日本の皇室は大変素晴らしいと思います。
古代から現代まで連綿と続き国民の安寧を祈っています。
どの様な組織、システムも欠点はあるもので、皇室制度にも色んな問題はあるでしょうが日本にマッチしているのと思います。
海外からの評価も高く、羨望の目で見られている一面もあるようです。
一君万民は私のような庶民兼ノンキャリアには励ましにすらなります。
天皇陛下万歳と大騒ぎするつもりは全くありませんが、素晴らしいなぁと常々思っています。

日本全体の本家さんのようでもありますし、日本史の太い柱だと思います。

A 回答 (4件)

質問は「私の考えについてどう思いますか?」と言うことですね? その通りだと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 12:07

ワタシも、素晴らしいというか、実に巧みに


できていると思います。

しかし、それを具体的に説明できる人は
少ないみたいです。


天皇制の意義

根本は国民を統合する力がある、ということです。

途上国が途上国であるのは、色々な原因がありますが最大のものは、国民が統合されていない、ということです。
どうして統合されていないか、といえば、国民に、国民であるとの連帯感が無い、薄いからです。
イラクやアフガンがその典型です。

イラク人、アフガン人という意識が希薄なので、国民がまとまらず年中ゴタゴタしています。
中国なども、大正時代の留学生ですら、中国人であるという意識はほとんど無かった、と言われています。
皆、北京人、上海人です。

日本だって、幕末時は薩摩藩人、会津藩人という意識の方が強かったのです。
そこで、山縣有朋と西周が相談して天皇を持ってくることにしました。
お前等は、薩摩藩人という以前に、天皇が治める日本という国の国民だ、日本人なのだ。
これが成功したわけです。
これを国民国家といい、アジアで最初にこの国民国家樹立に成功したのが日本で、中韓などは大きく遅れを取りました。

1,独自性
先人は、中国に対する独自性の発露の為、天皇という呼称にしたのです。
現代では、欧米に対する独自性の徴表という意味を持っています。
独自性を持たない国は衰退します。

2,歴史を観て下さい
幕末、幕府の受け皿としての天皇がいなかったら日本は列強の植民地にされていたかもしれません。


3,公、という概念の醸成
オリンピックや国体とかの催しものはみな、国家を国民に意識させる為に行われているのです。
国旗や、国歌などもその類いです。
その中でも、天皇というのは強力なツールです。
天皇は生きている歴史であり、歩く国家なのです。
人々は天皇に接し、想うとき否応なしに日本国家や日本の歴史を想起します。
米国もこれを羨ましがり、天皇の存在は17個師団の軍隊に相当する力があると分析していました。

4,汚職だらけのアジア諸国の中で、日本は比較的清潔でした。
それは、汚職は天皇に対する犯罪で、絶対に許せない、という考え方が強かったからです。

5,かつて官僚は、政治家などは選挙区の代表に過ぎないが我々は天皇の官吏として、日本全体の事を考える立場にある、と誇り高く仕事をしていたのです。

6,戦後、社会主義革命の嵐が吹き荒れました。その前に立ちはだかったのが天皇制です。
社会主義は平等を理念としますので、天皇制と相容れないのです。

7,権威と権力を分離し、もって独裁を防止する。
 権力は徳川将軍が手にしていたが、権威は天皇にあった。
 池田大作が政権をとり、独裁を敷こうとしても、天皇制は大きな障害物になるでしょう。

9、象徴性
選挙で選ぶとなると政治家みたいな人が選ばれることになります。
    • good
    • 0

実際に連綿かどうかは微妙だが・・・・・



政治権力を持ち続けなかった事が功を奏したのだろう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一面ありますね

お礼日時:2017/05/17 20:00

今上天皇の退位(二年後?)が心配です。


さておき、国民の支えがあってこその皇室でもあるので、皇室の方も国民のことを誇りに思っているでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね!
ありがとうございます

お礼日時:2017/05/17 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報