①うつ病
②全般性不安障害
③強迫性障害

上記の病気の人は、それぞれ、男性か女性どっちの方が多いんですか?

A 回答 (2件)

ご質問から、鬱病はサラリーマンなどの男性に多く、全般性不安障害や強迫性障害(共に、不安障害系の病気です。

)は、女性が多いのです。

男性には責任感の強い人が多く、女性には神経の繊細な人が多いことは昔から知られていますが、これらが関係しています。
    • good
    • 0

申し訳ありませんが、あなたが挙げた症状群は互いに関係しているので医学的研究は無いでしょう。

    • good
    • 0
  • 不安神経症(全般性不安障害)<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    不安神経症(全般性不安障害)とはどんな病気か  不安を主症状とする神経症を、不安神経症といいます。  不安は漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものですが、はっきりした理由がないのに不安が起こり(あるいは理由があっても、それと不釣り合いに強く不安が起こり)、いつまでも続くのが病的な不安です。不安神経症では、この病的な不安がさまざまな身体症状を伴って現れます。  なお、国際疾病分類などでは「神経症...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報