生物と無生物の違いって何ですか?

A 回答 (4件)

生命のあるなしが、違いですが、じゃあ


生命って何だ、といわれると、これが難題で
適当な答えはまだ確定していません。

自立的に子孫を残せるのが生命だ、という説が
有力ですが、それじゃ将来、ロボットを造れる
ロボットが開発されたら、そのロボットは生命を
持つといえるのか、と問われれば
ちょっと違うような感じがします。

旧いモノが新しいモノに入れ替わるのが生命だ
とすると、自動車のモデルチェンジも生命か、
と突っ込まれそうです。
    • good
    • 0

ん十年前、生物の時間に担任の生物の先生にあてられました


たしか新陳代謝を行うか否かだったように記憶しています
    • good
    • 0

自律的に子孫を残そうとするのが生物。


この定義では現代の日本人は生物ではなくなる。
    • good
    • 0

生命を持っているか否かの違いです。


ですが生物的に無生物であっても、哲学的に命を宿すと見る場合もあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舞台とコンサート音響

現在、高2のわたしは、将来、コンサート音響の仕事に就きたいと思っています!!!
そのため、大学を探しているんですが、コンサート音響を学ぶには、専門学校しか見つからないんです…
就職の事を考えると、やっぱり専門学校より、大学に行っておいた方がイイと思い、大阪にある大学を探してます!
舞台音響なら、大阪芸術大学に学科はあるんですが、コンサート音響と舞台音響の違いってあるんですか??
教えてください(>.<)!!!

あと…大阪にある大学で、コンサート音響について学べる所がある大学をご存知の方、教えていただけませんか?!

Aベストアンサー

こんにちは、mondayと申します
地方で、音響会社をやっています。

コンサート音響=舞台音響の一部と考えても間違いでは有りません(下記URL)
業界では、コンサート音響と呼ぶことのほうが稀です。

ただこの分野では、学校で学んだ事が実際に仕事をするのに役立つかは、別の問題です。専門の学校で勉強した人しか、音響の仕事につけないわけでは無いんです。事実、私の会社では、私を含めて、専門の学校(専門学校、大学の事です)出身の人間は、半数もいません。皆バイトから始めて、この業界に就職しています。

それと、「コンサート音響はこうだ」というものも有りません。
いろんな舞台から学んで、自ら作る物です。コンサートの音響をするためには、コンサート以外の舞台を経験した方が、よりよい物が作れると思っています。
コンサート音響を学ぶだけなら、音響会社のバイトからでも学べますよ。

今、質問者さんがするべき事は、まず高校の勉強。次に、進学しようとしている学校の授業内容の確認。そして、何より、色んな舞台、コンサート、ミュージカル等を、実際に見る事だ、と思います。
最後に、専門の学校を出て、音響の仕事を「続けていきたいのなら」
『卒業してから、本当の勉強が始まります。』
それだけは忘れないでくださいね。

参考URL:http://www.georgian.jp/info/fromuk14.html

こんにちは、mondayと申します
地方で、音響会社をやっています。

コンサート音響=舞台音響の一部と考えても間違いでは有りません(下記URL)
業界では、コンサート音響と呼ぶことのほうが稀です。

ただこの分野では、学校で学んだ事が実際に仕事をするのに役立つかは、別の問題です。専門の学校で勉強した人しか、音響の仕事につけないわけでは無いんです。事実、私の会社では、私を含めて、専門の学校(専門学校、大学の事です)出身の人間は、半数もいません。皆バイトから始めて、この業界に...続きを読む

Q日本史AとBの違いと生物AとBの違い。

タイトル通りなのですが…。
日本史AとBの違い。
生物AとBの違い。
教えてください!!
お願いします!!

Aベストアンサー

 基本的なAとBの違いは、みなさんが言われている通りですが、もう少し補足を・・・。

 まず、日本史です。「日本史A」は主に職業高校等で履修され、近現代中心となっています。標準単位数は2単位(週2時間)で、「現社」「政経」等の公民科科目と同単位数です。対して「日本史B」は主に普通高校で履修され、通史となっています。標準単位数は4単位(週4時間)。地歴公民の中では、「世界史B」に次いで知識量が必要といわれています。

 次に生物ですが、「生物A・B」というのは、残念ながら現行の学習指導要領にはありません。現行では「生物I・II」という科目になっています。ちなみに「理科総合A・B」というのはあります。旧課程では「生物IA・IIB・II」というのがありましたから、おそらくそれと間違えられたのではないでしょうか?

 参考までに文科省の当該部分のHPを下記に記しておきます。「第2章 第2節 地理歴史」「第2章 第5節 理科」でそれぞれの科目の内容をご確認下さい。参考になればいいですね。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

 基本的なAとBの違いは、みなさんが言われている通りですが、もう少し補足を・・・。

 まず、日本史です。「日本史A」は主に職業高校等で履修され、近現代中心となっています。標準単位数は2単位(週2時間)で、「現社」「政経」等の公民科科目と同単位数です。対して「日本史B」は主に普通高校で履修され、通史となっています。標準単位数は4単位(週4時間)。地歴公民の中では、「世界史B」に次いで知識量が必要といわれています。

 次に生物ですが、「生物A・B」というのは、残念ながら現行...続きを読む

Q音楽に関係する音響分野について

私は音楽をやる中で、最近音響に興味を持ち始めました。というのも、今までは音楽の形式や作曲技法など「音楽の内容」さえ良ければ音楽は良いものだと思っていた節があったのですが、実際に音楽に関わっていくなかで、やっぱり音質や音響など「音楽の見た目(と例えてみました)」も無視できない、むしろ気にしなくてはいけないと思い始めたからです。それで音響の入門書を読み始めました。

ここで質問したいことは、
(1)音響関係の本で読んでおいたほうがいいと思う本が知りたい
私はDTMをやっていて電子音楽系の音響について詳しく知りたいと思うと同時に、クラシックもやっていてコンサートホールなどの音響にも興味があります。
(2)音響に関する資格で取っておいたらいいと思うものがあるかどうか
音響関係の資格で「取っておいても(勉強しても)損はない」というようなものがあれば教えて欲しいです。音楽や音響に資格は意味がない(関係ない・必要ない)というのはわかっていますが、個人的に「資格を取る」というのは勉強するモチベーションの一つにもなるので、「あったらいいなあ」くらいに思っています。なければ「ない」と教えてください。

私は音楽をやる中で、最近音響に興味を持ち始めました。というのも、今までは音楽の形式や作曲技法など「音楽の内容」さえ良ければ音楽は良いものだと思っていた節があったのですが、実際に音楽に関わっていくなかで、やっぱり音質や音響など「音楽の見た目(と例えてみました)」も無視できない、むしろ気にしなくてはいけないと思い始めたからです。それで音響の入門書を読み始めました。

ここで質問したいことは、
(1)音響関係の本で読んでおいたほうがいいと思う本が知りたい
私はDTMをやっていて電子音楽系の...続きを読む

Aベストアンサー

(1)音響関係の本で読んでおいたほうがいいと思う本が知りたい
すでにお持ちかもしれませんが
「基礎が身に付くPAの教科書 PA入門」
http://www.amazon.co.jp/%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%8C%E8%BA%AB%E3%81%AB%E4%BB%98%E3%81%8FPA%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-PA%E5%85%A5%E9%96%80-%E5%B0%8F%E7%80%AC-%E9%AB%98%E5%A4%AB/dp/484561197X

「PAの全知識―コンサートの裏側、見せます」
http://www.amazon.co.jp/PA%E3%81%AE%E5%85%A8%E7%9F%A5%E8%AD%98%E2%80%95%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A3%8F%E5%81%B4%E3%80%81%E8%A6%8B%E3%81%9B%E3%81%BE%E3%81%99-%E5%AE%AE%E6%B2%A2-%E6%B8%85%E4%BA%BA/dp/4845610752/ref=pd_sim_b_2

(2)音響に関する資格で取っておいたらいいと思うものがあるかどうか
まずバイトなどで経験を積まないといけませんが
「音響技能認定講座と能力検定」
http://www.seas.or.jp/office/SET.html

「劇場技術者検定」
http://www.teec-or.org/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85%E8%B3%87%E6%A0%BC%E8%AA%8D%E5%AE%9A/

(1)音響関係の本で読んでおいたほうがいいと思う本が知りたい
すでにお持ちかもしれませんが
「基礎が身に付くPAの教科書 PA入門」
http://www.amazon.co.jp/%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%8C%E8%BA%AB%E3%81%AB%E4%BB%98%E3%81%8FPA%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-PA%E5%85%A5%E9%96%80-%E5%B0%8F%E7%80%AC-%E9%AB%98%E5%A4%AB/dp/484561197X

「PAの全知識―コンサートの裏側、見せます」
http://www.amazon.co.jp/PA%E3%81%AE%E5%85%A8%E7%9F%A5%E8%AD%98%E2%80%95%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%8...続きを読む

Q大阪で旭高校ってありますけど偏差値が54だったんですけど偏差値54って中間や期末で何点くらい無いと行

大阪で旭高校ってありますけど偏差値が54だったんですけど偏差値54って中間や期末で何点くらい無いと行けませんか?

Aベストアンサー

偏差値における特定の点数に決まりはありません。

偏差値について詳しくはこちらを参照してください。
(参考:http://www.o-shinken.co.jp/benkyo/hensati/hensachi.htm)

おおまかに説明すると
同じテストを受けた人の中で、自分の点数がどのくらいの位置にいるのか
ということです。
よって、同じテストを受けた人数やその点数によって、偏差値は変わってきます。

Q音響工学を学びたいのですが…

今高3です。将来、音楽、特に音響に関わる仕事をしたいと思っています。具体的にしたい仕事は、まだはっきりとは決められていません。だから、専門学校は選ばずに(専門はその仕事にしか直結しないので…)、大学で音響工学を学びたいと思っています。

けれど、学部・学科名に「音響工学」と入っている学校は少なくて、色々な本をみても、「電子電気工学の研究室で音響工学を研究している大学もある」としか書いてありません。

なので、実際どこの学校の研究室で音響・音楽を研究しているのか教えてください。全国の情報を知りたいのですが、特に近畿・国公立の大学について知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学関係者です。

総合大学(国立大学)の工学部電気電子工学科ならほとんどすべての学科が音響工学を研究している研究室があります。大抵、有響室や無響室の設備があります。
音楽や楽器となると音楽系の大学になるかと思います。

電気電子工学科以外でも音響工学を研究している研究室はあります(大学では電気通信大学、学科では情報工学科など)。

多くの大学で、高校生向けにキャンパス見学会を年数回行っていて、研究室見学もやっています。私の大学でも、次回の工学部の見学会が7/31(日)にあり、電気電子工学科では、音響研究室、カーボン研究室、太陽電池研究室の公開説明会があります。

志望予定の大学のHPを見れば、学部毎のキャンパス見学会の実施日程が掲載されているかと思います。
工学部の見学会の行けば、受験生向けの志望相談会や研究室見学会を行っています。午前、午後の2回ほど、見学コースにわけて研究室見学と研究内容の説明、および受験相談などの対応をしてくれます。

Q高校の英語って何をするんですか? 文法はほとんど中学で終わると聞いたのですがもしそうなら高校では何を

高校の英語って何をするんですか?
文法はほとんど中学で終わると聞いたのですがもしそうなら高校では何をするんでしょうか?

Aベストアンサー

中学英語は、日本語で言えば小学校低学年止まり。
高校英語では、日本語で言えば小学校高学年をやります。

Q機械系、電気系、音響系の相似性について

機械系、電気系、音響系の相似性について教えてください。


上記は相似性があると聞きました。
その相似性について教えてください。


・音響系コンプライアンス
・音響系イナータンス
・音響抵抗

とはなんでしょうか?どういう物理現象を表す数値ですか?
また音響系コンプライアンスと機械系コンプライアンスは違う物理現象を
表しているのですよね?
 ※方程式上は相似関係かもしれないが…


ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

音圧=電圧=力
体積速度=電流=速度
体積=電荷=変位

と置くと、微分方程式の形から類似するものが出てくる
ということ。

p = Kdu/dt(p: 圧力, K: 短管のイナータンス, u: 体積速度)
v = Ldi/dt(v: 電圧、L:インダクタンスi: 電流)
F = mdv/dt(F: 力, m: 質量, v: 速度)

なので、短管や質量は電気回路でいうところのインダクタンスに「相当」します。

そうすると空洞(音響コンプライアンス=電気回路の静電容量相当)を
短管に接続すると共鳴現象が起こることが、電気回路からの類推からすぐにわかります。

うちの親父も、機械の動作をなじみのある電気回路に置き換えて挙動を考えるというのを
よくやってました。電気回路用のシミュレータが使えたりするので便利なんですよね。

機械系のコンプライアンスは弾性でこれはコンデンサに「相当」します。

Q高校の面接に「答えが一つしか無いからです」「過去に興味が無いからです」と言うのはアリでしょうか?

高校入試が控えている中学三年生です。
面接時、『好きな教科とその理由』『嫌いな教科とその理由』を質問された時、それぞれ
「数学です。理由は答えが一つしか無いからです」
「社会です。理由は過去に興味が無いからです」
と答えるのってどうなんでしょうか…?鼻につくと思われるでしょうか?
普通に『頭で考えるのが好きだから』『暗記が苦手だから』辺りにしておいた方が無難でしょうか。本心は前者なのですが…
面接官は内容より態度を重視する、とは聞きますがだからと言って内容をお粗末にはしたくありません。
こういった事情に詳しい方、是非知恵をお貸し下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

関係職をしています。

>面接官は内容より態度を重視する、とは聞きますがだからと言って内容をお粗末にはしたくありません。
とても良い考え方です。これだけわかっていれば、面接はほとんど問題ありません。また質問の文面から十分にあなたの人間性の良さが読み取れますので、あなたの場合は面接では減点される心配はなさそうです。
あとは筆記試験次第でしょう。
筆記試験対策の方を重視してがんばって下さい。

さて質問の答えですが、数学はOK、社会は…です。
理由は簡単。数学の答えはマイナスイメージはないですが、社会の答えはネガティブだからです。
他の回答者の方たちが具体的に、良い答え方の例をあげてくれていますので、それらを参考に、次の点を心がけて質問に答えてくださいね。
・ポジティブで前向きに
・明るく素直に
・あまり難しい言い回しの答え方をせずに簡潔に

面接では緊張して当たり前。多少の失敗は問題ありません。
筆記試験で合否のボーダー付近の生徒について、高校3年間は続かないな・授業をまじめに聞けなそうだな・問題を起こしそうだな・コミュニケーションが難しいな…などの問題がみられたときに、合否判定の参考にするくらいだと考えておいてください。

関係職をしています。

>面接官は内容より態度を重視する、とは聞きますがだからと言って内容をお粗末にはしたくありません。
とても良い考え方です。これだけわかっていれば、面接はほとんど問題ありません。また質問の文面から十分にあなたの人間性の良さが読み取れますので、あなたの場合は面接では減点される心配はなさそうです。
あとは筆記試験次第でしょう。
筆記試験対策の方を重視してがんばって下さい。

さて質問の答えですが、数学はOK、社会は…です。
理由は簡単。数学の答えはマイナスイメ...続きを読む

Qノーマル音響インピーダンス

オシロスコープで測定した電圧を音圧に変換し吸音率を求める途中式でノーマル音響インピーダンスを使うのですが、Z=ρc(Rn+Xn)のRn:音響抵抗とXn:音響リアクタンスをどのようにして求めていけばよいか分からず困っています。解き方または本のタイトルでもよいので知っている人がいるなら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ノーマル音響インピーダンスというのは、参考資料 [1] の式(2.1)の Z のことですね。そして、式(2.2)の r と x をどうやって測定するのかという質問でしょうか。

音響インピーダンスの測定法に、定存波法(反射法)というのがありますが、これはノーマル音響インピーダンス(垂直入射の音場に対する音響インピーダンス)を測定するものです。資料 [2] に測定法が出ています。これは書籍ですので、同じ図が測定装置の図が出ている資料 [3] の 「3.2.1 垂直入射吸音率の測定:定在波法」の左側の絵を参考にしてください。

定在波法とは、資料 [3] の図にある「試料」のところに、音響インピーダンスを測定したい物質をおいて、プローブマイクロホンの位置を試料からだんだん遠ざけていったときの音圧の変化(図の下に出ているグラフ)を記録するものです。資料 [3] の図に、剛壁と書かれているのは、文字通り固い壁なのですが、音響インピーダンスが分かっている物質という意味です。

剛壁の音響インピーダンスを Z0 [N・s/m^5]、試料の音響インピーダンスを Z [N・s/m^5] としたとき、剛壁の前に試料が置かれた状態での音波の反射係数 R は R = ( Z - Z0 )/( Z + Z0 ) で表されます。R は複素反射率で、反射率の大きさ |R| と位相角 θ を使えば、R = |R|*{ cos(θ) + j*sin(θ) } と書くことができます( j は虚数単位)。

資料 [3] のグラフにあるPmax(最大音圧)とPmin(最小音圧)から、定在波比σが計算できますが、このσと反射率の絶対値 |R| とは次のような関係があります。
σ=Pmax / Pmin = ( 1 + |R| )/( 1 - |R| )
また、資料 [3] の音圧のグラフで、最初のPmaxのピーク位置と壁面(試料)との距離を L [m] とすれば、
θ= 4*π*L / λ
となります。λは測定音波の波長 [m] です。

したがって、Z = Z0*{ 1 - {R|^2 + j*2*|R|*sin(θ) } / { 1 + {R|^2 - j*2*|R|*sin(θ) }
Z の実部が r 、虚部が x です(Z0も複素数なら計算は面倒です)。

なお、マイクロホンの電圧と音圧との関係は資料 [4] に出ています。

[1] 斜め入射での吸音率 http://www.acoust.rise.waseda.ac.jp/publications/koyasu/k1.pdf
[2] 西巻正郎 「電気音響振動学」 コロナ社, p.228(9.8 音響インピーダンスの測定)
[3] 3.2.1 垂直入射吸音率の測定(p.2) http://www.arch.kobe-u.ac.jp/~en1/acoustenv-slide-web/7.pdf
[4] 音圧の定義・マイクの音圧感度 http://www.ince-j.or.jp/03/page/doc/term-a.htm

ノーマル音響インピーダンスというのは、参考資料 [1] の式(2.1)の Z のことですね。そして、式(2.2)の r と x をどうやって測定するのかという質問でしょうか。

音響インピーダンスの測定法に、定存波法(反射法)というのがありますが、これはノーマル音響インピーダンス(垂直入射の音場に対する音響インピーダンス)を測定するものです。資料 [2] に測定法が出ています。これは書籍ですので、同じ図が測定装置の図が出ている資料 [3] の 「3.2.1 垂直入射吸音率の測定:定在波法」の左側の絵を参考にしてく...続きを読む

Q[面接]中学校と高校学校と違いは何だと思いますか?

面接について。。「中学校と高校学校と違いは何だと思いますか?」という問題がありました。

...どうやって答えば良いでしょう? 教えてください! 

(今日受験ですが明日は面接があるなので練習しないと。。。)

さっき父から聞きましたが何も助かりませんでした...(泣)


答えは明日の朝を見えます。(笑)

Aベストアンサー

①義務教育とそうではないこと。

 中学では、基本的にサボってもテスト休んでも
 欠席が多くても、多少バカやっても卒業できますけど、
 高校はそうはいきません。

 自分がやらなかった分だけ、自分に返って来るし、
 自分がバカやらかした分だけ、責任とる場所です。


②より専門的に勉強する場所。

 高校は、「学科」があるように、
 基本的に、中学よりもより教養を・知識を深め、
 専門的な勉強をする場所です。
 授業にしても、部活にしても…です。



 高校は、中学よりも、何事に関しても、一層のレベルアップをする場所で、
 半分は大人(高校に進学しない人は社会人として働くから)なので、
 責任が全然違います。
 自分の行いや発言は、全部自分の責任です。
 

 言ってしまえば、
 勉強したくないなら、
 面倒くさいなら、学校が嫌なら
 「じゃあ、辞めて働けば良いじゃん」って言われて終わります。

 わざわざ受験して高校に来るのは自分なので、
 その辺の我がままは通用しないです。



 そこを理解せずに、中学生感覚のままで
 一向に、行いを改善しない生徒は、
 たいてい、1年生が終わる頃には退学している確率が高いです。


あとは、自分で自分の意見を考えましょう。

言い方は、ですます調で、はっきりと言えばそれでいいです。

意味不明な言葉遣いや「ヤバい」なんて言葉が出ない様に心がけましょう。

①義務教育とそうではないこと。

 中学では、基本的にサボってもテスト休んでも
 欠席が多くても、多少バカやっても卒業できますけど、
 高校はそうはいきません。

 自分がやらなかった分だけ、自分に返って来るし、
 自分がバカやらかした分だけ、責任とる場所です。


②より専門的に勉強する場所。

 高校は、「学科」があるように、
 基本的に、中学よりもより教養を・知識を深め、
 専門的な勉強をする場所です。
 授業にしても、部活にしても…です。



 高校は、中学よりも、何事に関しても、一...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング