ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

誘導加熱と誘電加熱の例を挙げてください。

誘導加熱はうず電流損、ヒステリシス損による発熱。

誘電加熱は高周波、誘電体損による発熱。

A 回答 (2件)

誘導加熱は、IH調理器に使われています、うず電流損、ヒステリシス損、ジュール熱による発熱ですね。


低周波と高周波があり、低周波のものはより深部まで誘導電流により加熱することが可能です。
低周波加熱は、仕事で鋼の焼入れ加熱で使ったことがありますが、IH調理器とは違い、コイルの中に加熱する材料を置いていました。

誘電加熱は、高周波による絶縁物(誘電体)を誘電損失により発熱する現象を利用したもので電子レンジ等があります。
これも仕事で工業用の誘電加熱装置でセメント硬化物を焼こうとして、セメントを爆発させてしまった事があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 18:15

誘導加熱はIHのレンジとかにつかわれてますよね。

誘電加熱は工業会では接合接着などによく使われてます。電子レンジも誘電加熱はです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 18:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QΔ-Y結線にて位相が30°進むのはなぜ?

Δ-Y結線にて、1次電圧に対して、2次電圧の位相が30°進むのはなぜでしょうか?

Y結線は、線間電圧が相電圧に対して、30°進むのですよね?
それだと、Δ-Y結線では、Y結線の相電圧は、Δの線間電圧に対し、30°遅れると
思うのですが、違うのでしょうか?

Aベストアンサー

Δ接続の相電圧(=線間電圧)とY接続の相電圧が対応しているので、一次の線間電圧と二次の相電圧が同位相になります。
二次の線間電圧(Vuw)が二次の相電圧(Vu)より30度進みになるので、二次の線間電圧は一次の線間電圧より30度進みになるかと思います。

Q電気工事の接地抵抗工事の専門的な話について質問です。 質問1: 接地抵抗工事に金属管が使われることが

電気工事の接地抵抗工事の専門的な話について質問です。

質問1:

接地抵抗工事に金属管が使われることがあるのでしょうか?使っても良いのでしょうか?

質問2:

接地抵抗計の出力は直流出力だと地面の化学反応によって誤差が起こるので交流出力で調べると書いてありました。

なぜ交流出力だと地面からの化学反応の誤差が出ないのか説明してください。

Aベストアンサー

簡単ですが参考程度に!

[接地工事に関する規定・材料]
※接地極の構造と仕様
 接地極は、銅板・銅棒など、接地工事専用に販売されている製品を使用することが原則であるが、金属製の材料であれば代替できる。亜鉛めっき鋼管や圧鋼電線管など、給排水工事で使用されている配管材や電線管も、接地極として認められる。内線規程によれば、これらの配管材の場合、外径25mm・長さ0.9mを最小寸法として規定しており、どれだけ接地抵抗を低く確保できる地域でも、この数値以上の材料を使用する。
(但し、A種からD種まで接地抵抗値が規定されているので、規定値をクリアしなければならないのはもちろんです。)

[接地抵抗計]
※分極作用
 大地は電解質のような性質をもっているため、分極作用があり、直流電流を流すとその電流と反対向きの起電力が発生して正確に測定ができません(直流電流を流すと成極作用のため、電流が流れにくくなり大きな誤差を生じるから)。そのため接地抵抗の測定には、一般的に数十Hz ~ 1 kHzの矩形波や正弦波が用いられます。

と、接地抵抗を測定する際の、技術者向け資料が出ています。

簡単ですが参考程度に!

[接地工事に関する規定・材料]
※接地極の構造と仕様
 接地極は、銅板・銅棒など、接地工事専用に販売されている製品を使用することが原則であるが、金属製の材料であれば代替できる。亜鉛めっき鋼管や圧鋼電線管など、給排水工事で使用されている配管材や電線管も、接地極として認められる。内線規程によれば、これらの配管材の場合、外径25mm・長さ0.9mを最小寸法として規定しており、どれだけ接地抵抗を低く確保できる地域でも、この数値以上の材料を使用する。
(但し、A種からD種...続きを読む

Q【電気工事士としてこれは持っていた方が良いお勧めのメーカーの電気工具を教えてください】

【電気工事士としてこれは持っていた方が良いお勧めのメーカーの電気工具を教えてください】

Aベストアンサー

仕上げされた天井や壁の中の、軽鉄下地等の位置をさがすのに便利な下地センサー。
色々あるので、選択しましょう。
https://www.amazon.co.jp/%E6%B8%AC%E5%AE%9A%E5%B7%A5%E5%85%B7-%E4%B8%8B%E5%9C%B0%E6%8E%A2%E3%81%97/b?ie=UTF8&node=2039627051

Q電柱工事をしている人に質問です。 電柱の下に埋まっている「根かせ」というものはどういう役割があるので

電柱工事をしている人に質問です。

電柱の下に埋まっている「根かせ」というものはどういう役割があるのでしょうか?

Aベストアンサー

軟弱地盤でステーが取れずに、電柱やポールを建てる時、横方向への動きを抑止する地中梁です。
横方向への動きを抑止する事で倒壊や傾きを防ぎます。
GL下30~60cmに設置します。

Q【第1種電気工事士】の「高圧受電設備の単線図」の覚え方を教えてください。 あと複線図も丸暗記しないと

【第1種電気工事士】の「高圧受電設備の単線図」の覚え方を教えてください。

あと複線図も丸暗記しないといけないのでしょうか?

単線図、複線図の丸暗記のコツを伝授してください。

蟻の脳みそくらいしか記憶のキャパがないので見て覚えるのは不可能と判断しました。

語呂合わせ的な覚える方法とかないのでしょうか?

パソコンのネットワーク層はアプセトネデブとかで覚えました。

これは語呂合わせとか覚えるコツとかないのでしょうか?

Aベストアンサー

第1種電気工事士試験の、高圧受電設備図の部分の問題を数年分解くうちに、覚えてしまいます。
複線図は単線図の親戚ですから、単線図が理解できれば、これもすぐ覚えられます。
人間の脳でも、あの遠大な宇宙を理解できるので、キャパの心配は全くありません。

Q誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について教えてください。

私は今現在、化学関係の会社に携わっているものですが、表題の誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について、いまいち理解が出来ません。というか、ほとんどわかりません。この両方の値が、小さいほど良いと聞きますがこの根拠は、どこから出てくるのでしょうか?
また、その理論はどこからどうやって出されているのでしょうか?
もしよろしければその理論を、高校生でもわかる説明でお願いしたいのですが・・・。ご無理を言ってすみませんが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気屋の見解では誘電率というのは「コンデンサとしての材料の好ましさ」
誘電正接とは「コンデンサにした場合の実質抵抗分比率」と認識しています。

εが大きいほど静電容量が大きいし、Tanδが小さいほど理想的な
コンデンサに近いということです。
よくコンデンサが突然パンクするのは、このTanδが大きくて
熱をもって内部の気体が外に破裂するためです。

伝送系の材料として見るなら、できるだけ容量成分は少ないほうがいい
(εが少ない=伝送時間遅れが少ない)し、Tanδが小さいほうがいい
はずです。

Q絶縁抵抗測定を行う場合、使用する電圧は何ボルトを使用されますでしょうか?100V.200Vの機器につ

絶縁抵抗測定を行う場合、使用する電圧は何ボルトを使用されますでしょうか?100V.200Vの機器については500Vをかけるのが怖い気がします。しかし、技術指針かなにかで500Vかけなさいという規程があります。皆さんはどうされていますか?

Aベストアンサー

電気設備に関する技術基準を定める省令第58条では、電路の使用電圧の区分に応じて絶縁抵抗値が定められていますが、測定する絶縁抵抗計の定格測定電圧については言及していません
低圧回路では一般的に500Vメガを使用しますが、必ずしも500Vで測定しなければならないということではありません
内線規程では、「低圧電路の絶縁抵抗を測定する絶縁抵抗計は、電路の使用電圧相当の定格測定電圧以上のものを使用することが望ましい」となっています
100V回路においては125Vメガ、200V回路においては250Vメガを使用
JISC1302「絶縁抵抗計」(2002)においても同様なことが書かれています

関東電気保安協会ホームページ参照
https://www.kdh.or.jp/safe/document/advice/02/35.html

Q【電気の高圧受電設備の疑問】3つ疑問があります。 質問1: V2Vの単走変圧器には「限流ヒューズ付高

【電気の高圧受電設備の疑問】3つ疑問があります。

質問1:

V2Vの単走変圧器には「限流ヒューズ付高圧交流負荷開閉器」を使って、

スターデルタ結線の3相変圧器には「ヒューズ付き高圧カットアウト」を使う。

と記載されていますが、なぜスターデルタには限流ヒューズ付高圧交流負荷開閉器を使ってはいけないのですか?

逆にV2Vもヒューズ付き高圧カットアウトが使ってはいけないのはなぜなんでしょうか?

質問2:

なんで避雷器に断路器を付けてるの?

1回目直撃して断路器が飛ぶと2回目落ちたら死ぬのでは?

質問3:

高圧進相コンデンサの上に直列リアクトルが必要なのはなぜですか?

直列リアクトルはどんな働きをしているのでしょうか?

------

以上、3点の高圧受電設備の疑問を教えてください。

Aベストアンサー

質問1、どちらでもかまいません。 高圧カットアウト(PC)PF付及び、高圧負荷開閉器(LBS)のPF付は、短絡保護に使えます。 なお、それぞれ過電流保護装置は別途必要です。 操作性はLBSの方がシーケンスで開閉できるので良いです。
PCの場合は、フック付絶縁棒で開閉する事になります。 使い分けは、操作性及びコスト、使用可能範囲で行われます。
質問2.保守の為に断路器は必要です。 なお、断路器は過電流保護機能は無いので、通常は雷のサージ電流を受けても、破損しません。(雷のサージ電流は、避雷器で遮断されます)
質問3.電流の高調波の波形改善の為に直列リアクトルを入れています。 リアクトルは、電流波形の高周波成分を弱める作用があります。

Q単相3線 200vについて

こんにちは
200Vのコンセントをみたら電源線2本とアース線(緑)をつけるとありました。
赤→黒の線間電圧200V(電源線) 
対地電圧100Vが2方向から同時に100Vづつながれ合計200Vの電圧①を
ながしている(受けている)というこでしょうか?
以上 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>100Vが2方向から同時に100Vづつながれ合計200Vの…

「ながれ」ではなく「加わり」です。

電圧とは流れるものではなく、流れるのは電流です。

Q立ち上がり部分や立下り部分で電線同士を接続していんですか?

立ち上がり部分や立下り部分で電線同士を接続していんですか?
2種の28年度の上期の問題で1階から3階までの間の心線数を求める問題で
回答をみたら立ち上がり部分で電線同士を接続してました。

立ち上がり立下り部分で接続かのうでしょうか?

Aベストアンサー

ネットで試験問題を見ましたが
配線は1階階段踊り場、2階階段踊り場の壁照明(ブラケット)を経由して立ち上がっているので
壁内に照明器具用のアウトレット・ボックス等を取り付け、結線はボックス内で行っているのです
配線図にはコンセント・スイッチ同様にボックスの表示は特にしていません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報