静電気的な引力と電気的な引力は同じことを言ってるの??

A 回答 (1件)

いいえ。



「静電気的な力」は「静的」な(つまり時間変化しない)電気に働く力。

「静電気」以外の「電気的な力」としては、磁場中の電流(移動する荷電粒子)に働く力や、磁場の時間変化で発生する電気(電磁誘導)によって発生する力があります。つまり「時間変化」する電気による力です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、惑星の公転方向は同じなのですか? 太陽が関係しているんですか?

なぜ、惑星の公転方向は同じなのですか?
太陽が関係しているんですか?

Aベストアンサー

http://www.nao.ac.jp/faq/a0504.html
書くのが面倒だったので
他にもいろんな諸説があるみたいですよ、宇宙は面白いですね

Q(水素イオン半径<)He原子半径<リチウムイオン半径 (フッ素イオン半径<)Ne原子半径<ナトリウム

(水素イオン半径<)He原子半径<リチウムイオン半径

(フッ素イオン半径<)Ne原子半径<ナトリウムイオン半径


こうなるのはなぜですか?

HeとLi、FとNaのイオン半径は、
「ある希ガス原子と同一の電子配置をもつイオンは、原子番号の大きいものほど中心の原子核の正電荷がより強く電子を引きつけるため、イオン半径は小さくなる。」
という性質があるので、理解できますが、

希ガス原子半径が最大とならないことが、理解できません。


自分は、希ガス原子半径は、周期表でその希ガス元素の隣にある元素がイオンになった時のイオン半径よりも、大きくなるはずだと思います。
なぜならば、電子配置は同じであり、半径を決めるのは原子番号すなわち陽子の数であるはずだからです。
しかし実際は違います。
専門の範囲でしょうか…説明をお願いします。

Aベストアンサー

イオン半径は色々なイオン化合物の格子定数をX線回折の測定などを元に、
この元素のイオンの半径はこれくらいだろうと算定したものですね。
各種元素の色々なイオン化合物の測定値を元に、1927年ライナス・ポーリングが算定したものが多く使われています。
化合物によって、イオン結合性が強かったり共有結合性が強かったり、相手の元素との関わりもあってイオンの半径は同じ元素のイオンでも実際は大小があります。

希ガス元素の原子半径ですが、通常は化合物をつくりませんから液体や固体になるまで冷却し、
そこから、これ以上原子が近寄らないファンデルワールス半径を求め、それを原子半径としています。他の原子半径もありますね。

イオン半径と原子半径は、測定方法と条件が違うこと、原子の状態(イオンか単原子分子)が違うこと、があり、
半径の定義の仕方も違うので、単純な比較は本来は出来ないです。

Q燃料電池の問題で 反応に使われる水素と酸素の標準状態における体積は等しい。 と見たのですが何故ですか

燃料電池の問題で
反応に使われる水素と酸素の標準状態における体積は等しい。
と見たのですが何故ですか?

Aベストアンサー

結局出来上がるのは水(H2O)です。
生成物中の原子数比で「2:1」
水素も酸素も分子を作るためには2原子必要です。
分子数比でも「2:1」になるのは自明です。
よって、
>反応に使われる水素と酸素の標準状態における体積は等しい。
は間違いであるとわかります。
正誤問題(「間違っている部分を修正せよ」的な)ですか?

※知っていると思いますので、詳細な化学反応式は書いていません。

Q電子レンジで加熱した際体積が小さくなる理由

電子レンジで器をラップした状態で加熱すると、ラップが凹んでいることが多々あります。
器内部は加熱されているため、膨張するのであればわかるのですが、逆に収縮する理由は何でしょうか?

Aベストアンサー

加熱されて水が蒸発して体積が膨らみ、ラップの隙間から排出されます。
その後、冷えて水蒸気が水分に戻ると体積が減り、ラップの隙間から排出された分の体積が、ラップを凹ませる原因に成ります。
けっして中身の体積が減ったわけでは有りませんが、気体に成った水分がラップの隙間から漏れた分がラップを凹ます原因です。

Qこの器具の名前って何ですか?

この器具の名前って何ですか?

Aベストアンサー

No.1です。

「メスシリンダー」でした。<(_ _)>

メッシリンダーは方言?というか言っているのをそのまま文字にしてしまいました。(さっきの自信ありは見なかったことに・・・。)

Q量子力学における解釈論争についての質問です。

量子力学ではいわゆるコペンハーゲン解釈とエウァレットの多世界解釈のどちらが正しいのか分からないそうですがその理由は以下のどれなのですか。
①原理的に決定が不可能
②原理的には可能かもしれないがまだ誰もその方法を思いついていない
③証明方法のアイデアはあるがまだ誰も実証実験に成功していない
論争はよく聞きますが現状をどのように理解すればよいかよく分かりませんのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

皆様がおっしゃる通り両者は等価ですが、ヒュー・エヴリットⅢ型の解釈には数学的には問題無いが、ファインマンの入門書にある通り、たとえば一つの光子が雲母の表面で65%の透過と35%の反射が起こるとすると、宇宙全ての雲母が一つの光子で世界を分けると、当然その分裂は宇宙に拡がります、するとその影響で宇宙が分裂する筈ですが、その影響は光速でしか伝わらないので、中途半端な世界が上限無く出来てしまいます。つまりこの解釈は数学的に発散しているのでそこから何も得られません。
アインシュタイン、シュレーディンガーがコペンハーゲン学派と対立する点は非常に多く科学哲学になってしまいますが、最も簡単な例ではコペンハーゲン学派が量子論を確率論的に解釈する事で、計算される値には何の実在も伴わない「期待値でしかない」と言う点で、アインシュタインの神はサイコロを振らないという言葉はそこから出ています。
最近アインシュタインの「見ていない時に月は存在しない、というのは誤っている」という言葉を京都大学のグループが実証したと報じられましたが、揺らぎが大きすぎ確定的とは言えないと思います。

皆様がおっしゃる通り両者は等価ですが、ヒュー・エヴリットⅢ型の解釈には数学的には問題無いが、ファインマンの入門書にある通り、たとえば一つの光子が雲母の表面で65%の透過と35%の反射が起こるとすると、宇宙全ての雲母が一つの光子で世界を分けると、当然その分裂は宇宙に拡がります、するとその影響で宇宙が分裂する筈ですが、その影響は光速でしか伝わらないので、中途半端な世界が上限無く出来てしまいます。つまりこの解釈は数学的に発散しているのでそこから何も得られません。
アインシュタイン...続きを読む

Q希ガスと同じ安定な電子配置になろうとするために電子の放出や吸収が行われる。Alのとき、最外殻に価電子

希ガスと同じ安定な電子配置になろうとするために電子の放出や吸収が行われる。Alのとき、最外殻に価電子が3つあり、3つとも電子を放出するのですがどうして1つの放出ではダメなんですか?
何に揃えているのか分かりません。
説明下手ですみません(*_*)

Aベストアンサー

希ガスは最外殻電子数が8(Heは2)です。写真を見てもらうと分かる通り、K殻は電子2つまで、L殻以降の電子殻は電子を8つまで入れられます。希ガスの最外殻電子の数は8つです。Alは最外殻電子の数が3つなので、電子を放出して希ガスと同じ電子配置(最外殻電子の数が8つ)にするには、電子を3つ放出しないといけないわけです。1つの放出だと、最外殻電子の数が2つになってしまいますからね。

Qこの化学の問題を解いてくださる方はいませんか? 出来れば途中式付きで教えて欲しいです。 お願いします

この化学の問題を解いてくださる方はいませんか?

出来れば途中式付きで教えて欲しいです。

お願いします。

Aベストアンサー

1.
CO₂が1モルと言う意味は(C+O+O)と言う分子が6×10²³個有るという事。
酸素原子はOだから、Oは(6×10²³)×2=12×10²³=1.2×10²⁴個。

2.
CH₄の1モル16グラム。1.6gは0.1モルに相当。
分子の数は6×10²³×0.1=6×10²²個。
この分子にはCが1個、Hが4個あるから、原子の総和=6×10²²×5=3×10²³

3.
C₃H₄:Cが3個=12×3=36、Hが4個=1×4=4、1モル=40グラム
1モル=6×10²³個だから
分子1個の重さ=40/6×10²³=6.7×10⁻²³グラム

4.
Al₂O₃→2Al⁺ + 3O⁻
Al₂O₃の1モル→Alイオン2モル + Oイオン3モル =イオン全体5モル。
Al₂O₃の2モルならイオン全体=5×2=10モル。

Q原子核はなぜ電子よりも大きいのでしょうか?

原子核はなぜ電子よりも大きいのでしょうか?

Aベストアンサー

原子核を構成する陽子や中性子はクォークで構成されていて、
そのクォークを結びつける強い相互作用が強力であるために、そのエネルギーが質量となっているために、質量が大きくなっています。
一方、レプトンである電子は内部構造(陽子や中性子におけるクォークのような存在)を持たないとされていますが、
微小な質量は測定され 9.10938356(11)×10^-31(kg)とされています。
電子は大きさがなくても理論的な矛盾が生じないようですが、これも完全に解明されていません。

>その大きさの違いと宇宙の誕生、物質の誕生と何か関わりがあるのでしょうか
大いに関係があるのですが、全てが解明されていなくて、解らないことの方が多いです。
電磁気力、弱い相互作用、強い相互作用の3つの力を統一的に考える事までは、理論的に説明されているのですが、4つ目の重力が上手く統一的に解釈できないです。
超弦理論など説明できそうな理論はあるのですが、まだまだ未解明なことが多いです。
原子核を構成する陽子や中性子なども、例えば寿命がどれくらいあるのか?ということは実は判っていないです。
陽子は寿命が長すぎて観測ができない、中性子は単独で不安定で10分程度の寿命があるのは判っていますが正確にはまだ判っていないです。

>陽子と電子が同じ大きさでも周りを回って存在できるのでしょうか?
例えば反水素で、負電荷の反陽子の周りを正電荷の陽電子が存在しているもので、最近、実際に生成されてある程度の時間観測保存することが実験でできました。

”エキゾチック原子”というのが物理学では考えられています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E7%A8%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90

陽子と電子が同じ大きさ というのは”ポジトロニウム”という陽電子と電子が安定的に存在したものとして考えられていますし、
”プロトニウム”と言って陽子と反陽子が純安定の状態で存在しているものとして考えられています。

基本的な素粒子の陽子や中性子、電子なのですが、まだまだ解らないことの方が多いですね。
私も調べてみて驚きました。

原子核を構成する陽子や中性子はクォークで構成されていて、
そのクォークを結びつける強い相互作用が強力であるために、そのエネルギーが質量となっているために、質量が大きくなっています。
一方、レプトンである電子は内部構造(陽子や中性子におけるクォークのような存在)を持たないとされていますが、
微小な質量は測定され 9.10938356(11)×10^-31(kg)とされています。
電子は大きさがなくても理論的な矛盾が生じないようですが、これも完全に解明されていません。

>その大きさの違いと宇宙の誕生、物質の...続きを読む

Q16進数のEFと先頭の1bit

16進数のEFを10進数にしたとき、8進数にしたとき、どのようになるか知りたかったので下記のサイトで変換したところ、
https://note.cman.jp/convert/bit/


8進数
357

10進数
-17

という結果になりました。しかし自分で計算したところ、10進数のみ239という答えになりました。
「符号付き」というチェックボタンを「符号なし」にしたところ10進数でも239となりました。
先頭のbitが1のとき、つまりEFが負数だったときに-17になるということですがこの"先頭のbit"というのは、EFに含まれているのか、それとも1EFという形だけれども省略しているのかどちらなのでしょうか。

また、符号付きをチェックしたさい、先頭のbitが1になったのはなぜなのでしょうか。単なる仕様なのか、先頭bitは、基本的に何も言われない時は、1として扱うのかどちらなのでしょうか。

Aベストアンサー

16進数の「EF」は、2進数なら「1110 1111」です。

これを8進数にすると、桁の区切りを「 11 101 111」に替えて「357」になります。これは単に機械的な操作でできます。
おそらくお示しのサイトでは、「011 101 111」と区切って計算しているのだと思います。(3桁ごとに区切ると1桁足りなので、先頭桁に「0」を補っている)

10進数に替えるには、ふつうに計算すれば
 14 * 16^1 + 15 * 16^0 = 239
になります。
お示しのサイトでも、16進数「00EF」と入れれば、「符号付き」でもきちんと計算します。

お示しのサイトでは、換算する「進数」によっては、「符号付き」にすると最初のビットを「符号」とみなしてしまうのだと思います。
16進数の「EF」を10進数に変換するときに、2進数の1桁目を「符号」とみなして、「EF」を「+EF」ではなく「-11」とみなしているということです。
(16進数の「11」= 2進数で「0001 0001」→「1の補数」で符号反転「1110 1110」→ 「2の補数」にするため +1 して「1110 1111」=16進数の「EF」ですから)

単なる、そのサイトでの計算アルゴリズムの問題だと思います。

16進数の「EF」は、2進数なら「1110 1111」です。

これを8進数にすると、桁の区切りを「 11 101 111」に替えて「357」になります。これは単に機械的な操作でできます。
おそらくお示しのサイトでは、「011 101 111」と区切って計算しているのだと思います。(3桁ごとに区切ると1桁足りなので、先頭桁に「0」を補っている)

10進数に替えるには、ふつうに計算すれば
 14 * 16^1 + 15 * 16^0 = 239
になります。
お示しのサイトでも、16進数「00EF」と入れれば、「符号付き」でもきちんと計算します。

お示しの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報