アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

英語で英単語を3000語以上覚えている人と英単語を300語以上覚えている人がテストを受けたときどちらが点数高いか予想してください。

A 回答 (1件)

テストで出題される範囲を考えると


前者も後者もそう大差はないと思いますが
3000語も覚えていれば単語だけしか知らないということにはならないでしょうし
読解力も変わってきますので…

ということで、ややリードで前者ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人が英語を習得できない理由は?

中学、高校、大学と英語を勉強しながらも、
私も英語を習得できなかった人間です
簡単な英会話でさえ、スムースにいかない感じです

なぜ日本人は英語を習得できないのでしょうか?
文法の違い?英語教育の誤り?英語を使う環境が無いから?

世界的に見れば、日本語は難易度が高い言語ですが、
英語は一番イージーな言語とされています

なぜ日本人は英語が喋れないのでしょうか?

Aベストアンサー

入門段階でしっかりと音を学んでいないことが躓きの最初の原因で
す。一般に子音の発音や聴取に関心が向けられることが多いんです
が、まずは母音をしっかりと発音し、しっかりと聴き取れるように
なるのがとても大事です。

英語教育全体については、教師と教材があまりに生徒の手を引きす
ぎています。生徒のためにわかりやすく編集した英語ばかりに触れ
ていれば、現実の英語に対処できないのは当然ですね。中学校と高
等学校で6年間英語を学ぶのに、その間に1冊も本を読まない生徒が
多いのは、異常な事態とさえいえるでしょう。

英語そのものは簡単ではありません。ヨーロッパ言語ではむしろ難
しい部類に入ります。品詞が変わると、母音のすべての発音が変わ
ることが多いからです。

admire [ədmˈaɪɚ]
admirable [ˈædmərəbə]

economy [ɪkˈɑnəmi]
economical [ɛkənˈɑməkəl] [iːkənˈɑməkəl]

長い目で見れば、英語はヨーロッパ言語の中で高レベルの習得に最
も時間がかかる言語です。

Q英単語を 英語日本語と繰り返して英単語を覚えているんですが 品詞はどのようにして覚えていけばいいんで

英単語を

英語日本語と繰り返して英単語を覚えているんですが
品詞はどのようにして覚えていけばいいんでしょうか??

Aベストアンサー

再度回答します。

私は品詞を覚えなくてもいいと言っていません。
名詞と動詞は日本語と全く同じなので、努力せずとも自然にわかります。
すると
SVCのCの半分は名詞で、この形をとる動詞は限られている
SV は名詞と動詞
SVCは名詞と動詞と名詞
SVOO 名詞 動詞 名詞 名詞
SVOCは名詞、動詞、名詞、大部分は名詞

文の骨は名詞と動詞でできています。

つまり、名詞(わかりやすい)と動詞をしっかり覚えれば、
単語の意味を知っていれば、品詞を気にせずとも、あとは文を読めばわかるという意味です。

Q英語の学習も半分は国語の勉強?

小学校からの英語教育も始まりましたが、キチンと生徒に英語を教えられる教師が十分に養成されないうちに実施されたので、先走った感じは否めませんよね。
さて、このカテでも英語の早期教育が話題に上ることがありますが、
「外国語を覚えるのは 早いほど頭も柔軟だし、呑み込みもいい。」
とか、
「英語耳を作るには早いほどいい。大きくなってからだと 英語の微妙な音の違いを区別するのも難しくなる。」
というのは よく聞かれます。
しかし、否定的な意見の方が若干多いように感じられました。
中でも特に目を引いたのは次の二つの意見です。

「日本の英語の学習は半分は国語の勉強でもあるんです。なぜなら、辞書で適切な訳語を選び、日本語の論理に合うように訳文を組み立てるのは日本語力に他なりませんが、これは学校の教科としての国語ともベクトルが違うものです。それよりも、国語の方が 作者の考えに同調するとか、教師たちが用意した模範に沿った感想を出せるかとか、日本語力以外の要素が加わり、むしろ、 英語の方が日本語力を計るバロメータになる部分もあります。また、小説全体の趣旨を汲み取るというのは国語と英語に共通している部分ですが、やはり国語力が土台になっています。」

「小さな子供に英語を教えてるのは、スピードスケートにたとえれば、まだよちよち歩きの段階でスケート靴を履かせて氷の上で遊ばせるようなもので、仮に小学校からスケートの授業があるとして、最初のうちは、みんなよりスイスイ滑れるでしょうけど、徐々に
駆け足で足腰を鍛えた子供たちからは追い越されてしまいます。」

両意見とも妙に説得力があり納得させられる部分もありますが、何か少し違和感も感じます。

そこで質問です。英語は子供にどのように教えるのがベストなんでしょうか?

小学校からの英語教育も始まりましたが、キチンと生徒に英語を教えられる教師が十分に養成されないうちに実施されたので、先走った感じは否めませんよね。
さて、このカテでも英語の早期教育が話題に上ることがありますが、
「外国語を覚えるのは 早いほど頭も柔軟だし、呑み込みもいい。」
とか、
「英語耳を作るには早いほどいい。大きくなってからだと 英語の微妙な音の違いを区別するのも難しくなる。」
というのは よく聞かれます。
しかし、否定的な意見の方が若干多いように感じられました。
中でも...続きを読む

Aベストアンサー

私は、しっかりと日本語が使えるようになってから、英語を学ぶべきだと思います。だからといって、英語を教えるなというわけではありません。実際、英語が身近にいっぱいあふれていますから、子供たちをそれから隔離しろといっても不可能です。その環境(たとえば、身近に英語を話す人がいるとか、英語の楽曲が好きで聞いているとか)に応じて、自然に英語も日本語も身に付けていくようにするのがいいのだろうと思います。教えるという言葉には、強制するというニュアンスが付いて回ります。それは避けるべきだと思い、自然に入ってくる環境ならば、それは好ましいけれど、無理はするべきではないということです。

現実問題として、日本語のあふれている環境において、英語がネイティブのようにできるはずはありません。言葉は、紙の上で、あるいは教材によって習得できるものではないと思います。それが用いられたときの状況などからその言葉の意味(表面的な意味だけでなく、本当に言いたいこと)を理解して、身に着けていくものだと思います。文化を含め、一体として理解できるようになるには、それなりの成熟が必要だと思います。

われわれは、日本語同様に英語が自然に話されている環境にないわけですから、早くから英語を教えても、せいぜいのところ表面的な意味だけしか教えられません。覚えられる量に限界があるとすれば、英語も日本語もと、欲張ってやっていると、虻蜂取らずになって、下手をすると日本語についても、表面的な意味だけだと思ってしまう可能性があるように思います。なんとなく、言外の意味(本当に言いたいこと)を理解しない人が多くなってきているように感じるのは、英語の早期教育の所為ではないかと思いたくなります(今の問題からずれました)。

ということで、早くから英語を教える必要はないと思います。それよりしっかりと日本語を身につけ、後に英語を学んだときに異なる文化、考え方があるのだということを理解して身につける努力をする方がいいと思います。

英語の発音、聞き取り能力については、喉や耳が日本語の音声に特化する前に話したり、聞いたりするメリットが十分あることも理解します。ですから、その人一人ひとりの環境に応じて対処することが良いと思います。

私は、しっかりと日本語が使えるようになってから、英語を学ぶべきだと思います。だからといって、英語を教えるなというわけではありません。実際、英語が身近にいっぱいあふれていますから、子供たちをそれから隔離しろといっても不可能です。その環境(たとえば、身近に英語を話す人がいるとか、英語の楽曲が好きで聞いているとか)に応じて、自然に英語も日本語も身に付けていくようにするのがいいのだろうと思います。教えるという言葉には、強制するというニュアンスが付いて回ります。それは避けるべきだと...続きを読む

Q▼他人に翻訳の丸投げは、ほどほどに

ここのQ&Aで、よく、頻繁に翻訳依頼しているのを見ます。
さて、この質問のタイトルにある文を英訳すると どうなるのでしょうか?
そこで、それこそ 他人に翻訳の丸投げになるといけないので、自分なりに英訳してみました。

You should refrain from leaving all your translation work to other people.

・・・・ 「丸投げ」の訳し方に悩みますが、どなたか もっといい訳し方があったら
教えてください。

Aベストアンサー

「丸投げ」に一言で相当する英語はないと思いますが、「丸」については a whole lot を使うと感じが出ると思います。

You should refrain from leaving a whole lot of your translation work to other people.
少し長いので私なら refrain を使わず(もちろん人それぞれですが)、
You shouldn't leave a whole lot of your translation work to others.
とでもします。

Qアメリカで暮らすにはどれくらいの英単語を覚えなければいけませんか?

アメリカで暮らすにはどれくらいの英単語を覚えなければいけませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

日本でも有名やTest your vocabulary サイトに出ています。
http://testyourvocab.com/blog/

Most adult native test-takers range from 20,000-35,000 words
ところが、この語数というものは実に曖昧なのです。

アメリカの社会では、ここのテストには出てこない生活の中の単語が一杯あります。仮に、非英語ネイティブが、2万単語知っているとしても、一般的な単語を知らないことがあります。

それでもという場合は、もう一つの単語レベルとして、8th Grade(中学2~3年生レベル)の単語は知っておいたほうがよいでしょうね。

https://www.vocabtest.com/middle_school/8th_grade.php

Q英語の関係代名詞について

英語の関係代名詞についてご教授ください。

(1)I bought the movie which he played main cast .
(2)I bought the movie which was played main cast by him.
上記のような2つの文ですが,

聞きたいことは
(1)は目的格?になるのかどうか?


※通常目的格の関係代名詞だと
This is the wallet which I bought yesterday.
のように,後ろの文も目的語が欠損している状態になると思います。
ただ上記の(1)のような目的格のような形の関係代名詞ってなりたちますか?

※普通に考えると
(2)のような受動態での主格の関係代名詞のほうがすんなり意味が通るのですが,,,

もし上記のように[彼が主演した映画を買った]という文を関係代名詞の目的格で書こうとすると
どのような文になりますか?

Aベストアンサー

ちょっと main cast の使い方に難があるので、わかりやすく
He played the role of Romeo. 「彼がロミオの役を演じた」でいきましょうか。

この文と、movie の関係は、おっしゃるような単純な目的格の関係ではつながりません。

He played .... in the movie. とすれば文として正しくなるので、
... the movie in which he played the role of Romeo
... the movie (that) he played the role of Romeo in
のようにしないといけません。

Q英語の過去形について

英語の過去形で現在形と同じつづりの単語がありますが、なぜ?
非常に読みずらい。

プログラムで使う単語に多くあり、意外と面倒です。
read,set,let,quit,hit ...
なんで、わざわざ読みにくくなるようにしたのか分かりますか。

プログラムの時には少ない語数で過去形を表現できないこともあり
わざと誤字(~edを付ける)にしたりして他人が誤解しないようにしてますが何か嫌だ。

Aベストアンサー

日本語でも、死んだ、って、過去の「だ」か、
「~なのだ」の「だ」かよくわからないところがあります。
あまり例がよくないですが。

英語としては、発音上、-t, -d の後に -ed をつけると
非常に耳触りがよくなく、というか、-t, -d 自体が
過去形の響きであることから、そのまま過去形にもなるものが出てくるのです。
むろん、needed とか、wanted という規則変化もあるわけですが。

こういう語は多くが -t で終わり、ついで -d で終わる語です。

日本語でも「た」「だ」が過去を表すのも同じ t, d の音ですし、
人間の聴覚的に偶然とは思えません。

Qノンフィクションの洋書と日本語の本、読みやすいのは英語原文の洋書でしょうか?

私や、私の周りの人は、なんだかんだ言って結局「英語の方が読みやすい。」と感じています。理由は、だいたい以下の通りです。

・英語の場合は、同じ単語や言い回しを繰り返さないという暗黙のルールがあるため、「ん?この人何言ってんの?」と思う箇所があっても読み続けていれば、別の単語、言い回しで、言い直される為に、分かんなくても分かるように書かれています。

・日本語の本は、言葉や言い回しが統一されている事が多いので、「ん?この人何言ってんの?」と思う箇所があると、一旦読むのを止めて考えたり、前後を何回か読み直したり、しながら読み進める必要がある為、疲れます。(英語が原作の本でも日本語訳だと結局統一されるので、読みにくいです。)

・やっぱり、英語の本に慣れると漢字って読みにくくないですか?

そういうわけで、私や私の周りの人は、日本語が母語で日本語の方が得意でも、結局読書となると英語の方が楽に感じています。 これって、英語で読書ができる人たちの間では常識みたいなものでしょうか? それとも、私の周りのグループが変わっていますか?

ご意見をお聞かせください、よろしくお願い致します。

私や、私の周りの人は、なんだかんだ言って結局「英語の方が読みやすい。」と感じています。理由は、だいたい以下の通りです。

・英語の場合は、同じ単語や言い回しを繰り返さないという暗黙のルールがあるため、「ん?この人何言ってんの?」と思う箇所があっても読み続けていれば、別の単語、言い回しで、言い直される為に、分かんなくても分かるように書かれています。

・日本語の本は、言葉や言い回しが統一されている事が多いので、「ん?この人何言ってんの?」と思う箇所があると、一旦読むのを止め...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

日本語より英語?

まさか、そんなことはと思って、ふと思い出したことがあります。
ただ、ジャンルが多少異なります。

鈴木大拙先生の『禅仏教入門』と"Introduction of Zen Buddhism(1934)"
日本語のほうは、ひろさちや(増原良彦)さんの翻訳(1975)、といっても、下訳は別の人がしているような気がします。

この英語版が当時のアメリカの若者に受けに受けたそうです。日本語翻訳版は、さっぱりというか、一般人が読むような本ではありませんでした。英語で読んだら、まるで違うという印象です。英語版は、比べ物にならないぐらい、読みやすいのはどうしてなのかと思いました。日本語には守るべきもの、それは権威とか伝統とかですが、英語にはそういうものはありません。

では、日本で、この人何言っているの?と思ったものには、吉本隆明の『共同幻想』と同じ趣旨の柳田國男の『遠野物語』批判があります。クレヨンしんちゃんなら、「そうともいうね」というところですが、他人の趣旨の違うものを、自分の味付けで料理しようとするのは本来無理な相談なのだと思うのです。それをしてしまうのは、味覚音痴ではないかと思うのです。

柳田と同じ色調のラフカディオ・ハーンにしても、これを深読みすれば、かなり面白いものだと思うのです。ハーンの英語の方は決して読みやすいものではありませんが。しかし、それは、お伽噺とかいうものとは違うわけです。『新約聖書』が、なぜ読み物として成り立つかというと、ところどころに、リアリズムが混じりこんでいるからです。当時の人間の有様が含まれているわけで、柳田の遠野にしても、ハーンの怪談にしても、まったく絵空事と解釈したら、つまらないものになってしまうものです。フィクションで読むことは構わないにしても、リアリティを織り込んでいるから面白いわけです。

これは私たち自身の問題ですが、現代は、どうも始まりと終わりがはっきりしないものには敬遠されがちだと思うのです。辻褄が合うというのでしょうか、完結したものが好まれることが多いのです。

>英語の本に慣れると漢字って読みにくくないですか?
私はそう感じたことはありませんが、朝日新聞の天声人語の批判が、英語関係者から聞こえます。論旨があやふやだというそうです。脱線ではなく、本線に入る前に、関係のあるようなないような書き方をしています。随筆ならともかく、新聞の1面などに飾るものではないと言われています。日本人の文章というのは、核心に触れるのをわざと避けて語るという方法が好まれるようです。そういうことを、粋(いき)とか粋(すい)と呼ばれるわけです。
なお、漢字は英語なんかをしていれば、だんだんと疎かになることは間違いなさそうです。これではいけないと思うのですが……。

昨今の翻訳は、ミスがなくよく出来ているようですが、例えば、おなじみのMicrosoft の一連の翻訳は、日本語も英語もどっちもどっちというか、たぶん英語ネイティブでも同様に感じるのだと思いますが、とにかく読みにくいのです。では、同じような題材を取り扱った英文が読みづらいかというかというと、決してそんなことはないのです。

私が学生時代、自分の能力に絶望したことがあって、ソシュールの『一般言語学講義』(小林英雄訳)の翻訳本がさっぱり分からなかったのが原因ですが、その時、自分のゼミ担当する教授が、学生時代には原文(フランス語)で読んでいた、とおっしやっていたのです。それから何十年も経ち、言語学学者の町田健氏が、その本は誰も理解した人はいないと聞いて、未だに悔しい思いが残っています。

話の趣旨が違ってくるとは思いますが、日本語というか、翻訳の中には、うまくないものも多いのです。同じくフランスのミシェル・フーコーの『性の歴史』の数ページで躓いてしまいました。原語だったらきっと読みやすいだろうなって思います。女性学の上野千鶴子さんは、ボーヴォワールの『第二の性』の英語版をアメリカで読んだというようなことをおっしゃっていました。フランス語から英語版に直すと多少の誤訳はあるとは聞きますが、日本語との差ほどはありません。

とにかく、自分で勉強しようとすると、本当のことを知らないまま躓いてしまうものの多いことです。今更になって、つまり人生時計の23時30分を過ぎてから、それはなになにだったと、知らされるものが多いような気がしてならないのです。

こんばんは。

日本語より英語?

まさか、そんなことはと思って、ふと思い出したことがあります。
ただ、ジャンルが多少異なります。

鈴木大拙先生の『禅仏教入門』と"Introduction of Zen Buddhism(1934)"
日本語のほうは、ひろさちや(増原良彦)さんの翻訳(1975)、といっても、下訳は別の人がしているような気がします。

この英語版が当時のアメリカの若者に受けに受けたそうです。日本語翻訳版は、さっぱりというか、一般人が読むような本ではありませんでした。英語で読んだら、まるで違うという印象です...続きを読む

QAll of it はなぜ単数?

All of it is delicious.
料理のことについてこのように言う時、なぜ単数扱いとなるのでしょうか?
また、料理以外の他のことでも、all of it というのは全て単数となるのでしょうか?

Aベストアンサー

it = food

All of the food is delicious.

と言うことではないでしょうか。
"food" が不可算名詞なので "it" になるのではないかと。

QWas the theory tested with uncontaminated data? Or

Was the theory tested with uncontaminated data? Or were the data plundered and pillaged?

訳を教えてください。 よろしくお願いします。

文脈は検索すれば出てきますが、文脈を読まずに訳した場合と、文脈を読んで訳した場合の2パターンいただけると助かります。

Aベストアンサー

なんか私の検索能力では、途中で切れちゃっている物しか見つけられませんでしたので、前関係しか見ていませんが、、、

仮説は中立的な立場によって集められたデータにより検証されたのか? 
もしくは結論を裏付けるデータを意図的に探し出してきたのか?

ということで、No2さんと同じような感じになりますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報