測量の仕事をしています。
昔は直線距離と平板の角度で座標化してたらしいのですが、現在は秒読みのトランシット内臓のコンで座標が一発
で表示されます。

角度例えば00度00分00秒といった風に、一回転を
3600で割った区切りを秒とし、最小単位としてます
が、上記のサイン・コサインを使うことにより、真数に
よる、より正確な数値(座標等)が求められるのでしょ
うか?角度とサインコサインはどちらが先に生まれたの
ですか?教えてください。
 
では、宜しくお願いしたします。

A 回答 (1件)

地図を見たとき、地図上では、距離がコサインで表されます。

平地であればコサイン0で実際の距離と等しいのですが。
正確さは、数字を細かく読めばいくらでも正確になると思うのですが、三角比をつかうと数字がわりと「まともな」数字ででてくるからではないでしょうか。
線路わきの「勾配」を示す標識はタンジェントで表されていますから、コサインだと換算がしやすい。(角度が何度の坂、より直線100メートルでいくら登る、という感覚。)

角度自体はエジプトからあるのですが、測量技術としては、どうなのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
建築士関係の仕事は三角比をよく使いますね。

高校生の時からの疑問なんですが、その疑問な
業界に入るとは・・・人生異な物味な物?
単位統一の為とも思ったのですが・・・。

お礼日時:2001/07/02 11:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報