【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

憲法9条第2項に交戦権は、これを認めないとあります。では何故、自衛隊の存在を認めるのですか?村山元首相が認めたからですか?尖閣を中国に武力占領されても交戦権がないのですから、自衛隊の武力による奪還は憲法違反ですがどうするんですか?

A 回答 (17件中1~10件)

お礼ありがとうございます。


武力の前に、全ての条約などが無力であるのならば、憲法自体も無力なのは確かでしょう。
そうならば、憲法なんかどうでもかまわないんじゃないでしょうか?
有事には、無視されるんですよね?(つまり、変える必要は無いと言う事です)
日米安保条約をアメリカが一方的に廃棄しても、自衛隊は変わらないですよ。
つまり、自衛隊の事を問題にしているならば、何も変わらないんです。
外国の軍隊が日本に勝手にやってきて、武力行使したならば、自衛隊以前に、警察が動くでしょう。
海上保安庁だって、動くでしょう。
憲法で、自国の自治権まで放棄する国なんて無いですよ。
自己の生命を維持する為の抵抗は、憲法で規定されている交戦には当たらないと思いますよ。
憲法で規定しているのは、自国の自衛以外の交戦権の放棄です。
したがって、外国の侵略による、国内での自衛行動までは制限していません。
自国に対して飛んでくるロケットの迎撃もできませんか?(そこまでの防空網を自衛隊が保持しているかどうかはわからないですけど、少なくとも、自国領空内での迎撃は憲法では禁止していないはずです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴方が自衛官だと仮定して目の前で日本人が射殺されようとしているとしたらどうしますか?ためらわず命令や憲法など無視して敵兵を射殺するはずです。確かに戦闘現場では条約も憲法も関係ありません。殺るか殺られるかです。禁じ手の核は使わないも宛にはなりません。事実、朝鮮戦争でマッカーサーはワシントンに核の使用許可を進言しています。北朝鮮にしても核弾頭を使わない保証は全くありません。通常兵器ではかなわないのですから、そのまま敗戦となろうが、ありったけの核兵器を使おうが金正恩は命はないのですから。

お礼日時:2017/06/04 11:42

村山内閣で、公認した事実


自国を守るので交戦権ありです。
    • good
    • 0

> つまり、この国は憲法なんか要らない国なんです。



それがアナタの結論?
では、質問の主旨が理解不能です。

一方、法学的な質問であれば、自衛隊違憲論は存在するものの、既に最高裁判断まで出ている話です。
また、「この国は憲法なんか要らない」なんて言うのは無茶苦茶な話で、少なくとも法学者の中には存在しないでしょう。
    • good
    • 0

お礼ありがとうございます。


お礼の内容は、日本国内を想定していますか?
自衛隊員が、警察と同様の行動ができないと想定していると言う事でしょうか?
日本国内で、日本人が射殺されようとしている状態であれば、自衛隊で無くても、警察官が必要と思えば、射殺しようとしている相手を制止するし、場合によっては、射殺する可能性もあるでしょう。
この場合は、憲法違反なんですか?
そのような事は無いでしょう?
想定している自体が、日本国内であれば、自治権の範囲で、防衛行動を起こすのは、憲法違反じゃないですよ。
同様に、自衛隊が、日本国内で防衛活動を行うのは、憲法違反じゃないと回答しています。
質問は、自衛隊が憲法違反か、どうかと言う事なんじゃないですかね?
自衛の為の防衛力は、憲法違反じゃないですよ。
    • good
    • 0

憲法9条第2項に交戦権は、これを認めないとあります。


では何故、自衛隊の存在を認めるのですか?
  ↑
自衛戦争をしても交戦権を行使した、と
言えないからです。



村山元首相が認めたからですか?
  ↑
歴代内閣は総て自衛隊を認めています。
自衛隊は違憲無効と声高に叫んでいた、社会党も
社民党も、与党になったら自衛隊を認めました。





尖閣を中国に武力占領されても交戦権がないのですから、
自衛隊の武力による奪還は憲法違反ですがどうするんですか?
  ↑
憲法前文を読んでください。
この部分です。

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
 われらの安全と生存を保持しようと決意した。」

つまり、中国は公正と信義の国だと日本が信頼して
いるのですから、中国が尖閣を武力で占領することなど
あり得ないのです。

あり得ないから、武力による奪還云々を論じる
意味はありません。

そんなバカな、と言ってはいけません。

憲法がそう定めたのですから、中国は侵略など
しないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの権謀術策の国を信用できると信じられますか?外国を信用してはいけない。これ、鉄則です。

お礼日時:2017/06/03 20:13

自国は自国民で守るべきである。


ぜひ自衛隊を軍隊にして欲しい。

出来ないのなら、
有事立法を作って欲しい。

アジア周辺がキナ臭い!
アメリカなんて有事に成ったら
自国に引き上げるのだから。

アメリカは自国の
利益にならない戦争はしない国だ。

国際貢献なんて嘘っぱちです。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同感です。

お礼日時:2017/06/03 20:14

もはや共産党などでも、「自衛隊は違憲」などとは言ってませんよ。


最高裁を含め、各種判例が出ているし。
ほぼ半世紀前に答えが出ている話なので、判例など調べりゃ、疑問は払拭しますよ。
たとえ払拭しなくても、それが司法判断と言うことです。

従い、アナタの個人的かつ感覚的な自衛隊違憲論は全く無意味ですが・・。
合憲論として有力なのは、憲法9条第2項の冒頭の「前項の目的を達するため」と言う部分が存在することで、「限定的な武力,交戦権の放棄(=全面放棄ではない)」と言う建て付けになっている「限定放棄説」。

これは憲法成立の歴史的経緯からも明らかで。
GHQ案には「前項の目的を達するため」の一文は無かったが、後に首相となった芦田均が、織り込むことに成功。(芦田修正)
芦田が、なぜこの一文を織り込むことに拘ったか?と考えれば、いわずもがなで、日本側は「自衛権まで放棄する気が無かったから」に他なりません。

ちなみに、目下の自衛隊の違憲性に関して言えば、たとえば空中給油機やヘリ空母など。
空中給油機と戦闘機を組み合わせれば、近隣諸国まで楽勝で飛べますので、「国際紛争を解決する手段としての武力の保有」になり得る点です。
すなわち、核論での違憲性は疑われるものの、総論としての自衛隊違憲説は、ほぼ存在しません。

安倍首相の3項追加案も、合憲性を明確化する目的であって、「違憲だから修正」などとは一言も言ってません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本は都合良く言葉を捻じ曲げるのは今に始まったことではありません。敗走を撤収といい、敗戦を終戦といい、占領軍を進駐軍といい、まさに、黒を白という国語文化を持っています。交戦とは自衛だろうが攻撃だろうが同じでしょう。交戦とは戦闘することです。つまり、この国は憲法なんか要らない国なんです。その時に必要なベストチョイスをするんですから。

お礼日時:2017/06/04 13:05

ジュネーブ条約は、条約批准国の間でしか通用しませんが、日本は1953年に批准しています。

(警察予備隊時代、自衛隊設立は1954年)
交戦権を認めない国が、この条約に加盟する必要は無いはずですが、自衛戦争等に巻き込まれる事を想定していたのでしょう。(この条約を批准しないと、非戦闘員である国民も保護されなくなります)
つまり、自衛隊員は、戦闘員とみなされようと、戦闘員じゃないとみなされれば、文民として、ジュネーブ条約で保護される対象だと言う事です。
日本国憲法の規定により、憲法違反の国際条約への加盟は出来ないので、ジュネーブ条約は、憲法違反に該当しない事になります。
つまり、自衛の為の交戦は、日本国憲法第九条第2項の規定からは、外れていると言うのが、国際的にも、国内的にも認知されているのでは無いでしょうか?
集団的自衛権については、国際法上は認められていますが、日本国憲法においては、明確化はなされていません。
なお、自国領土の防衛は、自衛隊に限らず、海上保安庁などが行っています。
海上保安庁の巡視船は、機銃等の威嚇する為の武器は装備しています。
自国領土の侵略に対する応戦が憲法違反とは、どこにも書いて無いと思いますけどね。(外国兵力の自国領土侵略に対する応戦がゆるされないならば、海上保安庁なども、存在する意義は無いと思いますよ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

銃弾や爆弾の前には如何なる条約も憲法解釈も無力である。戦争はヤクザの出入りどころの騒ぎじゃない。Trumpがひとこと日米安保条約は破棄する。America the first.と言わないと誰が保証できるだろうか。

お礼日時:2017/06/03 20:24

#7です。

お礼ありがとうございます。

>もし、捕虜になっても捕虜の権利は軍人じゃなくても軍人として認められますか?
はい認められます。
捕虜に関するジュネーブ条約を抜粋します。

第四条〔捕虜〕
A この条約において捕虜とは、次の部類の一に属する者で敵の権力内に陥ったものをいう。
(1)  紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員
(2)  紛争当事国に属するその他の民兵隊及び義勇隊の構成員(組織的抵抗運動団体の構成員を含む。)で、その領域が占領されているかどうかを問わず、その領域の内外で行動するもの。但し、それらの民兵隊又は義勇隊(組織的抵抗運動団体を含む。)は、次の条件を満たすものでなければならない。
(a)  部下について責任を負う一人の者が指揮していること。
(b)  遠方から認識することができる固着の特殊標章を有すること。
(c)  公然と武器を携行していること。
(d)  戦争の法規及び慣例に従って行動していること。
(中略)
(6)  占領されていない領域の住民で、敵の接近に当り、正規の軍隊を編成する時日がなく、侵入する軍隊に抵抗するために自発的に武器を執るもの。但し、それらの者が公然と武器を携行し、且つ、戦争の法規及び慣例を尊重する場合に限る。

まず、自衛隊のように組織と命令指揮系統があり、制服を着ていれば捕虜待遇を受けられることになります。
また、(6)の規定は軍人じゃなくても自国領土を守る個人でも捕虜待遇を受けられることを明示しています。
この規定は特にスイスなどの民兵を念頭に置いたものでしょう。

(6)の規定の根底にあるのは「自国領土を防衛するのは国民の権利」ということです。したがって、自衛権は国家の交戦権とは別に自立している、と解釈することもできます。

交戦権はありませんが、自国領土・領海内に敵国が侵入したなら合法的に自衛隊が攻撃することができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前線のごたついた中で俘虜になった自衛隊員をどう扱うのかわかったもんじゃありません。戦争というものは相手がどういう見解を持っているか、日本が考えるような教育を受けているのかわかったもんじゃないんです。ドーリットルの隊員で俘虜になった搭乗員は国際法に合致した戦闘行動だったのに銃殺刑にされました。現場では指揮官が自衛隊員は軍人じゃないと言えば軍人じゃなくなります。戦争とはそういうものです。貴方の言われることは良識ある日本でのみ通用することに過ぎないと思います。

お礼日時:2017/05/23 02:38

#4です。

お礼欄確認しました。
#3お礼欄以前のお礼の仕方はそのように受け取れませんでした。
ご確認ください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているとは言えない」ということになります。(もちろん、その例が荒唐無稽なら別ですが。)
逆に、貴方の質問の回答として「賛同した」と言うには、「全ての『しかるべき反論や批判を行わなかった人』が賛同しているという根拠を示す必要がある」のです。もしくは、「賛同していない例は存在しない」ということを示すのでも良いでしょう。

また、あくまでも「可能性」であって、事実とは限らない、というご指摘かと思いますが、何しろ、私は「しかるべき反論や批判を行わなかった人」本人ではありませんので、可能性以外を指摘しようがありません。
「事実」以外不要、とのことでしたら、ご質問文に「私の過去質問に回答をした人、または、回答しないまでも見たことのある人限定で」と書くべきでしたね。

貴方の求める回答は何でしょうか?
互いに意見を戦わせ、議論をしたいのだと受け取りましたが、貴方の態度はそれと正反対に感じられます。
もしも、過去質問においてもそのようなやり取りしかないのであれば、回答者様たちは、それを不毛に感じて「しかるべき反論や批判」をする意欲を失ったのでは・・・と思いました。
まあ、過去質問を拝見してませんので、単なる感想です。

この回答にどのような返信をいただいても、私はもう回答はいたしません。
さすがに少々疲れました。
ご了承ください。

No.25です。
前回でもう終わりにするつもりでしたが・・・

> ☆ この回答は 残念ながら 回答には成っていないと申し上げなければ
> なりません。
>
> ただの可能性を――そしてそのひとつのみを――言い当てた。だけのもの
> だからです。

それはおかしいですね。
貴方のご質問は
「同じような内容で何度質問しても しかるべき反論や批判が出ないのは 賛同したということでしょうか」
です。
ですので、「賛同してない例」を上げました。
1件でも賛同してないという例が挙がれば、「全ての『しかるべき反論や批判...続きを読む

Q「お前は理想が高すぎるんじゃない、現実を低く見過ぎてる」とはどういう意味だと思いますか。

「お前は理想が高すぎるんじゃない、現実を低く見過ぎてる」とはどういう意味だと思いますか。
はてな匿名ダイアリーで、文脈無く上記の文章だけ書かれていました。どういう事だと思いますか。
どのような状況なのでしょうか。


A じゃない B であるという表現は、AとBで起きる結果がそれぞれ似ているが、実際には原因が異なる場合が多いと言うことを多くは指摘しているのだと思います。
※例えば「試験が難しいのでは無い、勉強量が足りなかっただけである」等
そうなると、理想が高すぎるの結果と、現実を低く見過ぎてるは似た結果になるという気がするのですが、実際には「お前は理想が高すぎるんじゃない、現実を低く見過ぎてる」は違和感がないでしょうか。

自分の理想が高いから恋人が出来ないと思っているがそれは違う、現実の付き合いを高く見過ぎてる(長く愛せて、気が合う運命の相手と出会うことが恋愛だと思っているが現実はそんな良いものでは無いよ)なら分かります。

どのような意味なのでしょうか。

Aベストアンサー

違和感があると言いますか ただちには分かりづらい表現だと思いました。

考えてみたのですが どうも結論は:

 (あ) 理想が高すぎる = (い) 現実を低く見過ぎる

だと思われます。

まづ《理想が高い》とはどういう意味か? を考えます。これはおそらく

 (う) 理想が高い:そののぞむ内容が現実にはまれにしか起きない。

だと捉えます。そうすると 次のようになりましょうか?

 (あ) 理想が高すぎる:のぞむ内容が現実にけっこう起き得るその範
          囲内では のぞみが高いほうである。

とすると (い)関係で次のようにも考えられましょうか。

 (え) 現実を低く見る:人びと一般とは違って 現実に起きている内
          容では足りないと見ている。

  =(う) 理想が高い
  または
  =(あ) 理想が高すぎる

とすると 最初の結論に到るような気がします。

 (い) 現実を低く見過ぎる:すでにじゅうぶん高いのぞみに答えてい
          る内容が現実に起きているのを まだ足りないと見
          る。

 =(あ) 理想が高すぎる:のぞむ内容が現実にけっこう起き得るその
          範囲内では のぞみが高いほうである。

つまり (あ)と(い)とは ほとんど同じ現実の内容を 別の角度から
捉えて表現しているだけである。と。

現実に割り合い多く起き得る(または 起きている)内容についてその範
囲内での見方だと思われることが ミソなんでしょうか。

◆ お前は理想が高すぎるんじゃない、現実を低く見過ぎてる
☆ は 同じことの違う表現だと思われますので 或る種の冗談ではない
でしょうか。

違和感があると言いますか ただちには分かりづらい表現だと思いました。

考えてみたのですが どうも結論は:

 (あ) 理想が高すぎる = (い) 現実を低く見過ぎる

だと思われます。

まづ《理想が高い》とはどういう意味か? を考えます。これはおそらく

 (う) 理想が高い:そののぞむ内容が現実にはまれにしか起きない。

だと捉えます。そうすると 次のようになりましょうか?

 (あ) 理想が高すぎる:のぞむ内容が現実にけっこう起き得るその範
          囲内では のぞみが...続きを読む

Qなんて不謹慎な字なんだ... こないだ、ひどい漢字を見つけました。 その漢字は、車へんに楽しいと書い

なんて不謹慎な字なんだ...
こないだ、ひどい漢字を見つけました。
その漢字は、車へんに楽しいと書いて、「轢」...
車で人を轢くのが楽しい、みたいな感じで嫌ですね。
なんであんな漢字になっちゃったんですか?
あの漢字の由来を知っている人がいたら教えてください!

Aベストアンサー

せっかく、「象形」などという言葉が出てきましたから、今後も勉強を続ける人は、ついでに漢字の「六書(りくしょ)」を覚えておきましょう。
1.「象形(しょうけい)」文字=物の形から出来た(例 日・月・木)。
2.「指示(しじ)」文字=絵では描けない事柄を抽象的な約束や印で表した字(例 一、二、三・上、下)。
3.「会意(かいい)文字=象形や指事文字を組み合わせた文字(例 森・信)。
4.「形声(けいせい)」文字=意味を表す部分「意符」(偏や旁)と発音を表す部分「音符」(声符)とを合わせた文字。(例 轢・江・紅)。
 上の四つは漢字の成り立ちをいったもの。残り二つは漢字の特別な使用法を言ったもの。
5.「転注(てんちゅう)」文字=すでにある漢字を別の意味に流用する。(例 令<命令>→長 実は諸説あり詳細不明)
6.「仮借(かしゃ)」文字=漢字の音をりようして、意味と関係の無い字を表す。(例 亜米利加、日本の仮名の多くもそのうちに入る)

Q旧大日本帝国陸海軍には朝鮮半島出身の将校もいた。憲兵隊員もいた。特攻隊員もいた。ニュースで観たがある

旧大日本帝国陸海軍には朝鮮半島出身の将校もいた。憲兵隊員もいた。特攻隊員もいた。ニュースで観たがある陸軍将校はB29に体当たりして自らも戦死したが見事にB29を迎撃した。私は戦争には反対だが、この様に散った朝鮮半島出身者の存在に韓国のいう侵略という言葉に違和感を感じる。いったい何が真実なのか?

Aベストアンサー

韓国は大日本帝国の併合地で日本である。特別校撃退が、いても不思議ではない!

QAIと認知症

AIが発達すれば認知症を補完できるような気がします。
一方で、AI自身が認知症にかかる可能性もあると思いますが。今あるコンピューターでさえウイルスに侵されるのだから、より高度で複雑な人工知能が病気にかからないわけがないと思うのです。

さて、質問としましては、自動車の発明が交通戦争を起こしたように、人工知能の出現によって顕在化する新たな社会問題とはなんでしょうか。今から予防策を練っておく必要があると思います。

人工知能のある社会における戦争の形態とはどのようなものになるのでしょうか?
今から予防策や備えをしておく必要があると思います。

人工知能はどのような功利を社会にもたらすでしょうか。希望を持つ事も少しは必要だと思います。

以上3点、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1.はどうでしょう。個人的にはむしろ仕事は増大すると思っています。

そうなるとうれしくなっちゃうので、厳しい未来をあえて想像しました。
減ると思います。ベーシックインカムが主流になる。ああ、そうすると、それもうれしくなっちゃうか。

>2.を少し詳しく言っていただけると助かります。

小競り合いレベルで、50人戦死者が出た的戦争は、減らないと思いますが、
大国同士の戦争は、どんどん、会議室レベルというか、机上というか、サイバーというか
というものになると思うのです。お金のやりとりや、ビジネスとかが、そうなっていったように。
特に戦争は「相手が確実に強い」と信頼できる人工知能によって確認できたら、しないと思うんです。
過去にはそういう情報がないから、感傷的になって軍隊は出動します。「家族の為に気合でやれば勝てる!」
みたいな気持ちで、命かけちゃう。
・・・・・・そういうのがいい加減なくなるような気がしたのです。

Q女系天皇を立てよ、と言う者の中には、男系継承が出来なくなったらどうするのか?と言う者が居ます。 しか

女系天皇を立てよ、と言う者の中には、男系継承が出来なくなったらどうするのか?と言う者が居ます。

しかし、男系継承が途絶える事は有り得ません。つまるところ、男系継承とは、生物学的には、Y染色体の継承を意味します。従って、極端な事を言えば、仮に北朝鮮が核ミサイルを東京に撃ち込み、天皇家が全滅したとしても、日本国民の誰かが天皇と同じY染色体を持っているはずですから、そのような男子を探し出し、天皇を継がせれば良いのです。

そして、北朝鮮に、決して日本を滅ぼす事は出来ない事を教えてやるのです。

しかし、日本国民自らが、女系天皇を立て、男系継承を途絶えさせるならば、もはやどうしようもない事です。

最悪の場合、誰かが男系の天皇を名乗り出るか、あるいは、男系天皇を担ぎ出し、日本は内戦に突入するでしょう。いずれにせよ国家の分裂は避けられなくなるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

> 私は、歴代天皇と同じY染色体遺伝子を持つ者は、全て初代天皇神武の子孫であるという主張を否定する事は不可能である。と主張しています。
> それが可能であると言われるのなら、証明していただきたい。

では、貴方の意見の不整合を指摘しましょうか。

---------------------------------------------------------------------
No.37への「お礼」より
> 初代天皇神武が神では無かったという証明は不可能だと言う事です。

No.17への「お礼」より
> 天皇は人間であって、神では有りません。

貴方の言によると・・・
初代天皇は「天皇」です。
「天皇は人間であって、神では有りません」。
よって、初代天皇は人間です。
・・・と貴方自身が言い切っていますね。

---------------------------------------------------------------------
No.37への「お礼」より
> 従って、初代天皇神武が、実は、何万年も前から生きていて、自分のY染色体遺伝子を持つ子孫を残し続けていたという主張の否定も不可能なのです。

No.20への「お礼」より
> 天皇は、神道を信じる者だけの天皇では有りません。日本国民の天皇です。
> 従って、あなたの言うように、天皇は神の血筋を引くという主張を、断固として否定する者にとっても天皇である事を忘れてはいけません。
> あなたの言われるように、「天皇は神の末裔であるから尊敬せよ」と言ったって、神道を信じない大部分の日本人は、「そんな馬鹿みたいな話、誰が信じるか」と言うだけでしょう。

貴方の言によると・・・
天皇が神である、ということを前提とした話では、神道を信じるものだけの天皇になってしまいます。
天皇の権威の根拠として「神の末裔である」という話を持ち出してはいけません。
もし持ち出したら、「大部分の日本人」に「そんな馬鹿みたいな話、誰が信じるか」と言われてしまいます。

---------------------------------------------------------------------
No.37への「お礼」より
> 生物学的違いが、僅かにあるとすれば、それは歴代天皇が、共通して、一種類のY染色体遺伝子を所有していたと言う事に尽きます。

No.37への「お礼」より
> そもそも、何千年も過去の事は、曖昧であり、現代科学の力をもってしても、明確に証明する事はできません。

貴方の言によると・・・
そもそも何千年も過去の事は明確に証明は出来ない。
ということは、歴代天皇が一貫して一種類のY染色体遺伝子を所有していたと言う事を証明することもまた、出来ないということになりますね。何千年も過去の事ですから。

---------------------------------------------------------------------

今までのご自身の書き込みを否定しますか?

> 私は、歴代天皇と同じY染色体遺伝子を持つ者は、全て初代天皇神武の子孫であるという主張を否定する事は不可能である。と主張しています。
> それが可能であると言われるのなら、証明していただきたい。

では、貴方の意見の不整合を指摘しましょうか。

---------------------------------------------------------------------
No.37への「お礼」より
> 初代天皇神武が神では無かったという証明は不可能だと言う事です。

No.17への「お礼」より
> 天皇は人間であって、神では有りません。

貴方の言によると...続きを読む

Qなぜ小作地より自作地を好むんですか?小作地にはなにかデメリットがあるんですか?中3の歴史です

なぜ小作地より自作地を好むんですか?小作地にはなにかデメリットがあるんですか?中3の歴史です

Aベストアンサー

小作地は自分の土地でないから、凶作でも地代払わないといけない。
自作地に地代はかからない。

Q哲学では、何が正解なのですか? どうやって、正解を求めるのですか? そもそも、正解はないのですか?

自然科学では、言い分が対立した場合、“実験をやろう”、“予測をしよう”、“論理の精密な積み上げをやろう”ということになり、正解が独りでに決まってしまいます。
哲学では、何が正解なのか分りません。各人が、勝手に言っていうだけ、と感じます。
百家繚乱とは言えず、百家争鳴のような気がします。

以下質問です。
哲学では、何が正解なのですか?
どうやって、正解を求めるのですか?
声が大きい(多い)方が正解なのですか?
そもそも、正解はないのですか?

Aベストアンサー

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
 (4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
   める。
 (5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
 (5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
   のかもしれない。
 ということですが、(0)(1)(2)(3)までで終わればまだ「科学」の
 体をなしていない。
 (0)(1)(2)(3)(4)まででもまだ中途半端。
 (0)(1)(2)(4)(5b)というのは、しばしば勘違いの誤謬を含む。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5a)となれば、これは立派な「科学」で、失敗報
 告という論文が書けます。既にある理論に対立する理論を構築
 し、検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。
 (0)(1)(2)(3)(4)(5b)の場合、形而上学的に(1)を認めちゃうという
 短絡をやらかすと「科学」ではなくなるし、哲学としてもお遊
 びレベル。この場合(1)は「一応の仮説」として提言されるべき
 で、何度も(2)~(5b)のサイクルを回った上でようやく「一応最
 もらしい学説」に昇格する。でも反例が一つ出たら瓦解します
 。だから、哲学としては(0)を追加するなり、(1)を精密化するな
 り、(2)のバリエーションを作るなりして一層深い研究を進める
 べきです。
 かくて、(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間と
 コストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築すると
 ころまでは間違いなく哲学で、ことに(5a)(5b)の次のサイクルを
 方向付ける、(0)(1)(2)(3)こそ哲学の仕事です。その指針として(
 検証不可能であるところの)形而上学があったって、それは構わ
 ない。どの仮説から手を付けようかサイコロ振って決めるというの
 よりも、人間の洞察力を信じたいですね。(しかし何度か旨く行
 った形而上学が、だからといって信仰に化けてしまうのは感心いた
 しません。)

まとめ。科学は哲学の一分野である。テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べる。
(0)観察をする。
(1)仮説を立てる。
(2)仮説から演繹される予想を立てる。
(3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。
(4)予想を実験で検証する。繰り返し実験を行って再現性を確か
  める。
(5a) 実験が予想に反するなら仮説を棄却する。あるいは
(5b) 実験が予想に良く合うなら、ひょっとしたら仮説は正しい
  のかもしれない。
科学は(0)(1)(2)(3)(4)(5a)と(0)(1)(2)(3)(4)(5b)をたくさん集める。(5a)のとき失敗報告という論文が書ける。既にある理論に対立する理論を構築し検証したが否定された。これは重要な価値を持っている。(5b)のとき、類似したたくさんの(5a)とあわせて科学。でも反例が一つ出たら瓦解する。
哲学は(0)(1)(2)(3)ぐらいのレベルをいろいろ検討して(手間とコストを掛けて実験してみる価値のある)良い仮説を構築するところまで。次のサイクルを方向付ける。指針として検証不可能である部分を持つ。

リンク先の質問とno.1~no.83を読んでみると、哲学で意見が対立する場合、範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名、現象から推測される予測が異なってくるのだと思う。予測が否定されると、自身の信条が否定されたと強く感じてしまうと、自身の予測に矛盾があるのが自身で認められなかったり、自身の予測の反例となる現象が認められなかったりする。範囲の設定、現象の特定、現象の呼び名が同意できなくなる。論争になる。正解が見つからない感じになる。

声が大きい(多い)方が正解というのは誤り。リンク先のno.2の説明が良い説明だというのはno.20の直感。どうして良いのかは説明できない。✕百家繚乱〇百花繚乱。

科学哲学が参考になります。https://oshiete.goo.ne.jp/qa/53553.html左記質問のno.2による科学と哲学の違いが良い説明。
 no.2
 「科学哲学」をどういう意味で仰ってるのか、ちと見当が付き
 ませんが、科学が哲学の一分野であるという認識を持っていら
 っしゃるのなら、さほど難しい話ではないと思います。

 テーマが何であれ科学のプロセスを簡単に並べてみると、
 (0)観察をする。
 (1)仮説を立てる。
 (2)仮説から演繹される予想を立てる。
 (3)予想が既知の事実と矛盾しないか先ずチェックする。...続きを読む

Q死後の世界や魂などの存在がないとゆうのは本当に悪魔の証明なのでしょうか? もし魂のようなものがあると

死後の世界や魂などの存在がないとゆうのは本当に悪魔の証明なのでしょうか?
もし魂のようなものがあるとしたらそれは意識や記憶を持つことになります しかしそれが脳にある証明されれば死後の世界や魂はないとゆうことになるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

魂が存在する=魂は意識や記憶を持つ=脳は意識や記憶を持たない

という関係が不可分である(一部が否定されればその全てが否定される)構造を想定しているのですよね
それで脳に意識や記憶があることが証明されれば魂の存在が否定されると

仮に脳に意識や記憶があるとしたらこの構造の否定が正しいことになりますよね
つまり 魂は存在しない=魂は意識や記憶を持たない=脳は意識や記憶を持つ

ここで引っかかるのですが魂は意識や記憶を持たないというのは魂は意識や記憶を持つの否定だから正しいはずですが
そもそも魂が存在しないとすれば魂に関する言明は全て真偽不明になってしまわないでしょうか?
真偽不明の言明をこの構造は正しいと言ってしまってることになります
これってちょっとおかしくないですか?

一部が否定されればその全てが否定されるような構造を想定してないのであれば
今挙げたおかしさは生じないと思いますが
それだと脳に意識や記憶があるとしたときに魂の存在が否定されるかもしくは魂は意識や記憶を持つことが否定されるか
いずれも否定されないか論理的に決定することができなくなってしまうという問題が生じると思います

魂が存在する=魂は意識や記憶を持つ=脳は意識や記憶を持たない

という関係が不可分である(一部が否定されればその全てが否定される)構造を想定しているのですよね
それで脳に意識や記憶があることが証明されれば魂の存在が否定されると

仮に脳に意識や記憶があるとしたらこの構造の否定が正しいことになりますよね
つまり 魂は存在しない=魂は意識や記憶を持たない=脳は意識や記憶を持つ

ここで引っかかるのですが魂は意識や記憶を持たないというのは魂は意識や記憶を持つの否定だから正しいはずですが
...続きを読む

Q法律・規制って本当の事を言ってはいけないって事ですか?

世の中には、本当の事を言ってはいけない規制って多いですよね。

その代わり嘘はフリーパスと云う物が多いですよね。

それは先生と呼ばれる人が模範を示しているからですか?

Aベストアンサー

政治家と官僚、あるいは知能エリートは自己のことしか考えていない。
行為もそうなる。
本当のことを述べたら政治家と官僚、あるいは知能エリートのイメージとかけ離れているので、
先に障害となる。まずいじゃないか。
(企業・事業主も自己のことしか考えていない)。
豊洲もばれても造ってしまったらこっちのものと算段をしている。
予期せぬ登場者の小池もその算段どおりに動いている。
算段どおりでもなくても本当のことを言ったらまずいでしょ。


人気Q&Aランキング