誘導加熱と誘電加熱の例を挙げてください。

誘導加熱はうず電流損、ヒステリシス損による発熱。

誘電加熱は高周波、誘電体損による発熱。

A 回答 (2件)

誘導加熱は、IH調理器に使われています、うず電流損、ヒステリシス損、ジュール熱による発熱ですね。


低周波と高周波があり、低周波のものはより深部まで誘導電流により加熱することが可能です。
低周波加熱は、仕事で鋼の焼入れ加熱で使ったことがありますが、IH調理器とは違い、コイルの中に加熱する材料を置いていました。

誘電加熱は、高周波による絶縁物(誘電体)を誘電損失により発熱する現象を利用したもので電子レンジ等があります。
これも仕事で工業用の誘電加熱装置でセメント硬化物を焼こうとして、セメントを爆発させてしまった事があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 18:15

誘導加熱はIHのレンジとかにつかわれてますよね。

誘電加熱は工業会では接合接着などによく使われてます。電子レンジも誘電加熱はです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/18 18:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誘導加熱と誘電加熱の例を挙げてください。 誘導加熱はうず電流損、ヒステリシス損による発熱。 誘電加熱

誘導加熱と誘電加熱の例を挙げてください。

誘導加熱はうず電流損、ヒステリシス損による発熱。

誘電加熱は高周波、誘電体損による発熱。

Aベストアンサー

誘導加熱は、IH調理器に使われています、うず電流損、ヒステリシス損、ジュール熱による発熱ですね。
低周波と高周波があり、低周波のものはより深部まで誘導電流により加熱することが可能です。
低周波加熱は、仕事で鋼の焼入れ加熱で使ったことがありますが、IH調理器とは違い、コイルの中に加熱する材料を置いていました。

誘電加熱は、高周波による絶縁物(誘電体)を誘電損失により発熱する現象を利用したもので電子レンジ等があります。
これも仕事で工業用の誘電加熱装置でセメント硬化物を焼こうとして、セメントを爆発させてしまった事があります。

Q(電気主任技術者)うず電流について

テキストに下記のような図がありました、コイルに電流が流れ磁束が発生しその磁束を打ち消す方向に電流が流れるならうず電流の回転が逆のような気がするのですが??どなたか教えて頂けませんでしょうか??これだとコイルの電流の発生する磁束の向きとうず電流の発生する磁束の向きが同じなので磁束がより強力になると思います。

Aベストアンサー

図のコイルに流れる電流の挙動が記載されていないので何とも言えないのですが
電流が流れはじめた瞬間であるのならば、ご指摘の通り逆向きのうず電流が流れると思います。

ただ、うず電流は磁束の変化を妨げる方向へ流れるので、電流が徐々に減少している状況ならば
図の様な電流が流れることもあります。

図的にちょっと不親切ですね…。

Q電磁誘導加熱

 IHクッキングヒーターの「IH」はわかったのですが,電磁誘導加熱がどうしてもわかりません。 誰か教えてください。よろしくお願いします。((+_+))

Aベストアンサー

IHが電磁誘導加熱を意味するのですが・・・
電磁誘導とは導体(電気を良く通す物)の周りに磁界の変化を与えると導体には磁界の変化に応じた電流が流れます。超伝導体(電気抵抗が0)でない限り電流が流れると必ずジュール熱(その導体のに電流を流した両端の電圧とそこに流れた電流の積で求められます)が発生します。

IHヒーターでは高い周波数の電磁波を鍋などに当てる事で鍋の内部に沢山の電圧の変化をもたらし、電流を流すことによって鍋自体を発熱させているのです。

極簡単な例を示せばコイルの両端をショートさせたものを用意しその向かいに交流を通じたコイルを近づけると、ショートされたコイルに電流が流れ発熱します。これがIHの原理です。

Q【電気】変圧器の「鉄損」「銅損」って何ですか? 何が鉄損で何が銅損になるのでしょうか?

【電気】変圧器の「鉄損」「銅損」って何ですか?

何が鉄損で何が銅損になるのでしょうか?

Aベストアンサー

鉄損: コアの物性の為に発生する損失。(鉄芯に由来する損失)
銅損: 巻線の抵抗成分に為に発生する損失。(銅線に由来する損失)
上記の程度の事しか知りません。
下記のサイトが参考になるかも。

http://www.geocities.jp/spwks280/henatukisonsitu.html
http://www.jeea.or.jp/course/contents/05101/

Q鉄コバルト合金の誘導加熱

ソレノイドコイルを用いて金属板を高周波誘導加熱する方式について、鉄コバルト合金は昇温できるのでしょうか?
またそもそも鉄コバルト合金の平板というものは存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちわ


 どなたもいらっしゃらないようなので、一人くらいと思いました。次の理由があるかもしれません。

 回答者の心理として、鉄コバルト合金やその平板と言う用語、または物質、に対する関心はどうして質問したくなったのでしょう。このような、難しそうな(次にお話)物質名がどうして出て来たのでしょう。なぜ平板にこだわるのでしょう。
 合金については、各メーカがあり、工場、商社・・があり、応用製品、器具に応用されています。
 金属の合金は、結晶の問題であり、実際に研究に取り組んでいる人は世界中に何人いるか疑問です。もしかしたら最先端の研究かも知れないと思うからです。
 私個人の考えなのですが、
 (1)鉄、コバルト、ニッケルは、隣り合った元素=原子であると言う事、
 (2)鉄に放射性コバルトが混合した鉄筋で立てた住宅で住民が病気になった例が台湾にありますし、
 (3)鉄合金として、コバルトの合金としての磁性材は聞くけれど、鉄コバルト合金の磁性材の実用品は聞いた記憶がないし、まして平板まて出されると、どういう考えで質問されたのか、実は、私が知りたいのが本音なのです。それもあり、もしかすると最近の研究事情を知れるかっも知れないと思い投稿しました。

 あなたの方が知識があるのでないか、とも思います。
勿論この研究は、研究に値すると思います。

 私の結論は、これを研究している人に聞くしかないと思います。でなければ分からないと思うからです。
 というのは、温度、処理過程、混合比その他微妙な条件で、一つとして同じ結晶構造の合金が出来ないだろうと思うからです。
 
 以上のため回答者がいないのでないかと思い、一人くらいいてもよいのでないかと、思いました。

せっかくですので、
 誘導加熱について、私が知っているほんの基本について。

 ★電磁誘導、の法則=原理によって、物質(詳しくは素材原子、私は空気も含めます)内に起電力を作用します。起電力とは、荷電粒子を押し動かす力のことです。
その起電力で電荷が動かされると、電流が流れるわけです。
 科学知識では、大まかに、絶縁物、半導体、電気の良導体に分けられているので、これをそのまま頂き、電磁誘導で電流が流れるのは、金属と考えます。当然、流れるのは、金属の特性によって、自由電子が流れる「電子の電流」です。
 
 以上の理由によって、金属類全てに電磁誘導は有効と考えられます。

 ★次に関係してくるのは、電子流に対する金属(含む合金、当然天然の鉱石)の持つ電気抵抗によって発熱・温度上昇が生じる自然現象が起きます。金属内の結晶構造で電気抵抗が違う事が考えられます。

 鉄の精錬、その他鉱石から金属を取り出すのも抵抗発熱で溶解するわけです。鋼の焼きいれ、焼きなまし、電子関係では、純粋シリコンの溶融取り出し。とい言った具合で、全てに応用できるはずです。
 
 もし鉄コバルト合金でしたら当然電気抵抗を持ちますから(超伝導条件以外では、物質全て電気抵抗を持つと考える)発熱温度上昇が考えられます。
 
 ★次に考えられる条件は、交流の周波数による違いです。
 鉱石の精錬には、低周波誘導炉が記憶にあります。高周波誘導路も記憶にありますが用途はちょっと。高周波は鋼の焼きいれに記憶がありますが?高周波電流は表面を流れるから刀の鋼の焼入れによいと記憶していますが。どうでしたか。
 ●高周波電流になると、金属の表面を流れるようになる(表皮効果と言ったと思う)自然現象があると思っています。
 とにかく電流が流れ、電気抵抗がある物質なら発熱、温度上昇があると考えます。

 私、個人の考え方と疑問でした。では。何か最新情報が分かりましたら教えてください。

 こんにちわ


 どなたもいらっしゃらないようなので、一人くらいと思いました。次の理由があるかもしれません。

 回答者の心理として、鉄コバルト合金やその平板と言う用語、または物質、に対する関心はどうして質問したくなったのでしょう。このような、難しそうな(次にお話)物質名がどうして出て来たのでしょう。なぜ平板にこだわるのでしょう。
 合金については、各メーカがあり、工場、商社・・があり、応用製品、器具に応用されています。
 金属の合金は、結晶の問題であり、実際に研究に取...続きを読む

Q【単相2線式の電力損失はなぜI^2、2乗の電流を損失するんですか?】 電圧降下は単相2線なので2Ir

【単相2線式の電力損失はなぜI^2、2乗の電流を損失するんですか?】

電圧降下は単相2線なので2Irは分かります。

電力損失はなぜ2I^2rのように電流だけ2乗の損失が産まれるのか理由を教えてください。

Aベストアンサー

> 単相2線式の電力損失はなぜI^2 →rI^2
この損失は、電流の経路をすべて含みます。rは往復すればそれも含んでください。

> 電圧降下は単相2線なので2Irは分かります。
この場合は、電流経路が2rと言っています。rが電流経路全てであれば、電圧降下はIrです。

要は、
片線だけを見て往復だから2倍にする(後者)、
往復の全線を見ている(前者)、
と言う違いだけで、同じことを言っています。

Q熱処理と転造

ある金属を(1)熱処理後転造、(2)転造後熱処理したものでは、どちらのほうが強度が強いでしょうか?また、熱処理と転造の意味も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

熱処理と転造の意味に関してはNo.2さんの書かれている通りです。

強度上は「熱処理後転造」が強くなります。
熱処理で必要強度(硬さ)を与えた上に、ねじの強度上の最弱部であるねじ底が(1)加工硬化、(2)残留応力付与 で強化されるからです。

ただし、作り手側の問題としては、これもNo.2さんが書かれている様に熱処理したものは加工しにくく、加工ダイス等の寿命も短くなります。

結局、ねじを作る側は作りやすい「転造後熱処理」で生産したがるのですが、ねじを使用する側は「熱処理後転造」を希望することになります。

Q【電気】I=VR これの意味することは 仮説1 電流が高くなると電圧も高くなる 仮説2 電流が高くな

【電気】I=VR

これの意味することは

仮説1
電流が高くなると電圧も高くなる

仮説2
電流が高くなると抵抗が高くなる


どっちですか?

電流が高くなると電圧が上がるんですか?抵抗が上がって等しくなるんですか?

どっちかが上がって等しくなるのではなく両方上がって等しくなるんでしょうか。

Aベストアンサー

ってゆうか
I=V/RまたはV=IRじゃなかったかな
電流が多くなるとまたは大きくなるともいうのかな、でも電流が高くなるとは言わないような

Qxbox360の熱処理で・・・

xbox360をついに購入したんですけど、ネットを見ると故障のほとんどが熱暴走だと書いてありました。
xbox360の熱処理はまず風通しの良いところにおき、扇風機で強にして本体に当て、ゲーム時間は連続の最高で2時間までと考えています。
PS3のクールファン3を買うまでの熱処理の方法ですが、なんだか不安です。
熱処理でもっとも有効的な方法はないんでしょうか?また上記のような熱処理でxbox360は故障しないのでしょうか?

Aベストアンサー

当たり外れと利用環境によるかと。

確実にNGとされるのが、
・本体を閉鎖空間(TVのビデオデッキラック等の中)に置くこと。
・排気口を塞がないこと
この2点。
要は熱が篭らないようにしてやること。

色々見る限りでは、あまり縦置きは望ましくないようです。
また、弾力があるものの上に置かない方が良いです。

個人的にはたまにフリーズすることはありますが、これはソフトの問題だというのがわかっているので、実質的にハードウェア面で問題になったことは無いです。

Q【電気】回路計が交流電流を測定出来ないのはなぜですか? 回路計は直流電圧、交流電圧、直流電流しか測定

【電気】回路計が交流電流を測定出来ないのはなぜですか?


回路計は直流電圧、交流電圧、直流電流しか測定出来ないと聞きました。

なぜ回路計は交流電流が計測出来ないのでしょう?


あとクランプメーターは直流電流、交流電流が測定出来るので交流電流はクランプメーターで測定するのでしょうか?

Aベストアンサー

> なぜ回路計は交流電流が計測出来ないのでしょう?
交流電流も、整流器をつければ可能です。そんな回路が無い計器なのでしょう。
この整流器は負荷電圧に影響を与えるので、正確さを犠牲にして測定するか否か、です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング