ場合に本人だけが皇族として継続されるだけでの事で
その夫や子息が皇族になると言う事ではありませんから。

公務そのものが仕事なのでこの公務について
秋篠宮家、常陸宮家、高松宮家、三笠宮家、寛仁親王家、桂宮家、高円宮家の7家に対し
これらの当主(当主が亡くなった場合、妃殿下が当主扱いになる)に支払われる基本定額が3050万円となっています。
妃殿下には、半額の1525万円が支払われる。子供たちは、10%の305万円が支払われています。
つまりは妃殿下である事そして子供である事が
仕事な訳です。

皇族の仕事はほとんどは公務で費やされます。
自由な時間は、あまりなく外交が主な仕事...続きを読む

Q契約書(ヨーロッパ企業と日本企業) 企業ID? 責任者ID?

◆ 専門家の方のご意見をいただければ幸いです

海外(ヨーロッパ)の企業との英文契約書についてです。

相手方(甲)と、自分たち(乙)の定義をする冒頭の箇所で、
相手方が作成した契約書案に、見慣れない項目がありました。

”企業のID”と、”責任者(社長)のID”というものが、相手方(甲の部分)に記されていました。

いずれも10桁近い数字と、ハイフン、アルファベットの組み合わせです。

そして、こちら(乙の部分)にも何かの番号なりを記して欲しい、という意味で、その部分が空欄でマーカーがなされています。 

いずれも、"with japanese ID ********" となっています。
("j" は大文字が適切かと思います)


ヨーロッパ(スペインです)でいうところの、

● 責任者のIDは、マイナンバーや、パスポートの番号でしょうか?

● 会社のIDとは、日本では何にあたるのでしょう?
 (登記簿などに書かれているのでしょうか?)


責任者のIDなど、個人情報を記すのは、できれば、避けたいと思うのですが…。
会社のIDだって、ちゃんと住所を書くので、よくわからない数字を探して晒す必要もないと思うのですが……。

よろしくお願いいたします。

◆ 専門家の方のご意見をいただければ幸いです

海外(ヨーロッパ)の企業との英文契約書についてです。

相手方(甲)と、自分たち(乙)の定義をする冒頭の箇所で、
相手方が作成した契約書案に、見慣れない項目がありました。

”企業のID”と、”責任者(社長)のID”というものが、相手方(甲の部分)に記されていました。

いずれも10桁近い数字と、ハイフン、アルファベットの組み合わせです。

そして、こちら(乙の部分)にも何かの番号なりを記して欲しい、という意味で、その部分が空欄でマー...続きを読む

Aベストアンサー

個人、会社ともに納税者番号です。(国によって正式名称は違います)
>● 責任者のIDは、マイナンバーや、パスポートの番号でしょうか?
個人番号(マイナンバー)
>● 会社のIDとは、日本では何にあたるのでしょう?
法人番号http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/setsumei/

Q旧宮家の皇族復帰の現実性について

遠くない将来、皇族男子は、悠仁親王ただひとりになります。

もし、日本国民が、皇室の存続を望むなら、皇族女子が宮家を創立するか、旧宮家が皇族復帰するしかないと思います。

一番、国民の理解を得やすいのは、皇族女子が旧宮家の男子と婚姻して、宮家を創設、というのだと思いますが。

政治家は、この議論をできるだけ後回しにしようとしますが、現実的には、どうなるんでしょうか?

Aベストアンサー

>現実的には、どうなるんでしょうか?

旧宮家の皇族復帰の現実性については、非常に可能性は低いですね。
旧宮家の方で、復帰を熱心に考えている方々もいますが・・・。

そもそも「万世一系」「直系男児継承」というのは、明治政府が決めた事です。
孝明天皇までの歴代天皇をみれば、直系男児以外にも継承しています。
天皇家の血縁が途絶えた場合、過去に「継体天皇」の例があります。
武烈天皇の後継者がなく天皇家が途絶える事を愁いた朝廷は、応神天皇五世の孫を探し出して(養子とし)天皇にしたとの記述が日本書紀にあります。

皇室・関係者は前例を重んじますから、旧宮家の復帰は難しいでしようね。

Q【経営学・外資系企業と日本企業の差】外資系企業の社長が「日本人は報告をしないで、自分だけの情報を多く

【経営学・外資系企業と日本企業の差】外資系企業の社長が「日本人は報告をしないで、自分だけの情報を多く持つ方が自分の価値が高くなると勘違いしているのか情報が全く上がって来ない」そうです。

情報が上がって来ても、肝心な部分は個人で持ちたがる傾向が高く、アメリカでは無駄と考えられている「ムダ話の雑談」が商談のキーになることが多いとのこと。

メールや電話で積極的に雑談をさせるようにわざと指導しているそうです。

それが凄いロスに繋がっていると嘆いています。

どうすれば個人が隠し持っている重要な情報を会社に報告するようになるのか助言をください。

Aベストアンサー

報告する相手(上司)が、それを「重要な情報」として認識し活用できるだけの技量を持っていることが必要になると思います。
昇格させる場合に、その能力を見抜く眼力を経営陣が磨く必要がある。
または、そうした能力がないと経営陣に参画できない仕組みを作る。

Q皇族

なぜ、皇族には様をつけないといけないのでしょうか?
またなぜ、日本人はこうまで皇族を愛しているのでしょうか?
またマスコミはなぜ皇族に対して、批判的な態度を一切とらないもでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ、皇族には様をつけないといけないのでしょうか?
日本では皇族に「様」はつけません。
もし、そう呼んでいるメディアがあればそれは無知か、(故意にであれば)所謂『不敬』です。
通常は「陛下」(現天皇 および現皇后)あるいは、「殿下」(その他の皇族)といいます。
因みに陛下・殿下は存命中の皇族に対する敬称であり、亡くなった人にはつけないのが普通です。

>なぜ、日本人はこうまで皇族を愛しているのでしょうか?
「こうまで」なんて言われるくらい愛している日本人はあまり見かけませんが...
質問者さんは愛しているのですね。

>マスコミはなぜ皇族に対して、批判的な態度を一切とらないもでしょうか?
皇族は、定められた日本国内のルールに則り民主主義の上での自らの職責を淡々とこなしているだけです。
批判的な態度をとる理由がないからです。

参考URL:http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/ninngennsenngenn.htm

Q3歳の男の子の父です。自分の仕事は一般のサラリーマンで、年収もごく一般

3歳の男の子の父です。自分の仕事は一般のサラリーマンで、年収もごく一般的です。
この3歳の我が子を、親のエゴではありますが、何とか東京大学の医学部に入学させたいのですが、どういう教育をしたらいいのか、定まっておりません。何かいい知恵をご教示ください。

Aベストアンサー

心からほめ続けてください。

現役の時に、風邪で理三に落ちて、一浪では理一に入った友人Aがいる。模試の成績などは、理三現役合格ラインだった。浪人中に医者が嫌になって、理一にしたそうだ。今は数学の教授。
その彼の引越に、別の友人Bと二人で手伝いに行った。
※ 友人と書いてありますが、春に理一に入った同級生なので、ここでの登場人物三人は全員理一。

さて、引越しも一段落した段階で、友人Aの叔母さんがやってきた。
当時出たばかりの、コンビニのおにぎりを友人Aがキレイにむいて包んだ。
包装フィルムを、あれやこれやと抜いて作るあれです。
かの叔母さんが、友人Aに「○○ちゃんは、ほんと賢んだから」と、マジに言っていた。
心の中で私と友人Bは『おいおい、ぼくらも東大生なんだけど』と思った。

今にして思うと、どんなことでも親戚まで「○○チャンは賢いんだから」と言われ続けたんだなぁ友人Aは、と。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報