例えば、1917年に生まれました。
土曜日掃除します。
時間の後に「に」という助詞がついたり、ついてなかったりして、どんな場合が「に」が必要ですか。
もしも、休みの日と言ったら、「に」がつくかつかないか、どちらですか。
ご指導ありがとうございます。

A 回答 (4件)

時間を表す名詞は時名詞と呼ばれ、単なる名詞以外に、助詞を伴わず連用修飾語、つまり副詞的に使うことが可能です。


と言うより、副詞的に使うのが本来の用法、とお考えになって良いと思います。
副詞とは「下に続く用言を修飾するもの」ですから、
a.「掃除すること」を言いたい場合(=「掃除する」という用言を修飾したい場合)は、
「土曜日、掃除します。」
のように表現する。一方、
b.「掃除するのが土曜日であること」を言いたい場合は、
「土曜日に掃除します。」
と表現する。

c. 「いつもランニングをすること」を言いたい場合(=「いつもランニングをする」という用言句を修飾したい場合)、
「休みの日、わたしはいつもランニングをする」
のように表現する。
d. 「いつもランニングをするのが休みの日であること」を言いたい場合は、
「休みの日に、わたしはいつもランニングをする」
と表現する。
b や d の場合の「に」は、「(掃除する)時」や「(いつもランニングをする)時」を表わす用法の格助詞です。
「土曜日」や「休みの日」は、副詞用法ではなく、あくまで純粋な名詞として使われている。
    • good
    • 1

「土曜日<に>掃除します。

」「休みの日<に>遊びに行きます。」つくと思う場合は付けましょう。
つかない例  ×明日(あした)に行く ×今日に行く ×二時間に行く 
つく例    ○2月3日に行く ○2時間後に行く ○午後二時に行く ○放課後に行く 

こういうことに詳しい人にまとめてもらいましょう。
    • good
    • 1

語学教師ではありませんが、助詞というのは多くの場合省略が可能です。


「土曜日に掃除します」土曜日掃除します」どちらも正解ですし、「休みの日に遊びましょう」「休みの日遊びましょう」どちらも通じます。
日本語には大きくわけて「自立語」と「付属語」があり、助詞は「付属語」に含まれます。そして付属語というのは多くの場合、なくても意味が通じます。
(A)わたし、あさって、渋谷、行く
(B)わたしはあさってに渋谷に行きます
こんな感じです。細かい語学の話になるともっと分類化、ルール化できると思いますが、日本語の会話レベルでいえば、「に」はつけてもつけなくても、どっちでもいいんだと思いますよ。
あとは言いやすさやニュアンスかな??
    • good
    • 1

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/questio …

日本語の説明を日本語でされても
なかなか難しいと思いますが。。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング