誘導加熱と誘電加熱の例を挙げてください。

誘導加熱はうず電流損、ヒステリシス損による発熱。

誘電加熱は高周波、誘電体損による発熱。

A 回答 (2件)

誘導加熱は、IH調理器に使われています、うず電流損、ヒステリシス損、ジュール熱による発熱ですね。


低周波と高周波があり、低周波のものはより深部まで誘導電流により加熱することが可能です。
低周波加熱は、仕事で鋼の焼入れ加熱で使ったことがありますが、IH調理器とは違い、コイルの中に加熱する材料を置いていました。

誘電加熱は、高周波による絶縁物(誘電体)を誘電損失により発熱する現象を利用したもので電子レンジ等があります。
これも仕事で工業用の誘電加熱装置でセメント硬化物を焼こうとして、セメントを爆発させてしまった事があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 18:15

誘導加熱はIHのレンジとかにつかわれてますよね。

誘電加熱は工業会では接合接着などによく使われてます。電子レンジも誘電加熱はです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 18:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報