人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

質問のタイトルのそれぞれの違いを外国人の友達に上手く説明できません。どう違うのか、どう説明したらわかりやすいのか教えてください。お願いいたします。

A 回答 (4件)

何か→何であってもいい


何が→何なのかを1つに特定したい

どこか→どこでもいい、場所を決めてない
どこへ→どこなのか場所を1つに特定したい

誰か→誰なのか名前を1人に決めたいわけではない
誰が→誰なのか名前を1人に定めたい

※決めたい、定めたい、特定したいは同じ意味
限りたい、限る、確定したいとも言います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/20 15:29

何か、


何だかわから無い、ものか、これからする、なにかを指しています。
人を、殺すか、買い物をするか、遊びに行くか、つまり、なにをするかわから無いこと。
何が、
未知の出来事
わから無いこと。

どこか、

場所のこと
箇所のこと

どこへ、
行くかもしれない場所のこと
行き先


行く場所のこと
向かう方向のこと
研究、努力の、先


誰か、

自分以外の予想出来無い人
任意の人

誰が、

どの人が
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/20 15:28

「か」


一( 副助 )
種々の語・語句に付く。
①不確かな気持ちを表す。 「なんのこと-さっぱりわからない」 「なんだ-おかしいぞ」
②疑いの気持ちを添えて、推量する時に用いる。「…かもしれない」の形をとることがある。 「気のせい-少し寒くなった」 「彼の話は本当-もしれない」

四( 終助 )
文末にある種々の語に付く。古語では活用する語の場合その連体形に付く。
①疑い・問いかけの気持ちを表す。 「なぜ人間は死ぬのでしょう-」 「あなたはどなたです-」
②確かめの気持ちを表す。 「いい-、しっかりやれよ」 「どうしても行くの-」
【小学館デジタル大辞泉】

「が」は個別性の認識を表す格助詞です。

「へ」
[格助]《現在では「え」と発音する》名詞に付く。
1 動作・作用の移動・進行する目標地点・方向を表す。…の方向に向かって。…の方へ。「西へ向かう」
「今日(けふ)、車、京―とりにやる」〈土佐〉
2 動作・作用の行われる場所・帰着点を表す。…に。「庭へ物を捨てるな」「父も母も留守のところへ訪ねてきた」
「十月十四日、関東―下着(げちゃく)」〈平家・八〉
3 動作・作用の向けられる相手・対象を表す。…に対して。…に。「父へ送った手紙」「お母さんへよろしくお伝えください」
【小学館デジタル大辞泉】

これらの組合せで話者の認識を表現しており、文脈により異なることになります。■
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/20 15:29

ご質問から、対応する英語表現のお答えとなります。



何か  some one   何が what
どこか somewhere  どこ where
誰か  somebody   誰が who

ご参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/20 15:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一つ知りたいことがありますが、 学校が終わったところ、先生はいつも「さよなら」って言った、どうして?

一つ知りたいことがありますが、
学校が終わったところ、先生はいつも「さよなら」って言った、どうして?さよならってことは会いたくない気持ち、または会えない場合で言うでしょ?「また明日」とか、「また月曜日とか、言ったほうがいいと思ってたんだけど....

Aベストアンサー

日本語の「さよなら」は、むしろ、「今日の日は~さようなら~」(とある歌詞)の意味で、
短期間や一時的な別れにも多用されます。
また、「さよなら、また明日」という使い方もあります。

「Good-bye」と「See you again.」のような明確な区別はありません。

Q主語・述語を選ぶ問題

主語・述語を選ぶ問題で、
「①今日も ②日本海側だけ ③厚い ④雲に ⑤おおわれている。」
というのがありました。

述語が⑤はいいのですが、主語が②となっていました。
もちろん②も主語と思いますが、①が主語ではない理由がわかりません。

どうなのでしょうか。

以前、「象は 鼻が 長い」という文章の主語は(1つにするなら)解答は
無い、というようなことを聞いたことがあります。
これの主語は明らかになっているのでしょうか。

詳しい人がいたらお願いします。
ちなみに小5の問題です。

Aベストアンサー

「象は 鼻が 長い」について、

日本語の助詞「は」と「が」について理解する必要があります。「は」は話題を提示する、つまり○○についての話です、という具合に話の主題を他から切り離して示す役割を果たします。「が」は主語を示します。象について言えば「鼻(主語)」が長い、という意味合いです。

類似の例ですが、「山は富士山が美しい。」この時は(海でも川でもなく)「山」を話題として特に取り上げた上で、「富士山」を主語とします。

「も」についても同様で、主語を示さず「(昨日も)今日も」と他のものを暗に並列しながら話題を提示するのが役割です。
ご提示の「今日は暑い」については、日本語では主語の省略は頻繁ですが、その良い例と思います。この場合「今日は」は(昨日とは違い今日は)というふうに今日の天気を他と区別して話題にすると、という意味合いになり、強いて言えば「(ほかでもない)今日について言えば、(主語省略)暑い」という構造と言えます。

細かく突っ込むとまだ問題はあるのですが、少なくとも「覆われている」を述語とする点は理解されているのですよね?
それならば、形のない抽象語である「今日」が雲に覆われる、という表現のおかしさにもお気づきと思います。雲に覆われるのは「日本海側」と成るはずです。主述関係が込み入った場合には、余り助詞(やその有無)に捕らわれることなく、まず一文の述語を把握し、そこから主語を特定する方がよいかと思います。

象の話に戻りますが、まず述語は「長い」と特定する。(蛇と違って)象<は>長くはない、長いのは「鼻」。よって主語は「鼻」という辿り方がよいでしょう。

「象は 鼻が 長い」について、

日本語の助詞「は」と「が」について理解する必要があります。「は」は話題を提示する、つまり○○についての話です、という具合に話の主題を他から切り離して示す役割を果たします。「が」は主語を示します。象について言えば「鼻(主語)」が長い、という意味合いです。

類似の例ですが、「山は富士山が美しい。」この時は(海でも川でもなく)「山」を話題として特に取り上げた上で、「富士山」を主語とします。

「も」についても同様で、主語を示さず「(昨日も)今日も」と...続きを読む

Q国語の単語分けの問題です。 「あの角を右に曲がればよい。」という文章では、右とにで分かれています。け

国語の単語分けの問題です。
「あの角を右に曲がればよい。」という文章では、右とにで分かれています。けど
「多くの本を夢中になって読む。」という文章では、夢中とにが分かれていません。あと
「よく晴れた日になったからうれしい。」という文章では、日とにが分かれています。?です教えてください。

Aベストアンサー

「右に」→「右」(名詞)+「に」(助詞)
「日に」→「日」(名詞)+「に」(助詞)

「夢中に」→「夢中だ」(形容動詞)の「連用形」
  多く/の/本/を/夢中に/なっ/て/読む
学校文法(「国文法」のひとつ)では、このように教えますね。

(No.1の方がおっしゃった考え方は文法学の基本問題で、特に「時枝文法」を敷衍した、三浦つとむ氏の説はひとつの考え方では有りますが、多分初学の人にはほとんど分からないでしょう。)

QAとB問題

「赤い服を着たAとB」はどういう意味なのでしょうか?

赤い服のAと、赤い服のBということなのか、
赤い服のAと、そうでないBということなのでしょうか?

「赤い服を着た」がどこまで修飾してるのかがずっと疑問です。
また、もし「どちらも赤い服を着ている」なら、Aのみ赤い服を着ているという状況はどのようにかき表すのでしょうか?

Aベストアンサー

>赤い服のAと、赤い服のBということなのか、
赤い服のAと、そうでないBということなのでしょうか?

どちらとも受け取れる表現ですが、「AとB」を並列に扱ってるので、
「赤い服」はA・B双方にかかると考えるのが普通でしょう。
「Aのみ赤い服を着ているという状況」は「赤い服を着たAと青い服を着たB」とか、
もしくは「赤い服を着たAとそれに従うB」とか、「AとB」を単純な並列ではなく
個別に表現することが必要なのではないでしょうか?

Qなんて不謹慎な字なんだ... こないだ、ひどい漢字を見つけました。 その漢字は、車へんに楽しいと書い

なんて不謹慎な字なんだ...
こないだ、ひどい漢字を見つけました。
その漢字は、車へんに楽しいと書いて、「轢」...
車で人を轢くのが楽しい、みたいな感じで嫌ですね。
なんであんな漢字になっちゃったんですか?
あの漢字の由来を知っている人がいたら教えてください!

Aベストアンサー

せっかく、「象形」などという言葉が出てきましたから、今後も勉強を続ける人は、ついでに漢字の「六書(りくしょ)」を覚えておきましょう。
1.「象形(しょうけい)」文字=物の形から出来た(例 日・月・木)。
2.「指示(しじ)」文字=絵では描けない事柄を抽象的な約束や印で表した字(例 一、二、三・上、下)。
3.「会意(かいい)文字=象形や指事文字を組み合わせた文字(例 森・信)。
4.「形声(けいせい)」文字=意味を表す部分「意符」(偏や旁)と発音を表す部分「音符」(声符)とを合わせた文字。(例 轢・江・紅)。
 上の四つは漢字の成り立ちをいったもの。残り二つは漢字の特別な使用法を言ったもの。
5.「転注(てんちゅう)」文字=すでにある漢字を別の意味に流用する。(例 令<命令>→長 実は諸説あり詳細不明)
6.「仮借(かしゃ)」文字=漢字の音をりようして、意味と関係の無い字を表す。(例 亜米利加、日本の仮名の多くもそのうちに入る)

Qいわしたろか。いわしとは何ですか?

いわしたろか。いわしとは何ですか?

Aベストアンサー

昔の藤田まことのギャグです。

耳の穴から手エ突っ込んで奥歯ガタガタいわしたろか

QAてB~、AてからB、Aした後でBの違い

日本語の質問です。


うちに帰って電話をします。
うちに帰ってから電話をします。
うちに帰った後で電話をします。

この3つの文は意味が違いますか?

Aベストアンサー

全部同じ意味です。

うちに帰って電話をします。→電話をする場所や時間が、うちに帰った時だと強調しています。

うちに帰ってから電話をします。→まず、うちに帰りたいんです。うちに帰ることが重要なんです。
電話はその次に大事。

うちに帰った後で電話をします。→電話をすることを一番大事にしています。しかし、うちに帰ったあとになるのは決して電話をすることを二の次にしているわけではないということを伝えています。
この中で一番礼儀正しい言い方です。

Q続 すごい と すごく の使い分けです。

先日、下記の質問がありました。

【すごい と すごく の使い分けです。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9749842.html

 質問者の対応を待っていました。質問者がどこまで考えているかによって、書き方が大きくかわるからです。
 ……締め切られてしまった(泣)。

 辞書の引用の全文は末尾に。
 質問者がひいた辞書には、〈「凄く」は「凄い」の俗語表現〉と明記してあるらしい。なんという辞書に、正確にはどう書いてあったか教えてもらえまえせんか。あの書き方では資料にならない。
「すごい」「すごく」の俗用(またこれが曖昧な言い方で……)は、何段階かに分かれる。

■第1段階 「すごい」自体が俗用
 ↓の『大辞泉』には〈「すごい」は俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる。〉とある。辞書がこういう書き方をするのはやめてほしい。この記述は2通りの解釈ができる。
 まず、〈「すごい」は俗語的な言い方〉という解釈。これもよく目にする。元々「すごい」というのは程度が非常にはなはだしいことを表わし、俗っぽい表現らしい。当方は半信半疑。「凄まじい」「凄惨」なんかと混同している気もする。あんまり上品な言葉ではないだろうが、現代では女性が口にしてもおかしくはない。「でかい」とか「うまい」よりはずっとマシってレベル。 

■第2段階 「すごく」が俗用
 これも聞いたことがある。『大辞泉』の記述も、たぶんこの意味と思われる。〈俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる〉……余計な読点を打つから誤読される。質問者の趣旨もこれのような気がする。真偽のほどは不明。相当昔の話のようなので、実感がない。当方はかなり昔から使っている。『大辞林』には「副詞」として、注釈なしで立項されていることを確認してほしい。

■第3段階 「すごい+用言」が俗用
 これは『大辞泉』の〈俗に連体形を副詞的に用いて「すごいおもしろい人だ」のような言い方もある〉の話。『大辞林』にも同様の記述がある。近年問題視されているのはコレ。林先生がTVで語っているのもこれだろう。

 第1段階と第2段階に関しては、古い話なので、あまり興味がない。
 第3段階に関しては、「すごい+体言」「すごく+用言」が一般的と考えるのが無難だろう。
 ここで打ち切っておかないと泥沼にはまる。

 と言いつつここからが本題で、泥沼にはまるための質問です。
「すごい+体言」「すごく+用言」が妥当な使い分けだとします。
 ということは……。

質問1 「すごい美人」「すごく美しい人」
 ↑のように使い分けるということですね。
 本当なんでしょうか。

質問2 「すごく美しい 人」「すごい 美しい人」
「すごく美しい人」の「すごく」は用言にしかかからないとすると、当然のことながら、「すごく美しい 人」ってことですよね。
 これを「すごい」が「美しい人」にかかると考えるのは邪道でしょうか。「美しい人」はフツーに考えれば名詞でしょう。名詞にかかるのは「すごい」ですよね。

質問3 「美人」の品詞は
「美人」の品詞は名詞でしょう。「〜すぎる」の「〜」に入るの形容詞か形容動詞のはずです。ってことは、いまや一般的な表現になっている「美人すぎる」って誤用でしょうか。
 詳しくは下記をご参照ください。
【この違和感は何ですか? 「〜すぎる」】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9167850.html

質問4 副詞は名詞にかからないのか?
 これが非常に微妙な問題で、「用言のことが多いが、体言のときもある」と考えるしかない気がします。詳しくは下記をご参照ください。
【続「主に」の使い方】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9220123.html  


https://kotobank.jp/word/%E5%87%84%E3%81%84-541501#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説

すご・い【▽凄い】


[形][文]すご・し[ク]
1 ぞっとするほど恐ろしい。非常に気味が悪い。「―・い目でにらむ」
2 びっくりするほど程度がはなはだしい。大層なものだ。「―・い人気」
3 (連用形を副詞的に用いて)程度のはなはだしいことを表す。「―・く寒い」「―・くおもしろい」
[派生]すごさ[名]すごみ[名]
[用法]すごい・ひどい――「すごい(ひどい)嵐」「すごい(ひどい)寒さ」「すごく(ひどく)速い」など、はなはだしいの意では相通じて用いられる。◇「すごい」は俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる。また「すごい評判だ」「すごいあばら家」などプラス、マイナス両面の評価に使う。◇「ひどい」は「ひどい人」「ひどい仕打ち」「ひどいことを言う」のように、マイナス評価について用いられる。◇俗に連体形を副詞的に用いて「すごいおもしろい人だ」のような言い方もある。 
===========引用終了

https://kotobank.jp/word/%E5%87%84%E3%81%8F-302309#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88
===========引用開始
大辞林 第三版の解説

すごく【凄く】

( 副 )
〔形容詞「すごい」の連用形から〕
程度がはなはだしいさま。大変に。大層。非常に。主に会話で用いられる。 「 −速い」 「朝晩−冷える」 「 −酔っぱらう」 〔近年、くだけた言い方で「すごく」の代わりに「すごいでっかい」「すごいきれいだ」などと言う場合があるが、標準的でないとされる〕 
===========引用終了
『大辞泉』の記述はほぼ前回どおりだろう。問題は『『大辞林』のほう。「すごく」なんて前はなかったと思う。以前は「連用形を副詞的に用いて」いたのが、めでたく副詞と認定されたのだろう。

先日、下記の質問がありました。

【すごい と すごく の使い分けです。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9749842.html

 質問者の対応を待っていました。質問者がどこまで考えているかによって、書き方が大きくかわるからです。
 ……締め切られてしまった(泣)。

 辞書の引用の全文は末尾に。
 質問者がひいた辞書には、〈「凄く」は「凄い」の俗語表現〉と明記してあるらしい。なんという辞書に、正確にはどう書いてあったか教えてもらえまえせんか。あの書き方では資料にならない。
「すご...続きを読む

Aベストアンサー

>「タンマ」はまだ解けませんか。

 分かったと言うほどではありませんが、「すごく」は形容詞の連用形であると同時に副詞でもあると言うことのようです。この線引きが難しいのが副詞ですね。
 「すごく鉛筆だ」と言われて、動転気味でしたが、前回にちょっと触れましたように、被修飾語は、修飾語を選ぶということ、被修飾語がそんな働きはしないのは当然として、ほとんど無意識的に言葉は選ばれます。書き言葉ならなおさらですが、話し言葉であっても「すごく」と言った後で、「鉛筆だ」という言葉を発する人はまずいないでしょう。
 「すごく美人だ」というのはokでしょう。とすれば「すごく」は「美人」にかからず、「美人だ」という述語にかかるのは明らかでしょう。外にかかるものはありませんから。「美人だ」が形容動詞でないことは明らかです。
 しかし、ややこしいのは「形容動詞」です。その話は次へ。

>ただ、問題になっているのは、「勉強したのは主に経済学だ」です。この「主に」を形容動詞と考えるのは無理なのでは。

 そうです。「主(おも)」という名詞に「だ」という断定の助動詞が付いたものです。形容動詞ではありませんでした。ところで、「名詞+だ」と「形容動詞」との差はどう区別しますか。「安心」という語を辞書でひくと、ほとんどの辞書は[名詞・形動・する]などと品詞の表示をしています。「安心」(名詞)・「安心だ」(形動)・安心する(サ変複合動詞)いずれにもなると説明しているわけですが、「サ変」は別にして「形容動詞」を認める人と認めない人があります。辞書はそのどちらにも通用するように、このように表示しているのでしょう。辞書の中で「形容動詞」を認めていないのは、「広辞苑」だけです。最初の編者「新村出」氏の考えを引き継いでいます。
ところで非常に多くの語が「形容動詞」にすることが出来ます。
 無礼 困難 難儀 優美 丈夫 絶対 温和 元気 健康 平凡 非凡 穏やか
これらが名詞であって、形容動詞であることを区別する方法を考えてみました。その方法とは、上記のような言葉に「さ」という接尾語を付けて名詞化が出来れば、それは形容動詞の語幹ということです。
 ところが大変な矛盾が存在します。それは「無礼だ」という語を「形容動詞」と認めない人は「名詞」+「だ」という考え方です。そうすると、「無礼」という名詞と「無礼さ」という名詞が共存していることになりますが、これは大変な矛盾ですね。

 結局、私が考えるに、問題の根幹は「だ」ですね。過去の質問に「だって」「だから」「だったら」「何だっけ」「卒業式はいつなんですか」
これら皆「だ」の問題であるわけです。
 また、「いいじゃないか」「いいんじゃないか」の2種類あることについて、実はその秘密が分かりかけてきました。また機会があれば、述べてみましょう。

>「タンマ」はまだ解けませんか。

 分かったと言うほどではありませんが、「すごく」は形容詞の連用形であると同時に副詞でもあると言うことのようです。この線引きが難しいのが副詞ですね。
 「すごく鉛筆だ」と言われて、動転気味でしたが、前回にちょっと触れましたように、被修飾語は、修飾語を選ぶということ、被修飾語がそんな働きはしないのは当然として、ほとんど無意識的に言葉は選ばれます。書き言葉ならなおさらですが、話し言葉であっても「すごく」と言った後で、「鉛筆だ」という言葉を発する人...続きを読む

Q「山田さんが分かります(か)」、は不自然でしょうか

日本語を勉強している者です。よくわからない部分があり、お聞きしたいと思います。

普通は「山田さんを知っています(か)」になると思いますが、
「答えが分かりません」で「分かる」の対象を「が」で表しているように、
「山田さんが分かります」とするのは文法的に間違っているのでしょうか。あるいは、使える場面が違うのでしょうか。
ウェブで検索してみたら、「このイラストの作者さんがわかりますか?」はありましたが。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

①ていねいな日本語では
『山田さんを、ご存知(ぞんじ)ですか?』と言います。

②答えがわかりません
のわかりませんには、
分かりません・解かりません・判かりません があります。
いずれも理解できません、判明しません等の意味です。

③山田さんがわかりますか? という時に、日本語には、隠された表現を伴う場合があります。

 イ)あなたは 山田さんという人が どの人なのかを わかりますか(判りますか)?  何人かで写真に写っている中から、山田さんはどの人ですか?という意味  judge or know
   山田さんが=山田さんを でもあります。 主語は、あなた
 ロ)山田さんのことを あなたは わかりますか(ご存知ですか=知っていますか)=分かりますか? または 解りますか? understand or know
 ハ)山田さんが あなたのことを わかりますか(判りますか・分かりますか・解りますか)? あるいは、 山田さんが そのことを 知っている であれば、
   この場合の主語は、 山田さん

つまり、ウェブの検索の例 このイラストの作者さんが (誰なのかを あなたは) わかりますか?
では、 この場合の主語は あなた になります。
ですから、③で言えば、イ)または ロ)と同じ意味と使い方です。

但し、山田さんが主語であれば、 ハ)と同じ意味と使い方です。

さて、あなたが問いたい文章の主語は、何でしょうか?

①ていねいな日本語では
『山田さんを、ご存知(ぞんじ)ですか?』と言います。

②答えがわかりません
のわかりませんには、
分かりません・解かりません・判かりません があります。
いずれも理解できません、判明しません等の意味です。

③山田さんがわかりますか? という時に、日本語には、隠された表現を伴う場合があります。

 イ)あなたは 山田さんという人が どの人なのかを わかりますか(判りますか)?  何人かで写真に写っている中から、山田さんはどの人ですか?という意味  judge or kno...続きを読む

Q漢字について 「酒」という字についてなのですが 字の流れ的に「せ」と読む事はルール的に出来るのでしょ

漢字について


「酒」という字についてなのですが
字の流れ的に「せ」と読む事はルール的に出来るのでしょうか。
漢字について詳しい方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

《音訓》シュ・さか・さけ
《名乗り》さか・さけ・み

せ・・ではなく み  ならよさげみたいです。


人気Q&Aランキング