父が経営している会社があるのですが
父が病気になったので、法人税の申告書を私が作ることになりました
今まで全くこういうことに関わったことが無いのでよく分かりません
会社自体はほぼ開店休業状態なので、書くのは特に難しく無かったです
去年は父が税務署に行きOCR入力用と青色1枚、法人事業概況説明書1枚を提出し
青色2枚に控えの印をもらいました
今年は郵送で提出しようと思います
控えが必要ない場合は、去年に提出した3枚だけを郵送すればよいのでしょうか?
控えが必要な場合は、返信用封筒と切手を同封すれば、青色2枚と法人事業概況説明書の控えを
返送してもらえるのでしょうか?
あと捺印箇所ですが、OCR入力用と青色用意全てに捺印するのでしょうか?
全く何も分からないのでよろしくお願いします

A 回答 (1件)

書かれている帳票というのは、法是印税の申告書の別表1でしょうかね。


OCR養子1枚と青色用紙1枚が税務署提出用となります。もう一枚の青色用紙が控用となります。

返信用封筒を用意したうえで控をもらうことをおすすめします。

このように書くのは、税務署であってもミスがあります。郵便局も事故があります。
以前知人の手伝いで税務署の書類を一緒に作成した際に、知人にコピーの上で押印し、控えを作って税務署へと言ったところ、控えを作らずに郵送してしまいました。
その結果、郵便事故なのか、税務署内紛失なのかわかりませんが、手続きが受理されておらず、その後不利益を受けましたね。
控を作り、返信用の準備をしていて返信がなければ疑問を感じることができるでしょう。
また、将来無申告の扱いとなれば、不利益を受けることにもなってしまうでしょう。
申告したからと言って、後日控がほしいと税務署に申し出てももらえません。
お父様が復帰されたり、ご家族が引き継いだりし、融資などを受けたいといった場合には、申告義務や納税義務をしっかりと果たしているかの確認がされます。申告書の控えなどは必須となります。

捺印箇所はすべてとなります。
私なんて、金融機関からの融資の関係で申告書をいくつもつくるため、後でコピーを取るのも面倒ということで、最初から控3部や4部作り、受付印の押印をしたものを返してもらっていますよ。紛失も怖いですし、控えの原本を社長と総務で保管することで、便利なこともありますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有りがとうございます
そうですね、控えが帰ってくれば届いたということですからね
返信用封筒を用意します

お礼日時:2017/05/20 17:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング