私はこれまで「集合」について既に学んできましたが、私が勉強したテキストには優先順位 (みなし) の考え方が書いてありませんでした。
例えば仕事をしながら学校に通っている人は「社会人」と「学生」の両方の集合に属します。
私が学びたいことは、この例ですと、仕事をしてさえいれば学校に通っていても「社会人」とみなす、のような考え方です。
このような理論の名前、またはテキスト(本)、または解説している Webサイトのようなものがあれば、ご紹介ください。

A 回答 (2件)

直接の回答ではないかもしれないですが、


ご質問の例では、優先順位考える必要はなく、
社会人の集合に入るか否かの基準さえ定立すれば、
足りるのではないでしょうか。
(一つの集合を判定することで足りる)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
回答を頂き、あらためて、いくつかの資料を調べました。
私の質問は舌足らずでしたが、回答をいただいた事で私の頭の中が整理されました。
私の勉強したいことは「動的な定立」についての解説や、動的な定立の集合図(のようなもの)での表し方、または演算式です。
社会人に入るか否かという、基準を定立した後なら、おっしゃる通り一つの集合になりますが、それが定まる前から定まった後を表現したいのです。
現在、私は質問例ですと社会人という集合の円を実線で、学生という集合を点線で表しています。
しかし、集合円が増えてくるとわかりにくく、困っていました。
ともあれ、ヒントを頂いた事で頭の整理がすすみました。

お礼日時:2017/05/18 07:08

同じような事は理論の参考書に全て書いてあるでしょう(笑)



片っ端から理論参考書を読みなさい!(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おそらくわかった後なら「あたりまえ」のことなのでしょう。
わかる前ですと、それが見えないのです。
ご指摘の通り、たくさんの勉強をしたいと思います。

お礼日時:2017/05/18 06:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報